レザーフェイス―悪魔のいけにえの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

レザーフェイス―悪魔のいけにえ2017年製作の映画)

Leatherface

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:89分

あらすじ

5歳の誕生日プレゼントにチェーンソーをプレゼントされた少年。 ソーヤー家の異常な環境で育った少年は、農場近くで起きた少女の変死事件により、青少年の更生施設へ送られる。 -10年後、錯乱した未成年の患者達に強いられて、看護師を誘拐して施設を脱走。道連れにされた彼は、狂気に満ちた警官に執拗に追われ、そして、悲劇のどん底へと追い詰め得られていく。 最恐・殺人鬼誕生の裏に隠された衝撃の真実と戦慄の…

5歳の誕生日プレゼントにチェーンソーをプレゼントされた少年。 ソーヤー家の異常な環境で育った少年は、農場近くで起きた少女の変死事件により、青少年の更生施設へ送られる。 -10年後、錯乱した未成年の患者達に強いられて、看護師を誘拐して施設を脱走。道連れにされた彼は、狂気に満ちた警官に執拗に追われ、そして、悲劇のどん底へと追い詰め得られていく。 最恐・殺人鬼誕生の裏に隠された衝撃の真実と戦慄の過去が、遂に明かされる。

「レザーフェイス―悪魔のいけにえ」に投稿された感想・評価

【ほぼ理想的なプリクエル‼️】
よく言われる
「レザーフェイスになる理由づけが弱い」というのはごもっともですが、前日譚としておさえて欲しかったポイントがクリアされていたので僕的にはバッチグー👍🏼でした。
一応今作もXmenのウルヴァリンZERO的なパラレルワールドの1つとしての前日談ですが、これもコレでアリ!な出来でした。
---------------
まず全盛期のじい様によるハンマーで頭をカチ割るシーンが冒頭にあったこと。一作目の時点のじい様はMS5(マジで死ぬ5秒前)だったので補助が無ければ振りかぶることも出来ませんでしたが、今作ではまだ元気です!
あと、殺人方法もそこそこユニークで、特撮が効果的に使われていたこと。ヘッドショットされた死体の口から煙が出ていたり、テコの原理で上顎を踏み砕くシーンなど良く思いついたな、描き方が丁寧だなと感心しました。
ソーヤー家の家屋も忠実に再現とまではいかないものの雰囲気が出ていて良かったです。
そしてラストシーン、2でオンナとチェーンソーを天秤にかけるほど気に迷いが生じたレザーフェイスですが、今作の彼の行動は涙なしには観れませんでした。
「↑コイツ何言ってんの?」と思われるかもしれませんが、あのラストシーンは初恋の相手への(ソーヤー家の人間としての)愛情表現だったと受け取りました。マスクに込められた彼の純愛に脱帽。
---------------
大絶賛したい勢いですが、確かに不満もありました。
1つ目は精神病院からの脱走のくだり。人質に取られてキ○ガイカップルと逃亡劇を繰り広げるレザフェですが、カップル以外と隙が多かったので「何なら殺して逃げればいいのに、」と何度も思いました。
また施設の都合上、収監されている子供たちはみんな改名されているのでどれが10年経って成長したレザフェがどの子か分からず、それっぽい子に目星を付けていたら実はミスリードという展開も要らなかったと思うし、マジレザフェの役者さんの体型的に僕らの良く知るレザフェと合わないというかデヴィッドプラウズのヴェイダーとローグワンのヴェイダーが違うのと同じように少し違和感を感じました。
2つ目はやはり“動機付け“でしょうか。ダースヴェイダーしかり、仮面ライダーエターナルしかり、
シャアしかり、悪役が闇に堕ちるまでの話ってあんまり説得力あるものって無いじゃないですか。(個人的な感覚)
今作も例によってソコは微妙だったなぁと。
ただ今作悪魔のいけにえに限っては「蛙の子は蛙」で片付いてしまうのも事実。
《まとめ》
意外と最後にはホロリと感動させられる映画で、不覚にも涙してしまいました。前作の『〜一家の逆襲』同様、(冗談抜きで)心温まるハートフルなファミリー映画だったので、かなりオススメです。
『屋敷女』の監督なのに控えめに撮ったね。というより控えめに撮らされた?
雄貴

雄貴の感想・評価

2.7
悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲の続編で前日譚かと思いきやそうでもないし、チェーンソーを振り回すのは、ラストのみ。

まあ犯罪現場に居たから精神病院送りってのは、説得力有るけど結果的には一家でなかよく(笑)暮らしてんだから展開としては不要なのかな?

