ジョーカーの作品情報・感想・評価・動画配信

ジョーカー2019年製作の映画)

Joker

上映日:2019年10月04日

製作国:

上映時間:122分

4.0

あらすじ

「ジョーカー」に投稿された感想・評価

Nnms

Nnmsの感想・評価

3.3
基本、このような映画は得意じゃない。
殺人なんて絶対やってはいけない事だから。
すっきりしませんね!
トム

トムの感想・評価

4.4
ヒースレジャーと比較されるジョーカー役で、これだけのインパクトを与えれるのは感動。
また何年か後に観ようと思う。
「彼が本当に笑っているのは最後のシーンだけ」という監督の言葉。
映画のカラクリを知ると、面白さが180度変わるので、ぴんとこなかったらぜひ考察を読んでほしい
モントリオールの映画館で何人かで見て、字幕無しで何も分からず、帰りがけに感想聞かれてとりあえずthis movie was so funny!!!って言ったら一通り笑われた後玄妙な顔された思い出がある
ashe

asheの感想・評価

3.9
バッドマン、ミリ知ら鑑賞

悲劇の劇的映画だと感じた(?)
ジョーカーにとって、我が人生は劇のようなだと言われてるような感覚になった

ヴィランだとはわかっていてもなぜか
いつだ、いつなるんだ…!と待ち構え、
あの有名なジョーカーの容姿になり、
ジョーカーが誕生したあの瞬間に痺れた自分が悔しいぜ…!!

ったく、、美味そうに煙草を吸いやがるぜ…
音楽と描写とが、心にズキズキくる。電車でてタバコ吸うシーンが最高にカッコよくて惚れた。
ぜき

ぜきの感想・評価

4.5
めちゃくちゃ面白かった。

2時間と比較的短い中で人間が絶望と狂気に染まっていく様が凝縮されていた。

自分はノーラン3部作を観た程度で、ジョーカーについても「ダークナイト」でしか知らなかった。
本作はジョーカーがジョーカーとなるまでを描いた作品。「ダークナイト」のジョーカーが凄まじいイカレっぷりなので、きっとこいつは子供の頃から喜んでカエルを解剖してたようなヤツに違いないという想像をしていたけど、主人公アーサーの精神的なハンディキャップと劣等感を抱え、母親を介護しながらコメディアンを夢見るキャラクター像はむしろ応援したくなるような好青年で、非常に感情移入しやすく、生々しかったことに驚いた。

1度目の衝動的な殺人と2度目以降の殺人が全く性質が違っていて、抑圧していた暗い感情の発散に留まらず自己実現の手段としての殺人へと変貌していく姿が恐ろしい。

血で笑みの紅をひく凄絶なシーンはまさに彼が「ジョーカー」へと生まれ変わる象徴的な場面だが、
人を笑わせることで自らの価値を見出そうとしていたのに、人々の負の感情を引きずり出すことで強烈な崇拝とアイデンティティを獲得する結末に、とても複雑な気持ちになった。

恐ろしいのがジョーカーへの変貌のきっかけは決して彼固有の、フィクションならではのものではなく、リアルに生きる我々誰しもが抱えている、あるいは抱えうる情動であることだと思う。ゆえに作中ではピエロの仮面をつけた後追いが彼を祀りあげ、この作品が社会派と評されるんだろう。

狂気に染まるほど明るい画面に、ポップな劇伴が流れる演出も面白い。
主演ホアキン・フェニックスの怪演、凄まじいものがあった。

気軽に観れる内容ではないけど、また観たい。
ちや

ちやの感想・評価

3.6
一時だれしもがジョーカーになる可能性があるみたいな感想をよく見たのですが、ほとんどの人はあんなにかっこよく踊れないのでそれは嘘です
lalapi

lalapiの感想・評価

3.5
色んな物語に出てくる悪のカリスマジョーカー誕生の話。
皆さんのレビュー見てても胸が苦しくなった等多数で、やっぱり見てみたら始めっから辛すぎた。

笑う場面じゃないのに病気で笑ってしまう。

中々先を見ることができなかった

ホアキン・フェニックスの演技が鳥肌立つくらい素晴らしかったです。。
よこ

よこの感想・評価

3.9
ホアキン・フェニックスがいい意味でひたすらエロい。
ラストシーンまでの怒涛の流れがかっこよかった。
>|