恋は雨上がりのようにの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

恋は雨上がりのように2018年製作の映画)

上映日:2018年05月25日

製作国:

あらすじ

高校2年生の橘あきら(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。 偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の近藤正己(45)だった。それをきっかけにあきらは、ファミレスでのバイトを始める。 バツイチ子持ちでずっと年上の近藤に密かな恋心を抱いて…… あきらの一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない近藤。しかし近藤へ…

高校2年生の橘あきら(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。 偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の近藤正己(45)だった。それをきっかけにあきらは、ファミレスでのバイトを始める。 バツイチ子持ちでずっと年上の近藤に密かな恋心を抱いて…… あきらの一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない近藤。しかし近藤への想いを抑えきれなくなったあきらはついに近藤に告白する。 近藤は、そんな真っ直ぐな想いを、そのまま受け止めることもできず―― 真っ直ぐすぎる17歳、さえない45歳。ふたりに訪れる、人生の雨宿りの物語。

「恋は雨上がりのように」に投稿された感想・評価

いし丸

いし丸の感想・評価

3.5
思っていた映画と全然違った。きゅんきゅんする恋愛映画を期待してみたが、ときめくわけでもなく高校生らしい悩みが詰め込まれた映画だった。所々で笑わされた。疾走感のある走りのシーンすごく好き。
あら松

あら松の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

とにかく絵になる小松菜奈が500回くらい出てくる。
これ合法なの?ってくらい爽やかに艶めかしい小松菜奈を鑑賞できて、とにかく小松菜奈のミューズっぷりが素晴らしい映画。小松菜奈は絵画。

内容も、恋愛映画を装った失意の者達が互いの背中を押し合う再生の群像劇で、若い子も、大人も、この映画を観る価値がある。
ファミレスの冴えない店長も、夢を諦めた女子高生も、極めて小規模かもしれないけど誰かのヒーローになり得る。
ひとかどの人物になることを志したけど、結局何者にもなれない、自分には何もないと"自分でそう決めたのならいつか懐かしむことが出来る。でもただの諦めなら立ち止まったままになってしまうんじゃないかな"

タイムリーにも「万引き家族」に繋がる。

惜しむらくは、原作の要素を抽出しただからだろうけどあんまり活かせてない要素を感じたとこ。片思いの金髪少年とか、逐一絡んでくるからサブプロットになるのかな、と思ってたら殆どただの賑やかしで終始してしまっていた感。
ひへの

ひへのの感想・評価

1.5
冒頭の胸が高鳴るスタートダッシュのシーンがよかった。キャラクターは原作漫画に忠実にイメージ通り再現できていると思った。この設定(女子高生が一回り以上歳上の男性に惹かれる)はファンタジーではなく意外にあるのでは?どちらかといえば淡い、綺麗なままで終わってほしい。

このレビューはネタバレを含みます

小松菜奈の可愛さがハンパじゃない。
ファミレスのバイト店員が店長に恋をするってゆう内容。うまく想いを伝える方法がわかんなくて、直球勝負一択で店長にアタックを仕掛ける不器用な小松菜奈、、うーんもう、好き!!

キャスティング最高!って思う理由はコマツナパワーだけにあらず。
年端もいかない高校生に好かれた冴えない店長はオロオロするんだけど、
大泉洋、このオロオロ芸が上手い。
想像できるでしょう、水どうで培ったイジられ職人の離れ業が。もう大泉洋でシナリオを当て書きしたとしか考えられない。絶妙なユーモアが実現されてます。

珍しいなと思ったのは観客のターゲット。10〜30代の男性はコマツナちゃんにキュンキュンするだろうし、高校生くらいの女子に好かれるってゆう展開のあたり、40代以上の男性も見たらハマるんじゃないかと思う。

恋愛モノって10〜30代の女性とかをターゲットにしたものが多いのに、この作品は幅広い年代、しかもオッサン世代も楽しめんじゃないのかな。

僕はもう一度観に行くのも全然あり。コマツナを見るために。
かるび

かるびの感想・評価

4.0
恋愛映画の装いとは裏腹に、わりと青春映画寄りの仕上がり。
原作やアニメ版であったのような「やだぁ〜胸キュンっ♪」的なところは要所要所に凝縮。
とっても見やすかったし、クスリとくる部分も多く楽しめました。

