希望のかなたの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「希望のかなた」に投稿された感想・評価

シュールなんだけど物語としてちゃんと的を得ているというか、喜怒哀楽があるし見終わった後にちょっとにやけちゃうような爽快さも感じられて、見入っちゃった。

出演者の淡々とした感じを見て、ウッチャンが真顔で違和感のあることをやるってコントのキャラを思い出した。
Kagari

Kagariの感想・評価

4.0
いつもと同じ、やっぱり希望があって冷たいのに暖かくなる不思議な監督の作品
asuka

asukaの感想・評価

3.8
"日常を切り取った"という言葉がふさわしい。淡々と、時々クスッと。
難民というテーマだからこそ、この常温感が良かった。
sun

sunの感想・評価

4.3
とにかく、行動すれば何とかなるものなのかな。淡々と人びとの生活が映され、時に厳しく、時に温かくも希望の光が見え隠れ。たまに音楽が物語を代弁していた。
jyasumin

jyasuminの感想・評価

3.5
・ル・アーブルの靴磨き
・過去のない男
・感情を出さない演出
・難民三部作、港町三部作
・反対側を願う、邦題では、間違えてしまうのでは
seijun

seijunの感想・評価

3.7
『犬ヶ島』との二本立てで鑑賞。組み合わせの妙が作品の持つ力を増幅している。

徒党を組むネオナチ風の若者を、ホームレスらしき老人が空き瓶で打擲するシーンが爽快。

偶さかに集まった根無し草のドライな親切が美しい。
やっぱり絶妙なバランスやな〜。
これぞフィクション映画!素敵や!
音楽好きすぎるな
終わり方の印象を過剰なまでに薄くしたのたしかに面白い
親切と恨みとに理由のせすぎないのもいい
難民問題という重いテーマにもかかわらず優しくてあたたかい映画。とにかくみんな良い人!
いわし

いわしの感想・評価

3.4
音楽がよい、フィンランドに行きたくなる
スシのシーンは日本人以外が見ても面白いのかな?
>|