わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

I, Daniel Blake

上映日:2017年03月18日

製作国:
  • イギリス
  • フランス
  • ベルギー
  • / 上映時間:100分
    監督
    ケン・ローチ
    脚本
    ポール・ラヴァーティ
    キャスト
    デイヴ・ジョーンズ
    ヘイリー・スクワイアーズ
    ブリアナ・シャン
    ケイト・ラッター
    シャロン・パーシー
    ケマ・シカウズウェ
    あらすじ
    イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。

    「わたしは、ダニエル・ブレイク」に投稿された感想・レビュー

    DaisukeYoshida
    DaisukeYoshidaの感想・レビュー
    6分
    4.2
    福祉体制のもどかしさ。ダニエルの底抜けなまでに素敵な人間性に感動しました。
    えんさん
    えんさんの感想・レビュー
    1時間
    3.0
    ダニエル・ブレイクはイングランド北東部のニューキャッスルに住む大工。しかし彼は心臓疾患により医師から仕事を止められている。自宅で趣味がてらに簡単な工芸はしているが、福祉手当や就業支援を受けようにも、複雑な制度に翻弄され支援を受けられないでいた。そんな最中、手続きに来た福祉事務所で手助けしたシングルマザーの家族と出会う。彼女らと交流を深め、貧しくとも支え合おうとしてきたが、現実はよりいっそう厳しくなる一方だった。。イギリスの下層階級の人々をフューチャする数多くの社会派作品を打ち出し、一度は引退を宣言したものの、再びメガホンを取ったケン・ローチ監督が二度目のカンヌ国際映画祭パルムドールに輝いた社会派ドラマ。

    妻に先立たれた孤独な中年男性が、ある家族と出会って心の交流をしていくというドラマの形としては、先日観た北欧映画「幸せなひとりぼっち」に話はよく似ていますが、さすがケン・ローチの作品なだけあって、色付けとしてはイギリスの低所得者向け福祉制度や就業制度の問題点にフォーカスした作品になっています。僕も社会的な立場としては障害者であり、様々な福祉制度を使わせていただいていますが、面倒なことに基本は全て申告性。例えば、病院に通院して、診察や治療を受けた料金の還付制度を受けたい場合もイチイチ書類を書いて出さないといけなかったり、税金の還付にしても、(まぁ当たり前ではありますが)会社員時代も毎年のように確定申告していました。今住んでいる場所の市役所や福祉の窓口はとてもわかり易く対応してくれますが、東京や大阪などの大都市に住んでいたときは、やはりサービスを受ける人の数も多いので、窓口も結構待たなければならなかったり、情報がどこに書いてあるのか分からなかったり、とても複雑で還付をさせないようにわざと分かりにくくしているんじゃないかと思うこともしばしばありました。なので、本作のダニエルがぶち当たる壁というのもとても理解できるのです。

    本格的に少子高齢化社会に突入している日本ですが、やはり高齢者を中心に福祉サービスを受ける人は増加してきています。低成長社会で、国や地方の財源も小さくなってきている中、いかに個人の生活の質(QoL)を上げながら、拡大している医療や福祉に関する費用を抑えていくかを考えるのは急務だと思います。僕自身の考えとしては、各個人の能力や幸せの定義も違う中で、如何に長く社会の中で働ける(もしくは動ける)環境を作りながら、行政の支援サービスも申告型ではなく、給付型に移行していくようにしないといけないと思っています。映画の中でも、申請はオンラインだけです、、と冷たく当たるところもありますが、単にネットにするだけではなくて、もっと有用なITの使い方もあるのかなと思うのです。この辺りは、自分の信念ともつながってくるところなので、思うところがいろいろある鑑賞となりました。

    という話は横に置いておくとして、映画としては「幸せなひとりぼっち」に比べると社会派なだけ、どうしても堅い風合いになってしまうのは仕方がないかなと思います。本作は心の交流をしながらも、ダニエルの生活はどんどん貧しくなっていくのがとても心苦しくなってくる。ただでさえ、孤独な中で生きなければいけない中高年の一人暮らしだからこそ、この貧しさということがそこに加わると、それだけで生活自体に余裕がなくなってしまうのです。だからこそ、この貧しさのフィルターを取ってあげなければならない。そこに強いメッセージ性を感じる作品となっています。
    加藤ベッキンセイル
    加藤ベッキンセイルの感想・レビュー
    3時間
    3.7
    安易に論評するのが躊躇われる作品。でも、興味があるなら必見かと。
    ケン・ローチ、怒ってます。

    明日は我が身、とも思ったけれど、実は日本も既にこうなっているのだろうと考え直した。
    ヤーマン
    ヤーマンの感想・レビュー
    3時間
    3.5
    現実を見た気がした。ダニエルの優しさがすき
    きみちゃん
    きみちゃんの感想・レビュー
    10時間
    4.0
    病気で働けなくなったダニエルが直面する過酷な現実。人が尊厳を持って生きることが難しい社会。シングルマザーのケイティのその後が気になる…。
    SP
    SPの感想・レビュー
    13時間
    -
    ‪カンヌ映画祭パルムドール授賞作。
    現代の写し鏡。私は彼らを応援するしかなかった、国が変われど時代の流れは変わらないのだと嫌が応にも痛感させられる。国という強者からのシステムで衰弱してゆく社会的弱者たち。‬
    ‪「I, DANIEL BLAKE」潔くてカッコいい‬タイトルだ。

    フードバンクのシーンはしばらく忘れられない気がする、リアルすぎる、こんな人たちどれだけいるんだろう、声の小さな弱き人々よ
    tyako
    tyakoの感想・レビュー
    17時間
    -
    記録
    えむA
    えむAの感想・レビュー
    18時間
    4.3
    心が豊かな貧しい人、ダニエル・ブレイク。彼のようなよきサマリア人の誇りがどんどん踏みにじられていくのが何ともやりきれない。
    心臓が悪くて働けないのに、あのような申請システムはデジタルスキルのない人は申請諦めてねってことなんだろうか。
    子供達と一緒に一生懸命に生きてるシングルマザーのケイティが、フードバンクで取った行動も衝撃的だった。母子家庭のリアリティは日本とも共通する部分がある。
    ケイティも子供達も頑張れ!

    遠い国イギリスのお話だが、日本人でも身につまされる。格差社会が拡大していく。
    貧しくても誇りと尊厳を失うことのない社会にしていかなければと思う。
    kyocossdd
    kyocossddの感想・レビュー
    19時間
    3.8
    どうしようもない不安で
    押し潰されそうになる。
    心の描写、表情、言葉、
    生活の音。

    過去は過去でしかなく、
    生きている今が「事実」

    明日のために働く。
    誰かを愛して
    幸せになれると信じて
    子供をつくる。
    家庭を築く。

    それなのに。

    思ってもみなかった最悪の状況に
    誰が望んで飛び込むというのか。

    打ちひしがれる。
    tomapii
    tomapiiの感想・レビュー
    1日
    4.4
    静かに心の底に迫ってくる映画。
    >|