バースデー・ワンダーランドの作品情報・感想・評価

上映館(255館)

バースデー・ワンダーランド2019年製作の映画)

上映日:2019年04月26日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

あらすじ

「バースデー・ワンダーランド」に投稿された感想・評価

想像していたよりもファンタジーな作品で面白かった。
松岡茉優が主役の声ってことで楽しみにしていたところ『聲の形』とは違ってそのまんま松岡茉優っぽくてこれはこれで良かった。
後半のあまりも御都合主義的な展開にはびっくりしたけど、わかってやってる感があってむしろ笑ってしまった(笑)
最後に経過時間のカラクリがさらっと明かされるけど、それに気づいた時は膝を叩いた。気付けなかったらつまんない作品と思っていたかも。
うん、とてもいい作品だった。
イリヤさんデザインのキャラクターが動くのもファンタジーな世界観もとってもいい。
ただ話を牽引してくれないため、没入出来ず、テンポや細かいところが気になって乗っていけない……もったいないという気持ち。

声優はそんなに気にならなかったです。
監督の過去作の小ネタはニヤリと出来ます。
shinya

shinyaの感想・評価

2.5
児童文学が原作だけあって内容としてはストレートな少女の成長譚になっていました。
水問題など現実社会ともリンクする環境問題を絡め、現実から目を背けないことの大切さを訴える内容で、子供向けでありながら、大人も考えさせる原恵一監督らしいテーマの作品でした。

ただ、アニメーション表現は悪くないと思うんですが、そのワンダーランドのファンタジー表現が何とも乏しくて、何故こんなにもワクワクしないのかと悲しくなってきました。
原恵一監督のファンタジー作品ということで、期待してたんですが…。


どうしたんだ原恵一監督よ!!
と、終始このまま終わるでない、と鑑賞中に願いながら終わっていた寂しさが残る作品でした。
八

八の感想・評価

3.5
派手なアクションも残忍な悪役も出てこないけどそんな穏やかさが感じられる映画って素敵だと思います。

喧騒や忙しなさの中で感じられなくなっていく景色が持つ色の美しさを感じたり
心が動く瞬間があるって豊かだ。

ずっとそんな感性を持ち続けるのは今のこの時代には難しいのかもしれないけれど
心がけたり気づいていくことで少しでも自分が感じた景色は彩りを持つはず。

ストーリーも小難しくないし無駄に意味を持たせないのがいいのでは。
ものたりねぇ
その一言で充分

やっぱり市村さんはミュウツーで無いとね
かなり酷評のオンパレードだけど、わたしは基本的に嫌いじゃない。そりゃ、ストーリーは小学生向けみたいないいかげんさ(小学生に失礼)。主人公はギリギリまでなにもしないし、悪いやつが1人も出てこないし、最後はみんなよかったねでおわっちゃって、どうして改心したのかもよくわからない。キャラクター造形もダサイ。音楽も、ラスト以外はかなりダサイ。とにかく全体的にダサイ。ダサイタマ。
でもこれはきっと、原作がそういう原作だったんだと思うの。読んでないけど。だとしたら、原恵一がなんとかしろよって話だけど、わたしもそう思う。でもこのダサさを狙ってたんじゃないかな。そんな気がするの。
なんでかって?そんなの、知らない…
それより、なんで好きなのか、考えなくちゃ。あーいそがしい^_^
99
abekoh

abekohの感想・評価

3.2
キレイだった。前評判悪かったけど、昔PCエンジンにあった、異世界的なとこを当て所なく訪ねるゲーム感覚を思い出し、悪くなかったよ
MIHO

MIHOの感想・評価

2.3
絵は本当に美しかった!作り手の丁寧さが込められてるアニメーション!
それだけに内容が残念すぎた…全体的に薄くて浅いので、あまり印象に残らない
原恵一監督最新作にも関わらず、2時間心揺さぶられることなく終わってしまったのがとても残念…。ワンダーランドとは、成長とは…。
結構おもしろかったけどな。。

アニメーションに詳しくなさすぎるので、いろいろしっかりお詳しい方の厳しい感想とは違った感想になりますが。。


地球が綺麗なままであってほしいなと思いました。

母と一緒にいられることを喜びたいなと思いました。


楽しい楽しい海外旅行から帰ってきたときに、やっぱり日本が1番いい国!って感じることを、思い出しました。


そうゆう生活を、なんとなくと受け入れてウジウジと生活しないで、
素晴らしい世界を守るために、
前のめりに生きていけたらいいな~~。

キレイゴト万歳なのです😊🙌


松岡茉優ちゃん良かったので、主人公が中学生だったら良かったのになと少し思いました。
>|