まんが島の作品情報・感想・評価

まんが島2016年製作の映画)

上映日:2017年03月25日

製作国:

上映時間:107分

2.9

あらすじ

日本のどこか。太平洋の片隅に浮かぶ、携帯の電波なんか1回も届いたことのない絶海の孤島。家賃滞納、〆切り放棄、各々情けない事情で文明を追われた、5人の売れないマンガ家たち。待っていたのは、波音を聞きながら、大自然の中でマンガに打ち込む、極限のスローライフ。5人の何かに心奪われ、ハンバーガーを手土産に、海を渡ってやってくる、マンガ雑誌の編集者。日本の漫画・アニメ文化の礎を築いた伝説のアパート“トキワ…

日本のどこか。太平洋の片隅に浮かぶ、携帯の電波なんか1回も届いたことのない絶海の孤島。家賃滞納、〆切り放棄、各々情けない事情で文明を追われた、5人の売れないマンガ家たち。待っていたのは、波音を聞きながら、大自然の中でマンガに打ち込む、極限のスローライフ。5人の何かに心奪われ、ハンバーガーを手土産に、海を渡ってやってくる、マンガ雑誌の編集者。日本の漫画・アニメ文化の礎を築いた伝説のアパート“トキワ荘”をも思わせる、終わりの見えない「青春」の日々。そんなある日、島と文明をつなぐ唯一の船・長平丸が来なくなる!紙が尽き、墨汁が尽き、それでもマンガを描こうとするおじさんたち!!やがて空腹に喘ぎ、パニックに陥った5人に残されたのは、マンガへの情熱と狂気だけ……!!!「世界の誰も知らないところで、世界の誰の役にも立たないこと、やってる……」まだ、誰も触れたことのない、でも、見ればきっと子供のころのワクワクが蘇る、ベレー帽を被ったおじさんたちが命がけで大騒ぎする、サバイバルアドベンチャー!

「まんが島」に投稿された感想・評価

よく分かりません。

音楽がいいなぁとは思いました。
今日は疲れたし、また明日も朝早いからなんでもいいやーって勢いだけに任せて…またしょーもない作品でも観てしまうのです。
1ヶ月に一度くらいはいいんです、後悔するの覚悟で。
うん。案の定、面白くなかったです。
キャストのほとんど全然知らんおっさんばっかりでした。(それはレンタルした瞬間から分かっていた)
そんなおじさんたちの無人島サバイバルゲーム的な…一応まんが書くことがメインなはずですが、何か野蛮な感じです。
結局は…借りなくてもよかったってことですφ(..)
すね

すねの感想・評価

2.5

なんだかさっぱり。
すごく意味がわからないんだけどすごいの観たって気がしてる。

そして1番の感想にわたしもまんが島に行ってみたい!と思った。まんが島に行ってがむしゃらにまんがを描いてみたい、手が止まらないよ。なんて言いながらまんが描いてみたくなったな。一生懸命になりたい。

理解出来ていないわたしが悪いんだけど、ごめん。なんだけど、何だこれ何だこれと思いながらも楽しめた。

すっごくパワーがある映画だったよ。

元気でる。やりたいことをやっている表現者として。表現したいどんな形でも。いつまでも鳴り続ける音楽がやたらかっこいい。変な映画だったなぁ。
Wonkavator

Wonkavatorの感想・評価

1.0
想像してた以上につまらなかった。

おまえらマジで「トキワ荘」に失礼。

汚いしうるさいし、生理的に無理。

漫画家=ベレー帽みたいな発想からして貧相

でも、こういう人たち中央線沿線に居そうだな...
いやぁ…、シュール通り越してカオスですかんな、ついていく気にもなりまへんでしたわ
多分これは見る側のモチベーション自体で評価が左右される作品

漫画家だけが立ち入りを許された絶海の孤島まんが島で缶詰なんよ、って話

もちろん江野くんこと宇野祥平目的に観ました!すると…
あ!この主演のおじさん…「超コワすぎ!蛇女の怪」のあの純愛おじさんやんけ!なりましてん
ワクワク、白石作品のアイドル江野くんと、「コワすぎ」シリーズの中でもかなりの異色作で印象を残したあのおじさんが奇跡のコラボレーション!こりゃあ盛り上がんぜ!なったんも、そこがピーク…

