希望のかなたの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

希望のかなた2017年製作の映画)

Toivon tuolla puolen/The Other Side of Hope

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:98分

3.9

あらすじ

「希望のかなた」に投稿された感想・評価

goslinK

goslinKの感想・評価

3.2
シリアの内戦で生き別れた妹を探し続けるシリア難民の男と、人生再出発を機にレストラン経営を始めた男のはなし。
フィンランドでの難民受け入れの事情やレストラン経営のドタバタを音楽やコメディを織り混ぜて見せてくれる作品。
ベンラ

ベンラの感想・評価

4.3
遠いから来たの refugee の大変な人生のこと面白くて、悲しくても教えてもらいました。同時にhost country の話だった。 日本料理、インド料理とかとても人気なんだけど本当の文化のこと知らない人が多い。 他の国から食べ物とか来たらみんなよろこんでるけど人が来たらその人はこわいと迷惑とか思ってる人も多い。フィンランドだけじゃなくて、世界の問題と思ってます。 色々な人と文化のことを大切にしなければならないね。

映画はviewer に優しくて難しい話を教えてあげました。 ところも綺麗し、会話とか scenery も楽しめると思います。
フィンランドの文化とかscenery は興味があったらおすすめです。
ほっこりした〜
安定の無表情と優しさ

わさび盛りすぎ笑

カーリドがずっと山田孝之に見える
いつものカウリスマキ作品。
これまで追い続けて来た人なら面白さは分かるはず。
みんな、歳をとった。いい感じに。
コワセ

コワセの感想・評価

3.9
淡々と進むも、時にシュールで時に優しい。不思議な感覚の映画。
淡々と進むストーリー、抑揚が少ないのにたまにシュール。
フィンランドなのにどこか小津安二郎を感じさせる。

レストランのみんなはやる気がなくてふざけているのかと思ったら本人的には本気だったり、
突然全力で寿司握り出したり、表情から動きが全然読めない。
なのに端々に見返りを持たない善意や思いやりが見え隠れする。
見ず知らずの外国人カーリドに、捨て犬コンスティネン、
結局は手を差し伸べ、視聴者の予想を大きく超える優しさを発揮するヴィクストロム。

素敵な荷物が運べた。金なんていらない。
粋すぎる。運転手さんよ。

なんだろう、この不思議な感じ。

主人公カーリドが山田孝之にしか見えない。
ハッピ着てたら、そのままCMにでれそうな山田孝之。
山田孝之が止まらない。

この映画の背景の根底にある難民問題。
これもまた声を大にして喚起するわけでなく、静かにその現実を描く。
国を捨てざる得ない人達の、生きるための最後の希望と思っていた難民申請。
許可のハードルがあんなに高くて、あっけなく申請却下、容赦ない強制帰国の通知。
これが現実とまざまざと見せつけられる。

何か大きく感情を動かされることはないのに、余韻が長引く映画。
jun

junの感想・評価

3.7
賛否両論あるけど私は日本に難民を積極的に受け入れて欲しい
なつみ

なつみの感想・評価

4.2
優しいお話だった。
難民問題という重くて苦しい問題がテーマだけれど、それから目を背けてはいないけど、そこが主軸になりすぎるわけではない、カウリスマキらしい、例えるなら温かすぎず冷たすぎない、ちょうど良い温度のお湯の中みたいな、そんな優しさのお話だった。そっと寄り添ってもらえるような。淡々としてるし、相変わらず皆表情はあまりないのだけれど、それでも感じるのは優しさでしかない。

出てくる人達は、皆どこかクスッと笑えるところを持ちつつ、どこかやっぱりダメなところもあって、だからこそ愛おしい。

手紙を受け取って、戻ってきたトラックの運転手さんが、お金の話をされたあとの台詞格好良すぎた。
最初に出てきた奥さんが、最後に「少し寂しかった」って素直に言うの良かった。

レストランの灯りを全部消して、月光だけで照らされた店内とヴィクストロムの姿のシーンの光の使い方で、小津っぽいな、と思った。

シャワールームを教えてくれたり街中で歌ってるおじちゃんの歌が良かった。
ビール飲みに行ったバーや、自分達のレストランでバンドを呼んだときの音楽も良かった。
日本料理のときにレストランで流してる音楽がちゃんと演歌で微笑ましかった。
音楽まで含めてカウリスマキのこういう表現が大好きだなぁと思った。
音楽も人や生活にそっと寄り添ってるようで。

原題が「THE OTHER SIDE OF HOPE」なのを「希望のかなた」とつけたの、とても素敵だとは思うのだけれど、この原題を知ってからラストシーンを思い返すと、カウリスマキにとってのラストシーンはどういう意味だったんだろうな、と思った。救いがあると思いたい。
シリア難民のカリードは、生き別れになった妹を探し流れ流れてフィンランドにたどり着く。
そこで1人のレストランオーナーと出会う。

全般的にセリフ少なめ。
難民への差別など、淡々と描かれている。
でもほんの少し希望を感じる内容も。
そして音楽がいい。


客の入らないレストランを寿司屋にした途端めちゃくちゃ客が来る…
塩漬けのニシンにワサビ山盛り乗せてごまかすシーンにクスッと笑ってしまう。
深刻な難民問題だけど時々シュールな笑いが入り癒される。寿司の上に大量のわさびが。
>|