グリーンブックの作品情報・感想・評価

グリーンブック2018年製作の映画)

Green Book

上映日:2019年03月01日

製作国:

上映時間:130分

あらすじ

「グリーンブック」に投稿された感想・評価

相容れない二人のようで、そうじゃないふたり。少しずつ互いの距離が縮まっていく。少し切なさもあるけどうるっときました。黒人差別を題材に扱った映画は多いけど、笑えるとこもあるしハートフルになれる映画だった。(途中辛い)
GIN

GINの感想・評価

4.2
テーマが重たいところがあるけどコメディとシリアスが良い塩梅だった。
ちぃ

ちぃの感想・評価

4.7
とても良かった♡♡・・・観終わってすぐの感想は、あ〜観て良かった♡♡でした。

粗暴でガサツなトニーが黒人のピアニスト、シャーリーの運転手をすることになり
どうなるのかなぁ〜と思いながらの鑑賞でしたが・・・トニー・・・あなたは素晴らしい人柄で周りから愛されるのが分かりますと言いたい( ・ ・̥ )♡

黒人に対しての差別がある中でもホッコリしたロードムービー♡♡

初めのトニーがコップをゴミに捨てた事が嘘のように変わっていき、シャーリーとの友情も芽生えていき最後は本当に感動😭でした( ・ ・̥ )♡

シャーリーも多くの葛藤があったと思いますが素敵なトニーに出会えて良かったですね💕

グリーンブックって・・・そんなのあるんですね。
誰にでも優しく出来るって難しい世の中ですが、そうありたいと思える作品でした😊
hayato

hayatoの感想・評価

4.5
偏見や差別があったとしても
しっかりと自分の眼で人だったり、
物事を見ることが大事。

主人公は不潔で傲慢で野性的で、
ただ、誰よりも真っ直ぐで。
はじめは、何だって良い。
ただ、相手を知ることが出来たら
心から信頼、敬意を払い、
徐々に変わっていけば良い!!

途中、車内でフライドチキンに
かぶりつくシーンは、偏見と理解の
メッセージ性を感じる。

文句なしの傑作です。
黒人ピアニストと雇われ運転手をすることになった差別主義者の白人の話。
舞台は60年代のアメリカで黒人への差別が土地の風習としてある時代でトイレは外だったり白人レストランでの食事の禁止などあからさま。それに耐え、笑顔で対応するドン。だが1人部屋で酒を飲み顔が傷ついた自分を見て涙を流すシーンは印象的だった。
自分は黒人差別を見たこともないからこれが当たり前の時代があり現在もなくなった訳では無いということを知るべき。
この2人が最初は人格が全く違う点で話も合わなかったが一緒に過ごしていく上でお互いを認め合うのがよかった。
クスリと笑えるところもあり、最後はほっこりで気持ちのいい終わり方だった。
今年一番の映画に3月には出会ってしまっていた
映画館でみたかったな〜
グリーンブック、本当に名作の域
全編を通してまず音楽が素晴らしい
黒人を当たり前に差別していたトニーが、だんだんこれは当たり前のことなのか、目の前にいるドクはなぜこんな扱いをされるのか、考えはじめ言動が変化していく様がわかりやすく丁寧
トニーが雑で型破り、ドクは真面目で高尚という凸凹コンビが、食事を共にし、車内で会話をし、徐々に互いの距離が縮まるのがこっちまで暖かい気持ちになる
フライドチキンを戸惑いながら初めて食べて、骨を窓から楽しそうに投げ捨てるドクをみるとよかったね〜!!!って泣きそうになった
直後トニーがドリンクを投げ捨てた時は取りに戻らせたのは笑ったけど
お互いの固定観念とか、偏見とか、そういうのをお互いにとっぱらいあって前に進んでいくストーリーが見ていて気持ちよく、本当に素晴らしい 元気になれた
中盤雨の中車で喧嘩になるシーンがすごい好き 好きというのも違うかもなんだけど、ドクが白人でも黒人でもない、男でもない、自分はなんなのだと叫ぶ台詞が重くて、重いのにめちゃくちゃ素直に見てる側の胸に馴染んだ ほんっとに演技がすごい
ラスト、黒人差別の強い地域で、招待されて演奏するはずのレストランで黒人の自分だけ食事ができない、それを、この地域ではルールなのだと繰り返されるだけの中、トニーが弾けと言うならやるといったドクと、こんなとこ出てこうぜ!って返したトニーがめちゃくちゃ分かりあってて最高だった
上質と泥臭さが混じりあって最高の映画
またトニーの奥さんがちゃんとドクが手紙書いてたんだなってわかってて、ありがとうって言えちゃうのがすごくいい!
「寂しい時は先に手を打たないと」、ラスト足を踏み出したドクに乾杯
少し早いけどメリークリスマス!またクリスマスになったら見たい
いい、とりあえず音楽がいい!!!
題材は重いがアメリカの風俗も知れるロードムービー。終わりも爽やか。
しゅう

しゅうの感想・評価

4.6
人種差別てめちゃ嫌
音楽めちゃいい。しんどくなったらまた見よ
話進んでいくにつれて自然と笑顔でみてた
景色とか音楽とかめちゃくちゃ心地ええ
おれもあんな激シブな車乗りながらケンタッキーフライドチキン食うて窓から骨捨てたい
uni

uniの感想・評価

4.0
人種隔離政策時代のアメリカで、黒人ドライバーが安全に旅行できる為のガイドブック、「グリーンブック」というものが存在していた事を初めて知りました。
そういう本が必要なほど、激しい人種差別があったんですね。
性格の全く違う、黒人のドクターとイタリア人のトムが旅を通してお互いの良いところを認め合っていく。
ラスト、自分の幸せのために一歩踏み出したドクターは生涯の友を手に入れた。
寂しいのが嫌なら自分から動くこと…人種を超えて、幸せになるためのヒントを教えてもらったような気がします。
>|