希望のかなたの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

希望のかなた2017年製作の映画)

Toivon tuolla puolen/The Other Side of Hope

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:98分

4.0

あらすじ

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまっ…

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまった過去を捨て、人生をやり直そうとしていた。それぞれの未来を探す2人はやがて“家族”となり、彼らの人生には希望の光がさし始める…。

「希望のかなた」に投稿された感想・評価

たかぎ

たかぎの感想・評価

3.6
この監督の描く世界は独特な雰囲気をまとう。淡々としていて、どこか暖かい。難民問題という現実の問題を取り上げるが、気づいたらその不思議な世界観に入っていたり出ていたり。その滑らかな往復運動の中で、否応がなく現実をどう生きるべきか•どうあるべきか考えてしまう。そういう意味で瞑想的な作品なのかもしれない。
mo

moの感想・評価

3.5
フィンランドの移民、難民事情について考えるきっかけになった。
重いテーマながら、淡々と進んでいくストーリーと人の温かさが感じられて見やすかった。
シリアの内戦から逃れ 行き着いた国フィンランド。難民申請をしても結果は芳しくなく 妹とも生き別れ 希望が持てない主人公カーリド。

そんな中 レストラン経営をする男(この人も違う状況で人生に行き詰まってる)に出会い 紆余曲折を経て人生を再生しようとする。

この状況ならもっとシリアスで 陰鬱な雰囲気になりそうなのに 何故かコミカルで 人間って愛おしいな。と思わせてくれる。

寿司屋の失敗を淡々と描いてるシーンはとてもシュールだった😅でも 凄くいいシーンだったなぁ。
エイジ

エイジの感想・評価

3.8
映画はこうあるべきって感じてしまった。

しっかりと伝わるメッセージと
飽きさせない見せ方。

良かったよ。


大筋はわりとオーソドックスだけど
つなぎのシーンとかはシュールだったり
そのバランスが絶妙でした。

レストランスタッフ、
こいつらは…って思ったら普通にいい奴ら(笑)

そんな見せ方が憎いぜ!(^o^)/
tantan

tantanの感想・評価

-
なかなか身近に感じにくい難民のこと。ごくごく普通に暮らしていたひとたちなのだと。話は劇的だけど、淡々と淡々とアキカウリスマキ。
人情と国際的問題が描かれながら、アキ・カウリスマキの独特な世界観で、重い気持ちにも、ウェットな感じにもなる事なく、さらっと観終わった。

登場人物全員が、動き少なく無表情だが、優しさが伝わってくる。

ヴィクストラム氏が、一見、恐面で厳しい事を言った次の場面で、ことごとくそれが、覆されているのが良い。

従業員全員の、日本への微妙に(いや、多大に)間違った見識でのスシバーに乗りだしての失敗→うなだれるの箇所は、笑った。

ラスト、ちょっと悲しいかもしれないが、カーリドの悲願が叶って、彼の目には希望が浮かんでいるのだと願う。
2018年3月
やさしさが沁みる映画でした
鳥久の焼き鳥みたい
明日もがんばろう
まつこ

まつこの感想・評価

5.0
せつないけどやさしい。
希望の光で包まれたあったかいお話。

底を見ればキリがないから上を向いてあるこうとユーモアを大事にするカウリスマキがやっぱり好きだ。

鼻の奥がツーンとしてほろほろ泣いた。少々ワサビが効き過ぎていたようだ。
KzBourree

KzBourreeの感想・評価

3.1
フィンランドの映画だからフィンランドの街並みなど期待したらそれほどでもない。
シリアやイランからの難民問題と、レストラン経営者の交わり。
銀熊賞ってこういう世相的な映画に与えられるのでしょうか。
最後がよく分からず終わってしまった。
同じ問題でも、もっとシリアスかつ感動的にする監督もいるんだろうけど、淡々と描いていたのが素晴らしかった。祖国の曲を聴く難民申請を待つ人々も、宿を確保してもらった主人公も、抱きしめ合う兄妹も、みんな真顔で、それがよかった。
3年前にヘルシンキに行ったけれど、たしかに素晴らしい街だった。人々は優しくて面倒見がよくて、また行きたいなとずっと思っている。そんな国でも現実の厳しさを突きつけられる主人公をみて胸が痛む。
『希望のかなた』という邦題からは、"希望が叶ったさらにその向こう側へ"という印象をわたしは受けたのだけど、英題は『the other side of hope』ということで、この話は希望の反対側の話かもしれないし、希望のさらに先の絶望の話かもしれないし、すぐ先に希望がやってくる現実の話かもしれないと思った。
>|