共犯者たちのネタバレレビュー・内容・結末

共犯者たち2017年製作の映画)

공범자들/Criminal Conspiracy

上映日:2018年12月01日

製作国:

上映時間:105分

4.0

あらすじ

「共犯者たち」に投稿されたネタバレ・内容・結末

思い出したのは籾井元NHK会長の
「政府が白と言うものを黒とは言えない」発言と、
同じくNHKの制作局文化・福祉番組部解体のニュース。

韓国ほど露骨にではなくとも
日本でも類似した政治介入が行われている。
韓国では反対デモやストライキが起きているが
日本でそんな話はとんと聞かない。
日本もよりひどい状況に陥ったら
当事者や市民が立ち上がるのかといったら、
それも期待はできないだろう。

終盤に社内で「社長辞めろ!」と叫ぶ動画を
フェイスブックにアップした人の嫁の発言が
日本の空気に近いだろう。
変人と思われてクビになって終わる。
日本だとそれプラス世間様の目も冷たくなるだろう。
しかもタチが悪いのは、
自分と違う意見だから冷たい目で見るのではなく、
騒ぎを起こしたから冷たい目で見る点だ。
韓国ではどうなんだろう。
同じようなものなのだろうか。

映画のラストののち、
本作監督は社長としてMBCに復帰した。
革命成功。万歳万歳。
心底めでたいことだが極めて稀な事例では。

権力側は独善的で横暴になるものということを前提に
市民が声を上げやすい空気を作っていく必要を感じる。
右も左もレッテル貼りや揶揄に
終始しがちだからおかしなことになる。
声を上げる自由と権力監視の大切さは
セットで考えたほうがいい。

テレビ局が本当にやりたい/やる必要があると
考えるならば「おはよう大統領」があってもいい。
但し「PD手帳」も併存してこそ。
図書館のようにどちらの意見も置いてある、
どちらの意見にも自由に触れられて、
自分の中の考えを作っていける環境こそが
健全なのではないだろうか。

「マスゴミ」という右も左も使う言葉は
バカなレッテル貼りでしかない。
現場がやりたいことを上がさせないなんて
どんな仕事でも極々普通にあることだ。
くだらないレッテルを貼ることで
現場を収縮させたりやる気を削いだりしても
権力側しか得をしない。
こんな幼稚な悪口で権力側は動いたりしない。
ましてや現場の末端で汗している人たちに
投げつけるのはバカのストレス解消でしかない。
闘う相手/闘う方法を間違ってはいけない。

多くの人の強制退職が無効との判決が出たとあった。
とても喜ばしい判決。
韓国も日本と同じく三審制であるらしい。
日本は地裁は真っ当な判決を出すことが増えているように思うが、
高裁や最高裁でひっくり返ることが少なくない。
なので、どの段階での無効判決なのか、
その判決について検察の控訴があったのかが気になった。
青瓦台とか公営放送局とかテレビ番組名とか国事情を知らないとわかりにくいけど、政府によるメディア介入がリアルに観れる、もうアスファルトでベーコンが焼けるニュースしか信じない!
@Amazon prime
2020.05.10

観たかった作品。
見過ごすことや無関心であることは、受け入れることと同じである。
ジャーナリストは勿論、国民達が立ち向かい続けたからこそ、歴史が動いた。
今の状況は他人事には思えないのではないか。

監督は、のちにMBCの社長になったとのこと…!

◉メモ
https://miyearnzzlabo.com/archives/58661

(書き起こしサイト自体は、TBSと町山氏も公認とのこと)
U-NEXTの無料期間に自動付与されるポイントを使えば無料で見れた!

正直、本作を観て、言論を弾圧することがここまで簡単であることにショックを受けた。ジャーナリズムはここまで脆いものなのか。

報道の是正・公正という名の政権によるメディアへの介入と言論弾圧。
報道機関の上位組織を権力者に都合の良い者で埋め尽くし、報道機関の人事権を掌握し、トップから報道機関内を掌握していく。報道会社の社長の人事権限を持つ放送文化振興会のトップに政権側の人をおき、さらにその会の幹部までも政権側の人間で埋め尽くす。
対抗された場合は、都合の悪い者を警察と検察の力をもって排除。
徹底した弾圧により、抵抗する者も家族や仲間の危険を回避するために屈してしまう。そして、抵抗する僅かな記者たちには、狂人・悪人のレッテルを貼り排除する。
アナウンサーや俳優などの政権に都合の良かったり繋がりのある有名人のメディアへの登用。印象操作。

