日本脱出の作品情報・感想・評価

日本脱出1964年製作の映画)

製作国:

上映時間:96分

ジャンル:

3.5

「日本脱出」に投稿された感想・評価

最後はある意味で良かったけど、まあ、キャラクターがどうでもいいからあまり楽しくない映画だ。
床ずれ

床ずれの感想・評価

1.5
1964年の東京オリンピックに対する痛快な皮肉。2020年もこんな感じの映画期待してます。SAYONARA〜
otom

otomの感想・評価

4.0
何だかついてない人の物語。やたらと騒がしい人間ばかり出てくる。芸術が爆発しているオープニングの岡本太郎が一番冷静に見える不思議。説明不足なまま、ぶった切るのは吉田喜重作品では多い気もするのだが、何故か嫌ではない。武満徹の音楽が素晴らしい。
くぅー

くぅーの感想・評価

3.7
自由で広大な米国を目指したはずが、全く逆のどんどん閉塞した世界に落ちて行くのが面白い…東京オリンピックを前に無理矢理に急成長し、浮かれる国の虚しさも垣間見れるあたりもニヤリとさせられた。
ただし、吉田喜重監督が松竹と喧嘩別れした原因の、問題のラストはやはり復活されておらず、気になりまくるのだが。
そう、桑野みゆきの体を張った熱演がナイス。
そう、オープニングとエンディングにはあの岡本太郎の独創的な絵…このカルトっぽさも悪くない。
岡本太郎!タイトルバックの見比べは篠田の「美しさと哀しみと」とセットでどうぞ。
人非人

人非人の感想・評価

3.0
「日本脱出」というタイトルのわりに、すごく嫌な気分になる映画。逃亡生活の間に精神を病み、狂気に陥る主人公。夜、「さくらさくら」が流れる中、打ち上げ花火をバックに貨物船のクレーンの網に乗り込み、逃亡生活には希望がないという破滅を残酷にとらえたラストは、素晴らしい出来。
スタッフロールかっきい!

終盤に向かって作品全体がクレイジーになっていく!
akourust

akourustの感想・評価

3.8
岡本太郎のイカすタイトルバックに武満徹の前衛的な音楽で期待値大。対して展開は間延びしすぎな印象でもっと勢いが欲しかった。主人公の竜夫の生粋の弱い人間性、ただ吠える事しかできない様が虚しい。夜明けの空の色が妙に焼きついている。

このレビューはネタバレを含みます

周りに脅されて強盗に協力し、流されて人を殺してしまったどうしようもなく“ツイてない”男。結局は日本からも自らの罪からも逃れられない彼は、しかし最後は捕まりもせずまさに宙ぶらりんのまま観衆に嘲られる。
これは深読みをすると、唯一の武器の銃を手に逃げ惑い、ジャズ歌手にもなれず、脱出もできなかったひ弱な男、とどれも日本(映画)を脱しアメリカ(映画)へ寄せようとする政治や風潮(があったのかは知らん)、「日本脱出」を悲観し皮肉っていると言える。まあ、彼は中国?韓国?はイヤ、と逃げ出したくらいですからね…。
さて、周りに同調して失敗した日本は銃に頼って逃げるのか、逃げ切れず笑いものにされるのか、どうでしょう。という風に。
ヴァイブスだけで突き進む。おれは感動した。
武満の現代音楽と八木正生のジャズファンクの謎の同居!!