米軍が最も恐れた男 その名は、カメジローの作品情報・感想・評価

米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー2017年製作の映画)

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:107分

3.9

あらすじ

男は、ガジュマルをこよなく愛した。「どんな嵐にも倒れない。沖縄の生き方そのもの」だと。那覇市を、かつてたった11ヶ月だけ率いた、その男が好んで使った言葉がある。それは「不屈」。 1945年の終戦後、沖縄で、民衆の先頭に立ち、演説会を開けば毎回何万もの人を集めた男。その名は、瀬長亀次郎。団結して立ち向かったのは、戦後沖縄を占領したアメリカ軍の圧政。祖国復帰へ向けて民衆をリードした、その人物は、ア…

男は、ガジュマルをこよなく愛した。「どんな嵐にも倒れない。沖縄の生き方そのもの」だと。那覇市を、かつてたった11ヶ月だけ率いた、その男が好んで使った言葉がある。それは「不屈」。 1945年の終戦後、沖縄で、民衆の先頭に立ち、演説会を開けば毎回何万もの人を集めた男。その名は、瀬長亀次郎。団結して立ち向かったのは、戦後沖縄を占領したアメリカ軍の圧政。祖国復帰へ向けて民衆をリードした、その人物は、アメリカが最も恐れた男だった━。

ナレーション

「米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー」に投稿された感想・評価

いわゆるプロパガンダ映画ではない。セナガカメジローと言う人物の魅力を沖縄問題と絡めて伝える。ガンジー、マンデラと重なる。大杉漣の声も良い。
ヨタ

ヨタの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

佐古監督ゲストトークあり。

まず映画化したTBSの気概に敬意。

ドキュメンタリーとしては、オーソドックスな作り。
大杉漣さんのナレーションは素晴らしかった。

カメジローの演説音声、声をもっと聴きたかったかな。
asuka

asukaの感想・評価

3.5
瀬長亀次郎さんのことを初めて知った。
この方がいたからこそ、今の沖縄があるんだよね。
シアター内にお年寄りが多かったのも印象的。
柊

柊の感想・評価

3.9
上映前に小森陽一氏のトーク付き。
ずっと観たかったこの映画。今朝上映日を偶然知り観に来た。
幾度となく目にした沖縄戦の動画やスチール写真と沖縄人の怒りが集結した県民大会の人の塊。圧巻だったのは、瀬長亀次郎対時の首相、佐藤栄作の国会での対決。堂々とした瀬長亀次郎に対して、若干弱腰ながら包み隠さず答弁する佐藤栄作。今のあまりにも情けない安倍の答弁とは全然違う。あの時に基地撤去を目指して努力すると誓った日から何も変わってないどころか、むしろ加速度的に悪化している現状を瀬長亀次郎はどんなに思いで見ていることか。それでもきっと沖縄県民の不屈の精神を疑う事なく信じている好々爺な亀次郎が見えるような気がする。

瀬長亀次郎の記念館を不屈館と呼ぶのは、本人の不屈ではなく、瀬長亀次郎自身が沖縄県民を不屈の精神とたたえた事から命名されているとは新しい発見だった。沖縄に瀬長亀次郎有り!と言われた男の誇り高き人生しっかり見せて頂きました。
本作を通して初めて知った人物、カメジロー。
政治色も見えるが、あくまで1人の人物を史実に基づいてフューチャーしたドキュメンタリー作品。
なので、スタンスはとてもフラット。

