地獄愛の作品情報・感想・評価 - 6ページ目

地獄愛2014年製作の映画)

Alleluia

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:93分

3.5

あらすじ

シングルマザーのグロリアは、出会い系サイトを通じてミシェルという男に出会う。ミシェルは寂しい女性を夢中にさせ、女性の性的欲求を満たすことで生計を立てる結婚詐欺師であった。グロリアはミシェルに出会った途端深い恋に落ち、ミシェルが結婚詐欺師だと知ってもその恋は冷めることはなく、娘を放棄するほどミシェルを付け回し、二度と自分から離れないように強要する。最初はそんなグロリアを恐れていたミシェルも、いつし…

シングルマザーのグロリアは、出会い系サイトを通じてミシェルという男に出会う。ミシェルは寂しい女性を夢中にさせ、女性の性的欲求を満たすことで生計を立てる結婚詐欺師であった。グロリアはミシェルに出会った途端深い恋に落ち、ミシェルが結婚詐欺師だと知ってもその恋は冷めることはなく、娘を放棄するほどミシェルを付け回し、二度と自分から離れないように強要する。最初はそんなグロリアを恐れていたミシェルも、いつしかその異常な愛を心地よく感じ、兄弟と偽り共に結婚詐欺をする道を選ぶ。 しかしそんな二人の歪んだ愛は、やがて未亡人を次々と殺す狂気へと変わっていく―。

「地獄愛」に投稿された感想・評価

カンダ

カンダの感想・評価

5.0
クール。
必要なところは定番を抑えつつ、新しめのカッコいいことしてて、そのバランスも良。

女も男も究極だった。全然追いつけない思考の展開で気分が良い。

フリボケ裏切り。

やりたいこと・やってること、いろいろあるのに全然良。うまく噛み合ってるというか、積み上げられてるというか。


嫉妬。性欲。狂気。
実話。
kyoko

kyokoの感想・評価

3.2
ハネムーンキラーズから少しインターバルを置いての地獄愛。

おばあちゃんの奉仕姿がキツイ。
突然のミュージカル調とボカシがダサい。
おばちゃんの本気の地団駄とカバのモノマネのセットがウザい。
音楽や照明の演出が、クラシカルにしたいのか前衛的にしたいのかどっちつかずで中途半端。

今となってはマーサのほうが百倍可愛げがあったなー。

グロリアの表情がグワッと変わるあたりは見応えがあった。
すでに女の嫉妬が見え隠れしてる女の子の演技も凄かった。
結果、男の影がどんどん薄まるという、やはり怖い女のお話。
ちょっと共感できなすぎる強烈メンヘラぶりで、これはもうオバケみたいなホラーとして観たほうがいいのかな。貞子的な。
キナ

キナの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ミシェルを愛するあまりすぐ癇癪を起こして暴れ、金を巻き上げる役目も忘れて女を殺しちゃうグロリアがもうトラウマレベルで気持ち悪くて恐ろしかった。

行動を文章にしても別にスリラーにありがちな殺人女だなーくらいに見えてしまうけど、
あの狂気を孕んだニコニコ笑顔や異常な空気がスクリーンからビンビン伝わってくるのでこちらは鳥肌立ちっぱなしだった。

役者の演技と演出、顔面アップ多めのカメラワークや音響と音楽も効果的でかなり不快な気分になる。
なんだよあの全裸キャンプファイア!!怖いよ!!
突然のミュージカルもキモいよ!!
けど嫌いじゃないよ…

グロリアの歪んだ大きな愛とは対照的に睡眠薬を使ってまでたくさんの女と肉体関係を持ちたい性欲馬鹿のミシェル。
最初は金目的でヤリ捨てしてやろうくらいの気持ちだったはずのミシェルが最後完全にグロリアに食われてるのが面白かった。
出てくる女がことごとく熟女(というかババアに近い)で、その崩れた肉体と目を見開いた皺くちゃの表情を執拗なくらい生々しく見せてるのがまた気持ち悪かった。

