わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

I, Daniel Blake

上映日:2017年03月18日

製作国:
  • イギリス
  • フランス
  • ベルギー
  • / 上映時間:100分
    監督
    ケン・ローチ
    脚本
    ポール・ラヴァーティ
    キャスト
    デイヴ・ジョーンズ
    ヘイリー・スクワイアーズ
    ブリアナ・シャン
    ケイト・ラッター
    シャロン・パーシー
    ケマ・シカウズウェ
    あらすじ
    イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。

    「わたしは、ダニエル・ブレイク」に投稿された感想・レビュー

    ノラネコの呑んで観るシネマ
    5時間
    4.6
    ケン・ローチらしい直球の社会派ドラマ。
    病気で仕事が出来なくなったタイトルロールと、幼い2人の子供を抱えたシングルマザーが、社会保障のシステムから理不尽に疎外される。
    「本当に必要な人には福祉の手は届かない」とは、どういうことなのかよく分かる。
    日本でも役所から手当を切られたとか、生活保護を拒否されたとかはよく聞くが、この映画が本当ならイギリスの状況はもっと酷い様だ。
    なんで医者から就労を禁じられてるのに、役所が無理やり就活させるんだ。
    役所との面会に遅れると罰則って、なんだそりゃ(o_o)
    しかも高齢者や貧困層向けの行政サービスがネットのみって、最初から助ける気無いやん。
    私がダニエル爺さんでもキレるわ。
    彼は役所に怒ってたけど、実際には役所の人たちも色々辛くて、結局はシステムを作る政治の責任で、同時に政治家を選ぶ自分たちの責任ってことこなんだよなあ。
    とりあえず、一番辛いのは情報弱者なのは分かった。
    自分の老後を想像しても、人ごととは思えないヘビーな映画だった。
    nana
    nanaの感想・レビュー
    6時間
    -
    トマト缶のシーンでびっくりするほど涙が出た。実際にあった出来事らしい。
    まだ若いからと感心の無い自分だったけど、泣いてる場合じゃないなあ。
    観ようか迷ってたけどぎりぎり劇場で観れて良かった。
    yuko
    yukoの感想・レビュー
    6時間
    2.8
    2017.3.23 札幌シアターキノ

    壁の落書きのシーンだけはスカッとしたけどね。
    ピロシキ
    ピロシキの感想・レビュー
    6時間
    3.8
    シアターを出てすぐに、知らないおじいさんが、映画館の若い女性従業員に対して「いやぁ良かったよ、ありがとう」と話しかけ、「あ…良かったです」「凄くいい映画だった。俺の名前はね、アベ・ノブオ」「はぁ…そうなんですか。」という最強に意味不明な会話をしていて、余韻も何もかも全て持っていかれた。全てアベ・ノブオに、持っていかれた。
    mmmcy
    mmmcyの感想・レビュー
    7時間
    -
    クスクスは連帯の食べものだからね。
    moscow
    moscowの感想・レビュー
    7時間
    3.5
    ケン・ローチはぶれないな。映画に託された主張は明快。しかし、主役を演じたD・ジョーンズのすぐれた演技によってか、あまり押し付けがましさは感じない。深刻なテーマを重苦しくならず、だが真に迫る形で描いており、微妙なバランス感覚がよい。職人技。
    おかだ
    おかだの感想・レビュー
    8時間
    4.8
    あんなおじいちゃんなりたい!
    eriii
    eriiiの感想・レビュー
    9時間
    3.8
    映画を観た後深く考えさせられる作品。
    こういう現実があることを観て知れて良かった。もっとたくさんの人に観てほしい!
    ダニエルと隣人や子どもたちの交流にはほっこりさせられて、厳しい現実を描くだけじゃないところが良かった。それがなかったらもっとずーんとした作品になっていると思う。
    へたれ
    へたれの感想・レビュー
    9時間
    3.6
    映画というよりアジテーション。

    言いたいことのために最短距離で観客に詰め寄り、装飾を排してメッセージを伝えてくるので、観る側は気圧されるしかない。
    老人とシングルマザーの擬似家族的な生活と言えば感動を誘う謳い文句になるが、後味には人間の公正さを求める強烈な怒りだけが残った。

    終盤に職業案内所の前である事件が起きるけれど、この映画全体がまさにそのシーンの無骨な感じを貫いている。

    ただ、ケン・ローチ作品としてみると、前から同じようなことをやっているので、新鮮さは感じなかった。
    naoki
    naokiの感想・レビュー
    9時間
    4.2
    84点
    >|