ジョーカーの作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(33館)

ジョーカー2019年製作の映画)

Joker

上映日:2019年10月04日

製作国:

上映時間:122分

4.1

あらすじ

「ジョーカー」に投稿された感想・評価

2020-12

まず、世間の高評価に比べて低評価なのはこの映画が面白くない、という理由ではなく。
私のバッドマンに対する知識が浅すぎて、ジョーカーというヴィランの印象が薄く(その狂人らしさを深く知らず)、そのバックを見るには早かったゆえ深くハマれなかったってところからの点数です。
映画自体はとても良作でした!バッドマンシリーズをじっくり見てジョーカーのことをもっと知ってからまた噛み締めたい。

バッドマンの知識
①主人公がブルース・ウェインという富豪
②舞台はゴッサムシティ
③ジョーカーは狂人
くらいで、古いやつ何作かは多分観たことあるはずなんだけども、断片的。

今作をひとことで言うのは難しくて。
誰しもがジョーカーになり得る。貧富の差・社会福祉の打ち切り・就労困難・暴行・暴動・差別……、社会の闇というか、社会問題で苦しんでいる人々。どれだけ蔑まれたって、暴力振るわれたって、地べた這いつくばってそれでも必死に生きている人がいる。でも、そんな彼らが倒れてたって【誰も気にしない】【誰も気づかない】。
ジョーカーをジョーカーにしたのは、紛れもなく社会。

苦しい中でも、母と2人小さな希望をなんとか頼りに生きていたのに、次から次へと彼を襲う不幸。ただ平凡に、でも夢を追いかけて生きていたいだけなのに。重くて、苦しい。積もり積もっていく。
だから、他人から見ればきっと些細なことがきっかけになる。衝動的、と言ってしまえば簡単だけど、そうじゃないんだなあ。

1回見ただけでは全てを理解出来ず、いろいろ考察しているブログやレビューを拝見。私が気づかなかった伏線や説を読んで、感嘆のため息というか。そういう所まで、読み解けるようになりたい……。
Osudake

Osudakeの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

凄く面白かったけど。




「縮小再生産」というワードを思い浮かべてしまいました。
あり

ありの感想・評価

4.0
同情はするが共感はできない。

何も失うものがなかったり、開き直って一線を越えてしまった人間は、何をするか分からない恐さがあるよなと思いました。

オープニングのタイトルから、音楽、そして映像がお洒落だと思いました。ジョーカーはカラフルなスーツとメイクも相まって画になりますね。階段、楽屋、冷蔵庫、化粧など印象に残るシーンが多いです。

この映画観た後、階段でダンスして転げ落ちちゃう人いそう。
ずっと苦しかった
ダンス踊っているとき狂気的で見入ってしまった
『ポジティブに前向きに生きていこうぜ!』なんて言葉が無責任でいい加減な綺麗事にしか聞こえなくなるような、リアルで美しい程残酷な映画でした。

喜劇と悲劇は正反対だけど紙一重で
その物差しも人によって違う。
さらに人の生まれた環境もみんな違くて
そんな混沌から生まれた悲劇のコメディアンこそジョーカー。そんなジョーカーがジョーカーになっていく様を生々しいほどリアルに描いている大傑作です。

DCを見たことなくても余裕で楽しめる作品でした!!!
esuran

esuranの感想・評価

4.5
ジョーカーがあのジョーカーになる瞬間をこの目で目撃した。徐々に徐々に崩壊していくさまを演じたホアキン・フェニックスが凄いとは聞いていたが本当にすごかった。

ウェイン家との間にあったこと、ブルースと顔合わせしてること、バットマンファン(そんなにファンではないんだが)にはたまらないシーンもあるわけだ。

もっと悲惨な人いくらでもいますよ? と一刀両断してしまうのも簡単なんですけどね。

狂気で得るカタルシス。
これを求める人が一定数いるのは間違いないし、そういう意味でも、絶妙な描き方だったなと思います。多感な時期に(劣等感により屈折している条件つきで)こんな映画と出会ってたら、変な方向に進みかねないよね、というのは言い過ぎかな?

ラストの解釈が分かれるってのも納得。全部が幻でもそれはそれで美しいのかな。

ホアキンさん、凄かった。
yFujii

yFujiiの感想・評価

4.0
バットマンでのジョーカーの事前知識無かったけどこの映画だけでも問題無かった。
まさに怪演で終始不安にさせられる。
今まで観たことのない映画!
階段のダンスシーンがビックリするぐらいかっこよかった!
milky

milkyの感想・評価

4.0
#100
バットマンヴィラン ジョーカー
バットマン未修で視聴しましたが、この1作で出来上がってる。
ただジョーカーどんなやつなのか前知識的にあるともっとジョーカー好きになりそうでした。
ちひろ

ちひろの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

なんてつらい映画なんだ……。何が本当なのかわからなくなっていく展開は面白かった。
>|