希望のかなたの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

希望のかなた2017年製作の映画)

Toivon tuolla puolen/The Other Side of Hope

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:98分

4.1

あらすじ

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまっ…

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまった過去を捨て、人生をやり直そうとしていた。それぞれの未来を探す2人はやがて“家族”となり、彼らの人生には希望の光がさし始める…。

「希望のかなた」に投稿された感想・評価

ItsTTT

ItsTTTの感想・評価

4.1
全体を通して、凛とした表情がよく映し出される。カーリドは内紛が激化したシリアから逃げ出して来た難民だが顔に悲しいの色はない(気掛かりなのはただ妹のこと)。五里霧中な現実をするりとかわす。挿入されるバンド演奏に救済され、中盤〜終盤にかけて、話の輪郭が見えてくる。こんなご時世だからこそ、手を取り合うことの大切さ、受け入れる寛容さをもう一度見つめ直すようユーモアを入り混ぜながら私たちに投げかける。小さな善意は希望だ。
TakaCine

TakaCineの感想・評価

4.2
【人への温かい眼差し】
アキ・カウリスマキ作品初鑑賞😉🔰
寒い冬に、心をじんわり温めてくれるスープのような味わい。

映画ポスターに採用された1シーン(好きなシーンです)に、監督が伝えたいメッセージがよく表現されていると思います。内戦が激化するシリアから逃れた青年の強ばった心を、振る舞われた温かいスープが和らげてくれます😉

スープに溢れる"思いやり"の心。同情とか建前とか関係なく、「困っている人がいたら助ける」という素直な気持ちが心に沁みます😭

この当たり前の気持ちを、たまに忘れている自分がいて恥ずかしいです😨💦

〈難民問題〉
自国の不利益や暴動を懸念して受け入れ拒否さえ起きている難民問題。日本人の僕には正直どこか遠い問題でしたが、税金や職や福祉の奪い合い、偏見、暴動、宗教の相違、本当の難民と偽装難民の区別の難しさ…人道的支援は大事ではありますが、国民から見たら「助けるのは自国民が先!」というのも率直な意見ですよね。

生活が苦しすぎて拡がってしまう不寛容な世界に、カウリスマキ監督が伝えたい「人間の生き方」とは?

ベルリン国際映画祭銀熊賞(監督賞)受賞。

〈心に沁み渡る独特な雰囲気〉
カウリスマキの描く世界は、どこか独特でユーモラス。今まで彼の作品を観なかったのは、"ミニマリズム(最小限に切り詰めたスタイル)"と評される演出表現に、僕が着いていけるか不安だったからです😌(彼は小津安二郎を敬愛しています)

静止画のような画面、動きの少ない演技、説明過少な台詞、緩やかな展開がきっと飽きると思ってました。

…が全く飽きませんでした😆嬉!

98分というちょうど良い上映時間も救いでしたけど、主人公の青年カーリド(シュルワン・ハジ。PS4の山田孝之に少し似ている)以外は、味わいのある顔(つまり美男美女ではない)と独特な選曲と絶妙なユーモアがツボにはまりました。

シュルワンは、冒頭の意外な出現シーンから寡黙な存在感が光ってましたね。大げさな演技やセリフを一切排除していても、心細さや哀しみはその瞳から大いに読み取れました(ダブリン国際映画祭男優賞受賞)。

伝統楽器サズの演奏シーンは、彼が演奏出来るのを監督が知って即興で入れたシーンです(曲も彼自身が作曲)。静かに音色に聞き入る人々の胸中はいかに…

素晴らしい音色でした😉♪

はぐれた妹をひたむきに探す兄の顔、どんなに悲惨な目に遭っても諦めない強さ、自分だってお金がないのに街頭で人に施す温情。本来悲惨すぎて暗くなりがちな難民物語が、カーリドが持つ根の明るさで緩和されました。

