希望のかなたのネタバレレビュー・内容・結末

希望のかなた2017年製作の映画)

Toivon tuolla puolen/The Other Side of Hope

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:98分

4.1

あらすじ

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまっ…

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまった過去を捨て、人生をやり直そうとしていた。それぞれの未来を探す2人はやがて“家族”となり、彼らの人生には希望の光がさし始める…。

「希望のかなた」に投稿されたネタバレ・内容・結末

妹を探しにフィンランドにきたシリア難民の物語。

フィンランドは内戦、自国でも難民を出した経験から難民の受け入れに寛容的なイメージであるが、、。

この映画の主人公は難民申請は通らないわ、ネオナチから暴行されるわと悲惨な目にあう。

しかし、そんな彼を助ける優しいフィンランド人達との関わりで物語は展開されていき、シリアスな内容ながらあたたかみがありほっこりする。

フィンランドのあらゆる現実を映し出した

とてもいい雰囲気の映画だった。
映画好きの日本人にとって、フィンランドのヘルシンキと言えば、思い浮かぶのはかもめ食堂ではないかな?
景気は良くなく、人々は堅苦しく、凄く感情が読みにくい。
でも、悪い人な訳ではないのだと言う事は変わった。
堅実なのかと思えば、そうでもない。
少なくとも、料理は試食してから出すべきだと思うわ、私。
まぁ、あの日本食がジョークとして用意できるくらいに日本の事はリサーチしてあるのでしょうけど。
そして街に音楽が溢れている。
そこが素敵。
制作者の音楽への愛も感じられる。演奏シーンのギターの弦のアップとか、故郷の楽器と故郷の歌とか。
果たして希望は有ったのか。
彼に希望を与えたのは、国でも政府でも無く、出会った人たちね。
報酬じゃない。心意気で動ける人たちが居て。仲間意識が有って。
取りあえず、早く店に行って。きっと何とかなるから。って思うの。
現状は悲惨だけど、だからこそ、何とかなっちゃう。そんなお気楽な希望が有って良いと思うのです。
名前を変えずに生きていく決断をした妹は強い。名前を変えて不法滞在者としてフィンランドに身を置いたカーリドも等しく強いだろう。
監督がインタビューで答えた『今日は彼か彼女が難民だけど、明日はあなたが難民になるかもしれない』がずっと頭にある。

犬と寿司店キュート
腹を刺されながらも微笑むラストにやられた、エンドロールの曲を聴きながら自然と落涙しました
人間のあたたかみを感じられる映画
ローアングルのカメラと色彩、質感、無表情な動作の人物、撮り方が面白くて小津安二郎からの影響がわかりやすい
主演の方と妹役の方の強い眼差しが印象に残る(特に主演の方は、ずっと目がキラキラと、ギラギラとしている)
インペリアル寿司・・・思い出すだけで笑える
うーん、どうしてここまで高評価に繋がっているかわからなかった。。。

センシティブな題材とコメディを調和させて何か映画でしか表現できないことを表現しようとしていて、意欲的な作品だとは思うのだけど。。。
コメディ部分があまりに突拍子もなくて(浮いてるように見えて)、なんか行き当たりばったりに脚本を作ってるような気がしてしまった。例えば、日本料理を始めようというくだりも、日本料理を始める必然もないし、この展開が後に何か影響を残してるように思えないし、致命的なのはこのシーン単体で別に面白くなかった。
私好みの画で、何を写したいのかはっきりしているところがとても良いなぁと思った。初アキカウリスマキだったのだが、なるほどみんな好きなわけだ。

スシのシーンで、日本人客が帰っていくところを見送るスタッフたちのあの申し訳無さそうな顔には胸がギュッとなっちゃいましたね。可愛すぎる。帰り際に誰も文句を言わない所が日本人らしいなとも思って、アキカウリスマキの洞察力というか理解力に驚く。

途中で難民友達から「ニコニコ楽しそうにしてないと。しょぼくれてると真っ先に狙われるぞ」とかなんとか言われてるシーンでは、もう完全にこれ人生の話じゃんと思った。で、おじいちゃんたちの奏でる音楽がまた明るいよね。その中で「音楽か、死か」って歌を歌うところがあるんだけど、まさに音楽を楽しんでニコニコして(そんなフリをして)生きるか、もう死ぬかしかないのかなぁと繋がった気がした。「やたらとニコニコしすぎても頭がおかしいと思われる」という追加のアドバイスにも笑う。

