希望のかなたのネタバレレビュー・内容・結末

希望のかなた2017年製作の映画)

Toivon tuolla puolen/The Other Side of Hope

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:98分

4.0

あらすじ

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまっ…

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまった過去を捨て、人生をやり直そうとしていた。それぞれの未来を探す2人はやがて“家族”となり、彼らの人生には希望の光がさし始める…。

「希望のかなた」に投稿されたネタバレ・内容・結末

表情の変化なくて、真顔だったのと、あったかいお話のギャップ
死なないんかーい!
渋谷ユーロスペース。

ル・アーブルに続いて難民が題材だったけど、より現実を生々しく描いていた印象。

俳優の固定メンツと音楽の趣味は相変わらずだった。

寿司屋に改装した下りは観客みんな吹いてた。
カウリスマキ作品初めて!これは好きな感じ。最初から最後まで浸れる作品だった。シリアからの難民カーリドに対して、最もらしい理由をつけて強制送還しようとする行政、ナショナリズムが行き過ぎて暴力で排除しようとする若者。この非情さが今ヨーロッパが抱える難民問題を物語っている。その一方で、妹探しに協力してくれる友人や、雇い入れるレストランの支配人など優しさを感じる部分がたくさんあって、それこそ希望なのだなと感じた。
レストランの従業員も頼りなさそうだけれど憎めない人たちばかり。いきなりメジャーで背を測り始めたかと思えば寝床を探していたり、拾った犬を支配人から隠そうとしたり、流行りにのって寿司屋をやろうとしたけれどダメダメでみんなで法被姿で肩を落としたり、、愛らしい所がいっぱい!
支配人のヴィクストロムもアル中の妻の元を離れたり、買い取ったレストランも全然売れてなかったりなんだけれど、そちらも少しずつ上向きになっていくような希望が持てる。
そして最後のカーリドの柔らかい笑顔が良くて、寄り添う犬も愛らしくて!これを幸せというのか何というのかはわからないけれど、心地良い気持ちでいっぱい。
随所に散りばめられた音楽がどれも良かったんだけれど、強制送還されると決まった夜にカーリドが楽器を演奏し、それを皆が静かに聞くシーンはほろっと泣けてしまった。
全体的に抑えた演技だからこそ細かい機微に触れることができてそれもまた好きでした。
これは…これで引退するのか…。

見どころ:
いつものクスッとくるやつ
いつもの善意コンボ
いつもとイベントの順番が違う
複雑で味わい深い終幕
日本大好きカウリスマキ

あらすじ:
シリアで家族や許嫁と暮らしていたカーリド。ある日、どこかの軍の空爆が、一瞬で全部奪っていった。唯一生き残った妹を連れて必死で逃げたが、ついに彼女ともはぐれてしまう。
それでも暴力は彼を放さず、その日は貨物船へ逃げ込んだ。疲れのあまり眠ってしまったが、目覚めるとそこは北欧、フィンランドだった…。

大傑作ルアーヴルの先に果たして何が来るのか…正直大団円的な讃歌を期待してたんだけど、ちょっと、いやかなり違った。
そもそも、“彼方”という和訳。the other sideは“反対側”と訳すことの方が多いのを、“彼方”としたのは明らかに意図的。そこへあの複雑な後味のハッピーエンド。驚くべきことに今回は、余韻を残して終わる。

「家族の死と共に神を葬った」カーリドを、「神の祝福」で救った難民仲間。身を助けたのは信仰であり、ミリヤムを救ったのもまた信仰の力。ではその礎とは?やはり善意。許し、愛すること。ヴィクストロムがこれを体現する。ぐうたら店員やカーリドやアル中妻を許すことで己を救う。
自立とはすなわち自身が常に救われていること。神を、約束された未来を、救われた己を、怖れず信じきること。ミリヤムも自立しているため、自身の善意が他人の善意を誘き寄せ、幸運をつかんでフィンランドまでやってこられた。“偽名を使って不法滞在する”は善行ではないため当然よしとせず、そこに一切の葛藤は無い。そんな彼女に「世界一の兄さん」と言われたカーリドが、どんな想いを胸に帰宅したか、想像に難くない。
その矢先。悪意の象徴たる凶刃を突き立てられ、ついに彼は悟る。目に見える金や地位は、欲を煽るばかりで魂を救済することはなく、善意の延長線上にある信仰こそは、何者からも奪われぬ財産であると。善意には善意で、悪意にも善意でこたえる、それが自立であると。災い転じて福と為したカーリドは、ヴィクストロムらの善意に姿を消すことでこたえ、捨て犬コイスティネンと共に善意の先を見やる。彼方は、キリストの領域。さあ、どこまでやれるか…。

