恋は雨上がりのようにの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

恋は雨上がりのように2018年製作の映画)

上映日:2018年05月25日

製作国:

3.9

あらすじ

高校2年生の橘あきら(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。 偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の近藤正己(45)だった。それをきっかけにあきらは、ファミレスでのバイトを始める。 バツイチ子持ちでずっと年上の近藤に密かな恋心を抱いて…… あきらの一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない近藤。しかし近藤へ…

高校2年生の橘あきら(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。 偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の近藤正己(45)だった。それをきっかけにあきらは、ファミレスでのバイトを始める。 バツイチ子持ちでずっと年上の近藤に密かな恋心を抱いて…… あきらの一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない近藤。しかし近藤への想いを抑えきれなくなったあきらはついに近藤に告白する。 近藤は、そんな真っ直ぐな想いを、そのまま受け止めることもできず―― 真っ直ぐすぎる17歳、さえない45歳。ふたりに訪れる、人生の雨宿りの物語。

「恋は雨上がりのように」に投稿された感想・評価

『青春ドラマ改め、人生ドラマをあなたへ』
まさかバイト先のおじさんに恋する女子高生の話が、こんなにも奥深く自分を勇気付けられるものだとは予想の斜め上を行く出会いでした。

雨の音も物語も地に足がついている。フロントメモリー、即ウォークマン入りです。
あれ?小松菜奈と付き合ってるんかなってほんまに思いました。ごめんなさい床舐めるんで付き合ってください。
kiichan

kiichanの感想・評価

4.2


オープニングから
永井ワールド全開な印象でした。
原作を忠実に再現されていて
個人的には、再現度に感動しました。
キャストも、原作から
そのままでてきたんじゃないかって
くらいの方ばっかりで、、、

観終わってもすっごく清々しい
爽やかな気持ちになれる映画です。
そして主題歌のフロントメモリーが
頭から離れなくなります。笑
とん

とんの感想・評価

4.2
オープニングのわくわく感が凄い。
オープニングだけ何回も見たくなってしまう。
ウメ

ウメの感想・評価

4.5
いやーーー面白かった!!冒頭の疾走感が最高!!始まった瞬間、あっこれは絶対面白いやつだって思った。

小松菜奈ちゃんと大泉洋のキャスティングも完璧。小松菜奈ちゃんの走る姿が美しすぎるし、大泉洋のただのおじさん感、というかただの大泉洋感が最高。

女子高生とおじさんの恋愛ってことで避けてる人はもったいない!
とっても爽やかなお話ですよ〜

夢を追うことを諦めた2人の、人生の雨やどり。
snicky

snickyの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

小松菜奈を観る映画ですね!!でも音楽もよかった。そして店長がそのまま分別のある大人として描かれていて安心した…でも大泉洋じゃないんだよね〜〜〜〜〜〜

あと濱田マリはやっぱりどハマりだしキャラもそのままで良かったけど吉澤はもっといいヤツだぞ!!怒
mi

miの感想・評価

3.8
雨が降るたび 貴方のことを好きになる
原作に負けず劣らず 真っ直ぐな映画だった
モヤモヤしていた気持ちを全部晴らしてくれる
何歳になっても青春は存在するんだ
49

49の感想・評価

4.3
店長に関するちょっとしたことで一喜一憂するアキラちゃんが可愛すぎる。
じゅぺ

じゅぺの感想・評価

4.2
恋は雨上がりのように、大傑作。部活を離れた女子高生と、さえない中年店長。挫折を経験したふたりのしばしの"雨宿り"。少女は目の前しか見えないからこそ苦しみ、店長はたくさん経験を積んだからこそ、限界を知り、諦める。ふたりが互いを高め合い、一歩外へ踏み出した時の空が高く、爽やかで美しい。

小松菜奈、"冷たそう"っていうパブリックイメージそのままに。見た目は大人っぽく、しかし、中身はまだまだ高校生。なにをしてもどこかぎこちないけど、だからこそまっすぐで純な気持ちが伝わる。大泉洋のくたびれ感もよい。松本穂香は脇役ながら存在感抜群で、今後のブレイクに期待がもてる。

"君はいつも雨のときに現れるんだね"。やはり、あきらがバイトで働き、店長が仕切っているファミレス"ガーデン"は、雨宿りの場所だと思う。挫折の経験という人生の悪天候に、突如現れたあたたかく迎えてくれる場所。あきらは雨宿りの場所はここしかないと思ったのかもしれない。でも、そうじゃない。

本当は雨でびしょ濡れのあきらを迎えてくれる場所は、たくさんあるんです。それはいつもリビングで仕事をしているお母さんが待つ自宅かもしれないし、幼なじみが練習に打ち込む部活かもしれないし、本人も知らない、もっと遠くにあるのかもしれない。あきらがこれに気づけたことこそ、財産なのだ。

店長もそんな彼女のアピールを受けて困惑し、正しい方へ導こうと悩んでいるうちに、自分の人生についても考えはじめる。置いてきた青春にふたたび向き合う。雨が止み、晴れた空がとっても広い。タイトルの通り、この映画は空がキーになるけど、あきらを照らす朝日は特に美しかった。前向きなれる傑作。
このような形の恋も良いなぁと思った
年の差なんて関係ない、とキッパリ自分の意思を言える橘あきらはとてもかっこよかった
しかも!しかもなんと言っても、原作とキャストがマッチしすぎてそこも感動した!
まんまやな、となりましたねぇ