こうすれば、言論弾圧は容易に達成できてしまう。

言論の破壊は、国をも破壊してしまう。この責任を取ろうとする者は、誰もいない。
報道機関は、政権の暴徒を無視するということにより、共犯者と成り下がる。

だからこそ、メディアや主権者たる国民による権力者の監視が必要不可欠なのだ。

本作では、ジャーナリズムの死・言論弾圧を象徴するような出来事が起こる。セウォル号沈没事故の誤報報道だ。
セウォル号沈没事故の報道において、報道各局が現場記者の言葉を無視し、「全員救出完了」と誤報を大々的に報道した。現場記者は上に誤報であることを報告するも、上の人間はそれを無視し、政府の大本営発表を垂れ流すのみとなっていた。
その結果、現場の捜索隊は上からの指示で何も出来ず、救助が大幅に遅れ、沈没する船に取り残された304人が死亡・行方不明という大惨事になってしまった。
我が子を亡くして憤る遺族に対して悪態をつき、さらに、政権は救助出来なかった責任を現場の捜索隊に押し付け、報道機関KBSの当時の社長は誤報の責任を部下の報道局長に押し付け辞表を出させて記者会見で謝罪させた。この姿勢は、事故と同じくらい最悪だ。
(当時のKBS社長は、報道局長に辞表を出せとは言っておらず、「自分で判断しろ」と指示したと認めている。)
また、「交通事故では毎年6000人も死んでるんですよ。」などと遺族に実際に言ってしまったこととか、どうかしてる。頭がおかしい。後に、不適切な発言だったと謝罪してはいるが、上からの指示による表面的なポーズに過ぎないところも醜悪。

セウォル号、全員救助の誤報謝罪 韓国記者協会、沈没から6年
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020041601001872.html
"韓国の複数のメディアは事故当時、不確かな話や他メディアの報道を確認もせず、誤報を連発した。当時の朴槿恵政権が救助の方針も立てていなかった時期に「渾身の救助作業をしていた」とも報じ、救助に失敗した政府の責任回避を手助けしているとの非難が噴出した。"

沈黙しないことに、意義がある。権力者たちが不正を働いているときは、声を上げ続けよう。

本作の最後に挙げられる懲戒されたジャーナリスト一人一人には心から敬意を。


改めて、『バイス 』のインタビュー時のアダム・マッケイ監督インタビューは必見!!
https://www.youtube.com/watch?v=OaZnOKtN70U

本作の関連作品として、アメリカのイラク戦争開戦のウソを暴いた『記者たち』も必見!!

韓国は、このようなドキュメンタリーを公開できるだけ、まだマシになったのか。それは、権力者に対抗したジャーナリストの皆さんのおかげ。


日本は大丈夫だろうか。他人事じゃない。
29本目(11)
政権によってメディアが乗っ取られる。日本も似たような現実がある。しかし両国で立ち向かう姿勢が全く違う。韓国はメディアが一致団結して表現の自由を死守するために政権に立ち向かう。一方の日本のメディアは政権に忖度する。
日本もこんなになっちゃってるのかね?
追及発信し続けることだけでなく、政権が変わったから、露になるところもあるんだろうなぁ。
テレビからネットに流れが変わろうてしてるとき、これからどうなって行くんだろう?
政治権力の手下となった韓国の二大テレビ局(MBS、KBS)が如何に偏向・誤った報道を繰り返し、糺そうとする記者やプロデューサー達を解雇・左遷した様を、解雇された側から描くドキュメント。まぁ酷い現実、これが民主国家なのか…と言いたくなる。権力を得た者達が、政権が移行してもその座に君臨している、というのが何とも歯痒い。権力者にとってマスコミ操作は魅力的なのでしょうね。これに比べたらまだ日本はマシだと思えてくる。
最後まで面白く見たが、権力側の言い分が殆ど撮れていないのが気になった。見方によっては労使間の闘争録みたいな狭い感想も浮かんでくる。それは、本当のワル(政権側の人間)が殆ど出てこないから。新聞はどうだったのだろう?所詮はテレビの話?みたいな疑問もある。ま、私の前知識が無いのが原因なのかもしれないが…