映画ドラえもん のび太の人魚大海戦の作品情報・感想・評価

「映画ドラえもん のび太の人魚大海戦」に投稿された感想・評価

第30作

ソフィアがとっても素敵なお姫様でした。
神話のようなお話。
TTSZ

TTSZの感想・評価

3.3
前半はロマンがあるけど、中盤以降がやたらと薄っぺらい。
しかし、しずかちゃんは海底でよく攫われるな。
らくだ

らくだの感想・評価

3.6
多分おもろいと思うわ!
(ドラ映画まとめて見過ぎて正確な判断が出来なくなった)

冒頭を分かりやすく説明すると。

架空水面シミュレータポンプを使い陸上に架空の水中をつくりあげ、架空海水まきぞえガスを添加させたのち、お座敷釣り堀から魚類を陸上におびき寄せ架空の海を陸上につくる。架空水体感メガネをかけた人間のみ架空の海を海と認識して泳ぐことが出来る🐟🐟🐟🐟🐟🐟

分かりましたか?あとは本編をお楽しみください😎

おじさんはこの年でドラミちゃんが大好きということに気づいてしまった。今回はドラミちゃんがたくさん活躍して嬉しい☺️

あとひっさしぶりに武鉄がSingしてたわ。
Mikaerra

Mikaerraの感想・評価

4.5
ちょっと理解が難しくて何回も見た。ワクワクとシリアスのバランスいいけど子ども向けより大人向けかも。
おむ

おむの感想・評価

-
映画館で最後に見たドラえもん映画かも。
最後雑だなぁって思った気がする
街が海の中だったらって妄想、小さい頃何度もしたな〜😌
って思ってたらレビューで気づきました。そういや海底鬼岩城がありましたね笑

まず今作のゲストヒロインは声に違和感なくて助かった!!前作が前作だっただけにマジでここで安心。
チョイ役でさかなクンおったけど、なんか上手くて笑いました

で、わざわざ未来から来たはいいが調べりゃ分かる!ってレベルの情報を伝えるだけ伝え帰るドラミ。けど普通に勉強になる知識もありました。オアンネスとかスネ夫が言ったぎょしゃ座とか。

ストーリーはノーマル!そこまでひねりはなかったかもですね。

今作のしずかちゃんは色んな表情あって可愛かったです。ティアラではしゃぐとことか
レク

レクの感想・評価

3.1
映画ドラえもん30作目。
泳げないのび太がダイビングに憧れる。
さり気ない台詞や世界観、街中が海になる架空世界はとても素晴らしい。

が、原作『深夜の町は海の底』からの完全オリジナルストーリーの割に『海底鬼岩城』を意識してしまっているところが悪手になってる。
挿入歌が武田鉄矢は泣く。
いつものドラえもんという感じ。可もなく不可もなく、過去作を踏襲して堅実に作ったという印象を受けた。
前半の町中がお魚が泳ぐ海中になるのは秘密道具らしいロマンがあった。
架空の水なのに何故魚だけはやってこれるんだ?という突っ込みどころはあるのだが…
そしてこの前半のくだりが最後の最後に役立つ伏線回収は良かった。
中盤以降人魚の姫様を保護し連れ帰り、海底王国での交流と敵対勢力とのバトルになるのだが、今回はドラミちゃんもガッツリ参加なのでのび太サイドが強すぎでは?と思ってしまった。実際ほぼ圧勝なのでバトルにおけるハラハラ感はなかった。
ただしずかちゃんがピンチ役を担っており、結構リョナな展開になる。監督の趣味なのだろうか…
同じ海底を舞台にした「海底鬼岩城」を意識した作りになっている分、鬼岩城の方が印象に残るキャラやドラマがあっただけに、どうしても比較してしまい見劣りしている感は否めない。
K

Kの感想・評価

3.5
ドラえもん30周年記念作品だって
だから武田鉄矢なのか?

なるほどね「魚意」ね

物語はなんか、
展開がよく分からん、、
上手く繋がってるのこれ?
うえお

うえおの感想・評価

3.0
ベースは単行本の中の一つのエピソード。
ドラえもんは軽く言うてるけど町中を魚が泳ぎ回ってるってまあまあパニックになるで。
冒頭のしずかちゃん明らかにハブられてるのび太君置いてくの冷たい。わざわざWikipediaレベルの人魚情報を未来からやってきて教えてくれるドラミちゃんの優しさを見習え。
同じ海底なら海底鬼岩城のがおもろい。
>|

似ている作品