あ、あと久々に見た森下くるみが良い感じに熟れた色気を醸していて、「流石やな」なりました、まあ出番は一瞬やしエロシーンも無いけどな
何より柳さんの出番が少なかったんが残念やし…あ、ベレー帽の柳さん可愛かったよ

ストーリーはあって無いようなもの、ただただ作家の熱ってモノを抽象的に表現したかったんやと思う
それに関しては成功してると思うし、表現者たるもの本作の登場人物達のような狂気をもってこそ表現者足り得るのでは、と納得もできる
その点を評価してのスコア2.4だが、単純に面白かったか?そうでなかったか?で評価すれば1.9くらいかなぁ

なるほど「おんなの河童」の脚本書いてる人が監督かぁ、なんか納得
話はつまらんけど熱と狂気が迸ってる感じな
これで話が面白ければ…
M.K.

M.K.の感想・評価

3.0
なんか振り切った演技やらで最初、鬱陶しい感じでスマホいじりながら観てたのに、やけに音楽がカッコよくてそっからちゃんと観た感じ。

バクマンとは真逆な漫画家の情熱や狂気、憔悴を描いた作品に思う。
締め切りや空腹や禁欲的な生活、…と発狂スレスレな状態で生活しながら生業の漫画描きを全うする様は、無頼な感じでジワジワ良かったのと、サイケなイラストや漫画のコマが文字通りコマ割りに描写される際の音楽の格好良さがとっても印象的。

そう考えると登場人物とともに観る側としてちょっぴりトランス出来たのかも。

ただ…これ面白い?と友人に聞かれたら、よく分かんないけど観るなら感想聞かせてって答える類の映画ではあった。

オススメするのに相手を選ぶ映画。
売れない漫画家がある島で漫画を描いているが、海を渡る船が来なくなりインクも紙もなくなり始める。しかし必死に漫画への情熱を費やすが…。

きちんと描けばトキワ荘みたいに素敵な話になるのに、映像も話も暴走し始めてついていけませんでした…。

監督は『キツツキと雨』で沖田監督と共同脚本を書いた守谷文雄。
期待したが、あの名作には到底及ばないくらいつまらなかった。
WINSRIVER

WINSRIVERの感想・評価

3.5
音楽が最高にかっこいい。
創作にとりつかれた者の苦悩そのものをサバイバルとして描いているため、(良い意味で)わけがわからない。頭のおかしい映画だが、ところどころ泣かせるポイントがあって憎めない。まさに「まんが家地獄の黙示録」
geddy

geddyの感想・評価

3.5
めちゃくちゃ面白かった。
創作に取り憑かれた人間の狂気と合間に挟まれるサバイバル描写の混沌ぶり。
少し怖かったのが、島にいれば生き返れるのではなく、死ぬことが出来なくなっているのではと思ったところ。
お蓑

お蓑の感想・評価

4.0
たぶんあんま関係ないけど、私は大好きな作品の中に「原作を大胆に改変・脚色」した作品というのがけっこうな割合であって、その理由がちょっとわかった気がした。そういう作品を見たときの感動はたぶん、この映画の足跡と葉っぱのくだりを見た感動に近い。その人の全身、手持ち総動員って感じへの感動。原作を「自分を形づくった」くらいのものとして明かしつつ「これに対して自分はこう考えた」「これが自分の中でこう広がった」ってことをひたすら「これを映像化したかった」って熱源でもって記述した作品、その覚悟と純度、それって原作に対する最高の敬意表明ではないかと思って、たぶんそういうところが好きなんやろうとこの映画を見てなんとなく思った。それこそこの映画の音楽担当の人は自分のほっぺたとかまで楽器にしてて私は感動したし、さらにそれこそ『キツツキと雨』の小栗旬ってそういう人物じゃなかったか。もし「世界の誰も知らないところで、世界の誰の役にも立たない」としても、この人は同じように同じものを作ろうとするんじゃなかろうかとか思えてしまうような、そういう人のそういう姿って、なんかもうすばらしくたまらん。そういうのが見たい。