5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生2017年製作の映画)

Mein Blind Date mit dem Leben/My Blind Date with Life

上映日:2018年01月13日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

あらすじ

先天性の病気で95%の視覚を失った青年が、「5つ星ホテルで働きたい!」という夢を叶えるために一世一代の“大芝居”を打つ!なんと目が見えないということを隠して、一流ホテルで見習いを始めるのだ。持ち前の明るさと機転を利かせ、周囲からの助けも借りながら、ホテルの研修課題を次々とクリアしていく。ところが、ある女性との出会いにより、完璧だった偽装計画が徐々に綻び始めてしまう。果たして、無謀とも呼べる夢は叶…

先天性の病気で95%の視覚を失った青年が、「5つ星ホテルで働きたい!」という夢を叶えるために一世一代の“大芝居”を打つ!なんと目が見えないということを隠して、一流ホテルで見習いを始めるのだ。持ち前の明るさと機転を利かせ、周囲からの助けも借りながら、ホテルの研修課題を次々とクリアしていく。ところが、ある女性との出会いにより、完璧だった偽装計画が徐々に綻び始めてしまう。果たして、無謀とも呼べる夢は叶うのか、そして恋の行方はー?本作は驚くべきことに、10代の時にほぼ全盲に近くなってしまった将来有望な学生サリヤ・カハヴァッテの実話に基づく物語。

「5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生」に投稿された感想・評価

もえー

もえーの感想・評価

4.5
観てよかった!!


最近見た作品「はじまりのボーイミーツガール」では弱視のヒロインが見えるふりをするので主人公がサポート役。
ヒロイン視点の世界の描写はあまり多くはなかった。
「5パーセントの奇跡」は主人公サリーが弱視なので、ぼやけた景色、強調された音。
サリーの視点がよく用いられていて、見えない世界の大変さが想像しやすい。
そのため研修中の姿は、他の作品とは違うハラハラドキドキとした気持ちを抱えながら見ていた。

同僚のマックスがとにかくいいヤツ。
マックスと出会えていなかったらサリーはどうなっていたんだろう。
上手くやっていけていただろうか。

料理長もいい人だった。
いい人ばかりだった。

常人の5%しか視力を持たない中でも夢を諦めない、努力し続けられる姿を羨ましく思うこともあった。
見ていてつらいシーンもあったけれど、救いのある終わり方でこちらまで救われた気になった。

上映劇場が少ないのがもったいないと思う。
4

4の感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

広告はハッピーエンド感満載なのに、途中で薬やっちゃうしでバッドエンドになるかと思ってヒヤヒヤした。
お姉さんお母さん、友達とか周りの人みんないい人でよかったってなる話だった。
あんな友達いたら最高だな。

5パーセントしか見えないのに見えないなりに夢のために努力をする主人公がかっこよかった。
ホテルマンたる何から何まで。
目が見えなくなったから諦めるんじゃなくて、夢のためにチャンスを手放さないっていう気持ちがキラキラしてた。
最終的に人生も恋も成功をゲットするのは努力のおかげなんだと。
空子

空子の感想・評価

3.9
眼鏡を外しただけで不安になるのに、もし自分が、一般の人の5%ほどの視力になってしまったとしたら……

果たして夢を貫けるだろうか

諦めて見えてくるものもあるだろうけど、貫かないと見えないことの方が大きい気がする

本気の人には、必ず理解者が付いてくるもんなんだよ

観て良かった
とても素敵な作品に出会えました。
ラウラの息子オスカーの言葉がとても印象的だった。
あの言葉には誰にでも通じるところがあると思う。
この作品を観ることができて本当によかった。
Mariina

Mariinaの感想・評価

5.0
心優しい味方しか出てこないけど、この映画はそれでいい!胸いっぱい!

というか、並々ならぬ努力をして誠実でさえあれば敵さえも味方にできる。

美女軍団に目もくれないっていうシーンのとこだけは、みんなそうやったらいいのにと思ったな。←
悪者が出てこないめちゃくちゃハートフルな映画だった。わたしは心が素直なのでこういう安直な“いい話”好きですね。

主人公のサリーと彼を手助けするマックスのマブい関係がめちゃめちゃいいブロマンスだった。

しかし邦題がダサい!“奇跡”じゃなくて“努力”でしょ〜〜!
サリーの努力あってこその話を“奇跡”なんて言葉でまとめないでほしい…。
べに

べにの感想・評価

3.0
サリヤとマックスの友情や、ラストに職場のみんなに受け入れてもらえたり、障害があっても夢を持つ、努力する、と とっても素敵なお話ではあったし、実話をベースにしたと聞いて大いに感心する話ではあるけれど、手放しで「面白かった!」とも言えない複雑な後味。

障害があっても夢を持ったり追い求めたり、恋をしたり、友情を深めたり、というお話は良かったけれど、
途中までは障害を隠して頑張りすぎたことで、そのことを知らない第三者に大迷惑をかけた。一生に一度(いまの時代そうでもないけど(笑))の結婚パーティーを台無しにしたのだから、客にしたらいい迷惑。

それなので単純な美談で済ませるのはどうかな、と思った。

彼の家族やマックスのような変な先入観無しで彼を受け入れて助けてくれるような人たちとの関係性の方をクローズアップしても良かったのではないかな、と思ったり。
前田柊

前田柊の感想・評価

4.3
とっても勇気をもらえる映画
もし目が見えなくなったら?
絶望だ。が可能性もある。
視覚以外の四感の秘めたる能力が開花するのかも。
人間の可能性は未知数だ。
そんなことを感じさせるステキな映画。
くらげ

くらげの感想・評価

3.7
ありがちなサクセスストーリーだなと思ってみてたけど、実話ベースと知って驚きました。

障害を持っている主人公だけれど、すごくポジティブシンキングなところが私は好きでした。

うまく行き過ぎているように描かれている感じは否めませんが、これくらい前向きに行きている人の存在は励ましになります。

なにより、情熱は人を動かせるということ。
何かにつけて言い訳をして物事を諦めてはいけないなと教訓になりました…凄く良かった。