〈なんだか温かい人々〉
彼自身が"思いやり"を持つ人物ですが、彼を助ける周りの人々の"思いやり"も輪をかけて素晴らしい😊‼️

本作のもう1人の主人公ヴィクストロム(サカリ・クオスマネン)は、着任したばかりのレストランオーナー。厳つい外見は、無表情だとめちゃくちゃ怖い(笑)!けれど不器用なりに本当は優しい大男。迷い込んだカーリドを、困りながらも助ける姿が素敵です。人生をやり直そうとしている者同士、凄く共感するんでしょうね。

一方、レストランの従業員は自由過ぎる問題児たち😰まず即、解雇したいやる気のなさ(まあ、前任オーナーに問題あったからストライキだったかも)。みんながみんな、フロアーでも厨房でもタバコ吸っててドン引き😌出来合いの料理が不味そう(ミートボールにサーディンの缶詰)😖当然、そんな店だから閑古鳥が鳴いている。

そんな状況でも、カーリドを助けるレストランの人々。

ここに出てくる登場人物たちは、どこか陰があり痛みを持つ優しい人々。特に志が高いわけでもない、普通に生活をしている人々。

そんな普通の人々が、当たり前に子犬を助けるようにカーリドを助けます。この自然な温かさが嬉しいです😊‼️

〈なんだか独特な選曲〉
動きが少ない画面でも飽きさせないのは、全編に流れるちょっと変わった音楽に依るところも大きいです。

冒頭辺りのムード歌謡のような曲「ああ母さん(OI MUTSI,MUTSI)」のちょっと抜けた歌声から笑みが溢れました。この曲の入り方で、この映画が一気に好きになりました😄♪

深刻な顔のカーリドがいる横で演奏される、男の気持ちをハードに唄った「真夜中の男(MIDNIGHT MAN)」。

日本の曲「竹田の子守唄」「星をみつめて」が流れた時の驚き。パンフレットで初めて歌詞の内容が分かりました。

選曲が独特すぎますが、映像と一緒だとユーモラスで凄く強烈♪

不満はサントラCDが限定すぎて、手に入らないところ😖

〈なんだか独特な笑い〉
エドワード・ホッパーの絵画のような計算された構図・色彩・照明・人や家具の配置から醸し出される不思議な美(スチール写真で見るとその素晴らしさが顕著)。完璧な世界観なのに、なんだか可笑しい。

並んで立つ姿だったり、招き猫だったり、ジミヘンのポスターだったり、車に飛び出した時の見つめ合いだったり…シーンとシーンを繋ぐ「間」に込められたシュールな感性が面白い‼️

言葉では説明せず、例えば、無表情で見つめ合う文脈から読み取れる独特の笑い。

コント的なのかもしれません。

従業員がある物をオーナーに隠していたがばれてしまい、「それは何だ?」と聞かれて咄嗟に「(○○の名前)!」とか好きでしたね♪

本作で1番笑えたのが、落ち目のレストランを立て直すための渾身の施策。日本人には特に笑えるこの設定が突っ込み所満載(監督はもちろん分かってやっています)😁

ドリフの「もしもこんな~なお店があったら…」なノリで、てんこ盛りの○○○を見た瞬間、劇場内のあちこちから笑いがありましたね😊♪

ちなみに僕は食べませんよ、絶対に😜❗
そしてお客の日本人たち、少しは怒りなさいよ(笑)

すぐ出てきた泡のないビール(それ、ダメでしょ!)とヴィクストロムの奥さんの大きなサボテン(なぜ大きい?)もツボでした😏♪

難民問題という重くなりがちなテーマを、独特のユーモアとアイロニーで飽きさせず笑わせながら、それでも厳しい現実に目を背けるな!と強いメッセージを叩き込んだ作品でした。
kohei

koheiの感想・評価

3.8
生きづらさが笑いとして昇華される優しさ。
あなたが笑う未来さえあればそれでいい。
そしてその未来を作り出すのも潰すのも、
わたしたちの行動しだいだ。
まり

まりの感想・評価

3.8
こんな自然に人を助けるとこができる人っているんだなあって思いました。寿司が面白かった
mory

moryの感想・評価

4.1
20180116 シネリーブル梅田

難民という立場の非日常な立場の男性を主軸に置くも、平凡で優しい人々の日常の物語。大きな起伏もなく、大げさな誇張もなく、はじまり、終わる。温かく、笑えて、悲しく、鑑賞後は胸に一つ灯りがともる。良い映画でした。

