猫が教えてくれたことの作品情報・感想・評価 - 24ページ目

猫が教えてくれたこと2016年製作の映画)

Nine Lives: Cats in Istanbul/Kedi

上映日:2017年11月18日

製作国:

上映時間:79分

3.6

あらすじ

生まれたばかりの子猫たちにエサをあげるために市場の食べ物を狙う虎猫の「サリ」、なでられるのが大好きなメス猫の「ベンギュ」、レストラン近くに住みネズミ退治を仕事にしている義理堅い性格の「アスラン」、喧嘩が強く、旦那を尻にしいているくせに嫉妬深い「サイコパス」、下町の市場に住み、そこで働く商売人や客たちと触れ合う看板猫の「デニス」、遊び人風で周囲の大人たちの心を虜にする「ガムシズ」、高級なデリカテッ…

生まれたばかりの子猫たちにエサをあげるために市場の食べ物を狙う虎猫の「サリ」、なでられるのが大好きなメス猫の「ベンギュ」、レストラン近くに住みネズミ退治を仕事にしている義理堅い性格の「アスラン」、喧嘩が強く、旦那を尻にしいているくせに嫉妬深い「サイコパス」、下町の市場に住み、そこで働く商売人や客たちと触れ合う看板猫の「デニス」、遊び人風で周囲の大人たちの心を虜にする「ガムシズ」、高級なデリカテッセンにいつも美味しいエサをもらっている礼儀正しい「デュマン」――古くから猫の街として知られるトルコの古都イスタンブール。生まれも育ちも全く違う、7匹の個性豊かな猫を軸に、イスタンブールの人々と猫の幸せな関係をとらえたドキュメンタリー。

「猫が教えてくれたこと」に投稿された感想・評価

せりな

せりなの感想・評価

3.0
イスタンブール版ネコ歩きって感じでした。
猫が好きな人なら可愛さに悶えながら見れると思います。
イスタンブールの人たちとそこで生活する猫とのドキュメンタリー作品なので、下町で生きてる猫たちと面倒を見ている人たちのインタビューがメイン。

下町全体が猫との共存を受け入れている感じがしたけど、再開発の影響の猫たちが住める場所が減っている現実があったり問題がないわけではないんだけど、猫のおかげで助けられたって人たちの話を聞いていると、生き物と接することってセラピー要素があるんだなって改めて思った。
イスタンブールの港や市場にあんなにたくさんの猫がいるのにびっくりもしました。日本だとあんなにたくさんは見かけたことないし。
どっかの島に猫がたくさんいるところが日本にもあった気がするけども。

カフェの窓を叩いてごはんちょうだいってアピールしてる子がホント可愛かったな。色んな性格の子がいて見ていて飽きなかったです。

猫と町の人たちが上手く共存できる未来が訪れますように!
頭から最後までトルコの人々の猫に対する愛を感じる。
画面のどこかしらに必ず猫が写ってるぐらい猫がいっぱい。猫好きにはたまらん!!!!!
もう日頃から細々と積み重なっているストレスを軽減させるくらい癒し効果抜群です。
猫それぞれ性格が違って、個性があって、表情があって、力関係もあって、意外と人間のことをよく見てて、よく理解している。猫と人間との関係性が素晴らしい。

ただ、ゆったりとしたドキュメンタリーなので一瞬魂が抜けかけました。
TomoHojo

TomoHojoの感想・評価

3.8
Ultra愛猫家の自分としては、頬が緩みっぱなしの79分間。自分が実際に飼っている猫達への接し方も改めて考えさせられる内容。いや、教義!?

ドキュメンタリー、いや「ネコ」メンタリーとしてはやや突っ込みどころ満載の内容(ドローン映像多過ぎ等)だが、イスタンブールの人々、街、歴史が育んできた猫達への愛情が溢れ、素晴らしい環境と現状は十分に理解出来る作品。それでも直面している環境問題等を提起している所等も興味深かった。

又、イスタンブールを再訪したくなったし。以前、来日したトルコ人の友人から「何故猫が街に居ないの?」と渋谷のセンター街のど真ん中で真顔でつっこまれたのがフラッシュバックしてしまった。。。

猫好き限定の作品である事は間違いありませんのであしからず。
Nimet

Nimetの感想・評価

-
犬派だからと言うわけではないと思うけど、退屈でかなり寝てしまった。
だから、スコアは付けられないけど、猫って、見るよりも触れたい生き物なんだと思う。
#トルコ語の映画
(*´ー`*)まぁーお

多分ずっと顔が緩んでたと思う
美猫と街並みとゆるゆると生きる人たち。
幸せすぎて眠くなったけど
なんだか猫たちと昼寝をしてるような
そんな微睡んだ気持ち。

この作品に出ている人たちは
みな猫好きで、
猫たちの気持ちになって共に生き、
中には彼らを「神の使い」と言ったり
猫に食事を与える自分を神の代理人と言ったり。
にゃんこたちの「味方」「仲間」「家族」「友達」「兄弟」であり、とても微笑ましい。

