三屋清左衛門残日録 完結篇の作品情報・感想・評価

「三屋清左衛門残日録 完結篇」に投稿された感想・評価

邊見猛

邊見猛の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

 みどころ1⃣︰BSフジテレビ・開局20周年・特別番組❢❢。主演・北大路欣也,原作者・籘澤周平オリジナル時代劇4作品を,放送いたします❢❢。❶幼き頃からの,友達との再会&❷稚き頃からの,友達との再会,小料理屋の女將さんである,おみさ【みさこ︰麻生祐未】との,❶仄かすぎる恋心&❷仄かすぎる恋路❢❢。お家騒動の結末や,如何に??。18︰00〜19︰55にかけて,放送いたします❢❢。どうぞ,お樂しみに❢❢。
 あらすじ1⃣︰❶樂隱居生活に狎れ始め&❷樂隱居生活に慣れ始め,日々の日常生活の暮らしを愉しみ始めた三屋清左衞門【北大路欣也】のもとに,ある日,❶幼き頃からの❝刎頸の交わり❞または刎頸の友&❷稚き頃からの❝竹馬の友❞である,大塚平八が訪ねてくる❢❢。大量の汗をかきながら家老への仲介を願う平八の頼みを清左衞門は快く承諾するのだが,そこには平八の1世1代の大勝負がかかっていた❢❢。さらにもう1人,今は❝❶零落&❷落魄❞した旧友である,金井奥之助と❶偶さかにして再会した&❷適さかにして再会した清左衞門❢❢。自らの不遇と境遇を嘆いているばかりの金井奥之助から,磯での釣行に誘われ≒礒での釣りに誘われ,お出掛けになる清左衞門だったが,そこで予期せぬ出來事が起こり……。清左衞門と町奉行所のお奉行である佐伯が,足繁く通い詰める小料理屋『涌井』にて❢❢。女手1つで店を切り盛りする女將さんの≒ママさんの,おみさ【みさこ︰麻生祐未】の処へ,かつての情夫である❝ヒモ❞が金錢をせびり取りに現れた❢❢。そのピンチを≒その窮地を救ってくれた清左衞門に,これまでの人生の経緯を問わずして語る,❝問わず語り❞に話すおみさ❢❢。次第に2人の真心の距離は,縮まってゆくのだった❢❢。そんな最中で,江戸の上中下の3屋敷で藩令と&藩主の≒藩知事の&県知事の弟君,石見守が急逝したとの訃報が届く❢❢。きな臭さを感じ取る清左衞門のもとを,程無くして用人の船越憙四郞が訪れた❢❢。❝藩の政を為すは,人にあり❢❢❞を標榜しながらこれを掲げて,❶汚職を糾彈する手助けを&❷腐敗と墮落しきった手助けを頼まれた清左衞門は船越と行動をともにして,海坂藩の筆頭家老である,朝田弓之助【金田明夫】と対峙する……。生老病死の世界である,孤独と老いと謂れる,この世の現実世界に真っ正面から向き合って日々を,❶ガチンコで≒ガチで生きようとする&❷真摯に生きようとする&❸真劍に生きようとする清左衞門❢❢。清左衞門の日常生活は,諸行無常でまだまだ続きます❢❢。三屋清左衞門の日記に記された最後には,このように締めくくられておられました『日が殘りて昏るるに,未だ遠し』❢❢ーーー。
邊見猛

邊見猛の感想・評価

5.0
 みどころ︰シリーズ2作目❢❢。出演・北大路欣也,原作・籘澤周平の時代劇❢❢。幼き頃からの御友達との再会,小料理屋の女將みさとの仄かな恋心&仄かな恋路❢❢。お家騷動の結末は??。珠玉の作品が❝4K映像で❞再び登場いたします❢❢。21︰00〜22︰55にかけて,BSフジ4Kシアターで,放送❢❢。
原作・藤沢周平の同名小説のドラマ化・・前回の後編(完結篇)です。


御家騒動はどうなっていくのか⁉︎・・その前段での数々のエピソードを加えながらのストーリー展開です。


奉行との酒の席、茶の席での料理シーンが好い(池波正太郎の小説では頻繁に出てくるが・・)

本筋の派閥争いは今も昔もサラリーマン社会にはよく有る話です・・宿命とも言えるものです。


御家騒動勃発・・どうする⁉︎・・三屋清左衛門の殺陣

最後は料理屋女将とのラブロマンスかっ⁉︎


藤沢周平の小説は面白い。
後半に高橋ひとみ様が出てない!残念…

BSドラマ?なのかな。前後半構成でたっぷり尺とっての原作映像化。NOT短編、NOT町民ものだから武士の活躍の場が充分にある、そこに北大路欣也。ブレない重鎮。ブレない顔面。

ま、物語は心配ないのよ。藤沢周平の海坂藩。これもブレない。

今作、麻生祐未が非常にイイの!藤沢周平作品の「行間に潜むエロチシズム」が全部彼女に凝縮されてる。主人公の清左衛門が隠居じゃなかったら絶対ヤッてるパターン。というかね、ラストの橋の上のシーンはただのラブシーンじゃないから。あれセックスシーンだからね!いわゆる。

あ…優香の存在忘れてた…彼女は陽のほう。
KUBO

KUBOの感想・評価

3.0
「三屋清左衛門残日録」新作完成披露試写会にて鑑賞。

「老いること、これ即ち、生きること也」

「完結編」も豪華ゲストとのエピソードを連ねつつ、前編から続く事件の解決はラスト40分。陰謀が暴かれるのも、チャンバラも、かなりあっさりしているが、あえてそれを狙ってるんでしょうね。個人的にはもう少し盛り上げてほしかったけど。

小料理屋の女将役の麻生祐未が艶っぽくていいな〜。ラストで秘めた恋心をぶつけるシーンなんてじ〜んときちゃう。こういうのに日本人は弱いんだよなぁ。

最近はソフトバンクのお父さん(犬)とか、何でもやってる北大路欣也だけど、映画俳優を映画俳優らしく撮ってくれる作品が少なくなってきている中で、時代劇専門チャンネルと東映が組んで作るこういった作品があることは実に良いことだと思う。

あなたにおすすめの記事