アイネクライネナハトムジークの作品情報・感想・評価・動画配信

アイネクライネナハトムジーク2019年製作の映画)

上映日:2019年09月20日

製作国:

上映時間:119分

あらすじ

「アイネクライネナハトムジーク」に投稿された感想・評価

マグリ

マグリの感想・評価

3.7
今泉力哉監督、お得意の群像劇です。
出会いがテーマになっており、
出会いが人の人生を変えていく様を10年の時代経過をはさんで見せてくれます。

出会ってから時が経てば、その輝きや大切さが見えなくなるものです。
自分の人生を振り返ってみて、今周りにいる人との出会いをもう一度思い出したくなりました。

たんたんと進みがちな監督の作品の中ではドラマティックな方だと思います。登場人物がみんな愛おしくなる、人生賛歌の良い映画でした。
観てよかった〜
ラストの後半畳み掛けが
幸せだった!久留米くんカッコイー
三浦春馬がダメンズ?草食系なのが面白い
shoccian

shoccianの感想・評価

3.1
やもっちゃん、いい✨✨

淡々と進んでいくんだけど
なんかじわーっと入ってくる感じ。
244coca

244cocaの感想・評価

3.5
中々見るつもりが手が出なくてようやく鑑賞。
自分にとってはこんなささやかでも劇的ではないかもしれないけど幸せな瞬間がこれからもっとあったであろうと感慨深く見てしまいました。
すぅーっと入り込んで明るい気持ちで終わっていく映画でした。
mai

maiの感想・評価

2.6
うーん。
監督好きだから
楽しめるかなって少し期待しちゃったけど
あまりハマらなかったなあ。
仙台駅が舞台なのは良かった。
原作読みたい。
Gonbe

Gonbeの感想・評価

3.5
仙台愛に溢れた映画だった。

登場人物たちがどこかしらで少しずつ繋がっていて、相関図を描きたくなる。
大きな波風は立たないのだけど、なんか先が気になる、淡々と進むんだけど退屈しない物語だった。

あの時と同じ言葉、あの時のこと忘れてなかった、など、時を経て繋がるシーンが所々にあって、わかった時は嬉しかった。

突っ込みたいところは色々あったけど。

ただ、矢本悠馬の織田一真が自分には合わなかった。話し方やセリフが偉そうというかわざとらしいというか共感できなかった。原作ではイケメンぽいと書いてあったから、原作通りのキャスティングして欲しかったな…

それと、10年後を描くのは難しいなと、所々で感じた。斉藤さんが歌ってる歌も服装も10年前と変わらない?わざとかな。それも計算のうちなのかな?

濱田マリが数分だけど、すごい存在感。しっかり残った。もっと話を聞きたいなと思った。いい役者さん。

多部未華子のさきちゃん、普通感出ていてよかった。
三浦春馬の佐藤が頼りなくてじれったくて、それでも幸せになってほしいと思わせるキャラクターだった。
最後、自然とにやけてきて幸せな気持ちになれたのに、その後ただ泣けた…

21/5 ドリパス
たつこ

たつこの感想・評価

3.5
良い意味でほんわかした映画。

人との繋がりを大事にしよう…
Shunta490

Shunta490の感想・評価

4.9
何気ない日常にある幸せ、改めて見回したい。
主役の佐藤。下の名前は特に出てこない所が面白い。

三浦春馬のオーラの調節。
TomoHojo

TomoHojoの感想・評価

3.3
今泉強化GW。

アミューズ主導。
メジャー路線に傾倒した一本。

かなり「妄想」率は少なめ。原作ありきの映画化の為、それも致し方無しか。

ファンタジーとも捉えられそうなあらゆる人の思いが詰まった王道ラブストーリー。

10年続けて路上ライブには素直に敬意を表したい。
当たり前なんだけどその時出会ってる人とその時の自分の選択で、その先の人生に影響あるよなぁと思った。
あえて仙台駅なのが良い。

なんかぽいと思ってたら最近気づかずに今泉監督作品見がち。
>|