猫が教えてくれたことの作品情報・感想・評価 - 24ページ目

猫が教えてくれたこと2016年製作の映画)

Nine Lives: Cats in Istanbul/Kedi

上映日:2017年11月18日

製作国:

上映時間:79分

3.6

あらすじ

生まれたばかりの子猫たちにエサをあげるために市場の食べ物を狙う虎猫の「サリ」、なでられるのが大好きなメス猫の「ベンギュ」、レストラン近くに住みネズミ退治を仕事にしている義理堅い性格の「アスラン」、喧嘩が強く、旦那を尻にしいているくせに嫉妬深い「サイコパス」、下町の市場に住み、そこで働く商売人や客たちと触れ合う看板猫の「デニス」、遊び人風で周囲の大人たちの心を虜にする「ガムシズ」、高級なデリカテッ…

生まれたばかりの子猫たちにエサをあげるために市場の食べ物を狙う虎猫の「サリ」、なでられるのが大好きなメス猫の「ベンギュ」、レストラン近くに住みネズミ退治を仕事にしている義理堅い性格の「アスラン」、喧嘩が強く、旦那を尻にしいているくせに嫉妬深い「サイコパス」、下町の市場に住み、そこで働く商売人や客たちと触れ合う看板猫の「デニス」、遊び人風で周囲の大人たちの心を虜にする「ガムシズ」、高級なデリカテッセンにいつも美味しいエサをもらっている礼儀正しい「デュマン」――古くから猫の街として知られるトルコの古都イスタンブール。生まれも育ちも全く違う、7匹の個性豊かな猫を軸に、イスタンブールの人々と猫の幸せな関係をとらえたドキュメンタリー。

「猫が教えてくれたこと」に投稿された感想・評価

somal

somalの感想・評価

4.2
ここに来たのは モーリス 以来!
スコア甘めです

イスタンブールの猫と、猫たちを愛する人々のドキュメンタリー

出てくる人達の言葉は猫に対する愛情に溢れ、観た人にペットとの関係を今一度見直す機会を与えてくれると思います(多分)

拾った財布を着服して美談の様に話す漁師には笑いました
この作品のイスタンブールには、それを許してしまう様な雰囲気が町中にあるんだよね
クルド人に対する仕打ちとか、トルコって結構怖い国だと思うんだけれど…


ぴあの初日満足度調査やっていました
‪めっちゃ、もふもふが補給できます。トルコのイスタンブールに住む個性的な7匹の猫と人間たちのドキュメント。猫のこんなシーン、よく撮れたなあ!って瞬間がいっぱい。猫好きにはたまらないだろうし。猫に興味がない人も、猫っておもしろい動物だと感じるかと。猫愛にあふれた作品でした。‬

街を闊歩する猫たちを見てると、同時に古都イスタンブールの魅力も伝わってくる。どこを切り取っても絵になる街でした。監督のトーク付きの試写会で見ましたが。イスタンブールで育っていて。猫たちも撮りたかったけど、いまのイスタンブールの様子も残しておきたかったそう。

この映画に出てくる猫たちは、たぶん恵まれていて。映っていないあまり幸せじゃない猫がいるだろうし。この猫の頭数と人間の親切のバランスが崩れたりする時が来たりするかも…と。猫の保護活動をしている知り合いがいるので。そんなこともちらりと頭をよぎりました。
いよいよ明日から公開!猫好き必見!そうでないひともトルコの風景で旅気分。 #猫が教えてくれたこと
猫の性格なんて普段は分かるはずないのに、この映画の猫を見てると、街を楽しむ猫がいたり、旦那の浮気現場をおさえるメス猫がいたり、美人猫を狙うライバル同士の猫がいたり、すごく猫たちの性格に寄り添ったドキュメンタリーでとても良かった。

それぞれの猫に特徴があり、ナレーションや街の人たちのお話が、またそれを面白くしてくれるからエンターテイメントとして犬好きも楽しめる内容
ぼくはきっと命を「延ばしている」人の目をしていて
彼らは命を「使っている」目をしていた
イスタンブールの猫たちの姿を ず~っと眺めていたら
若林正恭氏の言葉を思い出した

