レザーフェイス―悪魔のいけにえの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

レザーフェイス―悪魔のいけにえ2017年製作の映画)

Leatherface

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:89分

3.1

あらすじ

5歳の誕生日プレゼントにチェーンソーをプレゼントされた少年。 ソーヤー家の異常な環境で育った少年は、農場近くで起きた少女の変死事件により、青少年の更生施設へ送られる。 -10年後、錯乱した未成年の患者達に強いられて、看護師を誘拐して施設を脱走。道連れにされた彼は、狂気に満ちた警官に執拗に追われ、そして、悲劇のどん底へと追い詰め得られていく。 最恐・殺人鬼誕生の裏に隠された衝撃の真実と戦慄の…

5歳の誕生日プレゼントにチェーンソーをプレゼントされた少年。 ソーヤー家の異常な環境で育った少年は、農場近くで起きた少女の変死事件により、青少年の更生施設へ送られる。 -10年後、錯乱した未成年の患者達に強いられて、看護師を誘拐して施設を脱走。道連れにされた彼は、狂気に満ちた警官に執拗に追われ、そして、悲劇のどん底へと追い詰め得られていく。 最恐・殺人鬼誕生の裏に隠された衝撃の真実と戦慄の過去が、遂に明かされる。

「レザーフェイス―悪魔のいけにえ」に投稿された感想・評価

ニンジャバッドマンを観ると聞いてたのにその気持ちで行ったらレザーフェイスでした。あれま。
ガウン

ガウンの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

18禁だったけどグロ度は低め。濡れ場が結構ガッツリあるから、年齢制限が上がったのはそのせいなのかな?

善人というか、ある程度良識があった頃の彼が見られる 笑(パラレルワールドのような世界観だけど)
最終的にはヒロインの首をチェーンソーで切断し、ファンが良く知るレザーフェイスの誕生!しかし、このイケメンがあの巨漢の殺人マシーンに…?感はあった。

一番オエッ!となったのはベタベタドロドロの腐りかけた死体と殺人カップルの3Pシーン。
あける

あけるの感想・評価

3.2
(観たのに登録してなかった)


みんな期待してたでしょ?
現役のお爺ちゃん見れるの期待してたよね??
私はそこ期待してました!

なので!

お爺ちゃん登場だけで80点です!!!
むしろそこが盛り上がりのピークでしたから!!!ありがとう!!!!



それと、
あらすじよく知らないで行ったので(いつも映画はそんな感じ)「え、幼少期のレザーフェイスたんがチェーンソー振り回すお子様狂気じゃないんだ…(シュン…)」ってなりました。
無難に面白いは面白かったですけども。
なべ

なべの感想・評価

3.6
伝説のサイコキラー〈レザーフェイス〉が誕生するまでの経緯を描いた作品です。あの悪魔の殺人鬼がどのようにして生まれたのか…『悪魔のいけにえ』を鑑賞した人であれば観る価値はあると思います。

ソーヤ一家末っ子ジェドの奇々怪界な誕生パーティから物語は始まる。場面は切り替わり、とある精神病棟を舞台に話が展開していきます。

物語的には多少強引さを感じざるを得ないし、もう少しレザーフェイス誕生の瞬間に焦点を当てて描いて欲しかったです。そしてレザーフェイスはもう少し巨漢なはず…。

非人道的に人を惨殺し愉快犯の如く平気で殺しを愉しむ様はサイコパスのそれで、その対象となった人物達はまさしく“悪魔のいけにえ”と言える。

レザーフェイスがチェーンソーで人を斬りつけるクレイジーっぷりは勿論のこと、一家全員がそれぞれ狂ってた💦
eto

etoの感想・評価

3.0
これは……前日譚でも何でもない。過去作を観て挑むという気合の入れようだったのに笑 残念すぎる〜
全くの別物として見るか、過去作を知らずに見る方がまだ楽しめる。色々と腑に落ちないこともあるし、もっと上手く作れたはずなのに…勿体ない。
ホラー映画の金字塔『悪魔のいけにえ』でチェーンソーを振り回し、人々を惨殺していくレザーフェイスが、どうしてこの様な姿、そして殺人鬼と化していったのかを描いた物語。