最後のシーンについて恋人と話し合おうかと思ったら、「まぁ、わからんままでええやろ」と軽くいなされ、こういう所がこの人の美点だなぁと訳もなく感心したというエピソードも付随しておく。
フィルム上映で観ましたが、難民問題だけでなく笑えるシーンもあって、観て良かったです。
まだずっと見ていられる…
ラストに笑顔が見られてよかった。希望の側面を覗いてる感じ。
淡々とした雰囲気が心地よい、この映画。好感が持てた。抑えたユーモアもしっかり劇場の爆笑をかっさらっていた。

シリア難民のカーリドがはぐれた妹を探すという話を軸に、フィンランドにおける難民事情、現地での生活と人々との交流などの話が繰り広げられる。

レストラン経営を始めた男ヴィクストロムがとてもナイスガイ。口下手そうだし、無愛想だし、立ち回りも上手そうではない。しかし、口より行動で示す男。まことにもってボスと慕いたくなる御仁である。
ヴィクストロムはいきなり殴ってきたカーリドをしっかりぶちのめした後(笑)、飯を食わせてやり、仕事を与える。やっぱボスだよ。レストランのポンコツ従業員達も愛嬌があって憎めない。IDカードの偽造は凄いけど、確認する方のザルっぷりも凄い。

カーリドと難民申請をきっかけ(どんなきっかけや)に友人となったマズダック。彼も良いヤツだ。携帯電話を貸してあげるシーン、自分は「国際電話ちゃうん…?話、長ない?」とか気になってしまうこと間違いなし。後半、彼が実は警察のスパイになっていて、カーリドは捕まっちゃうんじゃ?とか邪推してしまったことを土下座して謝罪させてください。ワシの心は腐っております。

最後、カーリドの安否も気になるし、妹だって強制送還されるのではなかろうか、とスッキリはしない終り方。現実の問題はまだまだ山積みだということを突き付けられているようだ。希望のかなた、このタイトルをどう捉えればいいのか。

劇中に流れる音楽も無視できない。渋いブルースやバンド演奏が耳に襲いかかる。手作りっぽい四角いギターがカッコ良かった。

フィンランドではここ数年、数万人の難民を受け入れ、増加傾向にあるとのこと(手抜きのネット調べ)。人口560万人の国に万単位で人が流入したら、そら生活変わるわな。
自国民達の生活もそれほど裕福ではないのに余所者を養うなんてもってのほかだ!と怒る人達が映画でいうネオナチの人達であろう。暴力はいけないが、気持ちも分からんではない自分。

今の日本は難民受け入れ数が少ないにしろコンビニ、飲食店には外国人従業員が溢れかえっている。今後は、外国人管理職とかオフィス、現場、メディア(テレビ・ラジオ・雑誌・ネットなど)といったあらゆる所で、外国人が当然の如く存在する世の中になっていくのかもしれない。いずれは難民の受け入れも増えるのかも。

淡々とした心地よい映画であるが、中身が孕んでいる内容はヘビーであり、胃もたれしないあっさり目に仕上げたの凄いなと再認識。観る方も助かる。
去年の見納め映画は「希望のかなた」だったのですが、本当に素敵な映画でした。
私、カウリスマキ監督作品は、女性のルックスがタイプじゃない、という理由だけで、3本くらいしか観てなかった上に、同じ理由で、なんとなくハマれない感じがあったのですが、そんな自分が恥ずかしくなるような素晴らしい作品でした。

世の中には厳しい現実があって、人間みんな孤独で、大変なこともあるけれど、人を助ける優しさはささやかなのに鮮やかで、音楽の流れる景色は本当に美しかったです。

年末に観て、年始に思い出して、やっぱりこれって、私の場合はですが、神様やお天道様に恥ずかしくないためとかではなく、自分のために、絶望と戦うために、人の心を忘れないでいたいのかもしれないなあ、と、思いました。