米軍が最も恐れた男 その名は、カメジローの作品情報・感想・評価・動画配信

「米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー」に投稿された感想・評価

R

Rの感想・評価

4.0
終戦の日に放映されたドキュメンタリー映画。
戦前~戦後の沖縄に、このような凄い人がいたとは知らなかった。その名は、カメジロー(瀬長亀次郎さん)。
まさに「不屈」の信念を貫き通した一人の男が、アメリカや戦後の佐藤内閣にも迫る姿は感動すらおぼえる。
ただ、単に怖い人というのではなく、優しく穏やかな面も見られた。ガジュマルという樹が好きだったらしい。
行動でアメリカにこんな脅威を与えた日本人が他にいただろうか…。

第二次大戦中は、沖縄が戦禍に巻き込まれる悲惨さを目の当たりにして、戦後、カメジローは、沖縄で弾圧を恐れずに、新聞社の社長となり占領米軍に異を唱えて、更に沖縄人民党(琉球人民党)なる政党を率いて米軍に反発する先頭に立っていた。アメリカは「彼の口を封じさせるには投獄するしかない…」とカメジローを投獄する。
それでも出獄した後も「沖縄の基地問題、米軍事件への抗議など」活動を続け、沖縄の本土返還後は国会議員として当時の佐藤総理に異論を唱える見事な一貫性。

当時沖縄にいた(現在フィラデルフィア郊外在住の)アメリカ人も「当時の沖縄では、アメリカが民主的・合理的でなく、愚かな行為をしていた」と語らせるのは、当時のアメリカがカメジローをいかに怖れていたかを顕著に物語る。

カメジローの「民衆の憎しみに包囲された(沖縄の)軍事基地の価値はゼロに等しい」という言葉が、心に響くドキュメンタリー映画だった。

語り手は大杉漣、テーマ音楽は坂本龍一。監督は佐古忠彦。

このレビューはネタバレを含みます

沖縄の歴史を知るにはちょうどいい作品なのだが、ただ淡々と歴史を読み語ってるだけなので映画としては退屈。授業の一環ぐらいで取り扱われるレベル。
沖縄をリゾート地としか思ってない人間全員見てほしい。
人権を求める瀬長亀次郎に対して、投獄、給水止め、上空から風刺画散布、銀行の口座止め(那覇市の税金凍結)、被選挙権の剥奪などなど、民主主義(笑)の大国ダメリカの姑息な対応に苦笑。
沖縄側から見た占領の様子が生々しい
自分がこの時代に生きていたら、占領に抵抗する側に参加できるだろうか
この問題がまだ解決されてないってのが一番怖い
太平洋戦争で沖縄は「捨て石」にされた。
戦後は日本の領土でさえなくなった。
やがて沖縄は日本に返還された。
しかし、米軍基地は残った。
なぜ米軍基地が沖縄にあるのか。
そのルーツは昭和天皇である。
昭和天皇はマッカーサーに対して、米軍が沖縄に駐留することを進言した。
その沖縄の独立を勝ち取る戦いの先頭を走ったのが、瀬長亀次郎その人である。
nanaco888

nanaco888の感想・評価

3.3
沖縄について、自分が何も知らないことを痛感した。平気で知らずにいたことが恥ずかしくなる。

カメジローが那覇市長のとき、米軍が彼を降ろしたくてあの手この手で工作して、ついには水道供給を止めた時に、市民が市役所に行列作って税金を納めに行ったという話、正直よく前後関係が分からなかったんだけど、並んだお婆さんが「アメリカが市長をいじめるから税金納めに来た」と目をきらきら光らせながら話したというのが心に残った。
今でも私たちは沖縄をいじめてる。

アメリカがカメジローを評した言葉
colourful personality って良い言葉だな。
最初からドキュメンタリー映画として撮られてたのかと思ったら、これ元はTBS系で日曜夜中(日付的には月曜)で流してる系かもしくは8月に放送するようなドキュメンタリーだったぽい作りだった。監督はTBSの元アナウンサーの佐古忠彦さん。

