恋は雨上がりのようにの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

恋は雨上がりのように2018年製作の映画)

上映日:2018年05月25日

製作国:

あらすじ

高校2年生の橘あきら(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。 偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の近藤正己(45)だった。それをきっかけにあきらは、ファミレスでのバイトを始める。 バツイチ子持ちでずっと年上の近藤に密かな恋心を抱いて…… あきらの一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない近藤。しかし近藤へ…

高校2年生の橘あきら(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。 偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の近藤正己(45)だった。それをきっかけにあきらは、ファミレスでのバイトを始める。 バツイチ子持ちでずっと年上の近藤に密かな恋心を抱いて…… あきらの一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない近藤。しかし近藤への想いを抑えきれなくなったあきらはついに近藤に告白する。 近藤は、そんな真っ直ぐな想いを、そのまま受け止めることもできず―― 真っ直ぐすぎる17歳、さえない45歳。ふたりに訪れる、人生の雨宿りの物語。

「恋は雨上がりのように」に投稿された感想・評価

しん

しんの感想・評価

4.0
一見邦画にありがちなただの年の差恋愛の映画と思いきや恋愛を隠喩にもっと大切なことを教えてくれた良作でした。
MAYAMO

MAYAMOの感想・評価

5.0
漫画とは違うけど、小松菜奈ちゃんの透明度に涙がでた。
大泉洋に嫉妬しまくった。
神聖かまってちゃんのフロントメモリーすんごい編曲されてたし、歌ってる人も違った。
青春要素もありクスクスもありでおもしろかった!
小松菜奈が画になりすぎてそれだけで💯
まおみ

まおみの感想・評価

3.2
磯村勇斗がやばい!
原作見てないからよくわからないけどまあまあ面白い映画でした。
大泉洋さんさすが小松菜奈ちゃん可愛い
超絶美少女女子高生がガンガンラブアタックして来るのを、バツイチ45歳ファミレス店長が必死に防衛する、前代未聞のラブ・バトル・コメディでした。

中盤物凄い勢いで回るイスの演出が、シンゴジラで本部を捨てる際のイスの回転以上の速度で回るのですが、爆笑必至です。

全編とにかく映像が美しく、小松菜奈さんが透き通るような美しさでもはや同じ人類なのだろうか。

てか、ほんとに、小松菜奈さん美少女すぎでは?

神秘的すぎてそれだけでもう奇跡のような映画なんだよこんにゃろめ!

冒頭のガンガン迫る移動撮影、ラストのクロースアップ等、演出も大変素晴らしく、物語も相まって快晴のような爽快感のある映画です。

物語とは本当に人類の最高の発明の一つで、今私もどうも恋愛で行き詰まっているのですが、本当に自分のやりたかったことをやったり、問題になっていることに向き合っていかなきゃいけないという事を、爽やかに知ることができました。

恋愛は自分と向き合うチャンスでもあるのですね。

上手くいかないほど、頭がフル回転して、嫌でも考えることになるので。
cagesv

cagesvの感想・評価

4.5
素晴らしい青春映画だった。
小松菜奈ちゃん演じる17歳目線での青春劇であるのはもちろん、大泉洋さん演じる45歳目線での青春劇にもなっている。観る人の年令によってどちらの立場からでも観られる良質な物語。

原作は読んだことないけど、誠実な脚本だったし、ちゃんと笑えるとこが何箇所もあって役者の巧さと相まって素直に楽しめました。

陸上部員の描き方も素晴らしい。
オープニングの小松菜奈の走り、競技会の走り、そしてなによりライバルを演じる山本舞香の四肢の躍動感!

ポスタービジュアルのソフトな色使いからは想像できない攻めた画面作り、観てる人の呼吸まで計算してるかのようなテンポの良いカメラワークも青春感を加速してました。

そして何より役者が良い。

新世代の吉瀬美智子的な清野菜名、
同じく新世代の真木よう子的な山本舞香、
作品ごと纏う雰囲気変えていく松本穂香、
濱田マリ、吉田羊はもちろん、この作品、脇役女優完璧。

観終わった後に「いい映画観たなー」って大満足でパンフレット買いました。

青春恋愛映画としては満点の出来ではないでしょうか。
閣下

閣下の感想・評価

-
ちょっと『あなたが好きです!付き合ってください!』な告白がそのまま交際になり、ひと波瀾ふた波瀾あるけどバカみたいにハッピーエンドな恋愛映画ではない。

状況だけ見たらJKが中年男に恋をする話で、ソレに対してライバルが出るとかってベタな展開ではなく、お互いがどこかに置きっ放しになっている夢ややりたい事にキチンと気付き、ソレに向き合う為に現実的にぶつかる壁にもキチンと対処している……更に言えば叶う恋ではないが決してバッドエンドではない。
雨上がりの雲の切れ間に覗く青空や陽の光のように爽やかな後味のある良い映画だと思いました。

ちなみに、大泉洋さんが店長で、小松菜奈さんがバイトで働くファミレス……自宅から300mぐらいの場所でした(笑)
撮影してるのに気付かなかったんで、だからどーした?って話ですけどね(笑)
ak

akの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます


原作未読で、SNSで話題になっていたのとキャスト陣が好きだったので観に行きました。

恋愛映画はほぼ観ないので、いけるかなあと思いながら観てましたが、冒頭から痺れるほど弾けてる曲が流れるので、ただの恋愛映画ではないなと感じました。監督が永井監督で、帝一の國の監督なので、帝一の冒頭が好きな方はハマると思います!

作品は全体を通してみずみずしくて、ずっと爽やかでした。大泉さんが良い感じにしっかりとおじさんで、安心しました。ただのおじさんと女子高生の恋愛映画、ではないので色んな層に観てほしい作品です。
好きだからどうにか発展したい、を主軸に置いていないのと、周りがおじさんと女子高生の関係性をきちんと「気持ち悪がる」描写もあって、どこかリアルさも感じられ、冷めることなく観ることが出来ました。ただ、あきらちゃんのライバルがいかにも過ぎたのと、あそこまであきらちゃんを越えることを打倒にしていたなら、ガーデンでたまたま会うんじゃなくて、もっと冒頭から自らあきらちゃんに会いに来るぐらいのポテンシャルは欲しかったです。場面の繋ぎは、時々荒いなと感じる箇所がありました。

個人的に、店長とちひろさんのやり取りが堪らなく好きで、そこに中の人達の距離感の近さも重なって、改めてキャストが良かったと思いました。

全体を通してみずみずしく感じたのは、あきらちゃんのシーンだけではなく、店長のシーンもみずみずしく感じられ、何かに頑張る人はいつだって、何度だって輝けるんだなと思いました。

映画を観て良かったので、漫画かアニメを見たいと思います…!
haru

haruの感想・評価

4.0
きれいだった、映像もストーリーも。雨上がり、清々しくて元気になる映画。
今日は雨。観終わったらたまたま雨が上がってた
大泉洋が主演ってことで鑑賞。

原作は知らず、タイトルと予告だけやと恋愛モノなんかな〜と思いきや、全然ちゃうかった。

めっちゃアツい映画。諦めずに夢を追いかける事の良さを教えてくれる、そんな映画でとても良かった。

大泉洋と戸次さんのシーンは安心感と安定感があって良かった。

普通に続編あれば観たいぐらい、続きが気になる。