春なれやの作品情報・感想・評価・動画配信 - 2ページ目

「春なれや」に投稿された感想・評価

老人ホームに入居している吉行和子さん演じる独り身のおばあさんが毎日感じる一抹の寂しさ。
それを打ち消す為にも60年前に男子学生と一緒に植えたソメイヨシノがまだ咲いているのかを確かめに行くプチロードムービー。

ソメイヨシノが60年経つともう咲かないという事を初めて知る。

おばあさんに懇願されて同伴した青年役の村上虹郎さんが言った最後の台詞は、
「暇つぶしの時間なんかないわよ。私にも、アンタにも」
に奮起し何か希望の光を見出した答えだと思いたい。

誰かの背中を押す言葉には、年齢なんて関係ないんだな。

ソメイヨシノに自分を、あの頃の男子学生との思いを重ねているかのようなラストに、おさえた歌声の『Time/Cocco』がやけに沁みました
カレンダーが無くたって、ちゃんと咲いてくれるから、毎年立派だなと思う。
今から植えても60年後に間に合うだろか?
YUI

YUIの感想・評価

5.0
素晴らしい。
優しくてなんて綺麗な作品なんだ。

暇つぶしの時間なんてあなたも私もないって言葉好きだなぁ。わたしもそう思う。
短いだけに、、
Coccoが歌う「Time」
凄まじい破壊力

ピアノの劇伴が好き。
tetsu

tetsuの感想・評価

3.0
U-NEXTで配信されていたので鑑賞。

学生時代、男女が校庭に植えたソメイヨシノ。
それから数十年後、老いた彼女は約束の地に向かうが...。

ムーラボで監督の最新作『海辺の途中』を観たので、気になって観てみた。
遠い過去の約束を信じる吉行和子演じるおばあさんと、それに巻き込まれる村上虹郎の若者によるプチロードムービー。

オープニングの回想シーンを経て、時間を隔てた現在に至る構成は、『海辺の途中』にも通じていた。

過去に囚われる主人公像は、監督作品における主題の1つと言えるのかもしれない。
認知症になっても何故だか覚えている記憶。
それが何かもわからないまま動き出す体。
ninni

ninniの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ショートには思えないくらいの凝縮

桜の木を見つけて両手を広げてかけよる姿が一番きた


暇なんてない

やっぱり1人で行って下さい、俺いないかもしれないんで

この出会いでなにか先を見たのかな
寿司

寿司の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

吉行和子の少女性と
淡く咲き溢れる桜の木々
まるで本の挿し絵のような
美しい映像。
ぶっきらぼうだけれど
優しい青年(村上虹郎)との
自転車2人乗りのシーンは
本当に素敵です。

自分の残された時間が
そう長くないと悟るとき
思い出す約束が
わたしにはあるかなー。
主人公が羨ましいなーと思った。
桜ってどうしてこんなに人を魅了するのだろう、、、

吉行和子と村上虹郎の2人の組み合わせがなんかすげー良かった。
パケほ

パケほの感想・評価

3.2
60年後に証人に。
抜け出してきて、答えないだけで認知症に。子供に対してもそうだが、決めつけかねない。

閉鎖的な空間という意味で、立場は違えど同じような境遇。
短編ではあるものの、少し進んだ感覚は印象良いかな。

現実の施設はもっと悲惨であると聞くからこそ、少し苦しくなるところも。消えるのをただ待つのみ。宣告を受けているような感覚に陥ってまいそう。

自然な音、桜並木、の感じがとても綺麗。散る前かな。

あなたも私も暇はないよ。