最初こういう人っていうのは反権力なのだから革新系なのかと思いきや稲嶺恵一元知事が演説聞きに行ってたとかいうので自民党系の人も巻き込んでてびっくり。カメジローさんはアメリカに共産主義者だと睨まれてたのに笑 でも沖縄ってここでも言及されてるけど今だってオール沖縄という括りで選挙戦ってるんだもんな、本土の感覚で捉えちゃいけないんだよなと。保革対立できる時点で贅沢なんだよなと。占領地の最大の問題は宗主国への態度だもんなって。沖縄ってまだ植民地なんだよなって…

米軍が水道止めるとかほんとエグくて…それ人間だと思ってないからできるよね、水って生存権でしょう、基本的人権でしょう、こんなことばかりされてて、やりたい放題で、私はあまりにも沖縄を知らないなと恥ずかしくなりました。

カメジローさんみたいに自分は戦えるだろうか、という問いは非常に自信がなくて、でもそれはまだ今Twitterで「わきまえない女」とか言って雑にイキってるような人よりは誠実な態度だと自分で慰める。自分が安全な高みにいる時に威勢のいいこと言ったりやったりしてる人はリスクに晒された途端蜘蛛の子を散らすように逃げたり見ないふりして黙殺するのを散々私は見てきて味わって辛酸をなめ尽くしました。人の戦いは自信を失ってから初めてスタートラインにつける。

ただ、刑務所で「レ・ミゼラブル」を読み耽って騒ぎに気づかないカメジローさんにだけは完全に共感できる、同化できる気がしたので希望は捨てずに頑張ろうと思いました。
Yuki

Yukiの感想・評価

-
すごい
政経みたい
ネルソンマンデラみたい
本当にすごい
沖縄、ちゃんと考えないと
OnOrOff

OnOrOffの感想・評価

4.5
カメジローさんの志は本当に素敵だ。

今なお残る戦争の爪痕。

このドキュメンタリーを義務教育の倫理の授業で扱ったらどうかね?

近隣諸国の学校教育で反日を叩き込む件をああだこうだ言う前に、日本も沖縄の歴史(沖縄が日本になる前からの歴史だ!)、近隣諸国への侵略と同化政策、関東上空のほとんどを日本の飛行機が今も飛べない現状など、洗いざらい教科書に載せたらどうだ?
都合のいいことばかり目にさせて、都合の悪いことには触れず。他国のことを言えたものかと思う。

最近『ハクソーリッジ』『激動の昭和史 沖縄決戦』を観た。その後…というので最適な作品であった。
FukiIkeda

FukiIkedaの感想・評価

4.5
映画館でやる度に、観に行きたいと思いつつ、行けていなかった作品。
やっと観れた。
しかもアマプラで観れなくなるギリギリに!!
これは日本全国民に観て頂きたい作品。
アメリカが当時「共産党」と言って恐れ、投獄し、選挙権まで奪って、でもハッキリ言って、むしろアメリカが共産的というより、もはやファシズムに近い状態で、カメジローがやってる事は民主的で、愛国主義なわけで。
出る杭打つ=そこまでして恐れてヤケになって潰しにかかる程の目の上のタンコブってことなんだけど、正に、その時点でカメジローは勝ってるし、ずっとその時から沖縄問題は続いている。
その中で、原発の問題と一緒で、長すぎて、基地があるから、生きられるという恩恵を受けている人の問題も混じり合っているからややこしいわけであって。
原点に返ってみると、ラストのほうで出てきた元米軍の方が仰った通りの事で、本土への影響を恐れてやった事なんだと。
日本は戦時中は侵攻させ、敗戦後は植民地として沖縄を差し出してある意味スケープゴートにした歴史に蓋をしたままで、知らん顔し続けてるのはどうかと思うし、だから、いい時だけ遊びに行って、「基地が嫌なら住まなきゃいいじゃん」とか言ってる奴とか「日本人じゃない奴がデモしてる」とか言ってる奴とかがでてくるんだよ…って思う。。。
>|