もしかすると監督は、ルアーヴルで完結していたものを、味付けを変えて出し直してくれたのだろうか。悪意の方が説得力を有してしまいやすい今の世の中。我々の殆どが抱えている満ち足りない感じ、すなわち難民的側面を露にするには、フランスの港町で底無しの親切に触れた少年より、記憶が体系化されたのちおびただしい悪意に晒されたカーリドの方が適役だったか。その方が、ともすれば舌打ちする我々に“甘い”から。エンディングに余韻を残したのも、我々に“甘い”から。
ルアーヴルよりも更に腰を落として、観る者に寄り添ってくれたのだろうか。いつもより易しい入口と、いつもより厳しい出口だった。少なくとももう一度噛み直したい。名作なのは間違いない。
主人公の周りに優しさがたくさん溢れてて、みてて本当に気持ちが良かった。

ポーカーやってるおじいちゃん達めちゃかっこいいし、レストランでのやりとりもどれも面白い、見応えあるシーンが多かったです。

終始表情かたい主人公だけど最後の最後でちょっと表情が緩んだところは泣けちゃう。
The Other Side of Hope
この映画に出てくる人たち全員が厳しい目をしている。
その目が現実を語っているようだ。
しかしユーモアも忘れてはいない。
日本食のシーンは思わず笑みがこぼれる。

ラストははたして希望なのか、絶望なのか。観客にその判断が委ねられているが、
私は『世の中そんなに簡単じゃない』ということを見せつけるラストのように感じた。

それにしてもパンフレットの秀逸さといったら。これほどしっかりしたパンフレットを私は今まで見たことがない。
妹が幸せになってくれれば
それでいい。

難民に関して
全く学がないのを反省。

作品のなかの彼らのお鮨に対するイメージくらい、
私たちのイメージは間違っているのだろう。

ラストの穏やかな顔が
かえって悲しくもある。
最後の妹の振り返りロングショット。これだけでこの映画は映画として成立してる。フィルムの柔らかなトーンが妙な軽やかさと深刻にならない娯楽性を与えていて効果的。たぶん店のパートだけで3時間は見れる笑
エンディングで、カーリドが刺された腹を抱えて横たわっている。
再会した妹が警察署に入って行くのを見届け終わった後のシーンだったので、これからどう展開するのか、と思った瞬間エンドロールが流れてきた。
後になって、結末を知って楽しむ映画じゃない、登場する人すべての瞬間瞬間の生き方を見る映画だったことを知らされた。
祖国を捨て命からがらに逃げてきた人々、それを迎え入れる人々、優しさと憎悪、希望と失望。
時間の経過と共にその思いは深くなっている。
良い作品だった。
監督が有名で、難民について、とだけの前知識だけで勝手に取っつきにくいかな、と想像してた見る前の私、大丈夫、いらぬ心配だったぞ。
こんなにコミカルだなんて全く想像していなかったから余計面白かった。そして優しくて虚しい。当たり前みたいにそこにある善意も、決して0にはならない悪意も、そして今、知らない国の空の下で途方に暮れている人たちも、見ようとしなければ見えないまま。

ラストシーンが完璧だ!
エンドロールの曲が途切れてからの数分間、もう音楽が聞こえない世界に行ったカーリドを想った。けどもしかしたら犬が助けを呼びに行ってくれるかもしれない。とても賢いし。

音楽が流れていない時も、日常の雑音がリズムになっていてそれに耳を澄ましながら見てた。そうリズム!語彙力がなくて表現できないけど台詞のテンポから、情景を写す尺から、音楽の切り替えから、何から何までぴったり素敵だ!すごい!好き!
監督の他の作品も見てみたい、出来れば映画館で見たいなぁ。

あと、煙草吸わないから分からない世界なんだけど、なぜか煙草は共有財産なやり取り、映画で見るたびすごい憧れる。何も知らない二人が手を取り合って火をつけ合うのも超シビれる。吸わないからこそ憧れちゃう。かっこいい〜
>|