ドクター・スリープの作品情報・感想・評価 - 214ページ目

上映館(330館)

「ドクター・スリープ」に投稿された感想・評価

見て来ました 全鑑賞済みにと成りました→ドクタースリープ((o(^∇^)o))((o(^∇^)o))。良かった面白かったアキヴァ・ゴールズマン。マイク・フラナガンさん、そしてそしてスティーヴン・キングさん。

スコアは.......4.8もう高め高め高めなスコア笑笑笑。仮付け

本は未読未読。

のちのちあとあとにまた編集付け加え後付けあと足し編集執筆加筆などなどの修正訂正を加えるかもしれません(>_<)。削除はう〜〜〜〜〜ん。ドクタースリープあと1〜2回ぐらいは リピートして見たいかも......色々な人にオススメ品????ただ子供と一緒に 家族連れで一緒に見るのはやめた方が 良いかも........


ドクタースリープ→→→2019年 (平成令和元年)12月1日 日曜日に、映画館にて全鑑賞済みにと成りました(๑˃̵ᴗ˂̵) 👍👍(^^)(^^)(^^)。アッッッッそうだったそうだったそうだった。今日はコン⚫︎⚫︎ムー無料配布デー貰いに行きましたよwwwwコ⚫︎ドー⚫︎ーセーラーmoonスーパー付きの絵柄が入りましたのを。

🎎🎎とChristmas。→→oror 12月だからかな????街中が キラビヤカトにと してるような.......🎄🎄🎄 「((カップルさん))」(๑˃̵ᴗ˂̵)たちも多いような...... 映画館もドクタースリープを、含め多い多い多い。(๑˃̵ᴗ˂̵) ドクタースリープほぼほぼ満席満席状態★★★★カップルさんたちも チラホラホラにと.......

まず予告編。赤い風船が登場www🎈🎈🎈🎈イットITかな????と思いましたら、WB ワーナー・プラザースも出てきましたし.......🤡🤡🤡12月もイットITに敬礼。(`_´)ゞ。、でも.....DCコミックが登場。エッ????DCコミック????何それと思いましたが.......アッッッこりゃコリャもしやと思ったら予想通り◎◎→→2020年 3月20日より。アメリカは丁度 バレンタインデーの近い日に公開するんだ♡♡♡♡♡ともに。年齢区分はどうなってるんだろう????と.......

イキナリのWB ワーナー・プラザースからのあの⚫︎楽。お〜〜〜〜おッッッと、思っちゃいましたよ。

ビックリにと→→そしてワクワク・ビクント・ピクンとした回数 5〜6回ぐらい????かな????と..... 後半からは別に別に 怖くはなかったですよ 怖くはなかったのですが、楽しめに楽しめたのですか、汗ε-(´∀`; )ε-(´∀`; ) が出て来ましたよ。空調が熱かった性だとは思いますけどね。😏ふッッッッ。ドクタースリープ PG12指定。

映像からの演出が凝ってるゥゥゥゥ風場風上????風景やらも......

妖怪には妖怪を バケモノにはバケモノを ぶつけりゃ良いんだ。(。・ω・。)( ˘ω˘ )ウンウン。(๑˃̵ᴗ˂̵)(๑˃̵ᴗ˂̵)

ドクタースリープ。→→女の子タンタンタン。お尻お尻お尻。→→(*゚▽゚*)(*゚▽゚*)

お婆ちゃん👵👵が......

銃<銀魂。

後半からは シャイニングでグーーーー。👍👍👍

END????

名曲な音楽と名曲なあの武器。


スタンリー・キューブリック監督 脚本のシャイニングは、オンデマンドで全鑑賞済みに。ダイアン・ジョンソン。スタンリー・キューブリック。

ドクタースリープ

上記の上記にも書きましたが......監督・キャスト紹介。

監督脚本。マイク・フラナガン。&アキヴァ・ゴールズマン。

原作はあのスティーヴン・キング。

アメリカ作品🇺🇸🇺🇸

ワーナー・プラザース

2時間越えの2時間32分弱弱ぐらい???

キャスト一覧......

