春なれやの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

春なれや2016年製作の映画)

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:20分

3.6

あらすじ

櫻の花が咲く季節、ひとりの老いた女性が警察に保護された。  身元不明のその女性には、どうしても行きたい場所があるという。 「ソメイヨシノは60年咲くことができない——?」 そんな噂の真偽を確かめるべく、既に廃校となったかつての学び舎へと向かう女性と、彼女を案内することになってしまった青年。 春の日に永遠とは何かを問う、ささやかなお話。

「春なれや」に投稿された感想・評価

まここ

まここの感想・評価

3.6
「まじっすか?」
「まじっす」
おばあちゃんと青年の絶妙な会話のやり取りがとてもよかった。60年経ってもソメイヨシノは花を咲かせ続けているのか‥
確認しながら人は人生を歩んでいる。
大事なことは自分でちゃんと見なきゃね。
渋谷シネパレスで 外山文治の短編映画を鑑賞③


春なれや


んんん?
何がしたかったんだ?

んんん?
何が伝えたかったんだ?

これから分かるのか?
これからどんな展開が?
と、思っているうちに 気づいたら終わっていた。

本当に 何を描きたかったのか分からない。


おばあちゃんの可愛さすらも 描かれていない。
村上虹郎の世間に反抗する感じも、そんな伝わらない。
篠原篤は 出演時間が短かったが、
味が出ていて良かった。

結果、なぜ作ったのか分からない。
そんな映画だった。



余談だが、
映画館の外で 吉行和子さんらしき人を見かけた。
まさかとは思っていたが、
席に着き 振り返ると 吉行和子さんが座っていた。

自分の出ている映画を 映画館に観にくる俳優って、ほんと素晴らしい。
吉行和子さんにいたっては、あそこまでの大女優なのに 観にくるなんて。。。
最高の女優さんだなぁ。
素敵な映画。桜がとても美しい。
中身は結構辛いのだけれど。

若い時間を後悔なく使わないとねー。
なんとなくではなく。


何も生み出さなくていい、生きてるだけの人として過ごすのは辛い。
来年もまた、咲けるだろうか?

吉行和子が可愛い。
衣装も素敵だった。

もう一回見たいけど、時間が遅くて何度もは無理かも…どこかでやってくれませんかね…
andhyphen

andhyphenの感想・評価

3.7
村上虹郎の「マジっすか」に「マジっす」で返す吉行和子の可愛さよ。おばあちゃんでも乙女である。この可愛さは吉行和子ならでは。
2017年9月に映画館で鑑賞
(映画監督外山文治短編作品集)
まさに短編らしい映画。
情緒豊かな感受性の映画。
移ろいと哀しみの映画。
老いと夢の映画。

虹郎と吉行さんが可愛くて。
Coccoが素晴らしかった。
会社を通さず、監督自ら配給・宣伝している「映画監督外山文治短編集」の一作として鑑賞。熊本県菊池市での公開ニュースで知って以来、見たかった作品。

素晴らしいロケーションとキャスティング。どの作品も短編らしい小さなテーマを実に巧みに表現していた。

残念なのは、台詞の多さ。語らずとも頷ける映像の美しさ、上手な役者の些細な演技で、十二分に堪能できる世界観であった。もっともっと、映像の力で外山ワールドに没頭させて欲しかったな、と思う。
思い出の桜を辿るロードムービー。雰囲気が先行しすぎて、脚本的な面白味が無かった。吉行和子の演技も監督の作風に合っていないような。
TOT

TOTの感想・評価

2.1
役者とロケーションが魅力。
他の2本に比べると対象の、役者さん自身の演技と桜景色への依存度が高いというか、脚本もおぼつかず、あまり演出が効いてるように思えなかった。
Coccoの主題歌「Time」はとてもいい。
篠原篤もいい。

『映画監督外山文治短編作品集』「此の岸のこと」「わさび」「春なれや」3本上映にて
ひらが

ひらがの感想・評価

3.5
『此の岸のこと』『わさび』とのショートムービー三部作。
3週間限定でレイトショーのみの上映。
2人の交わす言葉は尊くも儚くって感じだった。
年の離れた2人の会話は穏やかな気持ちにさせてくるが生死無常って感じでもある。
吉行和子さんの雰囲気が好きで何気にチェックはしてる。