あまり前情報無く見に行き、途中「ル・アーブルの靴みがき」のことをなんとなく思い出していたら同監督の作品だったことにエンドロールにて気がつきました。アキ・カウリスマキ監督はフィンランドの方だったのかー。

1つ残念だったのが、公式HPに可愛いワンコが押し気味に登場するので活躍を楽しみにしていたところ、登場シーンが思っていたより少なかったこと、、!!ほんとにとっても可愛かったのでもっと見たかったです、、
iku

ikuの感想・評価

4.0
The other side of hope
希望の別の面。
確実で力強く温かい、カウリスマキの全力の希望を観た。
彼独特のユーモアに笑いながら、ずっと泣きそうだった。
音楽の使い方もタバコの使い方も犬の使い方も、ほんま最高。
これはずっと忘れられない映画になる。
こより

こよりの感想・評価

4.1
シリアのアレッポで起こった内戦を中心に現代の難民について描いた映画。

実在の人物をモデルにしており、ヨーロッパでは現状こんな感じなんだろうなぁと、
私は難民問題には詳しくないけど、ヨーロッパの雰囲気を感じ取ることができる映画。
フィンランドが舞台なのでフィンランドの現状も感じることができる。
(でもフィンランドだけではなく、ヨーロッパの国全般にいえることだと思う。)
ヨーロッパの人の意見も聞いてみたい。

私としては社会的なテーマの映画をリアルタイム上映で見ることは珍しいので、
退屈だったらどうしよう、と不安だったのだけど、そんな不安は全くの杞憂で、
おもしろかわいい部分も、
悲しく憤る部分もあり、
難しい問題をストーリー性のある物語に落とし込み、
あくまでエンターテイメントである映画の枠組みから出ない範囲で世に問うてるのがかなり凄いことだと思う。
それがこの監督の素晴らしいところであり、絶妙なバランスからセンスを感じられる。
(もっとドキュメンタリータッチに寄ることはきっと簡単だけど、そうすれば退屈になってしまうだろうし、
もっとエンタメに寄ってしまえば、この問題の重々しさをバカにしている感じで不快だと思う。)
Chico

Chicoの感想・評価

4.0
難民三部作の二作目。
社会問題をストレートに語っていてわかりやすい。
とてもシリアスな題材ですが
カウリスマキ監督作品特有のキャラクターのやりとりはクスッとした笑いをたくさん生み出していました。劇場でもたくさん笑いが起こっていました。

映画のシリアスさとユーモア。
2つのまったく違う世界観に不自然さを感じたもののその感覚が監督が意図したことだと終盤にむけて明らかになりました。

難民と自国民
二つの言語、文化、
'あちら'と'こちら'
2つの繋がりそうのない世界が、物語が進むうちに少しづつ違和感をもちながら近づいていきマージしてゆく様はほんとうに素晴らしいです。

カウリスマキ映画の無表情なキャラクターたちがもってる暖かい心にいつも癒されます。フィンランド語はわかりませんが原題(Toivon tuolla puolen)は、見えない国境を超えてゆくことを願っているという意味なのでしょうか?
難民がテーマということで、暗いのかと思いきや、意外と暗くない。
「半端じゃなく大変なこともあるけど、なんとかかんとか生きて行こう」的な力強さと、程よい適当さ&緩さ、善意が人を救っていく様がとても素敵な作品。
度々歌うシーンが出てきて、心に音楽を楽しむだけのゆとりがあるといいよねーって思った。

自由すぎるレストランの従業員たち+犬が可愛いところ、勘違いされまくってる日本文化が面白いところも良かった。良い意味で緩急がなくて全体的にふわふわした雰囲気も、万人受けはしそうにないけれど、私は好きです。
婦警

婦警の感想・評価

4.6
難民問題って身近じゃないからこそ目を背けたくなる暗い話題だけど、それをシリアスすぎないタッチで、むしろクスッとできる無声映画みたいなシーンを入れながら描かれてた。問題に目を向けてみようかと思えた、そんな作品。
>|