サンダーボルトの作品情報・感想・評価

「サンダーボルト」に投稿された感想・評価

犬

犬の感想・評価

3.6
赤毛

銀行強盗のサンダーボルトは、かつての仲間レッドとエディに追われる身
そんな彼は、風来坊の若者ライトフットと出会い意気投合
その後彼らは、レッドとエディも加えて強盗を企てるが、そこで小さなミスが生じ……

大胆な犯行と男同士の友情をダイナミックに描くクライムドラマ

ユルい感じで楽しめた
やはりバディものは良いですね〜

なかなか面白い計画
女装はかなりセクシーだった笑

歳は離れてますが、2人のコンビがイイ感じです
ラストはまさかの

そして、2人ともお若いですね〜
女性のお尻ばかりを追いかけてる

ワンちゃんが怖かった
すず

すずの感想・評価

3.8
消えた50万ドルを取り返せっ!

主演のお2人若いな〜!
イーストウッドさんはもちろんだけど、ジェフ・ブリッジスの若い頃もイケメン(*´ `*)
クライムアクション×ロードムービー!
ちょいちょい笑えるシーンもあって、楽しく観られた\(◡̈)/
極悪な元仲間が喘息持ちだったり、実は犬が怖かったり!
ストッキング被ったイーストウッドさんを見られる日が来るとは。笑
今みたいに防犯カメラもなければ、きっと指紋で身元がバレる事もないんだろう。
盗みの手口が超大胆!
詰めが甘いのはご愛嬌(*˙꒳˙*)
欲を出したらバチが当たるよ。
日本昔ばなしでもそうだよね、欲張り爺さんは幸せになれない!

白のボディーに真っ赤な革シートのキャデラック!
かっこよすぎる〜♡
ちょっと切ないラストがまた良い( ¨̮ )
トマト

トマトの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

「俺に何かを向けるな!小枝でもだ!」小枝ぁ?

アイダホ合同教会。集った信者たちに説教(イザヤ11:6-9。啓示5:13。ローマ12:21)する牧師。彼こそがサンダー・ボルト。

レッドに追われて逃げるところを車泥棒ライトフットに偶然救われ、愉快な道行きとなる。肩ガッコーンの凄さ。

モンタナ州ワルソーの学校の黒板裏の壁に隠した50万ドルは校舎と共に消えていた。……と思ったら移設されていた!

ウハウハで口角が上がっちゃう!キャッシュでキャデラック買っちゃう!葉巻でお祝いだ!のテンションMAXから、まさかのライトフット😨で急降下。やけに煙が目に染みるぜ的なラスト。

いちいち格好良いイーストウッド。鍛え上げられた肉体を惜し気もなく見せてくれる。セミヌード、腰巻きバスタオル1枚、ベットシーンとサービスショット満載。
鉄工所で働く姿すら格好良い。良い人感漂うイーストウッド。どうしても犯罪者(銀行強盗)には見えなかった。
844

844の感想・評価

3.3
泥棒が偶然出会う、
いいコンビ、
昔の仲間同士喧嘩と仲良し繰り返す、
金庫破りする、
キャデラック
50Kenzo

50Kenzoの感想・評価

4.0
殺伐とした犯罪話のはずなのに、観終わったあとに爽やかな余韻が(-_-)
風景のキレイさも印象的でした。ちょっと西部劇テイスト入ってるんかな。
sumi

sumiの感想・評価

3.6
凸凹4人組による銀行強盗。イーストウッドはいつもの眩しそうな顔してるイーストウッド。その相棒にいつもニコニコなジェフブリッジス。そしてかつての銀行強盗仲間だったヘッポコギャング2人。

終始ゆる〜い感じの展開です。中盤の銀行強盗のための資金集めでアイスクリーム屋でバイトするギャング。ウザいガキに怒られるしなにやってんだあんたら笑

ウサギをいっぱい乗せてる狂ったドライバーとか女装したジェフブリッジスに騙される太ったおっさんとかちょいちょい面白い。

ラストはちょっとニューシネマ的な切ない終わり方でした。
苔

苔の感想・評価

5.0
実に男泣かせな映画だったなあ。
家族の様に仲がいい個性的なギャング4人組による熱い友情劇。
大好きなロードムービー&ニューシネマ。

お調子者な若者役のジェフ・ブリッジスがとてもいい。
自分の大好きな作品『ビッグ・リボウスキ』で、ろくでなしの中年男デュードを演じたことでも有名な人。この人、若い時はこういった役もしていたんですね。
いつもニコニコしていて、田舎で暮らす爽やかで愛想のいい若者感がすごいんです。デュードをひっくり返したような性格。
ブリッジスが出てる若い頃の作品をもっと観てみたいと思いました。
イーストウッドとジェフブリッジスがホモソーシャル!超イチャイチャ!

敵と味方も 軽口叩くのがイイね
coro

coroの感想・評価

3.6
埃っぽい映像も、ダサいファッションも、噛み合わない二人の会話も、西部では何だかお洒落に見えてしまう。
ageless505

ageless505の感想・評価

4.0
凄腕銀行強盗サンダーボルトと、しがない青二才コソ泥ライトフットの、出会いから別れまでを描いた楽しく切ないバディムービー。

クリント・イーストウッドにまとわりつく若造ジェフ・ブリッジスの憎めない笑顔が何ともいえない、キービジュアルそのまんまで可笑しい。偶然乗せてくれたドライバーが狂人でトランクから大量のウサギ出して銃乱射してくるとか、逃げるにしても闘うにしても、なんか報われない感・うまくいかない感にまとわりつかれた2人。

結局、以前襲撃した銀行金庫を再度狙う展開になるけど、その初期費用集めのために、芝生の管理とかアイスクリーム集配とかヘンテコな仕事を皆で手分けしてするのがおかしくて。そんなら最初からマジメに仕事しろって!

とにかくこいつら、OLYMPIAの缶ビールあちこちで旨そうに飲むんですよね。もうどうしようもなくずるい。観る側もまけじとアルコールひっかけながら、しっぽり切ない気分にひたる作品かも。
>|