ジェイダ・トルン監督『猫が教えてくれたこと』(原題:Kide) 上映時間79分
トルコの古都イスタンブールに受け継がれてきた、猫と人間たちの幸せな関係をとらえたドキュメンタリー。ヨーロッパとアジアの文化をつなぐ地として、数千年にわたって繁栄してきた大都市イスタンブール。この街で暮らす野良猫は住人たちから食料や寝床を与えられ、人々に生きる希望や癒しを与えながら自由気ままに暮らしている。地上から10センチメートルしか離れていないカメラを使用して猫の目線でイスタンブールの街をとらえ、生まれも育ちも異なる7匹の猫たちと人間が織りなす優しい触れ合いを描き出す。by 映画.com

イスタンブールの個性的な7匹のネコたちを通して
「生きる」ということについて、改めて考えた
映像からは
環境問題とか 何かを声高に問いかけてくるものでもなく
イスタンブールの猫たちが 
ちょ~可愛い♡から癒されるぅ~♡というだけでもない
ネコは言葉を話しているわけでもないのに
眼で いろんなことを言ってくる

イスタンブールの人々と野良猫たちの関係を見ていると
今後、私たちが都市という機能の中で生きていくにあたって
この関係性は現代の都市機能に必要なモノになっていくのかも知れない

犬と猫 どちらが好きかと問われたら
私は間違いなく『ネコ』という
その答えは この作品が代弁してくれている
ネコ大好きな人にとって 
必見のドキュメンタリーだったと記録しておこう♡
voce0614

voce0614の感想・評価

3.0
試写会にて。

イスタンブールの野良猫たちの
ドキュメンタリー映画。

猫目線で撮影されていて
よく逃げずに撮れたなと感心。

どの猫たちも個性豊かで
可愛かったです。
naranara

naranaraの感想・評価

2.9
猫たち中心のドキュメンタリーで、どなたかのレビューに書かれている通り、起承転結がある映画ではないため、「ほぉほぉこんな感じのことがあるんだね」としか思えなかった。
猫同志が対立する場面とかは迫力があって面白かった。また、猫を世話する人たちの、それぞれの理由について語っている部分を見て、人生っていろいろだなぁとしみじみ感じた。
ところで、これまたどなたかのレビューで書かれている通り、日本だったら野良猫への餌やりはちょっとデリケートな話題かなぁと思った。餌やりするにしても、公共の場である路上とか公園とかは、賛否両論あるだろうから、自分のおうち・敷地内だけにしなきゃだよなぁ、と気にしながら見てました。20171109
森夜02

森夜02の感想・評価

2.5
11/9飯田橋神楽座。
野良猫のドキュメンタリー映画であり、これといった起承転結や山場はないが猫達が生き生き伸び伸びとしていて癒される映画でした。
しかし、この映画に出てきた野良猫達を世話?する餌やりおばさん、餌やりおじさん。昔の日本では似たような光景が見られましたが今となってはないものです。
これが日本で、野良猫の餌やりをする人が日本人だったのならバッシングが物凄い事になり、公開なんて出来なかったでしょう。
猫達はあるがまま、ただ生を謳歌している素敵な映画なだけに、野良猫の保護や避妊去勢活動もないようでしたし、衛生問題等も気になり、もっと舞台裏というか闇の部分も取り上げて欲しかったです。
綺麗な部分だけ見せられても、ねえ……猫が好きだからこそ寿命短い不幸な野良猫は増えて欲しくないと思ってしまいました。
yokama

yokamaの感想・評価

3.4
のら猫ちゃんの愛くるしさは最高!犬派だろうが、動物に愛情があるなら目を細めるハズ。どうしてものんびり感が出てしまうので、ちょっぴり眠くはなるけれど、終始微笑ましい癒しの映画。人間達もどことなく悩みを抱えており、猫を通して癒しを得ている感じ。イスタンブールの街並みも美しく、トルコに興味津々になる。
スー

スーの感想・評価

3.8
監督のトークショー付き試写会にて鑑賞。
@アキバシアター
イスタンブールの猫たちの映画で、岩合さんのいない世界ネコ歩きイスタンブール編みたいな感じの映画。仔猫いっぱい出てくるし、街の人に愛されてる猫たちがとても微笑ましくて、猫好きなら見ているだけで幸せになります。
人間側のインタビューもわりとあって、猫によって精神的に助けられた人が少なくないんだっていうのを感じました。
あと、この映画のHPの猫の紹介が可愛いので、映画を見る前や見た後にチェックしてみるといいかもしれません。ほっこりしますよ。