レジェンダリーの作品情報・感想・評価

レジェンダリー2017年製作の映画)

Pilgrimage

上映日:2017年09月23日

製作国:

上映時間:96分

あらすじ

1209年、アイルランド。そこは世界の果てとも呼べる島。 修道士の一行は修道院の神聖な聖遺物である「マティアの石」をローマに運ぶ巡礼の旅に出る。 だが、そこは数世紀にもわたり繰り返された部族間の戦争と上陸が活発化する侵略者ノルマン人らが横行する危険な旅路。信仰心の篤い、若き修道士ダーマッドと暗い過去をもつ口がきけない助修士らは、恐ろしい古代の迷信や盗賊たちに襲われながらも聖遺物を守り、旅を続ける…

1209年、アイルランド。そこは世界の果てとも呼べる島。 修道士の一行は修道院の神聖な聖遺物である「マティアの石」をローマに運ぶ巡礼の旅に出る。 だが、そこは数世紀にもわたり繰り返された部族間の戦争と上陸が活発化する侵略者ノルマン人らが横行する危険な旅路。信仰心の篤い、若き修道士ダーマッドと暗い過去をもつ口がきけない助修士らは、恐ろしい古代の迷信や盗賊たちに襲われながらも聖遺物を守り、旅を続ける。しかし、道中に巡礼を守るべく参加していた騎士レイモンドらが聖遺物の価値に目がくらみ、マティアの石を奪おうと目論んでいた――

「レジェンダリー」に投稿された感想・評価

いち麦

いち麦の感想・評価

4.0
修道士らが背負った血生臭い巡礼の旅は、大自然の寂寥感、勇者キャラあり腐れキャラありで見せ場が多い。意外だが潔い着地点はトム・ホランド版LOTRの様な雰囲気。R.アーミテージ、J.バーンサルらの役処も印象的。
くるくる巻き毛で
フード付き黒マント姿の
若い修道士トムホが可愛くないわけがない

そんなトムホを全身全霊で守るバーンサルさんも堪能できました

リチャミは相変わらずの煩悩丸出し役

みんながみんな自分の魅力出しまくりでしたわ

ブラザートムホは仲間は見捨てない
筋が通ってないと思ったことは断固拒否と
スパイダーマンの先祖かと思ったわ
次の主演のカオスウォーキングのトッド役もこんな感じじゃないかなーと

あ、ストーリー的には
教会ってやっぱ汚いわって
そして一言でいうと指輪物語だった
残虐行為が結構あったので
心してみるべし
2017ヒューマントラストシネマ渋谷
第一章って感じ(チラシがくそダセェ〜)
komblog

komblogの感想・評価

-
原題はPilgrimageで、より宗教観の強い映画だったんだけど、最後のオチが宗教心も強くて、あれだけの犠牲を払ったのにそんなことするか?無神論者の俺でもそんなことしませんけど??って思ってちょっと納得いかなかった。

なんか戦闘シーンバリバリの映画っぽいポスターになってるけど、ショージキそこまでではなく、むしろサスペンスよりの映画だし、ジョン・ベンサールももちろん強いけどとてつもなく強いってほどではないので、期待しすぎないほうがいい。