5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生2017年製作の映画)

Mein Blind Date mit dem Leben/My Blind Date with Life

上映日:2018年01月13日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.9

あらすじ

先天性の病気で95%の視覚を失った青年が、「5つ星ホテルで働きたい!」という夢を叶えるために一世一代の“大芝居”を打つ!なんと目が見えないということを隠して、一流ホテルで見習いを始めるのだ。持ち前の明るさと機転を利かせ、周囲からの助けも借りながら、ホテルの研修課題を次々とクリアしていく。ところが、ある女性との出会いにより、完璧だった偽装計画が徐々に綻び始めてしまう。果たして、無謀とも呼べる夢は叶…

先天性の病気で95%の視覚を失った青年が、「5つ星ホテルで働きたい!」という夢を叶えるために一世一代の“大芝居”を打つ!なんと目が見えないということを隠して、一流ホテルで見習いを始めるのだ。持ち前の明るさと機転を利かせ、周囲からの助けも借りながら、ホテルの研修課題を次々とクリアしていく。ところが、ある女性との出会いにより、完璧だった偽装計画が徐々に綻び始めてしまう。果たして、無謀とも呼べる夢は叶うのか、そして恋の行方はー?本作は驚くべきことに、10代の時にほぼ全盲に近くなってしまった将来有望な学生サリヤ・カハヴァッテの実話に基づく物語。

「5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生」に投稿された感想・評価

タスク

タスクの感想・評価

4.2
予告で気になって見たけど想像以上に良い映画でした
マックスは最初不真面目で嫌なやつかと思ったが最後までサリヤの面倒を見てくれる良い相棒で兄貴分だった
まさき

まさきの感想・評価

4.5
めっちゃいい映画🎥
予告を見て気になってたけど予想よりもはるかによかった

最初マックス胡散臭すぎたけど、いい相棒になってて感動

持つべきものは視力よりも親友や仲間だった

最後の最後で実話ということにびっくり
Kana

Kanaの感想・評価

3.8
めちゃめちゃによかった〜
ある日突然、普通の人の5%しか目が見えなくなって、ずっとぼやけた視界に取り残されてしまったら、きっと何もかも嫌になって人生を投げ出したくなってしまうと思う。大人になるまで普通に暮らしていたならなおさら。
でも、障害のせいで夢を諦めたくないという言葉通りに、目が見えないことを隠して自分の力を信じてホテルマンの採用研修に挑むサリー。
何人かにバレていくんだけど、みんながそれぞれ手を貸してくれて、見守ってくれて。

「情が深いチャラい同性の友達(特に男)」ってキャラはほぼ100泣かせに来るよね
2人で夜こっそり練習するシーンよかったな。
自暴自棄みたいになったサリーを見て「俺が目を離すとすぐこれだ」ってほんと泣ける

本当にいい映画だった。そして要所要所で流れる音楽も良かった!
理由つけて何かを諦めるのは絶対に嫌だ、私も頑張ろうと思った。

2018 No.63
Masayo

Masayoの感想・評価

4.2
映画で久しぶりに涙ホロリでした。
おそらく、ルーム以来。
可哀想って涙じゃなくて、大きな挫折や自分の視力に限界を感じながらも再起を図る姿に感動しました。
ところどころ、笑える場面もあったりハラハラする場面も。
家族愛、友情、恋愛模様も描かれてるけどどれも詰め込みすぎてなくて自然に観れたのも良かったです。
kyohei

kyoheiの感想・評価

4.0
良い映画だったなぁ…
目が通常の5%しか見えなくなってしまった主人公の青年サリーと最初は胡散臭い感じだったマックスとのバディ感が結構良かったです。

それぞれの苦手な部分を補っていく感じがいいですよねぇ…

あと、全く目が見えないサリーの行動には、ドキドキした、あの肉をソーセージにする機械の場面の言わんこっちゃない的な感じや恋人のお子さんがどっか行ってしまった何処に行った?場面とか、もういたたまれないラリった先の地獄結婚式の場面のもう何やってんの感…

あんなにみんなに協力してもらって、何回も練習を繰り返して努力してきたのを知っているので…

嘘をつくのを止めた主人公が最後に救われる感もまぁ良かった。
あんなに嫌な教官だった人も最後は良い人だったし、ママに好かれるためだったら僕も嘘をつくみたいな所も良かった。

あと、BGMがなんか全部カッコいい感じの歌だったのが意外と良かったです。
Shiren

Shirenの感想・評価

3.1
・実話をベースにした視覚障がいを抱えた主人公の奮闘をコメディタッチに仕上げたザ・ドイツ映画で登場人物がほぼほぼ全員善人。主人公がスリランカ移民の2世ハーフであるところもポイントになっている。多分これモデルが経験した実話を引用しているんだろうけれども中盤の主人公の挫折ポイントが中々の修羅場すぎてドン引き。あと親友役チャラすぎ。
・完全なフィクションなら素直に笑って感動できる作品なのだが、実話ベースであるということでちょっと考え込んでしまう。夢を諦めないという部分は賛同できるけれど障がいを隠して・・・となると完全に意味合いが違ってくる気がする。というか本当に主人公の視界が作品内で表現されている通りなら誰か止めてやれよ。指を切ったシーンで思わず声が出たわ。
助けあう

移民が大きな問題になって数年になるが、2018年になって、同時期に日本で上映された「はじめてのおもてなし」でも自宅に難民を受け入れた家族を描いていた。そもそも昔からトルコをはじめ多くの移民を受け入れてきた。本作の主人公はスリランカの移民2世。

主人公がホテルマンになることを夢見て高校を卒業しようとする時、突然眼がほとんど(95%)見えなくなるが、その状態を隠し、面接を経て最高級5つ星ホテルで見習いを始める。

本作の映像描写の特徴は、見習いの仕事が始まると、主人公主観の物凄いぼやけた映像に切り替わり、観ているこちらとしては「この状況で始めるの?」と気が滅入る。後半にはあるものに衝突していまうのだが、その時思わず声をあげてしまった。

この作品の他人の感想を観ると主人公が助けられてばかりという批判があるが、そういうことはない。序盤に主人公を助けるアフガニスタン移民の相談に何度か乗っているし、主人公とたまたま一緒に面接に参加したマックスにはアドバイスをしたり、つまり皆お互い様だということ。

目に負担を抱えながらも挑戦していく主人公の努力に勇気もらえた。コメディ感要素も多くて、ところどころ笑いがあって、2時間飽きることはなく、後味はとても良い。

おススメです。
はゆ

はゆの感想・評価

4.0
2018-014
またまたドイツ映画🇩🇪🍻✨
これもすごく良い映画だった!✨極めて弱視の主人公が目の障害があることを隠して憧れのホテルマン目指して奮闘するお話で、全体的にテンポ良く、出てくるキャラも優しくて、ラストシーンは幸せに包まれてキラキラしていたよ…✨マックスーー!!お前良い奴すぎんだろーー!!!最高だよーーー!!!!鬼教官も料理長もアフガンのおじさんも大好きだよ…😭
主人公サリーの夢を絶対に諦めない粘り強さと素敵な笑顔が印象的な映画でした✨
とってもいい話。

サリーはほとんど目見えないだけど、
一生懸命努力してほんと泣けてきた。
頑張ってるからこそ、周りの人も応援したくなるんだよなー。

私もはらはらしっぱなしだったけど、幸せな気持ちになれました( ´ ▽ ` )
みかん

みかんの感想・評価

3.0
何の心配もなくハッピーになれる映画!日本ではあり得ない実話!