希望のかなたのネタバレレビュー・内容・結末

希望のかなた2017年製作の映画)

Toivon tuolla puolen/The Other Side of Hope

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:98分

4.0

あらすじ

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまっ…

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまった過去を捨て、人生をやり直そうとしていた。それぞれの未来を探す2人はやがて“家族”となり、彼らの人生には希望の光がさし始める…。

「希望のかなた」に投稿されたネタバレ・内容・結末

空爆で故郷シリアの家を失った青年は、フィンランドに流れ着き、難民として職を探しつつ生き別れた妹の行方を追っていたのだが、入国審査局に捕まり強制送還されそうになる。隙をみて逃げ出した彼は、老齢の男がオーナーを務めるレストランに匿われることになるのだが…という話。

難民問題を扱っており、テーマは重めであるが、所々にユーモアが溢れており、困っている者を無償で助ける人間の善意を描いていて非常に心地よく観られる作品だった。
序盤から難民の青年の物語とともに、妻と職を捨ててレストランのオーナーとなったフィンランド人のエピソードが並行して語られ、この2人の運命が交錯するまでに上映開始から1時間かかるというテンポの遅さなのだが、それぞれの話が地味めながらも引き込まれる内容なので、退屈は感じなかった。また、日本に住んでいると馴染みのない難民の実情を垣間見ることができ、色々と考えさせられた。
国籍は違う難民同士の友情や、主人公をさも当然のように助けるレストランの従業員たちの温かさが感動的だった。終盤主人公の妹をフィンランドに連れてきた運び屋のセリフがカッコ良すぎた。
日本人が観ると途中でレストランが寿司屋に変わった際の無茶苦茶なにぎり寿司の数々にツッコミを入れたくなることだろう。ワサビの量がやばすぎる(^^)
アキ・カウリスマキ 2作目。
この人は本当に今にも消えそうな小さな火を描く
そして静かな映画
サウンドが静かなのもあるけど、視覚的にも静か
カメラワークにパンが少なくほぼ固定で動きの少ない映画

店の売り上げが上がらないので、今流行ってるらしいスシをメニューに取り入れようって言って、本とか包丁とか盗んできて店員の服も浴衣っぽくして、無表情で「イラシャイマセ」ってやってるとこ面白すぎて笑ってしまった。それいつの魚?ってやつをワサビあるから誤魔化せるだろうって言って出してるくせに腰に巻いてるやつに「最高級品」って日本語で書いてあったり... 招きネコもいたな
作品はほとんど観ていて、好きな監督ベスト5には入るカウリスマキ。DVDが出たので待ちに待った観賞。

カウリスマキの良さに無駄な説明を省くってのがあると思うんやけど、今作はそれが裏目に出ていた気がした。描かないで伝える人の繋がり、温かさ、個性を表現させたらカウリスマキは素晴らしいとは思う、しかし今作どこか薄くて物足りない。

しかし、「ペーターフォンバーグに捧ぐ」にはとてもグッときた…。
困っている人のために、見返りを求めず、しれっと動く粋な大人たち。店の仲間はうさんくさいキャラだったり、寿司で失敗したりと、きまりすぎてないのがかなりかわいい。

難民認定率が低いという現実をふまえると警察に行く妹を見送るラストはやや解せない?いつものカウリスマキの雨のち晴れ感を期待してたのもあるけど。
木にもたれるカーリドの微笑みが読みとけないゆえに印象的。
素朴さと優しさに癒された。

レストランのシーンがいちいちコント。

インペリアル・スシのワサビの量、半端ないって。
○非常にシリアスな内容ながら、時にコメディありのドラマ。

○日本人にしか分からないであろう寿司屋のギャグは最高だった。
表情の変化なくて、真顔だったのと、あったかいお話のギャップ
死なないんかーい!
渋谷ユーロスペース。

