わたしは、ダニエル・ブレイクの作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • わたしは、ダニエル・ブレイクの作品情報・感想・評価

わたしは、ダニエル・ブレイク2016年製作の映画)

I, Daniel Blake

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:100分

4.1

あらすじ

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳し…

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。

「わたしは、ダニエル・ブレイク」に投稿された感想・評価

ひろじ

ひろじの感想・評価

4.7
貪り食べるシーン
わたしはこんなに飢えた事がない
戦慄
其れでもこの国は希望が見える
いい映画!
ケンローチが今伝えたいこと、ど直球で伝わった。まじめにつつましく生きてる人が遭遇する理不尽なシステムにイライラ。マニュアル対応人にイライラ。ダニエルがあまりに不遇で、悪態ついても劇中の外野同様いいぞもっとやれ!と思ってしまう。ツラい話だけどよかった
はるな

はるなの感想・評価

3.5
全く前知識無しでの鑑賞。
でもシネリーブルさんでの上映だからある程度ハズレ無しと、なんか変な自信を持ってスクリーンへ。
結果、観て良かった^ ^
鉄の女改革あたりから「イギリスって、伝統と最先端、無関心と団結が今も混在する国なんだなぁ」と思ってましたが、今作品でもその矛盾に怒りを感じます💢
貧困、高齢者、移民
弱者に対する国の対応はどこも同じなのか?
改めて、イギリスという伝統国が持つ基盤の弱さを見た様に思えます。
ほんまに大丈夫なんやろか、EU離脱して^^;
人間、尊厳とは、という作品。
1号

1号の感想・評価

4.2
言葉にすると陳腐になってしまう、大事なもの。理不尽でつらい現実に、憤りを込めて、でもあたたかさをもって描いた素晴らしい作品。
PON

PONの感想・評価

5.0
福祉とは?

考えさせられた。日本にもありそうな内容。
秀逸の作品。
外は雨

外は雨の感想・評価

3.5
ちゃんと働いてきた。税金を納めてきた。愛する家族と最後の日まで暮らしてきた。そんな人が働けなくなった時のために社会保障はあるべきだ。それは施しなんかじゃない。

役所が杓子定規なのは日本もイギリスも同じなのだな。いや、罰則があるところは日本よりも厳しそうだ。

罰則や規定に融通が利かないようにしてあるのはみんながみんなダニエルのような善良な人ばかりではないせいでもある。社会保障費は税金だ無尽蔵ではないし、誰にでも均等に配分してしまったら、本当に必要な人には行き渡らない。

人権を盾に真っ当に生きてきた人達が頑張って築いた社会保障にタダ乗りしてくる人がたくさんいるということも事実なのだ。

映画としてはパルムドール受賞って事だけどちょいマトモがすぎるんじゃないかな。まぁケン・ローチ映画だ。
実験4号

実験4号の感想・評価

3.0
何のために映画を撮るのか。
例えば、世の中に何かを問うため、訴求するため、見直すきっかけを作るため。
とすれば、私は多分、この映画を通して、ケン・ローチのメッセージを受け取ることができたのだと思う。
kyuta

kyutaの感想・評価

4.2
イギリスのビートたけしが非人間的な行政と闘う話。主人公のダニエルのような男になりたい。そう思った。
>|