ベルリン・天使の詩の作品情報・感想・評価・動画配信

ベルリン・天使の詩1987年製作の映画)

Der Himmel über Berlin/Wings of Desire

上映日:1988年04月23日

製作国:

上映時間:128分

3.9

あらすじ

「ベルリン・天使の詩」に投稿された感想・評価

Tounai

Tounaiの感想・評価

5.0
生の美しさは痛み、寂しさ、悔しさと共に誰かを愛すること
愛されることを望みがちだけど、愛することを望んでいることが印象的。
まだ壁が聳えるベルリンでの、おじいちゃんの詩に胸を打たれる。
とてもドイツらしい、真摯な映画。
とても大事で一番好きな映画。
夢乃

夢乃の感想・評価

4.3
登場人物の発言は詩的で良いし、美しいシーンが多い
しかし、結局愛が偉大であり女の話が長ったらしいという人間界の茶番を最後に見せられたのには、少々がっかりさせられた
XXXXX

XXXXXの感想・評価

3.9
20年ぶりくらいに鑑賞しました。ヴィム・ヴェンダース監督作品。ブルーノ・ガンツ主演。

ベルリンの街を見守る天使たち、やがてダミエルはブランコ乗りの少女に恋をして...。

人々の心の声が、TwitterのTLの様に流れて行って、画面中に声が共鳴してる演出が凄かった(小並感

ヴェンダース監督作品って、題材はキャッチーなところを突いてくるけど、演出は難解で読み解くのが、非常に難しい!!
シノプシスを読んでいる様な感覚で、エピソードが連続的になっていないので、とっつき辛くなっているのかも。
『刑事コロンボ』のピーター・フォークが、脇役でいい演技を見せていました。
ヴェンダース作品は、2001年に『ミリオンダラーホテル』を劇場に見に行ったんだけど、やっぱり難しいッッ!!

モノクロームのベルリンの街は、非常に美しく廃墟の様で、とてもクールでした。
後年、『シティ・オブ・エンジェル』でニコラス・ケイジ主演で、リメイクされたけど、あちらはドラマチックに、かなりわかりやすく描いていたけど、今作は本当に難しく、寝不足の時に鑑賞したら確実に寝てしまいそうな作品。笑

ブランコ乗りの少女のエピソードは、チャップリンの『サーカス』からの引用と見たッッ!!(ビシッ!

長い詩文や哲学書を、読み進めるかの様な作品。
映画をいつも早送りで見るキッズには、とても耐えられない作品だろうなッッ!!!(バシッと毒舌
ヒメ

ヒメの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

監督 ヴィム・ヴェンダース

そもそも放っておけばちょっと悲観てきに
なってしまいがちな人の心やベルリンの
人々の暗部弱い心にもこんな
ファッショナブルなおじ様天使がいつも
寄り添って見守ってくれていたら
嬉しいけれども「僕は永遠の幻なんだ」
なんていう天使の気持ちを聞いてしまうと
お花に水をそそぐみたいに心がホッとする
言葉かけてあげたくなるなんかよく見たら
愛おしくなっちゃわない?

一瞬に命をかけて舞うブランコ乗りの女性に
恋をして有限の命を選ぶなんて!

天使は子供にしか見えないのに、
なぜあの俳優さんには見えたの?
しお

しおの感想・評価

3.5
終始淡々としたテンション。
かっこいい。
天使でもあり人間でもある人こそいいものが作れる。たとえば小津安二郎だったり。
M

Mの感想・評価

-
モノクロームから極彩色へ変わる様は、壁画の色味やコーヒーの温かさといった日常の中で気にも留めなかった一つ一つの事象を彩り、様々な意味を持たせている。
Ashtoash

Ashtoashの感想・評価

4.0
[死神の精度]の元ネタだろうけど、どちらもストーリーが独創的で○
追放されるのが天使の運命。
HAAAL

HAAALの感想・評価

4.0
ブランコ乗りの人言ってること分かりすぎ。。。
この映画の感じでグラムロックみたいなおもしろかった。
ベルリン史という牢獄に囚われた人々の独白と集積。これまでの人生は一体何をその証として刻んでいたのだろうか。母なる地球とたゆみない人の知恵、今在るあなたとわたしのごとく実体を愛するということ。

「すべての答えは出ている。どう生きるかということを除いて」

無力な傍観を脱したまっさらな実存、人間であることの素晴らしさが天使の意匠として綴られる美しき愛の散文詩。アメリカへの憧憬に区切りをつけて、小津の魂にふれたヴェンダースが再び故郷を想った。
み

みの感想・評価

4.0
これは学生時代に出会って衝撃を受けた映画。天使の解釈とか、モノクロとカラーが切り替わる表現とかすごいと思った。

今観ると天使が聞いてる人々の心の声が深い前半から、ラブストーリーに落とさんでもと思うなぁ。
愛が一番尊いということかしら。
>|