レザーフェイス―悪魔のいけにえの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

レザーフェイス―悪魔のいけにえ2017年製作の映画)

Leatherface

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:89分

3.1

あらすじ

5歳の誕生日プレゼントにチェーンソーをプレゼントされた少年。 ソーヤー家の異常な環境で育った少年は、農場近くで起きた少女の変死事件により、青少年の更生施設へ送られる。 -10年後、錯乱した未成年の患者達に強いられて、看護師を誘拐して施設を脱走。道連れにされた彼は、狂気に満ちた警官に執拗に追われ、そして、悲劇のどん底へと追い詰め得られていく。 最恐・殺人鬼誕生の裏に隠された衝撃の真実と戦慄の…

5歳の誕生日プレゼントにチェーンソーをプレゼントされた少年。 ソーヤー家の異常な環境で育った少年は、農場近くで起きた少女の変死事件により、青少年の更生施設へ送られる。 -10年後、錯乱した未成年の患者達に強いられて、看護師を誘拐して施設を脱走。道連れにされた彼は、狂気に満ちた警官に執拗に追われ、そして、悲劇のどん底へと追い詰め得られていく。 最恐・殺人鬼誕生の裏に隠された衝撃の真実と戦慄の過去が、遂に明かされる。

「レザーフェイス―悪魔のいけにえ」に投稿された感想・評価

残酷描写はあっさりめで観やすかった。
本名明かされるまで誰がジェドか分からなかったけど、シリーズ観てる人には分かるようになってるのかな。

1本目しか知らないけどいまいちジェドに結び付かなかったのでもっと違うキャラ設定の方が良かった気がする。

単体ホラーとしては普通に面白かった。
次は母親の若い頃を映画化してみるとかどう?
STAR坊主

STAR坊主の感想・評価

3.1
悪魔のいけにえシリーズ

特に目新しいシーンはないが、洋画のホラーはざっくり!ずばっと!
見てて痛々しい。(>_<)

ソーヤー一家は悪魔だ。

看護師が1番可哀想な被害者。

チェーンソーを5歳時に誕生日プレゼントするのは異常です。笑
田中田

田中田の感想・評価

2.5
リジーはもとより登場人物たちの行動に合理性・必然性があまりにもなく、全員頭おかしい映画なのか? と思って逆にそれで怖くなってしまった。映像的には悪くなかったと思う。
すごい、完璧な前日譚。
レザーフェイス誕生の全てが詰まってた。中盤ずっとロードムービー感出ててそれがまた新鮮。傷跡だったりマスクにも悲しい理由が詰まってて切ない。トビーフーパー最後のプロデュースということで、これにて一家の物語に終止符が打たれたってことかね。レザーフェイス一家よ永遠に。
来夢

来夢の感想・評価

3.2
『レザーフェイス 悪魔のいけにえ』
名作「悪魔のいけにえ」の前日譚。1と2以上にはならないのはわかっていても、製作総指揮に1、2の監督トビー・フーパーが、監督には「屋敷女」のコンビときたら少しだけ期待してしまう。レザーフェイスってあの家族の中では下っ端感があるので、主役に出来るのか?って思ってたけれど、案の定ちょっと無理してる気がしないでもない。レザーフェイスに絞らずにソーヤー家の成り立ちでやっても良かったんじゃないかなぁ。実際おかしい登場人物が多過ぎでレザーフェイスが霞んでみえるし。まぁ、これはこれで十分面白くはあったけれどね。どうしても比べられる対象のレベルが高すぎるから仕方ないか(悪魔のいけにえに比べたら、13日の金曜日だって超駄作に見えるし)。結構ゴア表現は強いのでグロ苦手な人は注意。でもこういうのって以外とフレーム外でやった方が想像力を掻き立てられて痛さを感じやすかったりする(ファニーゲームとか良い例)ので、此処まで堂々と見せているとかえってグロく感じなかったり。そんなことはない?
トビー・フーパーが昨年亡くなってしまったので、正当なシリーズはこれで最後になるのかな。
ホラーというより人間ドラマ
怖いシーンはない!
こんなイケメンだったんだ(笑)
岡

