グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告」に投稿された感想・評価

Visor

Visorの感想・評価

3.7
ものすごく90年代ファミリー映画ぽかった。
最初から最後まで。行ってみれば孫とじいちゃんのホームアローン的騒動が面白さなんだけど、今の倫理観で見るとなかなかやばいことしている感覚にはなる。じじいも孫もとばっちりを食らった家族も下手したら死んだり大けがである。
特にママの車にニシキヘビがひそんじゃったときとか、事故の確率の方がよっぽど高い。
一応、最後に「戦争は醜いし得しないだろ?」的なメッセージで回収しようとしているのに逆に笑ってしまった。最初のセルフレジに切れる老人だったところからしてだいぶ感じの悪い爺であることは間違いない。最後に菓子折り持ってあの太っちょ店員にあやまりにいけ!
もうひとつ一応の軸としてあるのが娘の彼氏とのあいびきを許せない母親なんだけど、そもそもギャグから作った設定感が強い。あんな娘の不純異性交遊に母親だけ厳しくて父親は寛容なことある? まあ、それはあるかな。全オペんちょっと古めの価値観なのにそこだけステレオタイプから男女逆転しているのはなぜなんだ。
90年代間のダメ押しが最期の謎ミュージックビデオで、NG集かと思いきやそうでもなく、その期間スタッフロールが流れるわけでもなく、マジで緩い謎の時間だった。でもなんか社会に余裕がある時代の感覚を引きづっている監督なんだなと思ってちょっと癒される感じがあった。
こんなん特典映像でやれよ! とはおもたけど。
kuma

kumaの感想・評価

3.5
おじいちゃんと孫の(お部屋争奪)いたずら合戦👨‍🦳🆚👦圧倒的ほっこり映画やと思ってたら、孫の攻撃が結構えぐいの多いし、おじいちゃんも結構やり返すのでちゃんと楽しかった👼特に好きなのは、ヤングチーム対シニアチームのバトル🏐と妹のバースデークリスマスの飾りつけ🌲!Laura Maranoが出てるん知らんくて、最高にハッピーやった💪まあまあちょい役やったけど!
yukabee

yukabeeの感想・評価

3.6
おじいちゃんと孫の部屋争奪戦

こんな大人気ないおじいちゃん&おじいちゃん不孝な孫いないよね笑

コミカルで面白いけど普通に考えてやりすぎ笑

やりすぎなんだけど、やられたらやりかえすの応酬が面白くて、結局あっという間。

生意気だけど頭がキレて憎めない孫よ!
デニーロは元妻の浪費癖のせいで仕事を選ばない生活を強いられているらしいのですが、本当だったらこれは悲しい。

それ故に本作のような杜撰な脚本を受け入れなければならないのだとしたら……。

話は児童文学が原作ということで単純明快。それは良いんですが、心の動き、内面の動きがまったく丁寧に描かれていません。

孫がおじいちゃんとの戦いを通して、いったいどこで心を開いたのか明確ではなく、1番重要なカタルシスも機能せず。

そもそも冒頭から孫が「おじいちゃんのことは別に嫌いじゃない」という設定も邪魔して、ラストの感動がとても弱いものになっています。

戦いの面白さもなく、生ぬるい『ホーム・アローン』といった具合。

孫に嫌われる感覚なんて味わいたくない!というおじいちゃんが安心して観られる映画なのかもしれませんが。。

エンドロールでは楽しそうに撮影に臨んでいるデニーロ、ウォーケンらの姿が拝めたので、少し安心しました。
Mai

Maiの感想・評価

-
35

●鑑賞意図
・イタズラを探究
・天真爛漫、狂喜乱舞したい
→意図が明確だからか、没入できた。最初から最後まで映画に居れた。

●メモ
・バイサぐるぐるだった
・エンドロールのオフショットがエンローリング。楽しそうな撮影現場。
・I love you とWarは同時に存在できるかも。片方しかない場合とは質が違いそう。
・主人公とグランパには仲間がいる。グランパの方は増える。孫を負かしたいという意図に近い仲間が。
・戦争するから、ドアテープのアイディアが湧く。
・逆転、幼い孫がグランパにiPadやドローンを教える。
・イタズラクッキーなどで次第に家族も巻き込まれる。バイサが回ってるから、影響力大きくなる?
・諸行無常、3年かけた城の崩壊。ビー玉。→物はトリガーに過ぎない?ソースを思い出す。
・中立の立場は難しい?クッキーでなびく孫娘。
・入れ歯のバウンス面白かった!!
・高齢者vs若年者 勝敗は分からない、作戦次第。
・戦いも脇における
・I felt better 昔つくった家を見ると。貢献が甲斐を生む?甲斐ソースは貢献?
・グランパが仕掛けたやつだけど。リュックからソース!いじめっ子の顔面に直撃!応用かと思った。
・笑いのライン、何で違いが生まれる?
→それを知るために世界の人と英語で会話してもいいかも。
・部屋を取り戻しても、その過程次第では嬉しくない。
・戦争は悪化、アンポンタン
・でも戦争でグランマの死を克服できたグランパ。必要な戦争だった。
・意図しない予想外の方法で、木を倒せたパパ
・ラストではスマホを使いこなし、ガールフレンドができたグランパ。未来に違いができた。
超豪華キャストを使って延々としょーもないことを90分やってました。
所々笑える点はあるけど、全体的には退屈。
歯切れの悪いエンディングと、取ってつけたようなメッセージがダサい。
デニーロがコメディに出るとなぜこんなに間抜けに見えるのか笑

キャスティング込みでこの点数かな!
家庭内ホームアローン。
嫌がらせから直接対決まで、かなり笑いました。
デニーロはシブイし、クリスマス好きの妹もかわいい、ユマサーマンも最高。
エンドロールまで楽しめます✨
関東で上映なくて諦めてたけど、緊急事態宣言が緩和されて、遂に観れた!朝一で一本しか上映してなくて、満員電車ちょっと辛かった(^^;)

朝から笑ったw w w w
オークス・フェグリーは将来さらにイケメンになるでしょう!
しぇる

しぇるの感想・評価

3.8
何も深く考えずにパッと観れて、面白い。そういう映画に最近出会ってないので、むしろよかった。考えさせられるのに疲れた時にぴったり。
おもしろかった
ロバートデニーロサービス精神がでていた
子役もスカッとする
>|