ゲーテの恋 〜君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」〜の作品情報・感想・評価・動画配信

「ゲーテの恋 〜君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」〜」に投稿された感想・評価

yukarasu

yukarasuの感想・評価

3.8
本を読む前に映画から鑑賞。当時のリアルな生活感や雰囲気が知れて良かった。
文豪ゲーテが自らの失恋を題材にした代表作「若きウェルテルの悩み」を書き上げるまでの物語。
ゲーテが小説にも登場するシャルロッテと恋に落ち、失恋するまでが描かれており「若きウェルテルの悩み」のあらすじにも沿った内容でした。
自分が知っている実際の史実とは違う部分もありましたが、この時代特有の実らぬ恋も描かれていて胸に刺さります。

「若きウェルテルの悩み」の大まかなあらすじは、主人公ウェルテルが婚約者のいるシャルロッテに恋をし、実らぬ恋に絶望し死を選ぶといった内容です。
実際の史実は、ゲーテがシャルロッテと恋に落ちるも、彼女は貧困な家族を救うためにゲーテと交友のあるアルベルトと婚約し、結婚してしまう。
ゲーテは自殺を思い立つものの、その自らの失恋体験を題材に「若きウェルテルの悩み」を書き上げることによって自殺を思いとどまったと伝えられています。

映画の本作では、愛し合いながらも引き裂かれたゲーテとシャルロッテがとても切なく描かれていました。経済的な事情で、愛する相手を諦め、愛のない結婚をするシャルロッテの苦しさを思うと胸が痛みます。
またそんな彼女を引き留めることができなかったゲーテの辛さも相当なものだったのだと思います。

本作も良かったですが、特に小説「若きウェルテルの悩み」は名作と言える海外文学だと思います。(当時はこれを読んで自殺する若者が多かったらしいです)
あまり長くもなく、口語調の書簡体で大変読みやすい小説ですので、本作を鑑賞するなら、併せて小説も読まれることをおすすめします。
ちなみに読むのが面倒な方はYoutubeなどにも書評動画がありますので参考にされてもいいかも知れません。
shio

shioの感想・評価

3.0
🇩🇪GOETHE!

ドイツの文豪ゲーテが「若きウェルテルの悩み」を書き上げるまでの物語。

ひたすら美しい映像が流れて、まるで絵画をみているかのような気持ちに✨
史実とは少し異なるけど、とっつきにくいイメージのゲーテに興味を持つにはオススメな映画だと思う💭

好みは分かれる気がするけど、高慢と偏見やジェーンエア作品が好きな私は素敵な映画だと思いました!
台詞も詩的で良かった〜!悲恋だけど前向きになれるエンディングも◎

普段中々聞く機会のないドイツ語は何だかお洒落で格好良かった😳
Vaporwaver

Vaporwaverの感想・評価

5.0
ドイツ文学の名作「若きウェルテルの悩み」をモチーフにしている。

ただ拳銃自殺するウェルテルとは違い、ゲーテは失恋すれば、すぐ違う恋に流れることのできる人物 笑

「しょーもないことで自殺したあかんで」by ゲーテ
左衛門

左衛門の感想・評価

3.2
傑作「若きウェルテルの悩み」に支えられる名作。
ただゲーテ本人が登場して、ウェルテルと同じような体験をしていくので、今となっては内容がごちゃごちゃになっていてうまく思い出せない😅
原作は書簡小説なので、作中でよく書いていた手紙がそれだった、みたいなストーリーだったような気がしないでもない💦
はらっぱで寝そべるシーンが印象的| ε:)_🌱
見所はやっぱり玄関先で突っぱねられるストーカー化したゲーテくん🙄
こんな感じで、同じ三角関係を描く名作、「こころ」も映画化して欲しい🤔
出版当時はウェルテルのせいで拳銃自殺が流行ったそうで、冥福お祈りを兼ねて3.2点
qwerty6

qwerty6の感想・評価

4.0
Johann Wolfgang von Goethe(1749-1832)
「若きウェルテルの悩み」は、ゲーテの実際の経験に基づいて描かれているようで、私小説っぽい。
ドイツの18世紀末のイメージが再現せれていて良い。
ただゲーテが少しイケメンすぎるかも!?
kalitan

kalitanの感想・評価

3.7
この映画を見て、ゲーテのイメージが俄然良くなった。明るい青年と娘のオーソドックスな恋の物語。爽やかな青春映画。
これまで避けてきた「若きウェルテルの悩み」を読んでみたくなった。
era

eraの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

皮肉な運命

ロッテを所有できたなら、文才がここまでの満開を誇るはずはなかった。ロッテと別れたからこそ、数々の美しい作品が現代に至るまで読み継がれている。二人は作品の中で、今でも同じ世界に生きている、、

そこに確かな、歴史的な信実の愛があったということだけが残っている

しかしゲーテはその人生で、ロッテを現実的に手に入れることはできなかった、、

僕は男だから、ロッテに共感しながら映画を見たし、ウェルターに同情しながら小説を読んだ。
しばらくしたら、ロッテに身を預けて見直し読み直すと、もう一度違う楽しみ方ができるだろうな

「若きウェルターの悩み」を読んですぐに見れたのがまたよかった

このレビューはネタバレを含みます

ゲーテ作品には相応しくない絵図のハッピーエンドだが、喜びに溢れて気分は良い。
>|