ゲーテの恋 〜君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」〜の作品情報・感想・評価

「ゲーテの恋 〜君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」〜」に投稿された感想・評価

Stayc

Staycの感想・評価

3.5
『若きウェルテルの悩み』のもとになった、ゲーテ自身の切ない物語(脚色はある模様)。風
景・町並み・ファッション・生活・文字……情景がすべて美しく没入できた。こういうのは映画ならではの醍醐味。
普段の自分なら進んで見ないが、たまにこういうのもよいな。

劇中で使われていたフォントが気になった(Zapfino っぽい?)
あと劇中で「oe のゲーテ」みたいな呼び方があったが、もしかして「普通のゲーテさん」は "Goethe" ではなく "Göthe" と綴る方が一般的なのかな?
なつん

なつんの感想・評価

4.4
ノーマークで、思いつきで手にとった1本だったのだけど、こういう出会いもあるものね、と嬉しくなるほどいい映画だった。

かつての学友が言うように「世界一陳腐な物語」なのかもしれないけれど、それが世間に響いたのは、ゲーテを一躍有名にさせたのは、紛れもなくその中に真実が織り込まれていたから。情熱的な愛がひたひたと注ぎ込まれていたから。

シャルロッテと結ばれていたら、彼はきっと「ゲーテ」にはなれなかった。彼女は最後にふたつ嘘を残して去ることで、彼を後世何百年と語られる文豪に育てた。それこそが彼女がゲーテを心底愛した何よりもの証拠だと思う。
noblux

nobluxの感想・評価

5.0
この映画のゲーテが実際にあんな性格なら、凄い好感を持てる。俺たちとほとんど変わらない人間味ある青年だったんだな。けど誰よりもロマンチストで愛情に満ち溢れた人だったに違いない。
Sweetie

Sweetieの感想・評価

3.0
ゲーテ、堅物じゃなくて、やんちゃなところもあるところが良き。

ロッテ...うーん、本人も好んでそのような生き方をしたのではないんだとは思うけど、やはり残念だったなぁ。
wagata

wagataの感想・評価

-
観ている人も少ないし評価も高くないけどかーなり良い映画でびっくりした。
若きウェルテルの悩み読み返さねば。
ゲーテ原作
まんがで読破シリーズを最近読破していってるわけだが、一番気に入った作品が若きウェルテルの悩み。
なので映画も見てみた
papapaisen

papapaisenの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

なんて美しい話なんだ!
私はゲーテを今まで知らなかったが大好きになったよ!すてきすぎる彼の愛は!
でも結局は叶わないんだね悲しいよ
美しい映像とストーリー

音楽やってると、音楽家や芸術家の生い立ちにとても興味が湧くので、こちらを手にとってみた!
ゲーテが詩の歌曲は沢山あるので、単純にどんな人で、なんでああいう歌詞が書けるのか知りたかった!

やはり、芸術も文学も愛から生まれるものなんだなぁ…とつくづく感じさせられる一作でした。

若きウェルテルの悩み
ちゃんと読んでみたいです。
脚本の構成、内容がとても素晴らしい。
カメラワークもみる人を夢中にさせる良い撮り方をしている。
バッドエンドかと思いきや、どんでん返しのパッピーエンドも心踊らされた。

(授業の教材にて
Mii

Miiの感想・評価

4.2
近くのレンタルショップをはしごし、2軒目でようやく発見、さっそくその日に見始め、大号泣のうちに見終わった。
やはり映画よりも小説の方が心に響くものが大きかった。
ゲーテ、天才。彼の書くものには熱がこもってる。彼の詩はよく歌曲にも使われてて、前から興味があったけど、今回これらの作品に触れて、ますます気になりはじめた!
>|