米軍が最も恐れた男 その名は、カメジローの作品情報・感想・評価

米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー2017年製作の映画)

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:107分

3.9

あらすじ

男は、ガジュマルをこよなく愛した。「どんな嵐にも倒れない。沖縄の生き方そのもの」だと。那覇市を、かつてたった11ヶ月だけ率いた、その男が好んで使った言葉がある。それは「不屈」。 1945年の終戦後、沖縄で、民衆の先頭に立ち、演説会を開けば毎回何万もの人を集めた男。その名は、瀬長亀次郎。団結して立ち向かったのは、戦後沖縄を占領したアメリカ軍の圧政。祖国復帰へ向けて民衆をリードした、その人物は、ア…

男は、ガジュマルをこよなく愛した。「どんな嵐にも倒れない。沖縄の生き方そのもの」だと。那覇市を、かつてたった11ヶ月だけ率いた、その男が好んで使った言葉がある。それは「不屈」。 1945年の終戦後、沖縄で、民衆の先頭に立ち、演説会を開けば毎回何万もの人を集めた男。その名は、瀬長亀次郎。団結して立ち向かったのは、戦後沖縄を占領したアメリカ軍の圧政。祖国復帰へ向けて民衆をリードした、その人物は、アメリカが最も恐れた男だった━。

「米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー」に投稿された感想・評価

tto

ttoの感想・評価

4.0
監督曰く「沖縄の戦後史を考える」ために製作したドキュメンタリー。

正義感が強く熱血漢のカメジローに惹きつけられ人々が熱狂していく。
沖縄戦後史とその運動をカメジローの人生を通じて描き出す。

困難に挫けず清廉潔白のカメジローはなぜ戦い続けられたか。
それはすぐ隣りにある剥き出しの貧困、暴力、差別が許せなかったためだろう。
そしてまた貧困や差別が剥き出しになりつつあるいま、
それに抗議し続けたカメジローの軌跡から学ぶことがたくさんある。不屈。
Alisia

Alisiaの感想・評価

4.0
那覇市桜坂劇場にて。

正直、カメジローさんなる人物がいたことを1ミリも知らなかったので、反省。
沖縄で座り込んだくせに...
こんなに人って団結できるんだ、って。
こんなに人って集まれるんだ、って。
それが何より驚きました。
それはやはりカメジロー氏のパーソナリティもあっただろうけど、人々の意識に今と違いがあったのかなあと思いました。

この妙にシラケた現代に、このようなヒーローは現れるのでしょうか。
私はあんなふうに人が心を合わせているところを見てみたい。もちろん戦争以外の形で。
harumijano

harumijanoの感想・評価

5.0
2018.2.9 沖縄、桜坂劇場にて。

沖縄はずっっと闘ってきたし、今も闘っている。そして戦後、その闘いを率いてきたのが瀬長亀次郎だ。
彼の存在、経歴は知っていたものの、ここまで沖縄の戦後史と密接な人物だとは思っていなかった。

アメリカ占領時代も、返還後も沖縄は結局同じ檻の中に閉じ込められている。沖縄に基地が集中している状況は変わらず、住民に対する暴力は繰り返される。

カメジローは民衆が「不屈」だと言い、民衆はカメジローが「不屈」だと言う。どちらが屈してもいけない。それほどまでに沖縄にかかる圧力は強力なのだ。

しかし、今も昔もウチナンチュは諦めない。
今回沖縄に来て、辺野古や高江での抵抗を見るという時にこの映画を観られたのは良かった。
状況は非常に厳しいが、沖縄には民主主義が勝ってきたという歴史がある。諦めずに声をあげている人々を見ると涙がでる。
僕にできる事なんて少ししかないけど、抵抗する人達と連帯していたい。
inuko

inukoの感想・評価

3.8
こんな人がいたことを知らなかった。だいぶ大人になるまで、沖縄のことは他人事だったのがよくわかる。基地問題は、日本政府が沖縄を人身御供にしている結果で、それはやはり日本人全員の問題だと思う。去年の最初の上映中は観られず、今回別な館での再上映でやっと観られた。もっと多くの人が観るべき映画。
なつこ

なつこの感想・評価

3.0
内容は面白かったけど、編集で所々??ってなる所が多かった。

音なき潮騒の編集がフラッシュバックする。
natsuno

natsunoの感想・評価

5.0
瀬長亀次郎知らずに、戦後沖縄の歴史知らずに、県民大会とか基地問題とかのニュース見て関心ある風に自負したり感想文書いてたりしてた自分が恥ずかしくなった
まだまだ知らないと思わされ、
まだまだ観たりない作品
テレビニュース映画だなって思ったので、ここに入れるのが憚れますが、記録。問題提起に際して、映画のフォーマットで暗がりに閉じ込めて鑑賞させるって、良い方法だなと思いました。
知った後は「自分」ですから
nagisa

nagisaの感想・評価

3.8
sc-2
瀬長亀次郎と不屈の沖縄県民の歴史を描いた本作品は、テレビで放映された番組を劇場用に制作しなおしたとのことでした。
劇場で上映されなければ出会うことの無かった良質のドキュメンタリー作品

ぶれない、折れない、挫けない、熱い心を持った人々の日常が、観る者の心を焚き付けるようで心がジンジンしました。
kostamm

kostammの感想・評価

3.8
沖縄問題について、今に繋がるこれまでを知ることが出来た。とにかく亀次郎という政治家の魅力を味わえた点が大きい。政治家として理路整然と対話を行える様は、現在の国会中継では見ることの出来ない光景に思えた。
mapeto

mapetoの感想・評価

4.1
熱い男。
沖縄の民衆がいかに今も団結を続けているか、この男から学んだ魂。
本当の民主主義革命の記録
>|