何より今作は曲でしょう!
爽やかでキャッチーで、かっこいい。
帰りの電車で即買いです笑
Lumiere

Lumiereの感想・評価

4.0
人生では自分の意志でどうにかできる部分とできない部分があって、もちろん前者が大切なのは当たり前なんだけど、後者が持つ引力の大きさは前者の比べ物にならなかったりする。というようなことがかなり上手に描かれていた。映画館で見たい作品だと思った。
本当に面白い映画だった。やりたいことがあるってとってもすてきだし、高校生って青春なんだなって思えて、やりたいことを見つけたいって思えた映画。
アサコ

アサコの感想・評価

4.5
とっっっても良かった!
始まってすぐ軽やかなピアノのメロディをバックに小松菜奈が画面を駆け抜けていく。
この疾走感。
一気に作品の中に引き込まれてしまいました。
原作は未読なのですが絵柄を見る限り小松菜奈ちゃんぴったりだなー!と。
大泉洋もまさに適役だったと思います。
高校生が惚れうるおじさんとして微妙かつ絶妙なラインを見事に体現していたなーと。

ストーリーもすごく深かった。
深いというか学生時代を終えた今だからこそ沁みるというか。
あきらの店長に対する感情をうまく消化してくれた展開に非常に満足です。
ラストで涙ぐみながら「店長」と声をかけた小松菜奈の演技がとても良かった。

子どもが大人の優しさに触れ成長していく、大人もまた自分より下の世代から得るものがある、恋愛という枠を超えて人と人が関わっていく中で人間として深みを増していく。
夢に向かって走り出した2人が愛おしい。
あきらのライバルの倉田みずきの存在も
とても良かったですね。
山本舞香ちゃんの気の強そうな感じ最高でした。

BGMがめちゃめちゃ良かったので思わずサントラ買ってしまいました。
雨ばかり降っているのに爽やかで心が晴れ晴れする作品。

このレビューはネタバレを含みます

日本の高校生の夏。息を吸うと雨の日の湿った青臭いにおいがしそうなくらい眩しくて懐かしい気持ちになった。
走るシーンの気持ち良さすごい

大泉洋演じる店長がこんな…こんな人いる…?と思いながら、女子高生に好意を寄せられたおじさんの大大大正答というかこれがみたかったんだよ、、って思った。
もちろんロマンスというかフィクションとして年上の男性に惹かれて翻弄されて想いを伝えて、というお話はめちゃくちゃかわいいし好き。
だけど、好かれた側として気持ちは嬉しいし君に感動を貰ってるのは事実だけど君には他にもたくさんやりたいことがあるんじゃないかって言える…?それも詭弁でなくて恋以外のものに惹かれていることを店長が見抜いた上で言ってるからこそ説得力がある。馬鹿にしないし弄んだりもしない真摯な描き方に感服してしまった、、

恋模様もすごく好きなんだけど、喧嘩中の友達のことについて、そう決めたなら懐かしいなと思い出せる日が来るのかもしれないけれどただの諦めなら立ち止まったままになってしまうんじゃないかな、のセリフとか。
もがいてもがいて前に進もうとするのは未練じゃなくて執着っていうんだとか。
身につまされるようなことも多くて観ていてむずがゆくなってくる感じ。いい意味で。

来月のシフトも、再来月もその次も、もう入らなくていいよ、の突き放し方というか背中の押し方がすごく好きで悶えた。
ラストシーンのあとフロントメモリーが流れたところでうわーって泣けてきた。懐かしさとか切なさとか悔しさとか色んなものが押し寄せた。自分の高校時代のクソ暑い真夏の部活とか悔しかったこととかたくさん。「がんばれないよ がんばれないよ」の歌詞でもう嗚咽が止まらん。隣の人もすごい泣いててわかるよ…って思った…
わたしこの映画めちゃくちゃすきです!!!!!ありがとうございました!!!

小松菜奈ちゃんスタイルめっっっっちゃいい…脚ほっっっそ…
あとロケ地が出身に近いから知ってる電車が走ってたり見たことのある景色だったり駅名だったり、そういうのもめちゃくちゃ感情移入してしまった理由の一つだと思う…高校生のとき桜木町で好きな人とデートしましたわ…懐かしくてつらいです…

ただ途中の関西弁の女の子とか作家のお友達とかビジュアル的にもキャラ的にも突然濃くなってびっくりして集中が途切れた…!!
ののの

のののの感想・評価

4.0
レディースデイだし、学校早帰りだし、
雨の日だし…ちょうどいいかなと思って観に行きました( ¨̮ )

原作に忠実でとても良かったです!