この人物にとても興味が湧いた。
どんな言葉を発したのか、どんな手段でリーダーシップを発揮したのか、もっと知りたい。
Shiho

Shihoの感想・評価

4.0
沖縄と言えば観光地としての青い空蒼い海がまず最初に思い浮かぶかもしれない。しかし戦時中から戦後、現在もなお沖縄が抱える壮絶な事実について日本人として知っておく必要がある。リゾート地としての沖縄という認識ではあまりにも浅はか。本土に住む人間は肌で感じる感触がないからこそ特に関心を払わなければならない。沖縄県民が声を上げて「NO」を叫ぶ米軍基地の価値は0であり誰も望んでいないその存在を押し付け続ける日本政府のやっていることは強奪 差別行為そのものだ。
 権力は必ず腐敗する。民主主義が保たれるためには政治権力の交代が必須である。民衆は強権に確執を醸すことを忘れてはならない。
 しかし強権は屡々警察その他の暴力装置を用いて反権力の人々を弾圧する。時に名声を貶め、時に拘束して拷問する。強権に対峙し声を上げて反対するためには、死をも覚悟した上でなければならなかった。
 沖縄における米軍は、暴力装置そのものである。戦後間もなくから現在に至るまで、無辜の沖縄の人々を無残に殺してきた。多くの女性や子供が海兵隊に強姦され暴行されている。
 圧倒的な暴力に対して、反対の声を上げることは勇気のいることだ。夜の闇に紛れて米兵を暗殺する方がまだ簡単かもしれない。衆人の見守る中で正々堂々と米軍を否定する亀次郎は、沖縄人の勇気の象徴であり、拠るべき砦であった。
 亀次郎の強さは暴力をものともせず主張すべきことを主張する精神力にある。明治以来の富国強兵のパラダイムの中で育った彼にとって、ポツダム宣言の次の文言は衝撃的であった。

 宗教及思想ノ自由並ニ基本的人権ノ尊重ハ確立セラルヘシ

 民主主義を知らなかった人間にとって、何を信じても何を考えてもいい、何を言っても書いてもいい、人間にはその権利があるという考え方は、新鮮そのものだ。そこには自由と人権がある。暴力に屈せず、暴力によることなく、自由と人権を手に入れる。スパルタカスの昔から人間に根源的に宿る思いだ。ポツダム宣言の文言に触れた亀次郎の感動は、現在の我々も共有する感動である。
 国家主義に負けず、組織の大義名分に負けず、友達グループの掟にも負けず、自由と人権を主張しなければならない。友達から無視されても、村八分になっても、会社を馘になっても、逮捕され絞首台に向かうことになっても、なお主張しなければならないのだ。
 亀次郎は沖縄の自由と人権を死ぬまで主張し続ける本物の強さを持っていた。暴力が彼を拘束し貶めても屈することなく立ち上がり続けた。我々も同じ強さを持つことができるだろうか。特定秘密保護法と共謀罪が自由と人権を封じようとしている現在、亀次郎が生きていたらどう行動するだろうか。
#twcn #cinemactif

沖縄の人の団結力は一体どこから来ているだろうといつも思っていたが、まさか一人の人物の影響とは思わなかった。
カメジローさんの演説を生で聴いてみたかったと思った。
映画の中のカメジローさんが友人のペップさんと重なった。
信念の継承…。

2018年42本目
「こんな人物がいたのか」
「沖縄返還までにこんなことがあったのか」
歴史を学べるドキュメンタリーを劇場鑑賞。1週間のみの上映とあって満員御礼だった。それに何これ めっちゃ年齢層高いしー 笑

ブレない男、瀬長亀次郎。
国会での佐藤栄作首相との質疑応答シーンの素晴らしさ。
自分が今の“沖縄の闘い”を知らず知らず傍観していることに気づかされる。
ただTV局製作なので分かりやすい作りではあったけれど、映画としての魅力は正直どうかな と思いました。
sci

sciの感想・評価

3.8
沖縄の戦中、戦後の歴史って考えてみれば学校で教わってない。
アメリカ軍による占領、は占領ではなく侵略だった。支配と闘う瀬長亀次郎と沖縄の人々。民衆は亀次郎を熱狂的に支持し、亀次郎は民衆の力を信じた。
亀次郎の日記の朗読は大杉蓮さん。力強い。

当たり前と言えばそうだが、証言をする人が皆かなりご高齢で、そのことに軽い衝撃。

監督の佐古さんは、元TBSのキャスターだった方。JNNが持つ様々な映像や資料が活用されている作品。

ヒーローである亀次郎の描き方がやや平板的。奥さんが同士であるということ、奥さん含め周りで一緒に闘った人の描写があれば厚みがあったか。
できれば亀次郎の演説の音声も取り入れて欲しかった。

またナレーションの言葉が多いドキュメンタリー、自分は疲れてしまうということを再認識。
>|