ストーリー自体に引き込まれるような魅力はないものの、グロリアが強すぎて凄いもの観てしまった…という強烈な印象になる。
吐き気もするけど結構楽しめた。
ただ、二ヶ所出てくるボカシはかけないで欲しかった。生で写して欲しかった。
meltdownko

meltdownkoの感想・評価

3.5
「地獄愛」「ハネムーン・キラーズ」どちらも同じ事件を取り扱った映画であり、後発である「地獄愛」は「ハネムーン・キラーズ」にところどころオマージュを捧げつつも全く違う方向を向いた映画になっている。
「地獄愛」では第1章において金を渡すシーンからして観客の共感を求める気などさらさらなく(「ハネムーン・キラーズ」ではこのやりとりは事後的に示唆されるだけ)、メンヘラ性を過剰に誇張しているように描かれている。一方で男の側も性欲おばけとしての側面が強調され、「ハネムーン・キラーズ」では「年上すぎて無理」と言った女ですら欲情する始末であり、性欲おばけとメンヘラが互いに歯車を回すように殺人が繰り返されていく。殺人のきっかけは常にセックスの露見となっていて、「ハネムーン・キラーズ」よりも構造に対するフェティシズムを強く感じられるつくりになっている。
ただし最後の章になると急に西川美和みたいになってきて、そのために序盤で置き去りにした人物が母親から娘に変更されたのかと一応の納得はするのだけど、ここに来て急に正気を持ち込まれると逆に整合性が取れていないように見えてしまい若干興ざめした。なんとなくマジイキを恋と勘違いした女なのかと思ってたけどそれにしても最後まで女に脳が入っていないように見える。
タクト

タクトの感想・評価

3.0
不気味とか不安定とかそういう類の言葉を感想に使いたくなる映画だった。
4つのChapterで分かれてたけど、なんか映像の質感がそれぞれ違ってそこは面白いなと思った。
炎の前で裸で踊り狂うシーンと、「私たちの愛は無限だ」と唐突に歌った後にノコギリで死体をギコギコするシーンがトラウマ。
ロラドゥエニャスの悪魔が乗り移ったような演技がおそろしい。
暗闇からヌッと現れる彼女の「目」や「歯」はまるで獣のよう。

終盤、斧を振りかざした時の、
音はせずとも「一発で…」感が強烈。
一番の凶器は斧かも、と思いました。
naoya

naoyaの感想・評価

3.4
監督の力量がしっかりと出てる作品でした。

メンヘラの極み、ここまでのメンヘラになるとこうなるのかな、、

実話の方を調べてみたけど、殺人の感じはなかなか寄せられているとは思った。
ただ男の方の描きかたがもっと欲しいなと個人的に
ぴな

ぴなの感想・評価

3.0
スクリーン1

ハネムーン・キラーズの後に続けてこちらも鑑賞。
ゴア描写も含めてこちらの方が断然好み。
そして、断然に不愉快(笑)。

子供を捨てるも同然に家を出て、母親であることよりも女であることを選んだグロリア。この時点でかなり嫌悪感。
そして、ミシェルがヒモ男で結婚詐欺で生計を立てていることをわかった上で、それでも支えると口にしながら、結局は独占欲と嫉妬心に振り回される。
それを何度も繰り返すグロリアには、学習能力の無さにげんなりしたし、発狂して地団駄を踏む様子はもう、狂人としか言いようがない。メンヘラは怖い(笑)。
男に溺れすぎて、我が子と歳の変わらなそうな子供まで平気で手にかける。母性の欠片もなくなってしまうものなのか…

愛だとか狂気だとかを超えてしまっていて、もはや喜劇のようだった。
園子温監督が撮りそうな雰囲気。

被害者加害者が美男美女ばかりだとリアリティがなくなるけど、正直、中高年な年齢のベッドシーンは違う意味でグロかった(笑)。