脱走した5人の中の誰が三男坊なのかが曖昧にされてるのは良かった。(あきらかにそれらしいヤツが殺されるし)

スティーブン・ドーフの狂気の保安官っぷりも好演だったな~
Sios

Siosの感想・評価

3.4
闇に育まれた者が、光に弄ばれて、闇に還る。

最低な家庭環境、英才教育、実践教育、矯正…と一応いろいろ盛り込みながら、聖地を巡り、変なオマージュも。
雰囲気は嫌いじゃないし、ラスト好き。

じいサマの目に生気が溢れてた昔!
ホラーの中では最高峰。小さい頃に見て以来、この恐怖が刷り込まれている。1番怖いのはお化けでなくて、人間というシンプルな事実を教えてくれる。期待を裏切らない。
gigiro

gigiroの感想・評価

3.3
悪魔のいけにけシリーズは未視聴です。
知識なしで見たので、ソーヤー家の異常さに痺れました。ぜひ過去の作品を観たいと思いました!
誕生日プレゼントなんやから、使い古しやなく新品のチェーンソーちょうだい!(笑)

公開されるのを聞きつけて、観たいと思ってたんですが地元で公開ないので諦めてた作品。
でも諦めきれず大阪遠征して観てきました!(笑)

ジェド(レザーフェイス)が本当の家族になる話し。
いやー面白かったー(笑)
翌日も朝から深夜まで仕事やのに、無理して大阪遠征して観た甲斐があったよ(笑)
勿論オリジナルの衝撃には及ばないけど、単体として充分楽しめるし、シリーズへのリスペクトもちゃんとあるし、凄く丁寧に作られてました!
僕は1と2しか観てないけど、例えばあの独特の色使いは1みたいだし、カントリーぽいBGMは2のイメージやし、ファンならニヤケまくりかも(笑)
ただ、人を超越した存在にも思えたレザーフェイスの過去を描いちゃったので、彼の存在が一気に人間臭くなっちゃったんですよねー。
それと今作、青春ロードムービーな話しなんで、これを『悪魔のいけにえ』と呼べるか微妙なんやけどねー(笑)
行き当たりばったりの展開もあったりしたけど、1番勿体無いと思ったのはそんな事やない!
今作R18+やのにそれ程グロくない!(笑)
R18+になると公開劇場がぐっと減るし、1日の上映回数も少なくなるんやから、もっとエログロナンセンスに突き抜けて欲しかったよ(笑)
もう1つ勿体無いと思ったのがオープニングに出てくるハートマン保安官の娘ベティ役のロリナ・カンブローバちゃん、めっちゃ可愛いのにエロいシーンも無いまま即退場!
残念過ぎる!(笑)

映画観ての帰り道。
電車に乗ろうと阪急梅田駅に行ったら改札前の柱にもたれて座っているお姉さんが!
ミニスカートなんで見えてると思ったら…、見せパン?スパッツ?残念!(笑)
そして電車に乗って座れなかったので立ってたんやけど、ふと振り返ったら座ってるビジネススーツのお姉さんがスカートを少しまくって脚を掻いてる!(笑)
パンツ見えへんけど、エロいよ!(笑)
で、横を見たらそこでもスカートめくって膝を掻いてる女性が!(笑)
大阪恐るべし!(笑)
あの有名ホラーアイコン・レザーフェイスの幼少期から青年期にかけてを描くビギニング的作品。
これは悪魔のいけにえなのか?という疑問が残るし、ちょっとした仕掛けも普通に読めちゃったので驚きはないもののサクッと観れる1本。

ホラー要素は薄めで、クライムロードムービー色が強い。
これから定年くらいまで人殺すしか能が無いレザーフェイスのこと考えるといたたまれないですね。
yukichi

yukichiの感想・評価

-

肥えた奴は、飢え死にしそうな奴よりもずっと醜い心を抱えてる。醜い心を生むのは誰だ。いい子だ。いい子だと認める母さえも。

傷口をエグっても、もう痛くないんだよ。

さーて何でだ!!
新居

新居の感想・評価

3.6
怖さのスパイスが少し足りない感じ(。-∀-)
育った環境(特に母親)のせいであんな殺人鬼が生まれてしまったのか★

あぁ~チェーンソーのエンジンかけながら追いかけるから足音聞こえない…って思いながらちょっと笑ってしまった(*´ω`*)