わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

I, Daniel Blake

上映日:2017年03月18日

製作国:
  • ベルギー
  • イギリス
  • フランス
  • / 上映時間:100分
    監督
    ケン・ローチ
    脚本
    ポール・ラヴァーティ
    キャスト
    デイヴ・ジョーンズ
    ヘイリー・スクワイアーズ
    ブリアナ・シャン
    ケイト・ラッター
    シャロン・パーシー
    ケマ・シカウズウェ
    あらすじ
    イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。

    「わたしは、ダニエル・ブレイク」に投稿された感想・評価

    20170413
    優しさを測るモノサシがあればいいのに、と思った。
    人としての尊厳とは。
    最後がメチャ泣ける
    やっぱり、ケン・ローチ監督の映画は好き。
    怒り、惨めさがじわじわと伝わってくる。
    最後のシーンに、あの人も、この人もいたことにジーンとした。
    ケン・ローチのブレなさは、ほんとかっこいい。社会の窓を作り出す。切り取り方や、間の置き方も絶妙。

    ダニエル・ブレイクは、今日もどこかで戦っているのかもしれない。イギリスだけではなくて、日本でも、世界中の至る所で。
    すごくよかった。考えさせられる。
    機内にて鑑賞。号泣。来年、ヨーロッパでこうならないように力をつけなきゃな、と勝手に思った。
    あったかい人の周りにはあったかい人が集まるなと
    渋谷アップリンクにて
    感涙。感想は後日に。
    パリの映画館で鑑賞。
    フランス語字幕なので全てを理解できてないけどとても力強い映画でした。
    イギリス貧困層の人々の姿を描いたお話。救いの手を伸ばす人はいる、隣人には愛がある、しかし小さなろうそくの火で冬は越えられず、硬直的な制度に拒絶され静かに追い込まれていく弱者たち。
    誠実に生きてきた男が、本当にたちの悪い冗談みたいなシステムの陥穽にはまり、生活が立ち行かなくなる。彼は誠実で良き市民であるということで戦おうとするが、貧困はごりごりと彼のからだと精神を蝕む。
    綺麗な答えはないので、つぎはぎをあてながらなんとか生きのびていくしかない。
    >|