新聞記者の作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(173館)

新聞記者2019年製作の映画)

上映日:2019年06月28日

製作国:

上映時間:113分

あらすじ

「新聞記者」に投稿された感想・評価

jon

jonの感想・評価

1.5
俳優さんたちの演技、めちゃくちゃ凄かったと思うけど、、これは僕の政治的イデオロギーからなのか、ネットにおける環境によるものなのかしら、この映画の内容も、取り巻きも、その取り巻きの言動も、僕は受け入れられないし、寧ろ嫌悪感を持った。

「消される覚悟で撮りました」
そもそも消されるはずもない、、、

「これは、現実に起きている」
真意は別で今のところは陰謀論、、、


でもこの演技を観たら「あぁ...」自分の知らないところで日本のために...ってなる気持ちは分かる。
でも、その取り巻きを調べていくと、某反日局や反日新聞が垣間見え、ただ感動して終わり、なんてことにはならなかった。
ゆゆゆ

ゆゆゆの感想・評価

4.6
松坂桃李さんの演技力がすごい!映像もドキュメンタリーを見ているようなリアルさともしかして今の国会かな?と感じるような内容が含まれており、最後まで映画に釘付け。どの仕事の人たちもそれぞれ守るものや担う責任があり、戦っているんだなと思った。メッセージの強い映画。
政治とメディアの関係性、ジャーナリズムのあるべき姿を非常に問いかけてくる作品。

終盤、吉岡らの決死の記事に対して、新聞各社がそれに追随する動きを見せた点は、強大かつ恐るべき国家に対して、一ではか弱い個人が手を取り、勇気を出して行動することが大事である、という吉岡のツイートの意義を感じさせるようであり、また政治について一個人が果たすことのできる役割の大きさも投げかけるようなものだった。

ラストの松坂桃李の演技は素直に鳥肌。
松坂桃李が戦隊モノ出身だなんて、
飛んで埼玉とキングダム日本アカデミー賞争ってたなんて、ねえ
めちゃくちゃ森友加計問題がモデルや〜てなった。松坂桃李の演技は抜群。ラストシーン追い詰められて一気に生気がなくなる表情とかすごい。主演の記者がなぜ韓国の女優さんなのかは分からなかった。腐った政治にメスを入れるということではありきたりなテーマだけど、それを日本で映画にして流すということ自体がすごいのかもしれない。
chiyo

chiyoの感想・評価

3.5
2020/3/21
現実のあの事件を思わせる問題が取り上げられ、それだけでも現政権に「NO!」を突き付けているのが分かる。が、結局のところ、松坂桃李演じる杉原の心の揺れを追うだけで、改めて思い返すと起伏があまりない映画だったな、と思う。そんな中で迎えるラストも遣り切れなく、これが現実なんだと思い知らされるばかり。それでも、こういった映画が作られたことに意義があると思えるし、「あなたならどうする?」と問いかけられているかのよう。政治に携わる人にこそ、観てもらいたい映画。
🇯🇵

面白かった。

シムさんの演技、すばらしかった。なんとも奥深さがある。

彼女が演じていたのは政権の確執、真実の追求に奮闘する新聞記者の吉岡。使命感を感じる力強さと、醸し出される透明感と、とてもすてきだった。

攻めた内容で、公開まで大変なことが多かっただろうと想像されます。

カメラの構図も遊びがあるという表現でよいかわからないけど、凝っていてよかった。
どこかから見られているような角度というか、そんなシーンも多くドキドキさせられた。

吉岡の隣の席の同僚も良い味を出していた。その他の新聞社の方々も良い意味で主張がなく、自然体でそれがよかった。

官僚系のシーンのライティングの暗さが印象的。映画としてはわかりやすくよかったけど、リアルはどうなのでしょうか。

大賞受賞も納得の、良き映画でした。
Pom

Pomの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

ーーーーーーーーーーーーーーーー

誰よりも自分を信じ、疑え



この国の民主主義は形だけでいいんだ

ーーーーーーーーーーーーーーーー
MiYu

MiYuの感想・評価

4.2
主演2人の表情で、目で、演じる凄まじさ。
権力がある人の思うように
なりがちな世の中、テレビやネット
膨大な情報が飛び交うSNS、正直
何を信用していいのか分からない。
政治よく分かんない、じゃなくて
国民として興味関心を持ち
きちんと意見を持たなければ、
と恥ずかしくなった。
次の日までもやもやと考えてしまった
日本の政権について考えるきっかけ
になり、観てよかったと思った。
もっとこういう意味のある日本映画が
増えればいいなと思った。
2020.03.09
現実の話と似たような設定で、話としてはイメージしやすく先が気になっておもしろかった。でも何か薄っぺらい印象を持ってしまった。すこしさめてしまう瞬間があった。映画全体を通して。
あまりにも暗すぎる部屋とか、絵面を利用して印象づけしてる感じが冷めてしまった原因かな。
あと個人的に、本田翼が出てくるとLINEモバイルのCMが邪魔をする!
>|