レベッカ・ファーガソン。
あのユアン・マクレガーさん。bear
カレル・ストリッケン
ジェイコブ・トレンブレイ。
エミリー・アリン・リンド。
クリフ・カーティス。
ブルース・グリーンウッド。
ジョナサン・ドナヒュー。
ザーン・マクラーノ。他他数名なキャストキャスト????


スリラーとホラー。


ロッテントマト Doctor Sleep
76%と89%
IMDb
7.6/10 34,543。



リチャード・ジュエルとフォードvsフェラーリと2020年2月7日より 公開予定のハスラーズが 楽しみ楽しみ∩^ω^∩ワクワク。

それではそれでは一旦にはこの辺で(^^)/~~~。


2019年 (平成令和元年) 12月1日 日曜日付け。
めぐり

めぐりの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ホラー映画を見に来たはずが超能力者同士のサスペンスアクションだった
終盤はめちゃくちゃシャイニング大感謝祭って感じではわわ〜(語彙って感じだった

序盤は正直大丈夫か〜?て感じだったんだけど中盤から話の方向性が固まって来て一気に面白くなる。
アブラという少女の積極性により成長して行くダニー。王道中の王道だけど良かった。

浴槽おばさん大好きなので沢山出て来て嬉しかった
そらじ

そらじの感想・評価

4.1
あの『シャイニング』の40年後が舞台となった今作。前作はホラー/スリラー系統の作品でしたが、今回は打って変わって特殊能力『シャイニング』を主題としているため超能力バトル的な系統へと変化していました。ですが、ただの超能力バトル映画ではなく、程よいスリラー描写やゴア描写も含まれているため心地良く楽しめました。ただ、個人的な難点を上げるとしたら、少し中盤の展開までが長くダラけてしまうところや無駄なシーンが少し目立ってしまったという点です。しかし、前作のあのホテルや、あの人の登場、前作のオマージュシーンなど前作のファンなら熱狂すること間違いなしなシーンが全編に渡って続くのは非常に素晴らしいと思いました。そして、序盤ではダニーの変貌に驚愕しましたが、アブラと出会い徐々に頼もしい師の存在へと変化していく様がとてもカッコよかったです。ただ演じてる方だけにどうしてもSW感がありました(笑)
前作のように強烈かつ斬新な映画とまではいかないものの、映画としても続編としても満足できる出来の映画でした。
シャイニングとは個人的には別物、ホテルのキャラクターがみんな出て来たときはオールスター大集合感があってちょっと笑ってしまった。
長くて途中だれてしまったのと個人的に超能力モノはあまり好きでは無いことがわかった。見終わった後あんまり感想が浮かばなかった、、

主役のレベッカファーガソンは色々と抱えてそうな感じが好きだがダニーの可愛い面影はないゴリゴリおじさんに成長してた。
shiro

shiroの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

事前に「シャイニング」を見ておいたこと、自分を褒めよう。見てると見てないでは全然違うと思う。
事前に原作を読んでいない事については、ドンマイ、これから読もうぜ。

シャイニングとドクター・スリープは繋がっていますが、あれ?そういう話だったっけ?な改変を感じつつ進みます。
ここにキングさんの原作は違うよ、なんで聞くとシャイニングを巡る関係者の物語の方に興味が沸いてしまう。

さておき、今作はシャイニング保持者vsかつては人間だったけど、シャイニングを喰らい生きながらえてる者という、わかりやすい構図。
ダニーの自分との闘いはありつつも、どっちがより強いシャイニングの持ち主か?という能力対能力が面白かった。
さらに、ホテルに着いてからはサービス満点でしょう。
本当に楽しませてもらいました。
というか、楽しむ気満々で見ていて、とても満足。
我流wave

我流waveの感想・評価

4.8
めちゃくちゃ良かった。
映画の構成があまりに完璧すぎる。メリハリがすごくて飽きない。
カメラワークとかセリフのセンスとかもめちゃくちゃ良い。最高。
来るのが分かってても驚いちゃう嫌な感じの演出とか上手い。
続編は続編だけど設定がそこまで地続きではないので、シャイニングを観てても観てなくてもなんとなくどこかで見聞きした有名なシーンとかBGMで十二分に楽しめるのでぜひ。
酒は飲んでも飲まれるな。
びっくりするぐらいシャイニングがシャイニング過ぎて、面白過ぎたwwwww
是非、前作から観てほしい、ドクタースリープを観てからシャイニングを観るのと、シャイニングを観てからドクタースリープを観るのとで結構変わると思います。

