記憶にございません!の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「記憶にございません!」に投稿された感想・評価

juu

juuの感想・評価

4.2
銀座の映画館で声を荒げて大笑いした映画
2019/10/18
twinkle

twinkleの感想・評価

3.5
化粧したチンパンジーに爆笑。
最高だった(笑)

もっとへなちょこな政策でも出して、大改革を起こしてほしいな〜!!!!!
悠

悠の感想・評価

3.6
【この男に任せて大丈夫か。】

レビュー見てるとお気に入りキャラがみんな違う。面白い。

わたしは断然宮澤エマ。
それと、田中圭の稚内警察(笑)

政治エンタメ、もっとやってほしいなぁ。
「帰ってきたヒトラー」とか、「新聞記者」とか。プロパガンダだ左翼だなんて知るか。映画館で映画を観る観客をなめるなよ。メッセージの取捨選択くらい自分でできるぞ。

どんどん皮肉っていこうよ。「約束なんて守ったことねえじゃん」ってセリフに、頷いて、「記憶にございません」っていう現実の声を、嘲笑ってやろうよ。ペンが政治を変えることだってあるよ。ねえ、デラ富樫。(三谷映画の佐藤浩一は永遠にそうみえる)

原田マハの「総理の夫」とか絶対面白いと思うけどなぁ。吉田羊、議員姿めっちゃ似合ってたし。
nlusuz

nlusuzの感想・評価

3.5
三谷作品はあんまり好みじゃないけど、軽く観たい気分だったので選んで正解!
三谷幸喜の長編映画監督8作目で、記憶をなくした総理大臣が主人公の政界コメディ。史上最低の支持率を叩き出した総理大臣を中井貴一が演じるほか、ディーン・フジオカ、石田ゆり子、草刈正雄、佐藤浩市ら豪華キャストが顔をそろえる。国民からは史上最悪のダメ総理と呼ばれた総理大臣の黒田啓介は、演説中に一般市民の投げた石が頭にあたり、一切の記憶をなくしてしまう。最初から最後まで三谷ワールド全開です。キャストも、もうおなじみの中井貴一さんと佐藤浩一さんのコンビはやはり素晴らしいです。最終的には、やっぱりほっこり系というか、もちろんほんとに深いなぁという映画ではないため、家でみんなでお酒でも飲みながら観るのがとてもいいんじゃないかなぁ。そこが三谷監督の作品なんですけどね。あとこの映画で、小池栄子がとっても大事なポジションと感じました!ナイス!
yuna

yunaの感想・評価

3.7
政治の話なのに何だか平和で優しくて良い気分になれた
ど初っ端ディーンフジオカと小池栄子のダブル横顔がダブルいい鼻でびびり散らかした顔強コンビ好き
KeikoGoto

KeikoGotoの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

普通に面白い、面白いけれど、ここだよ笑うところ、と強要されてる感じが辛く感じた。思わず吹き出したのはこの人どの大臣?というシーン。業界人には分かる部分、というのが何とも…。

TVCMでの中井貴一の悪っぽい演技が観たくて観たのに、観て観たら最初だけですっかり良い人になっていて、肩透かしを食らった感もあり。

途中で記憶がもどったことは何となくわかるので、記憶が戻って、このまま良い人でいくか否かを葛藤する描写が少しあっても良かったように思う。
kuraudia

kuraudiaの感想・評価

3.8
三谷監督が表現したいコメディーは感じたけど、今の時代流れの映画にはあわないかな。最初の1時間はとても良く出来たストーリー映画だったな。人間は〔私は〕人生は、リセットしならポジティブになれることを望みたいし、周りの人が応援してくれると信じたいから。
しかし後半の映画らしからぬ、テレビドラマのようなお笑いは、お金払って貴重な休日時間を使って見てる観客を見下してる感があって納得しません。
脚本は良く出来た感じで良かったな。
けい

けいの感想・評価

4.5
『ザ・マジックアワー』で自身がファンだという柳澤愼一(「奥様は魔女」のダーリンの吹き替え)の扱いがあんまりいい感じじゃなかったり、最近の映画はいい評判も聞かないし、どうかなぁと思いながら三谷作品最新作。
かつて、香取慎吾と役所広司でやった『合い言葉は勇気』ってドラマがあったが、そのノリ。「嘘」が物語を動かしていく。変えていく。
中井貴一と佐藤浩市のシーンは2回とも長回しとか、吉田羊のエロさとか、『天下御免』(三谷が脚本家を目指したきっかけらしい)の山口崇の粋な使い方とか最高だった。あれROLLYかよ。
でも今作のMVPは小池栄子。コメディセンス抜群。上手い、上手すぎる。
荒唐無稽なのにつまらない
垣間見える低所得層への見下し感
政策よりも支持率気にしすぎ
でも劇場は笑いに包まれ温かい雰囲気でした