ジェミニマンの作品情報・感想・評価・動画配信

ジェミニマン2019年製作の映画)

Gemini Man

上映日:2019年10月25日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

3.4

あらすじ

「ジェミニマン」に投稿された感想・評価

いちこ

いちこの感想・評価

3.2
アクションも凄いし設定も面白いけど
なんだこの平和なキャンパスのエンディングは、、、?ヘンリーとジュニアがウィリスミスの二役とはすご〜いね。
オールドなウィルスミスとヤングなウィルスミスの戦い。もっと差がついても良さそうなのに、オールドなウィルスミスがかなり健闘。どっちも負けるな!

primeに出ていたので視聴。若い頃の自分自身と戦う的な内容は、映画の宣伝で知っていた。授賞式で司会者を殴ったというウィル・スミスさんですが、演技はしっかりされており、アクションシーンもド派手に決めておられるが、ストーリーの中だるみ感はあるので、スゴイアクションの合間が、少し退屈に感じられた。

バイクを使用したアクションは、スゴイ見応えはあるものの、自分らの小競り合いに、他者を巻き込んでカーチェイスする様は、やはり海外様が大好きな仕様。

今回、吹替版を観て、主人公ヘンリーの相棒となる女性の声が、えらい緊張感がなくのっぺりとしてたので、誰かとおもったら菅野美穂さんでした。序盤から、違和感ありまくりだったので、観る方は字幕版をおすすめしたいところ。

テーマは、戦争と平和とクローン。よくありそうな設定だが、ラストにかけては平凡に終わる感じ。もっと刺激的でも良かったのかなとも思ふ。

評価程悪くはなかったとも思うが、記憶に残るものでもなかったか。






■箇条書き感想(ネタバレあり)
・菅野美穂さん
・同じ声のクローンとの会話に混乱
・会話に混乱して眠たくなった
・バイクアクションは良かった
・奥が深いようで浅い
・美女としっぽりしたい
・だれが悪くてどうなったのかようわからん
・兵士ですが日常にもどってハッピーは都合よすぎ
・後半はいろいろと面倒になった感の終わり
・美人過ぎないぎりぎりの線で攻めたヒロイン兼相棒
・あははうふふで終わる
かとう

かとうの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ウィルスミスでおもろくないわけない

面白かった、最初のシーンでえぐぅ思った、ウィルスミス強すぎぃ。最後の展開分かってもたけどなあ、そうじゃないわけないけど。笑 二人ともウィルスミスが演じてるって信じられへん、最新テクノロジーすごすぎん感動。アクションシーンとかどうやって撮影してるんかすごく気になる。どんどん進化してるんやなあと実感させられました、笑
この映画で映画100作品目〜〜!2020年だけやとまだ98作品やねんけどなあ。3年間で100作品以上見てると思うと映画って面白いし、飽きへんもんやな。
RUVIQ

RUVIQの感想・評価

2.5
これを見れば、あなたのウィルスミス大好き度診断ができるよ⭐︎
アメリカ国防情報局(DIA)の凄腕スナイパー、ヘンリー・フローガン(ウィル・スミス)は自分の狙撃したターゲットがテロリストではなく科学者だと知り、真実を知るために動き出す。それに気づいたDIAの上層部はヘンリーを殺すため、暗殺者を送り込むが、ヘンリーはそれを返り討ちにする。選択肢の無くなったDIAは極秘の特殊部隊「ジェミニ」から兵士を送り込む。ヘンリーの前に現れた最強の兵士はヘンリーの姿に瓜二つだった。

最初の動く列車の中のターゲットを狙撃するヘンリーのシーンで、一気に気持ちをストーリーの中に持っていくとともに、ヘンリーの超人的な能力が分かるようになっており、上手い構成だと思いました。
その後、ヘンリーの引退話で少し緊張感を緩めるも、すぐにヘンリーに次々と新しい情報と刺客たちが動き出し、緩急のつけ方も良かったと思います。その後も緩急のつけ方が上手く、最後まで時間を感じることなく観ることができました。

ヘンリーの相棒として、最初はヘンリーの監視役だったDIAのダニー(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)は正義感と高潔さを備えていて、ヘンリーに助けられてから、自らヘンリーとともに戦う姿は好印象でした。

本作の目玉として、ヘンリーの敵として現れるヘンリーと瓜二つの兵士「ジュニア」(ウィル・スミス)ですが、ヘンリーより年齢が若く、純粋無垢な部分があって、ウィル・スミスがヘンリーとジュニアを上手く演じ分けていて面白かったです。養父であるヴェリス(クライヴ・オーウェン)との会話で涙ぐむジュニアは心に伝わるものがあって良かったと思います。

そして、アクションとして銃撃戦、バイクアクションが非常に激しく描かれており、ヘンリー対ジュニアのバイクでの攻防戦は迫力とスピード感に満ちていて面白かった。

メッセージ性を考えず、気楽に見るにはとても面白い作品でした。
fkr

fkrの感想・評価

4.0
@CS/BS 面白い。肉弾アクションシーンが合成っぽさがあるというか、ありえない瞬発性を発揮した動きをスムーズに組み立てていて、これはこれでなぜか迫力のあるシーンに見えるのが良い。お話も、思ったよりも濃厚で良かった。
Fisherman

Fishermanの感想・評価

3.6
ちよっと死人が出過ぎかな〜。昔の仲間が巻き込まれ損。バロンは残って欲しかった。
どんなに優秀な兵士でも衰えはいつか来るし、悩みや苦悩が生まれるというベーシックなストーリーに、もしもクローン兵士がいればと言う展開。まさかの3人目の、、
アクションシーンは上出来だけど、こっちの弾は当るけど、相手の弾が当たらなさ過ぎなのが、、、あるあるにしても、、、
クライブ・オーウェンのファンとしては今回の役は不満足。
映画としては面白い。
奈央

奈央の感想・評価

3.8
有名俳優で見やすい。他のキャストも好き。アクションはイマサンぐらい
M

Mの感想・評価

-
吹き替え版はおすすめしません。
作業しながら見たかったので、吹き替え版を視聴。ヒロインの吹き替えが酷過ぎて、同じことを思った仲間がいないかレビューを見に来ました笑。ヒロインの声優が菅野美穂さんと知り、不慣れな俳優さんパターンね…と思いながら、見続けました。
>|

あなたにおすすめの記事