わたしは、ダニエル・ブレイクの作品情報・感想・評価

わたしは、ダニエル・ブレイク2016年製作の映画)

I, Daniel Blake

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:100分

4.0

あらすじ

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳し…

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。

「わたしは、ダニエル・ブレイク」に投稿された感想・評価

sorahi

sorahiの感想・評価

3.5
「ただ、人には追い風が必要だ。そうだろ?」

重苦しくて、厳しい話でした。大勢の人に観て、そして考えてもらいたい。

「だが尊厳を失ったら終わりだ」
やす

やすの感想・評価

3.4
苦しいのう。BGM一度もなかったんじゃないか。こんな人が出てしまう世界なんなんだろう。
大工として働くダニエル・ブレイク。
心臓の病を患ったダニエルは、医者から仕事を止められ、国からの援助を受けようとしたが、複雑な制度のため満足な援助を受けることができないでいた。
シングルマザーのケイティと2人の子どもの家族を助けたことから、ケイティの家族と絆を深めていくダニエル。
しかしそんなダニエルとケイティたちは、厳しい現実によって追い詰められていく。


イギリスの複雑な制度に振り回され、貧困という現実に直面しながらも助け合って生きる人びとの姿がとてもリアルだった。
国の援助を受けられずに死んでいったも同然なダニエル。
葬儀で読まれた遺書に感動した。
国の援助制度を変えるべきだ。
ゆゆこ

ゆゆこの感想・評価

4.0
"私は市民だ。それ以上でも、それ以下でもない。"

ケン・ローチの手にかかれば心に響く作品にならないわけがない。今作品みて改めて確信。
とてつもない理不尽を突きつけられて、
なすすべのない状況にはただ胸が苦しい、
苦しいすぎる、、

イギリスに留学はしてたけど住んだことはないし、正直ほんとのことろの、こういう行政の状態は経験がないぶんなんとも分からないのだけれど、
これが全てほんとのところであれば、
それはほんとに、彼らがイギリス市民として生きることへの障壁極まりない。

個人的には、ニューカッスルのフードバンクのおばちゃんが、ロンドンから来たあのシングルマザーに「あなたの発音はどこの?」って聞いてたシーンが、なんともらしくて好きです。
ロンドンからきたっていうと地方民は「ほぅ、ポッシュな」ってかんじで逆にネタになったりするけど、
ニューカッスルの人たちはそんなの関係ないねレベルでみんな優しいふうに描かれてる。
スコットランドもそうでしたよ。

と余談はさておき、

次に印象にのこったのが、
やはりクライマックス。
クライマックスほどの皮肉に心が痛まないわけがない。
ネタバレになると嫌なので、とりあえずそこを少しコメントに残して終わります…

とりあえず、今作品も心に重い作品でした。
わたしの中では『Sweet Sixteen』の方がまだお気に入りレベルは上ですが、
とても興味深くて、みてよかったです。
コリ

コリの感想・評価

4.0
心臓に病を患い医者から仕事を止められ、国からの援助を受けようとしたが、複雑な制度のため満足な援助を受けることができない...。
イギリスの複雑な制度に振り回され、貧困という現実に直面しながらも助け合って生きる人びとの姿が描かれる

書類の提出方法が分からず困っているのに、お役所の受付担当者は、融通の効かないマニュアル通りの対応に腹ただしい...。
受付窓口に電話したら延々と「暫くお待ちください」の保留トーキーが流れたり、受付窓口が違う、担当が違うと社内たらい回しされたりと冷酷な現実が...。

困ってる隣人を助けるダニエルの行動と、貧困な生活には胸が締めつけられます。
腹ただしくも悲しいですが、スプレーのシーンは心にグッときます。
パルムドール受賞の佳作。
社会の穴をほじくり返すようなケンローチらしい視点。
病気で失業中のダニエルに降りかかる手続きという仕組み、簡素化のためとはいえ高齢者にはわかりにくいデジタル化。日本も同じことで苦しんでる人、もっと増えてくるんじゃないかな。
ハッピーでは終わらないとこのリアリティが痛苦しい。
YUCHI

YUCHIの感想・評価

4.1
第一印象はとても指数で考えさせられる作品。
派手さなど全くなく盛り上がりもない。
でもふと思い出すような感じ。見てどう感じるかを試されてるような。
物語が進むに連れて明らかになる事実。
その中で過ぎていく時間。
難しいと言えばそれまでだが必ずもう一度見ようと思う作品。 
淡々と進む映像の中からふつふつと沸いてくる現代社会への静かな怒り
17co

17coの感想・評価

4.0
辛い、虚しい、悔しいの中に、周りの人への思いやり滲み出てくる。尊い!
ケン・ローチが引退を撤回して作った作品、ひとりでも多くの人に観て感じてほしい。
>|