小さな男の子の誕生日パーティー、お母さんからのプレゼントはチェーンソー。誰が嬉しいのよ!とオープニングから突っ込みをいれたくなるが、その狂った感じが、まさにソーヤー家です。

そして今作はレザーフェイスが誰なのか分からない設定になっていて、ちょっとしたレザーフェイス捜しじゃないけどミステリーの様な仕掛けも。正直、そんな小細工いらないし、観てる側としては、早くレザーフェイスに変身して、どれだけの恐怖を見せてくれるのかの方を期待していましたから。

元祖の『悪魔のいけにえ』をリスペクトするシーンがいくつかあって、おっ!と思う所もあるけど、何かストーリーの強引すぎる感が否めないんですよね~。メインもそうだけど、その他の様々な場面でも、何でそうなった?という理由づけが弱いように感じました。

ただ、ホラー映画としてのグロさで言えば、R18と言う事もあって、なかなかのものはあったし、ヒロインも前作のアレクサンドラ・ダダリオも良かったですけど、今作もなかなかの美人なんで、そこは良かったですよ。(^^)
ニッケ

ニッケの感想・評価

3.3
テキサスのドン引き家族ことソーヤー一家が何故凶行に走るのか?という一番気になる部分は全く触れないのはオリジンとしてはちょっと残念。ミスリードのアイデア一本で突っ走るにはパワー不足だと思いました。
若干のロマンス、保安官との因縁、ヴィゴモーテンセンにちょっと似のお兄ちゃんなど過去作の細かいエッセンスを所々つまんでいくのは丁寧でした。全盛期おじいちゃんのハンマーさばきには感動。
ゴア描写は結構容赦なし。景気良く首が吹っ飛ぶR18の面目躍如といった場面もあります。
不満もあったけど結構楽しめたクチです。
かず

かずの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

中盤まではサービス精神旺盛で楽しかったんだけど、後半から失速。途中のミスリードは案の定なんだけど、少し無理があるよなぁ。途中から誰の視点で話を追えば良いのかわからなくなるので、終盤で家族が揃った時のテンションがいまいち上がらない。

前作の方が正直良くできていたと思う。
takotarako

takotarakoの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

折角ヒロインが綺麗で最終盤まで引っ張ったのに散り際がちょっとあっさりだったなという印象。もう少し追い詰められていく描写があったり派手な方法でもって退場して欲しかったなぁと。あとミスリードは殆ど機能していないように思えたけそれも含めての様式美だったりするのでしょうか。でも元映画観てみようと思います。
ロク

ロクの感想・評価

2.5
昨年、惜しまれつつこの世を去ったトビー・フーパー監督の出世作にしてホラー映画界に衝撃をもたらした傑作「悪魔のいけにえ」シリーズ最新作にしてフーパー監督最後のプロデュース作品!1955年の夏、テキサス郊外にあるソーヤー牧場の納屋で少女の惨殺遺体が発見される。被害者の少女は地元警察に勤務する保安官の愛娘で我が子を奪われた保安官は牧場周辺で事件が多発していることから日頃から奇怪な言動を取ることで地元住民達から気味悪がられている牧場の経営者であるソーヤー一家の3人の息子達が事件に関与しているのではないかと疑い3人を精神病院へと送り込んでしまう。それから10年の月日が流れテキサス郊外にある精神病院に収容されている息子を返して欲しいと息子達の母親であるヴァーナ・ソーヤーが現れたことから恐ろしい惨劇の火蓋が切って落とされる...本作はシリーズの顔とも言うべきレザーフェイスの幼少期~青年期を描いているんだけど正直言って凡作です。フーパー監督が係わっているので、全体的には1作目にあったような雰囲気は漂ってはいるんだけど最後のレザーフェイス誕生シーンも含め盛り上がりに欠ける凡庸な内容で作る意味があったのかな?と疑問に思ってしまいました。そもそもチェーンソーを振り回しながら若者を追い掛けまくる巨漢の大男というイメージが強いレザーフェイスだから同じ精神病院に収容されている巨漢の男の子がレザーフェイスだと思っていたら細マッチョのイケメン君がレザーフェイスって言われてズッコケそうになりましたね。スティーブン・ドーフやリリー・テイラーといったベテラン俳優の出演も生かし切れていない感じで勿体無かったです。