わたしは、幸福(フェリシテ)の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

わたしは、幸福(フェリシテ)2017年製作の映画)

Félicité

上映日:2017年12月16日

製作国:

上映時間:129分

3.4

あらすじ

「わたしは、幸福(フェリシテ)」に投稿された感想・評価

画と間と音の質感がすごく良い。
乾いた感じと生っぽさのちょうどイイとこ。
その質感こそがアフリカらしくもあり。

音に敏感で自身も音楽を楽しむ人が撮ったことがよくわかる造りだった。
ただ、ちと長いやね(笑)

内容は可もなく不可もなく。
普段シネコン系しか観ない人には観にくい映画であるのは確か。
love1109

love1109の感想・評価

3.4
私たちが頭に思い描くことのできるアフリカはその広い世界のほんの一部だ。夜な夜な酔っ払いがバーに集い、修理したばかりの冷蔵庫が壊れ、息子が交通事故で重傷を負い、病院でスリにお金を奪われる。絶望の淵から彼女を救うことができるのは音楽。鮮烈なグルーヴと魂の叫びが幸福とは何かを教えてくれた。
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

2.8
これで銀熊賞かぁ…なかなかすごいなぁ!こんな簡単に手に入るのか…。ひたすら歌を歌いひたすらドラマを映す。この映画を楽しむにはアフリカの土地や音楽に多少なりとも影響受けたり知識がないと少しがっかりしちゃうかもしれない!
daddy

daddyの感想・評価

2.9
美しい作品ではあるが冗長。「アフリカの一国で生きる一人の女性のありのままを観る(あくまで"映画"として)」止まりであれば良いと思うけど。
abemathy

abemathyの感想・評価

4.0
フェリシテの大切にしているものとか恋愛(家族)観とかがよくわからなくて、それが個人のものなのかコンゴ的考え方なのかもわからなくて、ということで未知の国を存分に味わえた。
フェリシテの歌(吹き替えらしいが)が好きだ。
mamo

mamoの感想・評価

4.0
これまた難しい。
好き嫌いハッキリ分かれる系ということは間違いないw

わかるようなわからんような、でもなんだか見入ってしまう。
こういう説明出来んけど何か揺さぶられる空気感、けっこう好き系。
エンドロールもかすかな雑踏から無音にと、なんかわからんけどいいよね😉
324

324の感想・評価

3.6
中盤からの再生は普通に幸福で、暗い森とセッションシーンの挿入に救いがある。息子の件や、男の件、音楽、幻想と各々が分離しており結び付きが弱い印象。
じょー

じょーの感想・評価

3.7
アフリカの音楽が満載で、その土地の香りさえ伝わってくるような映像だった。

ささやかな幸せへの一歩はとても大切だよなぁ。と心に残るものがあったよ。だらしない部分、欠けたところも受け入れて愛を注ぐ。

何をし、どこにいても、最低限のプライドは捨てないで希望を見出して生きていく。
腹が減っても水を飲んで自分らしく生きれば良いんだ。という言葉には、生きることの大切さが伝わってきたよ。

そう、どんな状況にあっても大切な1歩は本当は身近にあるのかもしれないね。
言葉が必要のない人との微笑ましい一瞬ほど、幸せで大切な時間はないのかもしれないね。
多少なりともアフリカ文化の知識があればもう少し知的な見方が出来ただろうと思うけど、真っ先に出てくる感想がフェリシテの乳とろっとろ😲で悲しい。まあ、監督がいうようにアフリカの風は感じたよね……タブー、最初はなんだこいつと思ったけどいい男だったな。きっと長くは続かないのだろうけど、幸福ってそんなもん。一瞬でも幸せそうな彼女の表情を見られてよかった。それにしても映画内で起こる“交通事故”のなんでもあり感って苦手。64875
あべま

あべまの感想・評価

2.5
朝番終わりに見たからだったのかこの作品がイマイチだったからなのか冒頭数分で寝てしまい、、、
タブーのメタファー含みの発言がよう理解できんかった。
>|