レジェンダリーの作品情報・感想・評価

レジェンダリー2017年製作の映画)

Pilgrimage

上映日:2017年09月23日

製作国:

上映時間:96分

3.0

あらすじ

1209年、アイルランド。そこは世界の果てとも呼べる島。 修道士の一行は修道院の神聖な聖遺物である「マティアの石」をローマに運ぶ巡礼の旅に出る。 だが、そこは数世紀にもわたり繰り返された部族間の戦争と上陸が活発化する侵略者ノルマン人らが横行する危険な旅路。信仰心の篤い、若き修道士ダーマッドと暗い過去をもつ口がきけない助修士らは、恐ろしい古代の迷信や盗賊たちに襲われながらも聖遺物を守り、旅を続ける…

1209年、アイルランド。そこは世界の果てとも呼べる島。 修道士の一行は修道院の神聖な聖遺物である「マティアの石」をローマに運ぶ巡礼の旅に出る。 だが、そこは数世紀にもわたり繰り返された部族間の戦争と上陸が活発化する侵略者ノルマン人らが横行する危険な旅路。信仰心の篤い、若き修道士ダーマッドと暗い過去をもつ口がきけない助修士らは、恐ろしい古代の迷信や盗賊たちに襲われながらも聖遺物を守り、旅を続ける。しかし、道中に巡礼を守るべく参加していた騎士レイモンドらが聖遺物の価値に目がくらみ、マティアの石を奪おうと目論んでいた――

「レジェンダリー」に投稿された感想・評価

マスン

マスンの感想・評価

3.0
聖遺物「マティアの石」を運ぶのに、修道士らが巡礼の旅に出る。

途中襲撃にあい、多数が命を落としてしまう。
口が聞けない、怪力の男扮するジョン・バーンサルが見もの。
裏切り者の袖口から出す、内臓を掴む武器が憎たらしい。
トムホの可愛さ:★★★★☆

トムホを守るバーンサルという構図に萌える映画。
内容は正直宗教的な歴史がサッパリだと細かいところはよく分からない。
無双するミュートはかっこいいが、最後はむなしい気持ちになる。
さち

さちの感想・評価

-
暗い…古代宗教映画。
トムホくん目当てで観たけど無口の男が強すぎて気になって調べたらベイビードライバーのグリフではないか!という驚きに包まれている。ジョン・バーンサル、カメレオンだな…
ガチザビエルヘアの人が出てきて絶対真似出来ないと思った。
hi

hiの感想・評価

4.0
エディ・レッドメインの「ゴッド・オブ・ウォー」もそうだったが、パッケージの雰囲気とは全く違う、ごりごりの宗教映画。
アイルランドの修道士たちが過酷な思いをしながら聖遺物(その辺にありそうな石)をローマに運ぶ、血にまみれた暗い旅路の物語である。
信仰や聖遺物の揺れ動く価値について、主人公は最後まで問われ続け、選択する。

決してエンターテイメントではないが、トム・ホランド、ジョン・バーンサル、リチャード・アーミティッジのファンであれば、3人の演技を楽しめるのではないだろうか。
リチャード・アーミティッジ演じるレイモンドの眼光の恐ろしさは、かなり素晴らしかった。

災いが起こる前に天使がかき鳴らすという警告の鐘の音は、血に濡れた重い鉄の武器がぶつかり合う音に似ている。
風来坊

風来坊の感想・評価

2.5
もっと戦いの物語で剣劇かと思っていたのですが…前半から中盤まではキリスト教や宗教色が強いお話しで、その辺に興味があったり詳しい人でないと看ているのがツラいです。無宗教で無神論者の私には何が何だか…たかが石ごときで宗教怖いと思ってしまう…。

中盤からやっと戦いが始まるが仲間の一人がメインで戦うのとステルス行動が多いので壮大さと迫力に欠けます。ラストバトルは悲壮感がありなかなかの見応え。憂いに満ち暗黒の時代の暗さはよく表現されていて映像は良いですね。陰惨なグロいシーンも多いので苦手な方は注意が必要と思います。宣教師がバカ過ぎてイライラしますね。暗いお話しでうsが心情的に最後は少しスカッとしますね。

スパイダーマンでの演技からファンの多いトム・ホランドさんですが彼の活躍をお目当てに観るとガッカリするかも知れません。虚しさだけが胸に残る映画で私には合いませんでしたが、観る人が違えば高評価になり得る映画かも知れません。
みつこ

みつこの感想・評価

3.0
トムホくん目当てで見たけど、みなさんの言う通りソードアクションではない。
はま

はまの感想・評価

3.2
トムホ主演作だけどあまり聞いたことがないタイトルだったので、すっごい昔の映画かと思ったらそうでもなく…
ハリウッド作でもないし、そこまで話題にならなかったのかなぁ。

確かに地味だったけど、面白くはありました。熱いシーンもあるし、妙に悲しみもあるしね…

大事な大事な聖遺物を運ぶことになった修道士たちの波乱の旅。
ずっと画面がジメジメしてて暗いな〜〜って感想。観ててテンションが下がることはないんだけど、盛り上がりはしないかも…←

みんな修道士で布着てて可愛げがある中(トムホかわええ〜〜)、リチャード・アーミテッジは騎士だし馬乗って出てくる、ずるい。
でも一番ずるいのはジョン・バーンサルのかっこよさ。とてもずるい。

信仰心を扱ってる作品はとらえどころが難しいけど、終盤の彼の「やらなければいけない」みたいな状況はちゃんと分かったので、余計熱いし悲しいです(ずるい)。


ということでスコア的には普通くらいで楽しみましたが、場合によってはDVDを買おうかと。何故って吹替えが気になるから←
調べまくってもどこにも書いてないから買って確認するしかない恐怖。99%榎木淳弥トムホではないだろうけど。1%は分からない…………
藍沢悟

藍沢悟の感想・評価

1.0
一定のテンションで突き進み、もったりしたアクションと、ゆったりとした展開、説明の足りなさ等、とにかくつまらなかった。
1時間半でも長く感じる。
もう一生観られないかもしれない。

トム・ホランドとジョン・バーンサルの主従関係に悶えたり、美しい風景に酔いしれたり、一切言葉を発さなかった平修士が唯一発した言葉に身震いしたり、仲間を犠牲にしてまで守ろうとした石はそれ相応の価値があるものだったのか?と途方に暮れるラストなど刺さるものはあったものの、本当につまらなかった。

世界史をもう少し頭に入れておけば、楽しくなる要素はもっとあったのかな?
何はともあれ、色々厳しい映画だった。
残念。
Panda2

Panda2の感想・評価

3.4
俳優も時代感も風景も良くて、引き込まれた。
騎士のリチャード・アーミテイジが悪役だけど存在感ハンパない。
tsuyo

tsuyoの感想・評価

2.8
それなりに楽しめた。
これはこれで良いのだが、映画の
『戦いは伝説になる』
という紹介とイラストが、、、
詐欺です。
紹介の仕方変えたほうがええよね(-_-;)
>|