わたしは、ダニエル・ブレイクの作品情報・感想・評価

わたしは、ダニエル・ブレイク2016年製作の映画)

I, Daniel Blake

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:100分

4.0

あらすじ

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳し…

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。

「わたしは、ダニエル・ブレイク」に投稿された感想・評価

eriok

eriokの感想・評価

3.1
社会派ヒューマンドラマ。格差社会となった日本も例外ではない。ドキュメンタリーなら現実を知りたいが、フィクションの映画では、人物が美化されるのでちょっとしんどい。
Soichfork

Soichforkの感想・評価

3.9
悔しさと悲しさでいっぱいだった。でも本当にこれが社会の実情なんだろう。ただ、冷たい組織や人たちもいる分、何気ない日常の人の温かみに気づかされるシーンも多かった。

I, Daniel Blake. わたしは、ダニエル・ブレイク。私は私だ。私は人間であり、犬ではない。私は市民であり、それ以上でもそれ以下でもない…
yoko

yokoの感想・評価

4.0
ダニエル、強い。最後まで尊厳を持って生き抜く姿がかっこいい。
そして弱いものが救われない制度、手を差し伸べようとした人も救われない。ダニエルとケイティが戦う姿が痛々しくて、報われないのが辛くて泣ける。
終始救いのある展開を願って観ていた。
この映画がきっかけで少しでも社会が変わっていてほしい。
こやち

こやちの感想・評価

4.2
公平性という観点からはお役所仕事も悪いだけではないんだろうけど、それでも複雑過ぎだよね。
壁に落書きしたダニエルをみんなが応援するシーンが好き。
Kiki

Kikiの感想・評価

3.3
期待値が高すぎた。ただ社会制度の非合理性を不愉快に突きつけられて終わる。
emi

emiの感想・評価

4.5
社会の理不尽さと闘うこの誠実でガッツのある人物に共感を覚え、現代の貧困の深刻さに胸が痛むはずだ。切実にメッセージが伝わる社会派作品であり、たくましく自分らしく生きてお互いを助け合う人たちの姿が勇気と希望を与えてくれる素晴らしい映画。
mayu

mayuの感想・評価

3.4
重いテーマで、すごくリアルな映画でした。
ラストはすごく印象的でした。
生きていく中で目の当たりにすることは少ないが、確かに存在する不条理を絶妙な間合いと飾らない言葉で描く。
静かだが確実に存在する愛を感じる作品。

2018年 34本目
bowzZ

bowzZの感想・評価

3.5
どこでもお役所仕事が要するに血が通っていないという事なんだな。規則や形式や体面ばかり優先して、目の前の相手を見ていない。日本には小田原ジャンパー事件なんてのもあった。その反面、制度を悪用する人間がいるのも事実であるし、いろいろ難しい。
少なくとも、わたしは○○、番号で呼ぶな!というこの主張の意味が、政治家や役人に理解されないとどうもならん。
>|