アマデウス ディレクターズ・カットの作品情報・感想・評価

「アマデウス ディレクターズ・カット」に投稿された感想・評価

かも

かもの感想・評価

4.5
重厚感甚だしい映画。モーツァルトの葛藤や、苦しみがひしひしと伝わってくる。かなり暗喩的だが、考えればわかる。
左膝

左膝の感想・評価

3.9
サリエリ視点で見ると良くわかるモーツァルトの破綻具合。疎ましく思いながらも音楽の才能だけは認める他ない愛憎一体の関係に救いが無い。最後のアハハハの意味とか考えちゃう。

お菓子を前にしたニコニコ顔すき
arutoi

arutoiの感想・評価

4.0
モーツァルトも可哀想だけどサリエリの人生、本当に大変
すごいと人一倍分かる人の苦悩…
bebemama

bebemamaの感想・評価

3.4
むか〜し、テレビで観て、久しぶりに鑑賞。
ミロス・フォアマン監督、亡くなられたんですね。「カッコーの巣の上で」も素晴らしい映画でした…

あの天才モーツァルトとサリエリの話。
実を言うと、サリエリの事はこの映画で知った。と、言うよりこの映画がサリエリを有名にしたんじゃないだろうか?
そして、モーツァルト像もこの映画が影響を及ぼしていると思う。
今では、モーツァルトとサリエリ、と言えばどう言う関係を指してるのかわかるようになったのも。

天才と、その天才の側で才能を認めながら、嫉妬した。
何故、自分にはその才能を与えられなかったのか。
身近に自分では、絶対敵わない人がいる。努力では追いつかない。世間でどう評価されようが、自分にはわかる。おまけにその人物が素晴らしい人格者なら諦めもつくが…
嫉妬と崇拝。
人間の業からは抜け出せない。

モーツァルトの死には自分が関係している。晩年サリエリはそう告白する。
モーツァルトの死。
せめて、最後は自分のせいだと思われたかったのだろうか。
モーツァルトを殺害した者として名を残したかった?

むか〜し、これを観た時はそれほどモーツァルトは好きではなかった。でも、今改めて聴くと本当に心に染み渡る。
でも、あぁ〜天上の音楽、って思って観ていると、途端にあの笑い声が!
とにかく、途中のモーツァルトの音楽やオペラシーンは、劇場と共に素晴らしいです。ただし、もれなくあの笑い声が付いてきますが!
(「魔笛」の夜の女王のアリアが、義母から出来ていくのが面白かった。)

衣装の色が、結構ポップ!
QTaka

QTakaの感想・評価

4.0
一昨日の報道で、ミロス・フォアマン監督が亡くなられたという報があったので、この一本を久しぶりに見てみました。
と言っても、以前に見たのは、“ディレクターズカット”では無かったと思うのですが。

ここ数日長めの映画ばかり見ているのですが、この一本も長かった(3時間)。
以前見た記憶では、終盤の死の床に有るモーツァルトとサリエリのやり取りが印象に残っていました。
音楽家同士の阿吽の呼吸というか、暗黙の了解という中で、湧き出るイメージを譜面に紙類してゆく姿は、迫真のシーンだったと記憶していました。
さて、今回改めて見てみてどうだったかというと。
思った以上に全体が明るく、白けた感じに見えてしまいました。
以前に見たのはどんな環境だったのだろう?
おそらく、ブラウン管時代のTVだったのだと思うけど。
今回は、プロジェクターで見たのですが、まるで違う印象でした。
舞台シーンがいくつも出てくるのですが、実はこの舞台シーンが一番面白く見られました。
中には、以前見たバージョンには無い、ディレクターズカットで追加された舞台シーンも有ったようですが。
以前の印象として残っていたのは、終盤の「魔笛」の舞台シーンだったのですが、これ以外の舞台シーンがこんなにいっぱい有ったのは意外でした。

この映画を改めて見てみると、これはモーツァルトの人生を描いた映画では無く、サリエリの回顧であり、告白で有る事に気付きました。
そして、その告白をモーツァルトの音楽と舞台で表現したのでしょう。
そう思うと、この映画は、何度見ても楽しめる映画なのかもしれませんね。
モーツァルトの悲劇の人生を見るのであれば、そうそう楽しめるものではありませんが、音楽でつづられたウィーンの生活ならば何度でも楽しめる。
名監督に感謝。

何年かしたら、また見直してみたいと思いました。
音楽の素晴らしさは言わずもがな。脚本・演出・衣装・役者全て私にとっては完璧な作品の一つ。

(*≧∀≦*)大爆音祭で再上映して欲しいー!!
Hide

Hideの感想・評価

4.8
公開後にビデオかテレビで観た。なんとなく、クラシックが題材の映画だと思って観始めたら、一気に引き込まれたのを覚えている。当時はモーツァルトが主役の映画だと思って観ていたが、改めて見ると完全にサリエリの映画。凡人と天才と描かれているが、秀才と天才なのだろう。努力で手に入れられるものは多く、また努力することでしか手に入らないものも多いが、天才はそんなものは関係なく凄いものを出してくる。またそれを正しく理解できるのも、その域に達した秀才しかわからないので、サリエリの苦悩たるや想像を絶するものだったのだろう。主演のFマーレイエイブラハムは、素晴らしい演技でサリエリを演じ、表情一つとっても妬みや嫉妬などが伝わってくる。一方トムハルス演じるモーツァルトも天才らしい解釈でなかなかよかった。この手のクラシックや音楽が題材の映画は、演奏のシーンで「バーン」と音がくるだけで鳥肌が立って、話関係なく一気に持ってかれる。アマデウスもオペラのシーンや、コンサートのシーンは、鳥肌が立った。
監督のミロスフォアマンが亡くなったと聞き、思わず追悼レビュー。「カッコーの巣の上で」など名作を撮れる監督だったので、残念です。
ともげ

ともげの感想・評価

3.5
モーツァルトの死に纏わる一説の話。
モーツァルトという、天才と変態の両極端な人間に翻弄され、羨望と嫉妬に狂うサリエルの様子はどこか他人事とは思えずにはいられない。
セリム

セリムの感想・評価

5.0
ミロス・フォアマンがなくなりました。

「カッコウの巣の上で」
「マン・オン・ザ・ムーン」
「ラリー・フリント」
「宮廷画家ゴヤは見た」
そして「アマデウス」……。

手法や歴史解釈、その他諸々……。
賛否両論あるのは重々承知。
それでも、大好きな監督…いや「映画人」でした。

リアルタイムで作品を観れたことに、とにかく感謝。

でも悲しいなぁ。
国領町

国領町の感想・評価

5.0
★★★★★it was amazing
『アマデウス ディレクターズカット』 ミロス・フォアマン監督
Amadeus:The Director's Cut

天才モーツァルトと天才に嫉妬する宮廷作曲家アントニオ・サリエリ
中世ヨーロッパ宮廷を描いた美術、衣装は美しく、モーツアルトの音楽も心地よい
戯曲の映画化ですが、史実に沿って語られるところが多いストーリーは
モーツァルトについて知ることができた
お下劣な手紙、歌詞が多く残されていて、
おバカキャラに描かれていたモーツァルトが案外リアルなのかも?
サリエリも天才だから天才モーツァルトを理解でき、嫉妬もしたんだと思う
凡人と天才じゃなくて、二人の天才の悲しい物語
引き込まれて3時間があっという間に過ぎました
>|