わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

I, Daniel Blake

上映日:2017年03月18日

製作国:
  • ベルギー
  • イギリス
  • フランス
  • / 上映時間:100分
    監督
    ケン・ローチ
    脚本
    ポール・ラヴァーティ
    キャスト
    デイヴ・ジョーンズ
    ヘイリー・スクワイアーズ
    ブリアナ・シャン
    ケイト・ラッター
    シャロン・パーシー
    ケマ・シカウズウェ
    あらすじ
    イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。

    「わたしは、ダニエル・ブレイク」に投稿された感想・レビュー

    ふるた
    ふるたの感想・レビュー
    5時間
    4.2
    どこにでもあるような日常から社会の理不尽さとかを切り取るのって簡単そうでとっても難しいんだろう。ドキュメンタリーに限りなく近い臨場感がずっと続いてた

    「1番好きなプレミアリーグの選手は?」
    「チャーリーアダム」
    「イカれてるww」
    の件は知ってたのに笑った

    せめて2人の小さな子供が前を向いて生きられますように
    MAeKeN
    MAeKeNの感想・レビュー
    16時間
    4.0
    生活保護を受けたくても、一定のラインを満たさなければならず、受けられない現状が何とかならないものかと思ってしまう。

    その現実に立ち向かうダニエル・ブレイク。
    何とかして生活保護を受給できないものかと、無意味な職探しとかをするダニエルさん。
    その場面を観ていて、その現実に対して悔しくなる。
    簡単に生活保護を支給できないのは分かります。
    だけど、だけど!
    何だかなぁ

    シングルマザーのケイティ。
    彼女もまた日々の生活に苦しんでいる。
    痛いほどその苦しさが伝わってきたシーンは、食料の無料配給所で缶詰を子供たちから隠れて食べるところ。
    その後、泣き崩れる彼女の姿が、頭から離れない。

    あーー、ダメだ。
    彼らのような助けが必要な人たちを生む見えない怪物をどうしたら倒せるのか。
    偉い人!倒してください!

    自分のちゃんとした今の生活があることに感謝の思いで一杯になった。

    生きるために生きる彼らの姿が眩しかった。

    思い返せば思い返すほど、やりきれなくなる。
    mogutaga
    mogutagaの感想・レビュー
    1日
    4.0
    役所にはイライラさせられる。心臓が悪いって言ってるのに。まさにちゃんと仕事しろ!
    じゅんぺー
    じゅんぺーの感想・レビュー
    1日
    3.8
    映画をみるまえは
    題名が覚えられず、ダニエル クレイグとか言ってた…

    彼はダニエル ブレイク

    誰かを助けたら、いつか自分も助けられるかも
    HarnaKonis
    HarnaKonisの感想・レビュー
    1日
    -
    2017(67)
    ダニエルの隣人もいい奴でよかった
    Tera
    Teraの感想・レビュー
    1日
    4.3
    久々に映画を観て、憤りと社会の理不尽さを感じさせられた。

    「地位の高いものには媚びない
    隣人には手を差し伸べる。
    施しはいらない。
    私はダニエルブレイク。
    一人の市民だ。
    それ以上でもそれ以下でもない。」
    このラストのシーンでケイティがダニエルの遺書を読んだ。
    これは、私たち一人一人に当てはまることであり、どんなにハンデやリスクが多くても、人としての人権を奪うことはしてはいけない。人である以上そこは誰もが平等である。
    yosumi
    yosumiの感想・レビュー
    1日
    2.9
    丁寧に作られた政治的作品のような。

    決して看過できない、日本でも起こりうる、いや実際はもう起きてしまっていそうな。

    格差はひろがっちょる
    megさん
    megさんの感想・レビュー
    1日
    3.9
    この映画で泣いてしまうとは思っていませんでしたが、これはとても胸を打つ映画でした。
    理不尽な行政に翻弄されプライドを毀損されて、疲れ切っていくダニエル。

    国家の財政が厳しくなり、福祉を切り捨て意地悪をしたの?イギリスは。我が国の福祉はどうなんだろう、こんなことになっていなければよいと願います。

    とてもよい映画で、多くの人にみてほしいと思います。
    私は普段社会性の強い映画をあまり人に勧めないけれど、この映画は違います。

    きちんと頑張って生活しようって思う!
    かなごんぱっぱらっぱー
    かなごんぱっぱらっぱーの感想・レビュー
    1日
    4.4
    久々にいい映画を観た
    >|