白夜のタンゴの作品情報・感想・評価

「白夜のタンゴ」に投稿された感想・評価

最初は勇んでいた南米アルゼンチン組も、フィンランドでサウナ入ったりでこわ張りが解けてくるのが良い。
メル

メルの感想・評価

4.0
ラ・クンパルシータのメロディが流れ「タンゴの発祥はフィンランドだ」と言うアキ・カウリスマキの言葉からこのドキュメンタリーは始まる。

それを聞いたアルゼンチンの陽気なミュージシャン3人組は冗談じゃないぜ!とばかりに遠い国フィンランドへ飛び立つ。
初めての北欧への旅にワクワクしながら「行儀良くしようぜ」に笑う。

初めは「フィンランドのタンゴは田舎っぽいな」と見くびっていたメンバーの1人も、各地でフィンランドのミュージシャンや音楽教師とセッションを重ねていくうちに少しずつ変わっていく。

フィンランドの自然と穏やかな人たちに触れて故郷のアルゼンチンと比較するところが興味深い。

「アルゼンチンの辛い歴史には多くの悲劇があってタンゴはその全てを反映している」とメンバーは語る。
アルゼンチン・タンゴがここまで発展した理由にその暗い歴史は無関係では無いと思う。
タンゴを夢中で踊ることで国を襲った悲劇から救われたり、癒されたりしたのかも知れない。
そして結果的に世界的に認められるアルゼンチン・タンゴとして確立していったのかも…。

後半アキ・カウリスマキの映画にも出ているフィンランドの国民的タンゴ歌手と一緒にセッションする3人はとても楽しそうだ。

ちなみにアキ・カウリスマキはほんのちょっとしか出てきません。
タンゴ好きでフィンランド好きにはお勧め(笑)
どっちのタンゴも素敵!からだが揺れる
街を人に例えるくだりの言葉選び良かった
Ogu

Oguの感想・評価

-
あるジャンルの音楽がどこで生まれたのかということはしばしば議論のタネになる。また、発祥の地以外のミュージシャンは猿真似だなんだと言われることも少なくない。
「俺はちょっと怒っていると言ってもいいかもしれない。アルゼンチン人はタンゴの起源を完全に忘れてしまっているんだ。タンゴはスキーやサウナと同じようにフィンランドで生まれたものなんだ」
そう言って怒っているのはフィンランドを代表する映画監督、アキ・カウリスマキ。その噂を聞いた、タンゴはブエノスアイレスの誇りだとする3人のアルゼンチン人タンゴミュージシャンは、真相を確かめるためにフィンランドへと向かう。
フィンランドのタンゴも悪くないと言う他の2人とは対照的に、ギタリストのディピは「フィンランドの音楽なんてクソだ」と悪態をつく。しかしサウナに入り、カリ・リンドクヴィストやM.A.ヌンミネンとセッションをしていくうちにフィニッシュ・タンゴへのわだかまりは薄れていき、レイヨ・タイバレとのセッションに至ってはリスペクトを隠そうともしない。
タンゴはフィンランドで生まれたのかどうか。音楽を前にただ楽しんでいる人々を見ているうちに、そんなことはどうでもよくなってしまった。
自分たちのしていることに圧倒的自信を持っていると、同じジャンルでも文化の違いとかでそれは偽物だーって熱くなることも珍しくない。

だから本家が物申してやろうっていざ乗り込んだけど、その場所での文化に触れ、人々に触れだんだん考え方が丸くなっていく。

そして最終的にはどちらも愛してやまない人として生まれ変わる。

これはタンゴ以外にも、むしろ、何にでも通ずることであって、とても大切なことなんだろうなと思いました。
継

継の感想・評価

4.0
“タンゴの起源には誤解がある、フィンランドが起源さ。
俺は怒っちゃいない... いや、少し怒っている” と、
冒頭でムスッ(=`ェ´=)と のたまうアキ・カウリスマキ。

それを聞いて黙っちゃいられないのが、本家を自認するアルゼンチンのタンゴ奏者3人。
“だったら俺たちが確かめに行ってやる(`◇´)ゞ!”

