ジョーカーの作品情報・感想・評価・動画配信

ジョーカー2019年製作の映画)

Joker

上映日:2019年10月04日

製作国:

上映時間:122分

4.0

あらすじ

「ジョーカー」に投稿された感想・評価

過去の作品からのサンプリングや情景のパロディも楽しめる。
ストーリーだけでも面白いが、映画好きからすると楽しめるポイントが沢山あるのでは?
シカ

シカの感想・評価

4.9

このレビューはネタバレを含みます

人を殺した時に心の底から笑える
地獄には笑いが溢れている
アーサーは物心がつかないうちに母親の恋人から暴力を受けて脳に障害を抱えていてそのせいもあり知能が低く(アーサーのネタ帳の誤字脱字から知能が低い事が分かる)社会の誰からも必要とされていない人生でいた。
コメディアンになりたかったアーサーだが【笑いとは差別】と言われているように誰とも関係性を作れないアーサーには笑いを生み出せないのであった!
映画の冒頭のシーンではアーサーはピエロの格好をして笑う練習をしていたが頬に一筋の涙が、、、

だからアーサーは心から笑える社会を敵にする側の自分を選んだのであろうと思いました。
ジョーカーという登場人物は社会から必要とされない切なくも悲しい人達の象徴的な部分を描いた作品なのだろう。
映像に関して言えば2000年代初期までは映画界はフィルムで撮影されていたであろうからカラーグレーディングというものは存在していなかったと思うがこのジョーカーはそのカラグレがとても素晴らしく一つ一つのシーンにとても強いこだわりを感じました。

内容、映像、どれをとってもとても素晴らしい作品で自分としてもとても印象に残る映画の1本です
ホアキン・フェニックスは素晴らしいを通り越してジョーカーそのものでした。
arigatou

arigatouの感想・評価

4.3
公開初日に観に行ったけど全く期待を裏切らなかった。
そのあともアマプラで何回も観てる。
オチが妄想か現実かわからないところも最高。
とにかくホアキンの演技が凄まじいのでまだ観てない人はぜひ吹き替えではなく字幕で。
あと映画の評価には全く関係ないけど、アーサーの台詞で気になったところが一つあった。
心理カウンセラーとアーサーが喋る場面で映画館だと「ネガティブに決まってるだろ」だった台詞が、Amazonビデオだと「もちろん落ち込んでばかりさ」になってた。前者の方が圧倒的に好きだったのでこの改変はちょっとショック。
暗いけど、どこかリズミカル。でもやっぱり鬱々としてる、、、みたいな。
ぱんだ

ぱんだの感想・評価

4.6
世界観に完全に飲み込まれてしまった…
途中から一言も喋れなくなったわ
wesdtexado

wesdtexadoの感想・評価

4.2
アーサーは悲劇に遭いまくりどんどん、狂ってしまう流れがとても面白かった
アーサーの表情や感情、発言、行動にはとても興味深く魅了される内容だった
特にアーサーが笑うシーンはすごく良かった
トモ

トモの感想・評価

4.2
ゴッサムシティがジョーカーを生みバットマンを生んだ。世の中の不条理にどうやって折り合いをつけるかでバットマンにもなるしジョーカーにもなる。
ちゃぱ

ちゃぱの感想・評価

4.5
どのシーンも凄く印象的。
こんなに印象に強く、記憶に深く残る映画を観たのはいつぶりだろうか。小躍りするシーンは奇妙でありながらも、魅力的。

アーサーがジョーカーになっていく様は
序盤はただただ辛かったけど、
ジョーカーが完全体になり、
夢にまで見た憧れのマレーフランクリンショーに出演する姿は自信に満ち溢れていて、
とてつもなくかっこいい。
ショッキングな出来事も多々あるものの、
解き放たれたジョーカーは
もはや誰の手にも負えない。

感情移入しそうになったあたり、
私の心にもジョーカーがいる。
そして誰の心にもジョーカーがいるのだと
そんなふうに考えさせられました。
ヨガ爺

ヨガ爺の感想・評価

4.1
これが人間の姿なのか、という驚嘆と恐怖。階段を踊りながら下るシーンは言葉が出なかった。
シ

シの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

前半、アーサーは自分のことを「世の中で普通に生きていけている、常識的で一般的な人間である」と心の奥では疑いもしてなかったのかもしれない。だからマレーと並び立ったり、女性と友好的になれる自分を妄想できた。

そんな世界が少しずつ崩壊する。きっかけは渡された銃から。いや最初から種はあったのかもしれない。ともかく沢山の嘲りに近い悪意が彼を追いやる。メッキが少しずつ剥がれていくように、自分が、自分の妄想にあるような「人間」ではないことがわかってしまう。決定的だったのは、虐待の記録。自分の世界を作ってきた母親への信頼が崩壊した瞬間、彼は自分の真理に辿り着いてしまった。母親殺しはその象徴なのだと思う。

そんなわけで、最後は「本当の自分を知り、自らの人となりを肯定的に捉えられるようになった主人公」の「ハッピーエンド」だったように思う。ダークヒーローはかくあるべき、というようなお手本のような映画だった。(本来ジョーカーはヴィランなのかもしれないが最後の民衆の支持をみるに今作ではダークヒーローという呼称が似合うなと思った)

後半、自信を持つにつれて最初はちょっと気持ち悪かったジョーカーがやけに美しく、格好良く見えてくる。演技も凄いが身のこなしや立ち振る舞いが凄かった。

もう一回見るなら友達を逃すところからかなー。
>|

あなたにおすすめの記事