ゴールデン・リバーの作品情報・感想・評価

上映館(1館)

「ゴールデン・リバー」に投稿された感想・評価

childragon

childragonの感想・評価

3.9
ゴールドラッシュの時代、とある化学者が生み出した砂金を見分ける「預言者の薬」のレシピを巡ってギャングたちが紛争する西部ガンマンアクション……と見せかけて、腕利きの殺し屋兄弟「シスターズ兄弟」の絆を描いた半分ヒューマンドラマである。

みんな何かしら心に抱えてるけど、基本的にはイーライ中心に描かれてモノローグにしろ会話の中にしろがっつり共感できるように刺さってくる。演技派俳優4人に成せる素晴らしい作品。

何が素晴らしいってラストだよ。不安しか想像してなかったラストに、これは嬉しい。良い映画。

音楽もピアノが良い感じにキレイで、どこか物淋しい。

預言者の薬、あれ化学的に何なんだろう。やべーやつってのはすぐ分かるんだけども。いや、欲しいわけじゃないよ笑

「イーライのイメクラ」くっそ笑ったwwww世界初かなww

ホアキン・フェニックスが主演やってる映画って今まで観たことなかったかも。顔があんまり好みじゃなかったんだけどすっごい良くて、今年一期待してる「JOKER」にさらに拍車がかかったよ。
Negro

Negroの感想・評価

3.8

このラストがいいんだよねえ。
かっこいいホアキンを観に行ったらかっこいいジョンCがそこにいた
ゾロ

ゾロの感想・評価

3.5
ゴールドラッシュの時代

殺し屋兄弟
(兄は引退希望、弟は成りあがり志向)
化学者
(黄金採取の化学式を発見)
連絡係
(提督の依頼で、化学者を監視)

四人それぞれの思惑があり、
どんなドラマが起こるのか?

・・と期待して鑑賞


みなさんのレビュー通り
邦題にやられました

”The Sisters Brothers”

題名通り、殺し屋兄弟の話でした

街並み、店内、衣装、野宿や
乗馬シーン、馬での移動など
ゴールドラッシュの時代を
味わえた
鈍重な銃声音が印象的だった


久しぶりでした
題名が出た時
”あっ?内容違うかも?”

それでも、豪華俳優陣の演技に
魅せられて、飽きることなく鑑賞
Masumi

Masumiの感想・評価

3.7
ジェイク・ギレンホール目当てで観たら、あれ?邦題に完璧に騙されましたね。。。

ジェイク目線で途中まで観てたから、出番少ない分物足りないのと、え?ってなっちゃう展開。大変な時代を生きたんだから、夢くらいみたいよね..,。でも目が眩んでしまったら大変なことになるんだなぁ...。衝撃すぎて💦重々しい中で、唯一兄ちゃんのキャラに救われました。

そして、この作品が西部劇?なジャンルだったとは、観終わってから知りました(笑)。西部劇がそこまで好きではない私ですが、これからは食わず嫌いせずに観ていきたい。
Kazuho

Kazuhoの感想・評価

4.0
ぶっ飛んだな
「西部劇」という世界観にどっぷり酔いしれることができて上映中ずっと陶酔していた。
(北)アメリカ大陸という途方もなくデカイ、そして広い、乾いた大地に砂埃舞う中に佇む比較的粗暴な人たち。銃と酒とむさ苦しさ。この世界はご飯何倍でも…の世界。
「シスター・ブラザーズ」という意味深な名前の兄弟。ジョン・C・ライリーの繊細な演技と、暴れん坊は任せろ、と言わんばかりのホアキン・フェニックス。
暴力の根源が罪悪感からの逃避と、近親者故の共依存的な関係など、兄と弟の性格の差異なども含めて情報量多目で豊かに演じ描かれている。

そして「理想」というこれまたアメリカ的な思想を無邪気に追い求めてしまうジェイク・ギレンホールと「人種のるつぼ」であるアメリカを体現するリズ・アーメッドの清々しさに溢れた2人。

合計4人の組んず解れつの人間模様に、馬や、銃声というアクセントが映像をキッチリしめてくれて楽しい。

比較的地味なストーリーの中に、ロードムービーとしての要素と、隠喩的に挟み込まれる時代性と「アメリカ的」への問い。
「黄金」に魅せられある種狂っていく姿と、「理想」や「豊かさ」に狂っていく様というのも実に巧みにできている。

全体的に「シスター・ブラザーズ」方面の話が中心になり過ぎていてバランスが悪く感じるところ喪あるが、とにかく画面の豊かさと確かな語り口、演技陣の素晴らしさで十分楽しめた。
考えてみれば、『ディーパンの闘い』も『預言者』も、ジャック・オディアールはずっと彼なりの西部劇を撮ってきた人だった。そしてついに彼は撮った。彼なりの、ジョン・ヒューストン『黄金』を。

ストーリーは凡庸だ。しかしそこからオディアールは卓越した手腕で「黄金」を掘り出す。ヴァイオレンス描写の痛々しさ、ディストーション・ギターを効果的に使う音楽、ケレン味を恥じない画面構築、乾いたユーモア。

メイン・キャスト4人のせめぎ合いはやはり極上。そのなかでホアキン・フェニックスが直後に撮影入りする『JOKER』の役にフライング気味で侵食されてしまっていて面白いし可愛らしい。
>|