猫は抱くものの作品情報・感想・評価

猫は抱くもの2017年製作の映画)

上映日:2018年06月23日

製作国:

上映時間:109分

3.3

あらすじ

思った通りの自分になれなくて、いつしか投げやりな生き方に慣れてしまった沙織(沢尻エリカ)。元アイドルのアラサーで、今はスーパーで働く彼女が心を開くのは、こっそり飼っている、ロシアンブルーの猫・良男(吉沢亮)だけ。今日いちにちの出来事を、妄想を交えつつ良男に話して聞かせる沙織。沙織の心に寄り添ううち、良男は自分が沙織の人間の恋人で、彼女を守れるのは自分だけだと思い込んでしまう。そんなある日、沙織の…

思った通りの自分になれなくて、いつしか投げやりな生き方に慣れてしまった沙織(沢尻エリカ)。元アイドルのアラサーで、今はスーパーで働く彼女が心を開くのは、こっそり飼っている、ロシアンブルーの猫・良男(吉沢亮)だけ。今日いちにちの出来事を、妄想を交えつつ良男に話して聞かせる沙織。沙織の心に寄り添ううち、良男は自分が沙織の人間の恋人で、彼女を守れるのは自分だけだと思い込んでしまう。そんなある日、沙織の前に“ゴッホ”と呼ばれる売れない画家・後藤保(峯田和伸)が現れ、良男は沙織の変化を目の当たりにする。ある晩、良男は月に誘われるように外の世界に飛び出し、迷子になってしまい…。ゴッホや、ゴッホを慕う猫・キイロ(コムアイ)、個性豊かな猫たちとの出逢いを通じて、1人と1匹は、自分らしく生きるすべを見つけていく。 うまくいかないことの輝き。置いてけぼりをくらっている時間の豊かさ・・・。灰色の日常がカラフルに輝きはじめる、心温まる物語。

「猫は抱くもの」に投稿された感想・評価

リオ

リオの感想・評価

-
理由不明の涙がずっと止まらなくてワーーとなってしまった。私の中にこの涙の理由を説明できる言葉が今のところ無い。
とりあえずこはるをひとりにしておくのが嫌になったから二本立ての二本目を観るのはやめてすぐ帰った。
すずの

すずのの感想・評価

3.4
終始舞台調で大困惑。私は一体何を見たんだ…?
舞台好きの私としてはなんとなく得をした気分だったが、舞台上でストーリーが進むのは当たり前に、劇場を駆け回る斬新な演出には仰天ひっくり返った。
歌唱シーンがあったり、アニメーションのパートがあったり、描絵シーンにたっぷり尺を使っていたりで超絶不思議でアーティスティック。
ちなみに本物のニャンコを愛でる映画ではない。あくまで猫は吉沢亮。
そのほかクセの強い猫人間がわんさか出てきてもう何が何だか分からない。助けてくれ。
なつ

なつの感想・評価

4.0
時間潰しで気まぐれに見てみました。
人間と猫が恋する単純な話かと思っていたけれど、深い人間+猫関係が描かれていて面白かったです。

演出も舞台の上をそのまま映しているのが斬新で驚きました。ミュージカルやアニメーションも織り交ぜられていて見ていて飽きない作品でした。

少し独特なので見る人を選ぶ作品だと思いましたが、私は見て良かったと思いました。
なんでこのキャスティングなのにあんまり宣伝しないんだろって不思議に思ってたんだけど、
あ〜〜そうか、こーゆーことかとおもった。
ちょっと変化球っぽい癖のある作りなんだろうなってあらすじとか、雑誌の今月のおすすめ映画みたいなところ読んでおもってたんだった。
すごく猫飼いたくなった。すごく寂しくなった。すごくわがまま誰かに言いたくなった。人を振り回したくなった。

このレビューはネタバレを含みます

そうそう観たんだすっかり忘れてた(笑)。

セットが組み換わり場面転換されることや、猫についてはほとんど役者が演じていること(台詞量もかなり多い)等、舞台劇っぽい映画になっている。猫を演じていた役者さんたちが主人公と出会う人々も演じているのがちょっと面白かった。小林涼子さんかわいい(笑)。
吉沢亮めっちゃ顎撫でられてたけどアレくすぐったくなかったのかな…。

いろいろ悩んだり飲み過ぎたりしながら道を見つけていく主人公の話も好きだし歌うコムアイ猫も好きだし面白いと感じた部分もたくさんあるんだけど、いかんせんリアル猫の出番が少ないので猫映画を観た気がしなかったというのが本音。

それにしても『高嶺の花』といい峯田さん役得だなぁ…(笑)!
まなみ

まなみの感想・評価

4.1

映画と言うより舞台のような演出ですっごく好きな感じだった。
con

conの感想・評価

1.7
最初の方
吉沢亮くんがエリカ様に撫でられて悶える所が「うぉぉっ」ってこっちまで悶えた(笑)
※彼はあくまでも猫🐈

舞台風?だし他にも色々詰め込みすぎてひっちゃかめっちゃか感がすごかった…

これが芸能界を現してるのか?!って深読みしてみたけど消化不良。。。

峯田さんもコムアイちゃんもみんな良かったのにもったいない作品
猫はほとんど出てこないし、擬人化された猫たちの会合シーンがアングラ劇団にしか見えなくて乾いた気持ちで鑑賞してました。
なんで舞台風でやったの?
期待してたものは何一つ見られなかった。
峯田和伸の演技しか観るところが無かった。
またコムアイのPVとしてならアリ。
snowman

snowmanの感想・評価

3.0
猫をひたすら愛でる映画だと思って観るとがっかりしてしまうかも…。撮り方も舞台風?の箇所があり独特。EDの歌が良かった👍🏻
na

naの感想・評価

1.0
ぜんぜん面白くなかった、、、ハイパー眠かった、、、あれは何なんだ、、?舞台みたいだし、ストーリーもよくわからないし、、、なんか時間ムダした。。他の観れば良かったなあ、、映画って予告とか宣伝とかで面白そうでも実際観てみないとわからないから、、ね。ロマンスの交差点は耳に残る曲だった!沢尻エリカと吉沢亮くんの美しさな映画だったなあ。吉沢亮くんの猫役ほんとに猫っぽかった!でも観ながらやはり犬派だなあと思ってしまった。笑
>|