岡の感想・評価

2.1
レザーフェイスのコアなファンなら満足度高いと思います。
この作品とか、ベイツモーテルというドラマとか殺人鬼の青年時代を描くのがややブームなのかもしれない……

ホラー度が低くどちらかと言えば、ちょっと歪んだ家族愛とか恋愛系の映画っぽかった印象。

最初のカップルとナース意外全員イカれてる……。
ナースが可哀想すぎた。
okimee

okimeeの感想・評価

2.8
一撃で殺すじい様の現役が見れて満足。

ちょっと全作見ないとだめかしら。。

レザーフェイスって巨漢の弟の方じゃないのね。。
yuko

yukoの感想・評価

3.5
2018.7.2 ディノスシネマズ札幌劇場

レザーフェイス君にそんな哀しい過去があったとは。
あの家族の元にさえ生まれなければ...
「悪魔のいけにえ」のレザーフェイス君は巨体のイメージだけど、元の彼は小柄。そしてイケメン。切ない。
オリジン?いや、リブートです!

数あるホラー映画の中でも世界一怖いと言われる名作ホラー映画「悪魔のいけにえ」に登場する殺人鬼「レザーフェイス」誕生の秘密に迫る、と言った切り口のホラー映画。


過去の話なのかと思ったら、レザーフェイスの家族構成や話の展開に過去作と矛盾する点がチラホラ。
純粋な続編(オリジン)ではなくリブート作品と観たほうが良いのかも。

ただ、レザーフェイスことジェドが誕生日にチェーンソーをプレゼントされ初めての殺人を強要されるシーンからタイトルまでの流れは本当に良い意味で気色悪くて素敵。

その後に幼少期のジェドが裸オーバーオールに皮を剥いだ牛の頭で作ったマスクを被って登場するシーンも個人的にはホラーアイコンとして最高にイカしておりました。
余談ですが日本版のこの映画「レザーフェイス」のポスターにも使われている牛頭の幼少期レザーフェイスがチェーンソーを持つシーンは本編には無いので悪しからず。
このビジュアルも最高に格好良くて本国版より日本版の方が断然怖いのでちと残念。


その後はキチガイ達の厚生施設にぶち込まれたジェドが10年の時を経てキチガイ仲間数人と施設を脱走するという流れに。


子供達は入所時に改名されており、誰がジェドなのかわからないまま話が進む為、ここから誰がどの様に狂気に堕ちるのかを推理しながら観る事になります。

またジェドのキチガイ家族、ソーヤー一家に娘を殺された復習に燃える悪徳警官の追跡劇も並行し、所謂「悪魔のいけにえ」的なバカ追いかけっこホラー(褒めてます)だけではないテクニカルなホラー映画へと様相を変えておりました。


殺人、ゴア描写はかなり控えめで、R-18のレーティングは実質某登場人物のセックスシーンのせいだったのでは、とすら思えるレベル。


屋敷女の監督&脚本家という事でどんなグログロホラー映画を観せられるのかと思うと肩透かしを食らいます。
むしろ、ホラー要素よりサスペンス要素の方が勝っていて実際そんな怖くは無いです。
ジャンプスケアがほぼ無いのはフランス人監督であるが故なのか、脅かすのでは無く純粋な恐怖で勝負しようという意気込みは買いますが怖さは大してありませんので少し残念。



「いつも行く定食屋でいつも頼む唐揚げ定食を頼もうとしたら、店主が「今日は日替わりオススメですよ!」とか言うもんだからいつもと趣向を変えて頼んでみたらバーニャカウダ定食的なテクニカルなメニューか出てきた感じ」、なホラー映画で御座いました。
悪くは無かった。