アマデウス ディレクターズ・カットの作品情報・感想・評価・動画配信

「アマデウス ディレクターズ・カット」に投稿された感想・評価

haruka

harukaの感想・評価

4.0
モーツァルトの生きた時代と音楽がよくわかる。モーツァルトの音楽のイメージが変わる
chiyu

chiyuの感想・評価

5.0
My best映画をひとつだけ挙げるならコレです。
どのシーンも美しすぎる!

モーツァルトが埋葬されるシーンは死生観を変えたかも。
人生は、すべてオペラになる。
モーツァルトは、ただ歌をつくりたいだけ
なのに。
サスペンス風につくられているが
僕には、コメディだったね。
そうか!この映画は
・サリエリ
・モーツァルト
・神
の「三角関係」の話だったのか!
と、今さらながら理解できました。

「優秀」な音楽家であるサリエリが「超・天才」モーツァルトの才能を妬む、という話だと思っていたのですが、違いましたね。

手が届かぬ圧倒的な才能を、自分ではなくモーツァルトに与えた神をサリエリは憎み、復讐を誓うという話でした。で、神への復讐として「神の子」であるモーツァルトを殺そう、と。

神への復讐ですかぁ…。何やら格調高い映画なんでしょうなぁ。

と、思われがちですが。
いや、むしろその逆で、本作はキャッチーでゲスくて誰でも楽しめる映画だと思います。ほぼブラックコメディです。

サリエリの怒りが根深いのは、彼が【生涯童貞】を神に誓ったからでもあります。

少年期のサリエリは音楽の道での成功を強く望むあまり、「女性とは一切交わりませんので、音楽の才能をお与え下さい」と神に祈願します(あーあ)。願いが届いたのか、サリエリの努力が実ったのか、結果として彼は音楽家として成功を収めたのです。

ところが、そんな「神に誓って童貞」サリエリが足元にも及ばぬ才能を、神はモーツァルトに与えた、と。しかもモーツァルトはチャラ男のヤリチンで、サリエリが密かに想いを寄せていた女性をいとも簡単にパクパクしてしまいます。

モテない童貞が抱く、ヤリチンのチャラ男への恨みたるや…なのです。

同時に「私の童貞の誓いは何だったのよ?ねぇ神様?」と。
再見。

ただの音楽バカにムキになる音楽バカという周囲から隔絶された構図に尽きる映画なのだが、陛下がずっと正論しか言ってないし、こいついないとお前らも話も成立しないから、とかずっと思って観てた。
charo

charoの感想・評価

-
ついにみた!3時間は流石に長い…

映画の世界とは思えないほど本格的なセット
本当にモーツァルトが生きていた時代に
来たような感覚に陥った

オペラを映像化したようなリアルさ
(このセットのまま開幕できる)

声の高音や音楽の響きに呑み込まれた

ラストまで来ると、語りの中の
回想シーンであることを忘れてしまう
締め括りの一言がかっこいい

“サリエリとモーツァルト“
の関係性を知れたので満足

人生かけて芸術を
生きてきたんだろうと想像が膨らむ
真の凡人からすれば、才能を確かに理解して評価できるのも立派な才能だと思う。

実際のサリエリは、亡くなる直前まで宮廷楽長の地位に着き、モーツァルトの息子に指導していたそうだから、映画ほどの悲しい人生ではなかったんかな。
pk

pkの感想・評価

3.6
素晴らしい作品だと思うけど3時間は長すぎた。通常版を見ればよかった、、

藤井王位の師匠の杉本八段が先日テレビで、天才だからといって一人では天才になれない。周りに恵まれることも必要というようなことを仰っていて、観ている間、その言葉がちらついた。

モーツァルトが偉大だということは2020年でも誰もが知っているけれど、こんなに浮かばれない人生だったとは。
そしてその周りで彼の才に振り回されて歯車が狂う人たち。

何かに強烈に秀でているということは、それ以外が強烈に劣っているということなのかもしれない。

才がある人に人格者であることや生活力を求めちゃいけないんだろうな。

死後いつまでも評価されるのも素晴らしいのだけど、やっぱ生きているうちに評価されたい。

音楽が生まれるシーンがどれも魔法みたいで、モーツァルトちゃんと聴いてみたくなった。
クラシックは詳しくはないけど、モーツァルトは誰でも知ってます。
その曲も、聞いたことある有名なものがたくさんありますね。

さぞやすごい人だったのだろうと思うけど、この映画では、なかなかの変な人のようです。

でも何かもの足りないような。
あまり感じるものがないんですよね。
昔、観たときは面白かったと思ったような気がしたんだけど。
神に愛されたかったサリエル、だがその夢は叶わず この作品の神とはモーツァルトだと思う。サリエル自身は陛下よりも認められたかった存在、唯一の友でいたかった良き理解者なのだろうとストーリー通して感じられる。鎮魂歌を共同で作るシーンはサリエルが1番望んでたところ楽しそうに見えてよかった。
発言からのすれ違いがこの作品を面白くしていると感じた、元々この作品は戯曲があるとのことなので見てると見ているうちに映画にはいい意味で見えないと思った。
3時間ある作品だがコメディ、に楽譜を持ったり話の中に出るとその曲が流れたりして見てて飽きない作りになっている。
メイキングもこの作品には欠かせない材料になっている。
サリエル役のF・マーリー・エイブラハムは内向的モーツァルト役のトム・ハルスは外交的に映っているが実際は両者逆の性格だという。
役に入るということは、演技にも深みがでて映画だけどリアルさがここにはあったといっても過言ではない。
>|