旅する料理: イタリアから世界への作品情報・感想・評価・動画配信

「旅する料理: イタリアから世界へ」に投稿された感想・評価

yuko

yukoの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

イタリア料理がどのようにアメリカ大陸に浸透し変化したかを辿るドキュメンタリー。
・イタリア料理は昔とは別物になってしまったと危惧する人
・もはやイタリア料理は自国(アルゼンチンとか)の料理だと自信満々に言う人
・料理はその土地で変わるのは当たり前だから、全然変わっていいと考える人
いろんな考えや立場の人が順不同に登場してくるから、途中今はどういう立場の話なのか分からなくなって混乱した。
でも、文化・社会・歴史的背景を知ったことで、ちょっと高めの外食と思ってたイタリア料理が、庶民の家庭料理にイメージが変わったのは、イタリア料理にチャレンジし始めた私にとって少しハードル下がってよかったかも。
よしー

よしーの感想・評価

4.0
普段自分達が食べている外国の料理は、本物ではない可能性が高いんだな〜
多様化が進めば進むほど、本物なんてわからなくなる
たこ

たこの感想・評価

2.0
料理してみようかなという気分になりました。人ん家に行ったときに、「あっ、冷蔵庫にあるもんで適当に作っといたで」って言えるくらいになりたいなあ。ここ数年、人と食事をすることがすごく苦手です。なので今はできませんが、いつか友だちと旅行なんかに行って、おいしいものを食べて、うまいなあって言い合いたいです。調子にもよるけれど、少しずつよくなってきています。すごく楽しみです。自分がそんな状態だからというのもあるかもしれませんが、食へのこだわりがある人は話してておもしろいなと思います。僕はあまり食に関心がなかったので、いつも漫然と食べていました。だから、どこの何が使われているのか、どうやって調理されてるのかというところに着目する人と出会ったときは、世界が広がったような感覚でした。それと、自分のルーツに誇りを持つことって本当に素敵だなと思います。ところで、ヨーロッパにいるトマト嫌いと、乳製品が苦手な人たちは何食べるんか、いつも気になります。ピザ食べるってなったらどうするんでしょうか。いやニンニクもオイルもバジルもありますやん!ちょっと考えたらわかるやん!って怒られそうです。いや俺は食べませんやん。
謳

謳の感想・評価

3.5
2021年 62作目

多文化共生社会になるとますます個々の文化が薄れていきそう
料理と移民の繋がりを知ることができておもしろかった
きほ

きほの感想・評価

3.5
2021年50本目
おっきいミートボール食べたい。見た目は豪快だけど、果たして味は言うほど繊細なのだろうか。
薪で焼いたピザも食べたい。イタリアでいうナポリピッツァは、日本でいうラーメン的ポジションかな。
やっぱり料理人は永遠の夢だわ🥲
Akabep

Akabepの感想・評価

3.5
アルゼンチンはスペイン領だったから、イタリア料理がそんなに根付いているなんて知らなかった。
たしかにリトルイタリーって世界どこにでもあるし、それって料理も関係しているんだ。
日本でいうところの中華料理だって、たしかに中国から来たものだけど、独自に発展したラーメンの文化は世界に誇れるでしょ。
だからおそらくピザの文化も、ナポリとブルックリンだけのものじゃない。

アメリカでピザを作っているメキシコ人。
イタリアで酪農をするインド人。
それが物語の終盤に明かされるのもストーリーとして面白い。
日本でケバブを作るバングラデシュ人がいた。
スペインで寿司を解凍する中国人がいた。
多くの国が移民によって支えられている。
つー

つーの感想・評価

3.3
料理と移民の関係性が面白かった。
たしかに中華系移民がやってる中華料理屋なんて腐るほどあるし、移民にとって母国の料理がその国に溶け込む手段なのかなと感じた。
Mimi

Mimiの感想・評価

3.3
イタリア料理を通して移民とは何か、人が移動するときに食文化はどう影響を受けるか、みたいな事がちょっとだけわかりました。
自分が思っているイタリア料理も、日本風イタリア料理なんだろうな。
料理は変化し、それ故に進化するんだろうね。
イタリア行きたいーーー!
サチ

サチの感想・評価

3.9
本国のイタリア人はとても自信に満ちている
イタリアに行って本物のナポリピッツァとカルボナーラ食べたい
vivalaviwa

vivalaviwaの感想・評価

3.5
自国の料理へのプライドというか
こだわりというかが
とっても興味深い!
チーズのくだりとか〜

パルメザンも
パルミジャーノも
呼び方違うだけなんでは?!
とかもはや
ざっくりなイメージでしかないのだが

たくさんの言葉があるほどに
それぞれを別物として認識できるし
その分、豊かともいえる

どっちがいい悪いでは
ないんだけどね。きっとね。笑

新たな土地で
そこならではの融合があって
大元とは違っても
それはそれでれっきとした文化だ
>|

あなたにおすすめの記事