そんなわけで、
大都市ブエノスアイレスの喧騒を離れ、森と湖と多くの島々からなる大自然・フィンランドへー。
本作はドキュメンタリー形式でお送りする、ほっこりロードムービーです。

森林を切り開いた真っ直ぐな道を、3人を乗せた小さな真っ赤な四角い車が “ぶーん” と走る。
道を間違えて立ち往生すると、サウナトレーラーを牽引したバイク(!笑)がやって来て前を先導する、、そんな、のどかな光景が微笑ましくて良いのです。

アルゼンチンのタンゴ、特にピアソラのそれはほとんど鑑賞用と言えそうなフォーマルなもの。だけど本作の、ブエノスアイレスや国内の街中で愛されるカジュアルなタンゴは、一定の様式を持った “ダンスミュージック” 。
バンドネオンは蛇腹を伸縮させて鋭いスタッカートと流麗な旋律を奏(かな)で、
“苦悩や郷愁を共有してきた” というその歌詞は、一様に憂いを帯び、
華麗な衣装を身に纏った男女がまるで恋愛の駆け引きの様に踏む、複雑なステップの技巧。
かたや、
“携帯電話が普及するまで口数が少なかった” なんて言う、物静かでシャイな国民性のフィンランド人が “女性と密着出来るから” 、“気持ちはシンガーが歌ってくれるから”と、単純なステップながら満面の笑みで踊り、
着ぐるみを着て演奏されるタンゴに、子どもたちは嬉しそうにぴょんぴょん飛び跳ねる。
それは、はた目には年配者が集うダンスパーティーだったり、お遊戯会で催される出し物に過ぎないんだけれど、そこで流れるタンゴは確かに人々を笑顔にし、日々の暮らしに当たり前のように根付いていて。

湖の畔(ほとり)で農業を営む夫妻の、音楽教師だったという奥さんが披露する(傍らで旦那がギター伴奏する)情感豊かな歌が素晴らしくて素晴らしくて心を打たれました。

…気がつけば、“コッチが起源(`◇´)ゞ” なんてこだわりはどこへやら。 3人と本作を観た人は、作り手とカウリスマキに気持ち良く一杯食わされたようです。

その形は違えど、タンゴを愛する気持ちは同じ。
スタイルが違うからと非難するのでなく、違いは違いとして尊重して認め合えば、互いに分かち合えるー。
そんな寛容さを持ちたいものです(^ー^)。
oharu

oharuの感想・評価

-
アルゼンチンのタンゴ🇦🇷も
フィンランドのタンゴ🇫🇮も
サイコ〜〜👏👏👏

ハーモニーと歌詞最高なのでは。。
って感じで 音楽愛が爆発する。。

黒猫のタンゴしかしらない
日本人だから 新鮮すぎるし
ロードムービーみたいな雰囲気で
好き🥖🥖🥖
takuma

takumaの感想・評価

5.0
ずっと観たかったのをようやく鑑賞。
まず、どうでもいい宣伝映像が無くいきなり始まってくれるのが時間の無駄が無くノンストレスで心地良い。
そして冒頭のカウリスマキ監督による「タンゴはフィンランド起源説」から早くもシュールで笑ってしまう(笑)
いや、おそらく奇をてらってもいないし笑わせようともしてない…のかも知れないんだけども、何なんだろうか作品を包むこの不思議な空気感は。
アメリカ映画や他の欧州映画には欠けている大切なものがある気がする。
道に迷って助けを求めた相手がバイクでサウナを運んでいる最中のおっちゃんで、その道案内の画が平和なのに何かぶっ飛んでたり、合間合間に入るライブ?の歌詞が揃いも揃ってやたらにネガティブなのに笑えたり、フィンランドって何も無さそうだけどユニークそうな国だなと映像を通じて心惹かれてしまう。
ellinghi

ellinghiの感想・評価

4.0
タンゴの起源を探ったらタンゴの現在が見えてくる。面白かった!
hagy

hagyの感想・評価

3.0
これまで私の人生にタンゴという単語は出てこなかったし、ただ何となしに観てみただけですがそれが案外興味深かったです笑

タンゴの起源はアルゼンチン!いやフィンランドだ!そういうちっちゃな熱い闘い好き☺︎
ラテン男3人が確かめに行くドキュメンタリー(ぽいやつ)
音楽と国民性に関係性があるのかわからんけども、自国の音楽が身近にある生活ってすてきに見えた
そして出てくるの知らずにびっくりしたカウリスマキさん、そうか彼はフィンランドだった笑
>|