アイネクライネナハトムジークの作品情報・感想・評価・動画配信

アイネクライネナハトムジーク2019年製作の映画)

上映日:2019年09月20日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「アイネクライネナハトムジーク」に投稿された感想・評価

きつね

きつねの感想・評価

3.0
こんな優しい後味の映画をひさしぶりに見た。
社会の歯車舐めんなよ!と言える母になりたい。
すごく心がぎゅってなった。いい映画。
あの時出会ったのがあなたでよかったと思ってもらえるような人になりたい。
Ren

Renの感想・評価

-
出会いがないと言い訳をつけて、逃げている。刺さりすぎた。

たしかに自分のタイプの人と偶然出会い、偶然自分を好きになってくれるなんてないよな。

勇気をありがとう
K5

K5の感想・評価

3.2
伊坂幸太郎氏の小説は割と読んでる方なのですが、こちらの映画の原作小説は未読の状態で鑑賞しました。

ややスロースタートな映画だけどラストはすごく良くいい映画だなってのが感想となります。

恐らく原作小説がオムニバス形式になっていると思われるのですが、それらをまとめて1本の映画にしている関係上、少々まとまりが悪い感はあります。
序盤中盤に小さなオチが発生している(恐らく各短編の終わり部分)のがそれを助長してるかなと思います。
しかしながら、それらをなんとか繋ぎ合わせてラストに向けてキレイに畳んでいってるので、人によってはそこまで気にはならないかもしれません。

最終盤に各短編のメインキャラクターの結末も上手く描かれており、全体としては良かったかなと思います。
mint

mintの感想・評価

4.7
それぞれの人生が少しずつ重なり合ってて暖かい映画。
何回でも見たい作品。

ありふれた日常がすごく尊いものだったりするんだなぁって

まだそれを実感したことがないけどいつかそう思える日が来ると良いなって思った

多部未華子さんと八木優希さん、
ヤスコとヤスコで嬉しかった^^
AiFurukawa

AiFurukawaの感想・評価

3.3
良くも悪くも穏やか〜な感じ。
原作読めてないけど、漫画の方が好きだったかな。
Hiroya

Hiroyaの感想・評価

3.6
タイトルのセンスが気になったのと、原作者を知っていたのでこの映画を視聴しました。

邦画らしい作品というか、静かな環境や状況の変化の中で繊細に変化する人間模様を描いた作品。個人的に邦画に求めるものが詰まった作品でした。

クライマックスのパンチ力はもう少しあれば尚嬉しかったかなという感じでしたが、好きな俳優さん(多部未華子さん)も出ていてとても楽しませていただきました。
マークするの忘れてた〜全然内容思い出せない〜結婚焦ったら良くないということだけは覚えている。
記録!!!
多部未華子さん可愛かった!

8.8.8.9.8
やっと鑑賞。
映画見たかったけどここ数年見れなくて。
最近原作の本読んで、やっぱり見たくなった。春馬くんと多部ちゃんは永遠に推せるなあ、、( ; ; )

内容としても、とても考えさせられるもので定期的に見たくなる映画でした。
>|

あなたにおすすめの記事