ファースト・オン・ザ・ムーン/ムーンサルト ソ連極秘宇宙計画の作品情報・感想・評価

「ファースト・オン・ザ・ムーン/ムーンサルト ソ連極秘宇宙計画」に投稿された感想・評価

実話風の嘘映画
白黒映像とかそれっぽくて楽しかったけど途中ダレて寝ちゃったな
temmacho

temmachoの感想・評価

3.5
アポロが月面着陸する遥か30年前にソ連は極秘裏に月に向かって有人ロケットを打ち上げていた…

生存しているスタッフの証言を基に、情報開示されたKGBの極秘フィルムで構成されたドキュメンタリー作品。

…風なモキュメンタリー映画。

フェイクです。
第二次大戦前にロケットなど飛んでません。

数々の動物や人体実験
低レベルなロケット製造
失敗のたびの口封じ
ソ連ならあり得そうな怖さ。

なかなか上手くできてました。
2022.03.19

すごいモキュメンタリー

おえーってなるブラックさ
昔のフィルムからつなぎ合わせて作ったドキュメンタリーと思ったが、旧ソ連の極秘宇宙計画が進められていたといった内容で製作された映画であった。
今のロシアの暴走を考えれば、非常に真実味があり考えさせられる内容であった。
2022年3月プライム見放題で視聴する。
HiroshiOku

HiroshiOkuの感想・評価

3.6
このようなドキュメンタリー映像のように見せかけて演出する表現手法を"モキュメンタリー"というそうです。勉強になりました。
とにかく不気味です。ユーモラスな表現も多々出てきますが、その悪夢のような空気感が不気味さに拍車をかけてます。
捻くれ者にはおすすめのNightmare SF Movieです。
BAC

BACの感想・評価

3.8
・レンタルDVDでは「ムーンサルト ソ連極秘宇宙計画」というタイトルになっていたが、本作のことだと思う。

・実は戦前にソ連が有人ロケットを発射していたことを、記録フィルムで追いかけていくというモキュメンタリー。

・古いフィルムと旧ソ連の白黒映画の質感・感覚を上手く再現し、全編通じてシリアスなナンセンス・コメディといった雰囲気が漂う。口元が緩んでしまったな。

・モンティ・パイソンのTVシリーズを思い出す。ガスマスクを着けたマラソンとか、監督その線を狙ってたんじゃないだろうか。

・ロケット打ち上げ場面の扇情的な音楽に、エイゼンシュタインか!?といったモンタージュ。可笑しい。

・内容もタイトルも知らずに、ついレンタルしてしまったけど面白かった。正に拾い物。

あなたにおすすめの記事