キングダムの作品情報・感想・評価・動画配信

キングダム2019年製作の映画)

上映日:2019年04月19日

製作国:

上映時間:134分

ジャンル:

3.8

あらすじ

『キングダム』に投稿された感想・評価

原作漫画が大ヒットしたのは知っている。実写映画化した本作もそこそこ好評で、同じく大ヒットしたのは知っている。

しかし、僕の心の中は春秋戦国時代。

当時、我(が)の国の天下の大将軍、天邪鬼(あまのじゃく)という武将が猛威を振るっており、盛大にスルーを決め込んでいた。

で、心の中の戦乱が落ち着き、天邪鬼の勢力が衰えた事もあって鑑賞。

紀元前245年、春秋戦国時代、中華西方の国、秦に信(山崎賢人)と漂(吉沢亮)という戦災孤児で奴隷の少年達がいた。彼らの夢は"天下の大将軍"になる事。しかし、王宮への仕官を命じられ、信と離れ離れになっていた漂が深手を負った状態で戻り、命を落とす。漂の無念と2人の夢を胸に、信は彼に託された地図を頼りに駆け出していく—— 。

邦画でこのスケール感はお見事。

漫画実写化の常連俳優である山崎賢人。良いんじゃないだろうか。顔面に力を込めて、やってやるよ感がハンパない。

漂と瓜二つの秦王、嬴政(えいせい)。二役を演じた吉沢亮も、山崎賢人に引けを取る事もなく、流石のイケメンっぷり。

その他、長澤まさみに橋本環奈。本郷奏多に満島真之介。豪華俳優陣がズラリ。

でも、どのキャストよりどのキャラよりも存在感ブッチ切りの無双状態なのは、大沢たかお演じる王騎。クセが強いィィィ!!

ワイヤーアクションがかなり多用されているが、攻撃を受けてぶっ飛ばされる動きで効果的に使われており、見応えは十分。

そしてそして、坂口拓さんが出ているではないか〜!!他とは一線を画すアクションに見惚れつつ、演技は棒過ぎてワロタ。

んで、ランカイとかいう巨漢の男は201cmの身長の阿見201という方が演じたそうだけど、その体躯の大きさは明らかに不自然過ぎて、リアリティを追求していた作品の中では浮いてしまっていたのが些か残念。

原作未読というフラットな状態だったのもあるけど、エンタメ作品としては十分楽しませて貰えた。
CK

CKの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

周りからキングダム面白い!とは聞いてたものの興味なくて見てなかったけど、確かに内容がめっちゃ面白い!
中華の人の名前覚えられないし、使ってる単語も難しくて聞き取れないから字幕つけて見た、、、笑
そして何よりも長澤まさみが美しい…。
そこ主人公で映画やって欲しいくらい…。
大沢たかおの演技も微妙にキモい感じが出てて、んふ、が癖になった。
2021年1月以来2度目

2を見た時に1を見返す暇なく行ってしまって涙
私は原作を読んだけど1のとこまでで精一杯で実はあまり合わなかった
映画版の方が好きな珍しい作品である。
なんといっても山﨑賢人と吉沢亮の演技力には脱帽というか唖然というか。
2人とも原作がある作品への憑依力が話題となっていて私も本当にそうだと思う。
信のような猪突猛進の馬鹿は演じやすそうで逆に演技演技しくなってしまうから難しいと思う。でも山﨑賢人は普段とは別人で信という人を生きているのだろうと思う。
2でみんなで相手陣に突っ込む際に全力で走って、信ならもっと走れるだろうと思って限界突破した話を聞いて愕然とした。
吉沢亮は2役で、特に同じ衣装を着た状態で漂も政も演じる部分があるが、馬に乗った状態でも一瞬のわずかな変化でどちらか見分けられる。そこが本当にすごい。
俳優は1人なのに設定は似た人であって同じ人ではないというのは演技演技しくなる要因ですごく難しいと思うのだが、そこを自然にやってのけてどちらのキャラにも魅力を残す演技力は類い稀ないものがある。

来年?3の公開がすごく楽しみである
楊端和様また登場するんですよね!?
あと、るろ剣も見たくなる笑
吉沢亮さんがカッコ良くて映画館に5回ほど足を運んでしまいました。
ム

ムの感想・評価

-
2022-191

良くも悪くも俳優陣が主役の映画。
演技と殺陣は少し物足りなかったけどキャスティングが上手だったのと、原作を器用に省略できていたので楽しんで観ることができた。
納得できるかどうかは別として、原作ファンもそれなりに楽しめる映画だと思う。

成蟜はとんでもない美男子になっていたものの、王騎(大沢たかお)は声とオーラで体格をカバーできていたと思うし、楊端和(長澤まさみ)は美しさが限界突破していた。
個人的には竭氏(石橋 蓮司)が一番のお気に入り。
信(山崎賢人)はちょっとドラマチックでこ綺麗な主人公になってた。

それにしても左慈(坂口 拓)がかっこよすぎた。原作にあそこまでの大物感はないので、左慈に配役するのはもったいないなあと思って調べてみたらやっぱりアクション俳優だった。餅は餅屋。
chestnuts

chestnutsの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

人気漫画の実写化というのは何かと「コスプレ感満載で学芸会にしかならない」というような批判が起こりがちであるが、「キングダム」の実写化は
満点とまでは行かずとも、十分満足できる出来だ。

まず中国でロケーションを行ったこともあってスケール感が半端ない。
中国の戦国時代をテーマにしたこの漫画は数十万の軍勢が対峙する場面など
日本では考えられないようなスケールで話が進む。実写版はこの独特な雰囲気をとても大事にしているのが分かる。
また王騎将軍や楊端和などクセのある登場人物も大沢たかお、長澤まさみが見事に演じ切った。楊端和は華麗な殺陣を見せてくれたし、王騎将軍は戦う場面はほとんどないが、威圧感はよく原作再現できていると感じた。
「どう見ても只者ではない」雰囲気を醸し出せている。

134分と長めの尺だが、ストーリーは嬴政が王都を奪還するキリのいいところでうまくまとめている。流血表現も多く荒んだ描写が続く作品だが道中の
信と河了貂のコミカルなやり取りが良いアクセントになっている。身分も民族も違う彼らが共に中華統一を目指すラストはとても良かった。
改めて原作部分を読むと改変部分がかなり多いことに驚かされる。だがそれも一本の映画作品として話がまとまっていれば気にもならない。
立派な実写化だと思う。
大学生

大学生の感想・評価

4.0
正直実写だしなーと思いつつ、みてみたところとても面白かったです。

実写のアクション系としては上位に来るんじゃないかくらい戦闘シーンもカッコよかったです。

何より長澤まさみさんがカッコ綺麗すぎました。
自分は殆ど漫画を読まないので、どうかな?
と思いましたが、戦闘シーンは迫力が有ってとても面白かったです。
それと長澤まさみ……滅茶苦茶カッコ良かった。
井唯

井唯の感想・評価

-
DVDを借りて視聴しましたが、副音声の消し方がわからず、ちょっとカオスでした。
たま

たまの感想・評価

4.0
長澤まさみの楊端和大正解で結婚してほしいほんまに綺麗すぎるかわいい
>|

あなたにおすすめの記事