コルドロンの作品情報・感想・評価

「コルドロン」に投稿された感想・評価

まる

まるの感想・評価

3.5
とにかくダーク。子供が観たら怖さしかないんだろうなと。

主人公の魅力・ストーリーの盛り上がりに欠ける作品だったけど、ディズニーの手描きアニメーションが大好きな私にとっては満足のいくものでした。
D

Dの感想・評価

-
ディズニー暗黒時代の象徴らしく、内容もブラック方向に振り切ってて、挿入歌もゼロ。ロイド・アリグザンダー作プリデイン物語シリーズ『プリデイン物語』5部作が原作で、一部では良く知られている作品だが、知らない人が見たら、これがディズニー作品かと驚く程のダークファタジー要素満載で、ディズニー初のPGレート指定。シンデレラ城のミステリーツアーのモチーフ作品でもあった。
ディズニーの隠れた #名作
すん

すんの感想・評価

2.3
ウォルトディズニーアニメーションスタジオ史上最悪の失敗作と言われている本作、だが芸術面でいうとかなり出来がよく、背景の書き込み、ドラゴンやキャラクターの動き、効果・演出など、当時かなり試行錯誤して生まれたのだろうという素晴らしさ。
お金と時間がかかっているだけのことはある。

ストーリー自体もRPG感たっぷりの場面転換や助言キャラクターの登場と、何が起こるかわからない面白さはある。

しかしながら登場キャラクターが冒険についてゆく必然性のなさ、感情移入の出来なさ、ゆっくり動いて部下の首を締めるだけの雰囲気だけのラスボス、広げるだけ広げて絶妙に説明が足りず収集しない世界観など、欲張りすぎた結果の後始末の悪さが目立つような気がする。
弱気な少年を主人公に、伝説の魔法の剣を出しておきながら、みんなが期待する「RPG感のあるエンド」をバッチリ避けていくという裏切り方も拍子抜け。初期ディズニーらしくはあるけど。

面白くないわけじゃないけど、ツメの甘い部分が多すぎ。
雰囲気も暗くヒットせずスタジオが傾いたというのも納得。




ディズニーアニメ史上最大の失敗作『コルドロン』は本当に駄作なのか?
https://www.sun-ahhyo.info/entry/2018/08/20/201229
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

2.9
ディズニー低迷期の作品の一つ。決して映像などの出来は悪くないのだが、話がいまいちでまとまりもインパクトもなく、敵もひたすら見た目が怖いだけでいた意味あんまりなし。とにかく印象に残らない作品になっちゃってます。
TDRのシンデレラ城で、勇者になったな〜メダルもまだある〜なつかし
ガーギっていうやつが出てくるんだけど、これがまじでアンディ・サーキスのゴラムっぽい。アンディはこれ見て役作りしたという説を唱えたいと思います。
RX24

RX24の感想・評価

2.0

期待はずれだったなぁ…
恐ろしいホーンド・キングが見たかった。
登場キャラクターみんな弱いし何もしない。
大きな活躍も見せ場もない。

またシンデレラ城の地下で戦いたいなぁ。
勇敢な戦士を夢見る青年ターラン。彼の豚のヘン・ウェンには予知能力があるのだが、ある日悪の帝王ホーンド・キングが「ブラック・コルドロン」という魔法の窯を狙って悪事を企んでいるのをヘンが予知する。それに気づいたホーンド・キングはヘンを拉致してしまい...。

歴代のディズニー作品の中で最も評価が低く、知名度も日本においてはほぼ無いに等しい作品。未見だったので試しに借りてみたのですが、とてもディズニーが手がけた作品とは思えないダークさに驚愕。
全編通して暗雲が立ち込めるほぼ暗い画面が続き、見るからに異形の魔物や魔女、骸骨の大群が主人公たちを追い詰めてゆくストーリー。絶対子供ならトラウマを抱えてもおかしくない怖さでした。
今はなきディズニーランドの人気アトラクション、ミステリーツアーの最後に登場するホーンド・キングは、皆さんのレビューにもあるように、ディズニー史上最も迫力に溢れた悪役。主人公よりも圧倒的な存在感を誇っていました。

豚のヘン・ウェン、魔法使いエロウィー姫、吟遊詩人のフルーダー、そして森に暮らす不思議な生き物ガーギなど、一見魅力的なキャラクターがたくさん登場するのですが、それといった見せ場がなく終了してしまうので印象薄め...。主役のターランに至っては、何かこの冒険で貢献する部分があったかなと言われると思わず首をひねってしまうほど何にもしていない(笑)。
まるで『ロード・オブ・ザ・リング』や『キング・アーサー』などを彷彿とさせるファンタジー要素はたくさんあるのに、あまりに暗すぎて心が踊りませんでした...。
でも荘厳な音楽はエルマー・バーンスタインによる作曲とのことで素晴らしかったです!

スケールが大きいようで小さくて、正直ぽかーんとしてしまう場面が多々ありました(笑)。実写化作品だったらきっともっと楽しいだろうし、何よりディズニー作品の明るさを一回置いて観てみたらそのダークさに酔いしれられるかもしれません!
ある意味で、世にも不思議なディズニー作品でした(笑)。
Falcon

Falconの感想・評価

2.8
ディズニーランドに昔あったシンデレラ城ミステリーツアーが懐かしく思える作品。メダル貰うのに必死になっていた思い出。
映画自体はお世辞にも起承転結すらしっかりできているか怪しいほどに呆気ない。85年製作でディズニーのクラシック作品は好きではあるもののキャラ愛がなければあまりリピートしようとは思わない映画。エロウィー姫がとても可愛い。最近久しぶりにベイブを観たのでこの映画のヘン・ウェンと言う名のブタさんにも愛着が湧いた。
abdm

abdmの感想・評価

3.5
ガイコツ蘇るところが最高に萌える。
本編は当初よりだいぶカットされているらしい。
なにやら初めは人体が溶けるシーンがあったとかどうとか。
みてみたいねぇ。
>|