ル・アーブルに続いて難民が題材だったけど、より現実を生々しく描いていた印象。

俳優の固定メンツと音楽の趣味は相変わらずだった。

寿司屋に改装した下りは観客みんな吹いてた。
カウリスマキ作品初めて!これは好きな感じ。最初から最後まで浸れる作品だった。シリアからの難民カーリドに対して、最もらしい理由をつけて強制送還しようとする行政、ナショナリズムが行き過ぎて暴力で排除しようとする若者。この非情さが今ヨーロッパが抱える難民問題を物語っている。その一方で、妹探しに協力してくれる友人や、雇い入れるレストランの支配人など優しさを感じる部分がたくさんあって、それこそ希望なのだなと感じた。
レストランの従業員も頼りなさそうだけれど憎めない人たちばかり。いきなりメジャーで背を測り始めたかと思えば寝床を探していたり、拾った犬を支配人から隠そうとしたり、流行りにのって寿司屋をやろうとしたけれどダメダメでみんなで法被姿で肩を落としたり、、愛らしい所がいっぱい!
支配人のヴィクストロムもアル中の妻の元を離れたり、買い取ったレストランも全然売れてなかったりなんだけれど、そちらも少しずつ上向きになっていくような希望が持てる。
そして最後のカーリドの柔らかい笑顔が良くて、寄り添う犬も愛らしくて!これを幸せというのか何というのかはわからないけれど、心地良い気持ちでいっぱい。
随所に散りばめられた音楽がどれも良かったんだけれど、強制送還されると決まった夜にカーリドが楽器を演奏し、それを皆が静かに聞くシーンはほろっと泣けてしまった。
全体的に抑えた演技だからこそ細かい機微に触れることができてそれもまた好きでした。
これは…これで引退するのか…。

見どころ:
いつものクスッとくるやつ
いつもの善意コンボ
いつもとイベントの順番が違う
複雑で味わい深い終幕
日本大好きカウリスマキ

あらすじ:
シリアで家族や許嫁と暮らしていたカーリド。ある日、どこかの軍の空爆が、一瞬で全部奪っていった。唯一生き残った妹を連れて必死で逃げたが、ついに彼女ともはぐれてしまう。
それでも暴力は彼を放さず、その日は貨物船へ逃げ込んだ。疲れのあまり眠ってしまったが、目覚めるとそこは北欧、フィンランドだった…。

大傑作ルアーヴルの先に果たして何が来るのか…正直大団円的な讃歌を期待してたんだけど、ちょっと、いやかなり違った。
そもそも、“彼方”という和訳。the other sideは“反対側”と訳すことの方が多いのを、“彼方”としたのは明らかに意図的。そこへあの複雑な後味のハッピーエンド。驚くべきことに今回は、余韻を残して終わる。

「家族の死と共に神を葬った」カーリドを、「神の祝福」で救った難民仲間。身を助けたのは信仰であり、ミリヤムを救ったのもまた信仰の力。ではその礎とは?やはり善意。許し、愛すること。ヴィクストロムがこれを体現する。ぐうたら店員やカーリドやアル中妻を許すことで己を救う。
自立とはすなわち自身が常に救われていること。神を、約束された未来を、救われた己を、怖れず信じきること。ミリヤムも自立しているため、自身の善意が他人の善意を誘き寄せ、幸運をつかんでフィンランドまでやってこられた。“偽名を使って不法滞在する”は善行ではないため当然よしとせず、そこに一切の葛藤は無い。そんな彼女に「世界一の兄さん」と言われたカーリドが、どんな想いを胸に帰宅したか、想像に難くない。
その矢先。悪意の象徴たる凶刃を突き立てられ、ついに彼は悟る。目に見える金や地位は、欲を煽るばかりで魂を救済することはなく、善意の延長線上にある信仰こそは、何者からも奪われぬ財産であると。善意には善意で、悪意にも善意でこたえる、それが自立であると。災い転じて福と為したカーリドは、ヴィクストロムらの善意に姿を消すことでこたえ、捨て犬コイスティネンと共に善意の先を見やる。彼方は、キリストの領域。さあ、どこまでやれるか…。

もしかすると監督は、ルアーヴルで完結していたものを、味付けを変えて出し直してくれたのだろうか。悪意の方が説得力を有してしまいやすい今の世の中。我々の殆どが抱えている満ち足りない感じ、すなわち難民的側面を露にするには、フランスの港町で底無しの親切に触れた少年より、記憶が体系化されたのちおびただしい悪意に晒されたカーリドの方が適役だったか。その方が、ともすれば舌打ちする我々に“甘い”から。エンディングに余韻を残したのも、我々に“甘い”から。
ルアーヴルよりも更に腰を落として、観る者に寄り添ってくれたのだろうか。いつもより易しい入口と、いつもより厳しい出口だった。少なくとももう一度噛み直したい。名作なのは間違いない。
>|