レジェンダリーの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「レジェンダリー」に投稿された感想・評価

Naoya

Naoyaの感想・評価

2.2
1209年、アイルランド。若き修道士ら一行は、修道院の神聖な聖遺物・マティアの石をローマに運ぶ巡礼の旅に出る。トム・ホランド出演のアクションドラマ作。アクションシーンは少なく、信仰や宗教面が強い物語。聖遺物たる石は見た目ただの石ではあるが、その石に人生を左右されていく様を、衣装からも雰囲気がよく出ており、時代の空気感を、よく描けているように感じる。全体的には地味で、壮大さには欠ける内容ではある。(DVD)
momo

momoの感想・評価

3.7
宗教色の強いソードアクション。
アクションシーンは思ったより少なかった印象だけど、ジョン・バーンサルが演じる沈黙の誓いを立てた助修士がとてもかっこよかった。
無口なのに戦闘能力がずば抜けていて孤高のヒーロー感が半端ない。
トムホの役とは兄弟のような絆で結ばれていてその関係性が感動的だった。

バーンサルが特典映像のインタビューで
「僕は俳優として物語に忠実でありたいから説得力のある演技を心がけてる。それにこの仕事をやっていると目標が絶えないんだ。今日よりも上手になりたいと常に思っているし、向上心を維持できることに感謝している」
と言っていて素晴らしい役者魂だなぁと。

バーンサルのファンは絶対に観てほしい映画。
すー

すーの感想・評価

4.0
引き続きトムホランドです。
ソードアクションものかと思ってたら中々重厚な宗教映画であった。中世の雰囲気はすごく好きなのでもっと中世の映画を作ってほしい。それと字幕が現代風すぎて違和感だったのでちゃんとしてほしい。

宗教観に歴史情勢が分からないと中々難しい作品ではあるがとてもよかった。アイルランド語、フランス語分けてたのもとても良い。

そしてトムホランドが可愛い。ジョンバーンサルがちょくちょくトムホランドを守りに行く感じがたまらないし、ジョンバーンサルをかばうトムホランドもとても良い。各位ありがとう。私は満足です笑。
それなりに良かった
目が離せなかったし
石っコロの為に何人も死ぬ
宗教と神、信仰のお話
どこかで見た顔と思ったら
スパイダーマンだったのね!
124tvdh

124tvdhの感想・評価

3.3
尺が長かったらもっと壮大な旅になりそうな感じで終わった…
構成は見やすかったし、中世っぽさもすごかった
こういう真面目な宗教映画は嫌いじゃないけど、信仰に厚い信者たちのテンションについていくのがちょっと難しい
maomei

maomeiの感想・評価

3.4
トムホくんにバーンサルさんにりちゃみ殿!と揃いながらほぼソフトスルーになってしまったのが解せなかったけれど…なるほど。私みたいなヲタは別として、世界史中世の宗教事情、とくに十字軍あたりが理解できてないとさっぱり解らぬ感じになってしまいそうなファンタジーだから売りづらかったかな?

ドチャリグチャリな物理攻撃が目白押しなのが実に中世らしい。宗教が絶対的権威を持ちたがった時代で、それでいて登場人物は現代的思考アプローチなのである意味分かりやすく仕上がってるかも?
えー?って感じでおわったよ(^_^;)
いいのか?この終わり方で。

この時代って、戦い方というか、殺し方っていうか…エグいんよな😱
目を背けたくなるシーンもちょいちょい。
あまりに見たのが溜まってしまったので、先にマーク。後々編集します。

もちろんトムホランド目当てですが、案外面白かった。
DVDで。

ジョン・バーンサルがトム・ホランド絶対守るマンだった。

アイルランドの歴史を知らないと面白くないと思う。
ムム!!どこかで見た事のある顔だ・・・ジャケットに写っている青年の事が気になってレンタルしてしまいました。

そうなんです。スパイダーマン最新作に主演したトム・ホランドが主演している宗教がらみの作品でした。

余り宗教や歴史に詳しくないので詳細は語れませんが中世ヨーロッパを舞台にしたキリスト教の聖遺物「マティアの石」をアイルランドからローマに運ぶまでの対立する宗教会派による争いを描いたもの。

信者にとって“聖遺物”たるものの重さは最たるものなのでしょうが、荒野の中での争いの中、その辺に転がっている石と入れ替えてしまう場・・・(笑)と思った私です。

トム・ホランドが敬虔な信者で必死に守る姿が印象的でしたが、あのラスト・シーンにはフ~ン・・・・・・でした。