内容はもう前作のシャイニングを超えるシャイニングをドバドバと使いまくったホラーサイコアクション。

ダンがトニーを出すところかっこよすぎて前のめりで魅入ってしまったw

どう見てもオビワンケノービなんだけど、アブラと同じようにダンもトニー使いまくってたらどうなるんだろうね、想像できないけど良過ぎてまた観たい。シャイニング観てからドクタースリープ観ると半日超えるけどそれでも観たい映画でした
taketin

taketinの感想・評価

4.5
シャイニングは自分に取って不可侵な聖域ともいうべき映画であったので、限りなく期待値を下げてからの鑑賞。

キューブリックがシャイニングで残した遺産を上手く利用しつつもリスペクトが感じられ、悪くない。

オーバールックホテルのシーンは古い友人に再会したかのような感傷にも似た感情で思わずグッときた。

恐らく賛否両論ある事は想像に難くないけども、あのシャイニングの続編を映画化するというどうしたって難しい課題を、これほど軽やかに(という表現が合ってるかわからないが)見事なバランスでクリアしたのは称賛に値すると思う。

突っ込みどころは幾つもあるのだけど、キューブリック、スティーブンキング双方へのリスペクトが感じられつつも、エンターテイメント性を損なわなない作品に仕上げたマイクフラナガン監督を見直した。

ネットフリックス半専門の B 級ホラー監督という認識を改めた一作だった。
面白かったけど、これはスタンリー・キューブリックの『シャイニング』の続編ではない。別物として純粋に面白かったっていう評価。
だから、スティーブン・スピルバーグの『レディプレイヤー1』みたいな、リスペクトものと考えた方がいいかも。

そもそもキューブリックの『シャイニング』の良さって、夢の中のトラウマ(無意識)みたいに、なんだか説明できないけど怖いっていうのが、自分の中では面白いんだと思う。
訳わかんないのに、父ちゃんが斧持って襲ってきたり、全裸のば○あの幽霊出てきたり、もうあのホテルが怖すぎるみたいな感じ。しかも凄いのは、こういう訳からない物語なのに、見る側をしっかりと引き込んでるところ。

でも、今回はその「訳わからない」前作に劇中のロジックを作ってしまった。だから、前作の方向性とは似て非なるものになっているんだと思う。

じゃあ、今回の作品は駄作かっていうとそうじゃない。サスペンスを物語の軸に、ホラーの表現を巧みに使い、ファンタジーな設定を組み合わせている。
伏線の回収も華麗ではないけど、手堅くしてて、見てて充分に楽しめた。

ただ、難点は、前作のジャック・ニコルソンやシェリー・デュヴァルの気持ち悪い顔を今回のリメイクキャストが出せてなかったところ。やっぱ、前作のキャストってキモさも含めてハマっていたんだなって…これは真似できない。強引だけど、このキャスト布陣は、CG使って再現した方が良かったかも。
あと、物語の構成で言うと、アブラが成長してないのはダメかな。アブラは最初から自分の能力を正しく使おうとしていたから、最後のシーンで成長してない。
ダニーが自分のトラウマを克服し、アブラはかつての自分みたいにトラウマを怖れてたけど、2人でホテルを乗り越え、ダニーの意志を受け継いだアブラが最後…みたいな展開にしないとラストシーンがオチない。

最後に、もしも前作の継承した作品と銘打つなら、やはりあのホテルを最後の見せ場に持ってくるのではなくて、あのホテルを軸に進めた方がいいかも。

追伸:この映画を見ていて一番怖かったのは、人が殺されるシーンで「フヒヒヒヒヒ」と笑っていた前方のお客さん。この人とは一緒に帰りたくない…
シャイニングとは全く別物だけど、後々予想を超えたシャイニング感を出してくるから面白い!後半は見知ったキャラクターやシチュエーションがどんどん出てきて、これこれ!ってちょっとにやけてしまうぐらい。効果音やカメラワークが独特な薄気味悪さを演出していて、ストーリー以前に一本の映像としてかなり見応えあり。