レザーフェイス―悪魔のいけにえの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

レザーフェイス―悪魔のいけにえ2017年製作の映画)

Leatherface

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:89分

3.1

あらすじ

5歳の誕生日プレゼントにチェーンソーをプレゼントされた少年。 ソーヤー家の異常な環境で育った少年は、農場近くで起きた少女の変死事件により、青少年の更生施設へ送られる。 -10年後、錯乱した未成年の患者達に強いられて、看護師を誘拐して施設を脱走。道連れにされた彼は、狂気に満ちた警官に執拗に追われ、そして、悲劇のどん底へと追い詰め得られていく。 最恐・殺人鬼誕生の裏に隠された衝撃の真実と戦慄の…

5歳の誕生日プレゼントにチェーンソーをプレゼントされた少年。 ソーヤー家の異常な環境で育った少年は、農場近くで起きた少女の変死事件により、青少年の更生施設へ送られる。 -10年後、錯乱した未成年の患者達に強いられて、看護師を誘拐して施設を脱走。道連れにされた彼は、狂気に満ちた警官に執拗に追われ、そして、悲劇のどん底へと追い詰め得られていく。 最恐・殺人鬼誕生の裏に隠された衝撃の真実と戦慄の過去が、遂に明かされる。

「レザーフェイス―悪魔のいけにえ」に投稿された感想・評価

くらげ

くらげの感想・評価

3.1
R18なのに見たいところを見せてくれないのが残念、何故にレザーフェイスは生まれたのか、とても興味深いですがまぁありがちって感じもするのですが警察との攻防戦もいろいろあって楽しかった。
R18の割にはグロくなかった
もっとグロくていいのに…
てか5歳の誕生日プレゼントチェーンソーってイカれてるやろ(笑)
ヒロインがもっと信頼してれば好青年のままやったのに
まぁヒロイン可哀想やったわ
たむ

たむの感想・評価

3.2
現代スラッシャーホラーの最高峰と言える作品です。
『悪魔のいけにえ』のレザーフェイスの過去を描くこの映画ですが、クライマックスまで誰がレザーフェイス化するかがわかりません。
このサスペンスの持続はなかなか恐ろしいです。『エレファント』の銃撃犯が途中まで全然わからないのと同じ怖さです。
精神病院や暴走する正義の保安官、ロマンスの要素まであり、盛りだくさんです。
レザーフェイスにもロマンスがあり、家族との葛藤があり…。壮絶です。
Ran

Ranの感想・評価

4.0
いや〜とても面白かったです。
一言でいうと「グロ切ない。」
精神異常者という設定や、チェンソーのシーンはかなり満足(笑)
あとジャクソンとリジーの関係に
ウズウズ期待してましたww
ホラー要素は若干薄いかも…
ジャクソンカッコいい?映画でした。
ky31

ky31の感想・評価

-
中盤まではリジーなんとか助からないかなぁとか思って見てたけれども、後半になると自業自得だし死ぬなって感想しかなかった

このレビューはネタバレを含みます

 レザーフェイス誕生の秘密みたいな話。

 人気キャラクターのレザーフェイスがどうやって誕生したのかを見せてくれますが、それを病院から逃げ出したメインキャラクターの誰なのか? というサスペンスで引っ張る構成は面白かったです。それにプラスして何をするかわからない狂暴な人間に人質にされて、次から次に移動する先で殺人を犯したりする逃亡劇としての作劇の面もありました。そこに復讐に燃える保安官なんかも追いかけてきてという流れもありつつ。

 ですが、人気スプラッタ映画としてはバイオレンスシーンは少なめでビジュアル的に楽しめないのも痛いですし、そもそも話自体があまり面白さを感じられず、誰がレザーフェイスになろうが知ったこっちゃないし、なったところで「そんな理由なのか?」と心変わりが急すぎて意味不明に近いキャラクターの変化っぷりでした。

 似たようなスプラッタ映画が数多く作られていますが、それにどこにも勝てていなくて、せっかくのスティーブン・ドーフVSレザーフェイスという熱い戦いが見られるのかと思いきや、「このファミリーは団体行動をする」と何か対策を考えているのかと思いきや、普通に多勢にやられて捕まるという頭の悪い保安官にしか見えないのが残念な映画でした。
ユタカ

ユタカの感想・評価

3.0
そんなに強そうじゃないのがいただけないのと過去作とそこまで外れてなくとも内面的に実はこうでしたは少々興味が削がれる。
2018/6/16 仙台チネ・ラヴィータにて鑑賞。

相変わらずチネは空調が効き過ぎて寒いので、恐怖が2倍になってる気がする笑

Filmarksに記載はないが、前作『飛び出す悪魔のいけにえ』の監督、ジョン・ラッセンホップが製作に携わっており、本作もまた、前作同様ヒーロー映画になっていた。
恐らく今後のシリーズは、この路線を継承していくのだろう。

ちなみに、『ソウ』シリーズの後半を担当したケヴィン・グルタート監督も製作に参加。
この辺の繋がりを想像するのも面白い。

そして、本作には我らがフロスト兄貴こと、スティーヴン・ドーフも出ている!
しかも名前がハートマン…。

惜しくも今年亡くなった、R.リー・アーメイの代表キャラクターと同名なのは、偶然か、彼がリメイク版で演じた保安官繋がりからか。
どちらにせよ、一家の狂気が霞むほどの暴れっぷりを見せており、良い意味でも悪い意味でも名前に相応しい役柄だった!

監督はフランス人コンビ、ジュリアン・モーリーとアレクサンドル・バスティロ。

『恐怖ノ白魔人』までの、右肩下がりの面白さが嘘のような、面目躍如たる作品。

ブルガリアで撮影とのことだが、テキサスの明るく、異様な雰囲気はきちんと出ていたし、
少年院やボニー&クライド、そして、シリーズへのオマージュと、様々な要素を取り入れつつ、監督お得意の"痛い"描写はそのままに、スピード感溢れる作風にしたのは新しかった。

ということで、『悪魔のいけにえ』1作目の直系と言われると、?だが、スピンオフのホラー作品として見れば、完成度は高いと思う!
ニンジャバッドマンを観ると聞いてたのにその気持ちで行ったらレザーフェイスでした。あれま。
ガウン

ガウンの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

18禁だったけどグロ度は低め。濡れ場が結構ガッツリあるから、年齢制限が上がったのはそのせいなのかな?

善人というか、ある程度良識があった頃の彼が見られる 笑(パラレルワールドのような世界観だけど)
最終的にはヒロインの首をチェーンソーで切断し、ファンが良く知るレザーフェイスの誕生!しかし、このイケメンがあの巨漢の殺人マシーンに…?感はあった。

一番オエッ!となったのはベタベタドロドロの腐りかけた死体と殺人カップルの3Pシーン。