人間の時間のネタバレレビュー・内容・結末

上映館(4館)

人間の時間2018年製作の映画)

인간, 공간, 시간 그리고 인간/Human, Space, Time and Human

上映日:2020年03月20日

製作国:

上映時間:122分

「人間の時間」に投稿されたネタバレ・内容・結末

【ギドクの創った罪深い楽園】
もうね、ツッコミどころしかないですよ。
ヴィジュアル的には伊藤潤二先生の漫画っぽい良さもあるんだけど。
この際、日本語と韓国語を何故かお互い理解してるところは目を瞑りましょう。
グンちゃんが突然日本語を話し始めるところもまぁいいや。
飢餓状態でも太り続けてるの何?グンちゃんってもっとストイックなイメージあったんだけどなぁ。
そしてオダギリジョー先生はきっとギドクという監督の現場を見てみたかっただけよね?
ひたすら寡黙なおじいさんの行動を全て説明する藤井美菜さんも謎だったし(この方絶対ヌードNG感すごい。対する娼婦軍団の見事な脱ぎっぷりもすごい。まぁ脱げれば良いという話ではないけど)
でも、「お腹の子供は絶対守ります。」と言っておきながら「腹減った」とわがままに暴れだすグンちゃん。実に人間味溢れててそこは好きだった。まさにわがままボディ。
七つの大罪をモチーフにした宗教観溢れる作品でした。

胸糞悪いままエンドロール。足腰に力が入らないままフラフラ歩いて帰りました。
あと、手榴弾ってめちゃくちゃ威力あるのな。
ギドク作品初劇場鑑賞の歓び!
映画観た後に脳内ぐちゃぐちゃにされながら喧騒の中を歩く時間ってほんとうに宝物
と、改めておもった、そんな映画に出会えるしあわせ
言いたいことも思ったこともたくさんあるので話したい(演技演出に思うことも多々だがもはやギドクに遊ばれてたのか?とも
そう思いたいほど安易に感じられた部分があったとも言えるが、、国会議員親子の関係とか各々の性格の揺らぎとか日本人キャストの存在とか)ひとまず、劇中は入り乱れていた感情も、無機質なエンドロールが流れてきた途端にもうこの世にめちゃくちゃ笑いたくなってしまった、笑ってた、価値も秩序もうやむや、というか、なんだっけそれ、と
最終的に気楽に生きたい、とおもったのはギドクに浸かりすぎ?この気持ちは放棄なのか、諦めなのか、それでいいのか?疲れてんのかな

ギドクは本当に 未来 があると思っているのか
私たちは ただの種
かなり終盤まで、「一人くらい、船から飛び降りようとする人がいてもいいだろうになぁ」と思っていたので、意味合いは違うかも知れないが、老人の最後の行動に得心がいった。
トレイラーに惹かれて観賞。期待通り船の中でありとあらゆる人間の欲望が爆発する感じの内容だったけど、登場人物たちが皆クズ&馬鹿でどうしようもない...。

異常事態になる前からレイプ横行の船内治安悪過ぎ問題。あれは政治家やヤクザ、チンピラたちの企み通りだったのかな?

あんな柄の悪い人たちに真正面から喧嘩売りにいったらそりゃそうなるでしょうよ...とか。異常事態になってまで何故(物理的に)力のない政治家に従った挙句、銃まで渡しちゃったのかとか。突っ込みどころは多かったし、好みどストライクな感じでもなかったけど、ハラハラドキドキな刺激は味わえたので退屈はしなかった。

人間の本能だけ切り取られるとこうなっちゃうんだろうね。どうしようもない生き物だ。

それにしてもオダギリ・ジョーさんはもうちょっと仕事を選んだ方が良いのでは...無駄遣い過ぎるよ。。
スクリーン1
期待値を上げすぎていたのかもしれない。
オダギリジョーも藤井美菜も韓国語が分かる話せる前提の設定??
それなら全編字幕にすればいいのに。
でもグンソクとか所々で日本語を話す意味は???
って興醒めしてしまった。

一般人もあんなに安易にレイプに走るものなの?まだ精神的に追い詰められたような状況ではなかったはず。
ヒロインの説明するかのような台詞もわざとらしくて疲れた。
艦長ももっと強気にいけるでしょ、とか、おじいさんは見てるだけで止めないのとか、色々と何でだよーって所が多くてそっちが気になる始末。
人間のエゴや食欲、性欲、暴力性を描いているのだろうけど、ちっとも刺さって来なくてしんどかった。
ラストで服が新調されているのも謎。
あの船で生きていく意味とは??
オダギリジョーが「こうだくみ」とサインした末路が描かれている。
低脳と強姦魔まみれの船が空飛んでそのままになる話。

オダギリが政治家の豪華な食事に突っかかる。
クルージングって一律料金なのか?
客室の等級によって食事が違っているのでは?

突っかかる言葉が日本語。
政治家もその息子もギャングもみんなが日本語を理解できているし
返答の韓国語をオダギリも藤井も理解できているって
揃いも揃って堪能すぎない?

擦り寄るギャングを利用しようとする政治家(石川知裕似)。
スキャンダルを恐れない?
利用することが後々弱みになるのでは?

ギャングもチンピラも隙あらばレイプ。
こんな狭い空間で?
後先考えなさすぎでは?

爺さんのいる場所の時間の進みが早い。
なんで?
その植物いつから仕込んでた?

言葉を発しない爺さんの意図を藤井が全て汲む。
飲み込みよすぎでは?
それで子ども産んでいいのか?

騒動でほぼほぼの人間が死んでから出産。
そこは靴脱ごうよ!
つか、レイパーとかから逃げるときも靴脱ごうよ!

公式サイトのキャストによると藤井がイブ、グンソクがアダム。
誰の子どもを孕んだかネタバレしてる!

成長した子ども(男)に襲われそうになって逃げるシーンで
終わるのは嫌いじゃない。
でも最後に地球全体を映したのは安っぽく感じた。

爺さんが自分の体を藤井たちに与えるところで
「スノー・ピアサー」を思い出した。

胸クソ映画は嫌いじゃないけど
ツッコミどころが多すぎた。