勝手にふるえてろの作品情報・感想・評価・動画配信 - 1542ページ目

勝手にふるえてろ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

「勝手にふるえてろ」に投稿された感想・評価

eigayou

eigayouの感想・評価

4.0
随分、ブロークンな、から始まり、段々と、ソレ分かる解る感に包まれていく。この後も、二転三転するような。
stkenditi

stkenditiの感想・評価

4.0
そういえば東京国際映画祭にて観賞。

わたしこういう邦画大好きなんだった。

面白かった!わーい!

松岡茉優さいこうー!わーい!

適当な感想。。
MTmovie

MTmovieの感想・評価

3.9
21本目。TIFFラスト、観客賞上映。松岡茉優を愛でる映画。イメージぴったりだし、可愛いし... #tiffjp
ne22co

ne22coの感想・評価

4.2
2017年 劇場鑑賞92作品目 TIFFにて

「イケイケー!もっとやれー!(スタンディング)」「ぎゃー!やっちまったー!(悶絶)」「厨二サイコー!(ジャンピング)」などと大声で(もちろん脳内で)ヨシカを応援しながら鑑賞しました。そしてスキップして鼻歌歌いながら(もちろん脳内で。現実では伏し目がちの早歩きで)劇場を後にしました!絶妙にリアルで最っっっ高!!でした。

登場人物全員違うベクトルでこじらせてて、キャスティングもメインキャストの3人は言うまでもなく、脇役までいい意味で裏切りとハマりを使い分けてる絶妙感で、素晴らしいと思いました。

ミュージカルシーンが挿入された意味はトークイベントで聞いて納得はできたけど、自分はちょっと違和感感じてしまい、そこだけ残念だった、、、でもまた観たい!!
N

Nの感想・評価

3.9
まゆちゃんの良さがとっても伝わってくる映画だったー!
音楽もすごく良い。
Keitoes

Keitoesの感想・評価

4.2
✔️原作未読、どんな話かも分からないで鑑賞したけれど、とても面白かった!
✔️松岡茉優が素で演じているようなキャラクタがすごく良くて、今まで彼女が少し苦手だったけど好きになった
✔️みんなが抱えている劣等感とか他人に対するモヤモヤとかが暗くならずコミカルに描かれているから、とても共感できる
✔️一か二か、やっぱりそっち行っちゃうのは仕方ないけど、あっちに行って欲しかった自分がいる
✔️黒猫チェルシーの渡辺大知という人が、スキマスイッチ
KUBO

KUBOの感想・評価

3.8
東京国際映画祭26本目は、コンペティション部門の「勝手にふるえてろ」。

これは普通におもしろかった! かなりおもしろかったが、これがコンペ作品でいいのかな?

オタク系女子の心の叫びがおもしろい! 最近の日本映画には「堤幸彦」や「福田雄一」など笑える映画が多いが、本作も笑いのツボは違うけれども同じくらい笑える。

原作・脚本も良いんだろうが、それを演じた松岡茉優のコメディエンヌぶりも最高!

「エヴァ」の「シンジ」くん宜しく、もういい加減リアルに目覚めるか?と思いきや、なんども妄想に戻る辺りはクドいというか、長いというか。

TIFF 最後のP&I上映がこんなに普通に笑って見られる作品だったのも「お疲れさん!」と言われているようで快かった。




【観客賞受賞上映会ごの追記】

2度目に見たら、冒頭からすっごく悲しかった。
apininini

apinininiの感想・評価

4.6
松岡茉優の魅力が花火みたいにバーン!バーン!バンッ!
勝手にふるえたし、最高だった!なんだよもう!

◎東京国際映画祭
yuko

yukoの感想・評価

4.5
2017/10/30 @東京国際映画祭

綿矢りさの原作が大好きで、でも映画はもっと好きかもしれない!
舞台挨拶でみなさんが「松岡茉優の魅力が爆発」って言ってたのその通りだし、人と接するってこうだよね、そうだよねって私も勝手にふるえたよ。
笑えて剥き出しで可愛くて最高だった◎
yaco

yacoの感想・評価

5.0
大九明子監督と松岡茉優さんの相性はやっぱり抜群だった。松岡茉優の魅力が生かされまくってる。ヨシカのことが愛おしくて応援してるつもりだったのに、いつの間にかそんなヨシカに勇気付けられている自分がいた。渡辺大知さん演じる二もストーリーが進んでいくにつれどんどん愛おしくなった。歌うのではなく叫ぶ感じと監督に言われたミュージカルシーンはとてもヨシカの心の声が伝わってきて良かった。スピード感の緩急が絶妙でテンポが癖になる。ずっとヨシカを見守っていたくて終わらないでくれ〜ってずっと思ってた。