サンダーボルトの作品情報・感想・評価

「サンダーボルト」に投稿された感想・評価

クリント・イーストウッド演じる "朝鮮戦争の英雄" と偶然出会った若造とのバディ、探していた大金を見つけたものの悲しい終わりを迎える。コミカル的な要素もある犯罪ロードムービー。
ザン

ザンの感想・評価

3.3
ジェフ・ブリッジスが若々しかった。最後の彼の死は何を意味するのか。単純な銀行強盗成功ストーリーに終わらせたくなかったのか。
MiYA

MiYAの感想・評価

2.5
「午後のロードショー」にて。クリント・イーストウッドはすでに十分老けているが、ジェフ・ブリッジズは若いなぁ。なかなかこの2人のバディは新鮮。作戦成功でやっとお金を取り戻したと思ったら、最後に悲劇が…。ちょっと泣けた。
かっこいい雰囲気のザ・アメリカ映画

サンダーボルトとライトフットは歳の離れたコンビがおりなすアクション映画。

とてもコンビがいい味出してます。銀行を襲撃するための下準備が特に良かったです。

最後は爽快な内容になるかな?って思ったら…悲しいエンドになってしまいました。
mie38

mie38の感想・評価

3.6
なんか良かったなぁ〜友情
キャデラックをふたりで走らせるシーンいいですね😢👍
dude

dudeの感想・評価

3.8
やたら男にモテるイーストウッド、彼の象徴たるデカい機関砲は戦闘ではなく金庫の壁を破壊するのに使われる。アイスクリーム屋とか女装とか一風変わった要素は面白いんだが、犯罪シーンのストレートな快感には欠ける気も。『自由の旗風』になぞらえた師弟関係も、男性性に憧れを持つ同士ぶつかり合うようなブリッジス、ケネディの関係性に食われている。『ディア・ハンター』で一番の見せ場がロシアンルーレットだったのは他人の脚本ながらチミノの素質に合っていたんだろうなと思った次第。
たむ

たむの感想・評価

4.3
マイケル・チミノ監督最高傑作、クリント・イーストウッドさんの主演作としてもトップクラスに素晴らしい映画です。
犯罪ロードムービーものですが、製作された時代がアメリカンニューシネマ全盛期なので、全体的にユーモアのある作品から、どんでん返します。
ディアハンターでアカデミー賞をとり、天国の門で制作会社を潰す映画災害巻き越したマイケル・チミノの監督の監督デビュー作。
ストーリーの説明がしにくいんだけどね、これは友情の物語。
前半はストーリー自体の中身のない場面が続き二人の性格を映し出す。
後半はスリリングな犯罪劇をリアルに送るがラストは・・・。
気になったら観るしかないです。
これを観て後悔する人はいないと思う。

このレビューはネタバレを含みます

チミノ節だよ人生は

この映画のゆるふわイーストウッドもなかなか魅力的で、ジェフ・ブリッジスと楽しくニューシネマしてて、ラストの死がより強烈なものになってる。

それはさておき、ウサギにショットガンを撃ちまくる狂気のビル・マッキーニーが最高!
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

3.0
‪「サンダーボルト」‬
‪冒頭、静かに映される教会。演台前に立つイーストウッド。そして銃乱射が起こり物語が始まる…本作はチミノデビュー作にしてファンが多い名作の一つで、主演のブリジッスの明るい性格とは対照的な相棒との駆け引き、山道を走る車。ロードムービーで有り強奪アクションってのが良い‬。
>|