多分、これが全てではないと思う。
猫を好まない人もいるだろうし、
飢えに苦しむ子もいるだろうと思う。
現に私は猫アレルギーなので
多分家にホイホイと入って来られては困るし、そこかしこにいられては多分呼吸困難で死ぬんだけど。

だけど幸せな動物たちを見ていると
単純に幸せだし、ペットや街猫たちとの生き方を考えるきっかけになればいいと思う。

なんかのシーンで言っていた
「動物を愛する事が出来ない人は
人も愛する事が出来ない」

何も関わること全てが愛ではない。
抱くことが出来なくても、
飼うことができなくても、
やれることはたくさんある。

得手不得手はあるものの
動物が大好きです。
猫の体のように柔軟な心で
これからも動物と接していけたらいいなぁ( ∩ˇωˇ∩)♡

お気に入りは
旦那を尻に敷くサイコパスちゃんです🐈
「お前のご飯は私の残りだニャ」
「でも可愛い他の猫との浮気は許さないニャ💢」
somal

somalの感想・評価

4.2
ここに来たのは モーリス 以来!
スコア甘めです

イスタンブールの猫と、猫たちを愛する人々のドキュメンタリー

出てくる人達の言葉は猫に対する愛情に溢れ、観た人にペットとの関係を今一度見直す機会を与えてくれると思います(多分)

拾った財布を着服して美談の様に話す漁師には笑いました
この作品のイスタンブールには、それを許してしまう様な雰囲気が町中にあるんだよね
クルド人に対する仕打ちとか、トルコって結構怖い国だと思うんだけれど…


ぴあの初日満足度調査やっていました
‪めっちゃ、もふもふが補給できます。トルコのイスタンブールに住む個性的な7匹の猫と人間たちのドキュメント。猫のこんなシーン、よく撮れたなあ!って瞬間がいっぱい。猫好きにはたまらないだろうし。猫に興味がない人も、猫っておもしろい動物だと感じるかと。猫愛にあふれた作品でした。‬

街を闊歩する猫たちを見てると、同時に古都イスタンブールの魅力も伝わってくる。どこを切り取っても絵になる街でした。監督のトーク付きの試写会で見ましたが。イスタンブールで育っていて。猫たちも撮りたかったけど、いまのイスタンブールの様子も残しておきたかったそう。

この映画に出てくる猫たちは、たぶん恵まれていて。映っていないあまり幸せじゃない猫がいるだろうし。この猫の頭数と人間の親切のバランスが崩れたりする時が来たりするかも…と。猫の保護活動をしている知り合いがいるので。そんなこともちらりと頭をよぎりました。
いよいよ明日から公開!猫好き必見!そうでないひともトルコの風景で旅気分。 #猫が教えてくれたこと
猫の性格なんて普段は分かるはずないのに、この映画の猫を見てると、街を楽しむ猫がいたり、旦那の浮気現場をおさえるメス猫がいたり、美人猫を狙うライバル同士の猫がいたり、すごく猫たちの性格に寄り添ったドキュメンタリーでとても良かった。

それぞれの猫に特徴があり、ナレーションや街の人たちのお話が、またそれを面白くしてくれるからエンターテイメントとして犬好きも楽しめる内容
ぼくはきっと命を「延ばしている」人の目をしていて
彼らは命を「使っている」目をしていた
イスタンブールの猫たちの姿を ず~っと眺めていたら
若林正恭氏の言葉を思い出した

ジェイダ・トルン監督『猫が教えてくれたこと』(原題:Kide) 上映時間79分
トルコの古都イスタンブールに受け継がれてきた、猫と人間たちの幸せな関係をとらえたドキュメンタリー。ヨーロッパとアジアの文化をつなぐ地として、数千年にわたって繁栄してきた大都市イスタンブール。この街で暮らす野良猫は住人たちから食料や寝床を与えられ、人々に生きる希望や癒しを与えながら自由気ままに暮らしている。地上から10センチメートルしか離れていないカメラを使用して猫の目線でイスタンブールの街をとらえ、生まれも育ちも異なる7匹の猫たちと人間が織りなす優しい触れ合いを描き出す。by 映画.com

イスタンブールの個性的な7匹のネコたちを通して
「生きる」ということについて、改めて考えた
映像からは
環境問題とか 何かを声高に問いかけてくるものでもなく
イスタンブールの猫たちが 
ちょ~可愛い♡から癒されるぅ~♡というだけでもない
ネコは言葉を話しているわけでもないのに
眼で いろんなことを言ってくる

イスタンブールの人々と野良猫たちの関係を見ていると
今後、私たちが都市という機能の中で生きていくにあたって
この関係性は現代の都市機能に必要なモノになっていくのかも知れない

犬と猫 どちらが好きかと問われたら
私は間違いなく『ネコ』という
その答えは この作品が代弁してくれている
ネコ大好きな人にとって 
必見のドキュメンタリーだったと記録しておこう♡