よこがおの作品情報・感想・評価・動画配信

『よこがお』に投稿された感想・評価

こりの

こりのの感想・評価

3.5
出てくる人出てくる人みんな悪いところがあり、いやーな気持ちにさせられた。

映画としては良い作品なのかもしれないけど。

筒井真理子の下品さにはプロ根性を感じた。
筒井真理子が犬になってバウバウ吠えたり押入れの中で池松壮亮とイタしたりしてて、なんかこう、すごかった。それに対する市川実日子のいつもジャージのダル着で亡霊のような存在感を放ってる感じも良かった。

あとは、それでも人生って続くんだよなって。
y

yの感想・評価

3.3
筒井真理子のミステリアスな演技すき

復讐したかとおもいきや、、のおち

池松壮亮の脱力感もすき
AKIRA

AKIRAの感想・評価

-
映像が、カットごと、語りかけてくるようだった。色合いとか明暗とか。構図とか。
じょー

じょーの感想・評価

4.3
甥っ子が逮捕され、事件に巻き込まれる訪問介護士の話。

エグい…。ただひたすらにエグい…。いいことが何ひとつ起こらない…。ずっとひきつった顔で観てしまった…。頭抱えた…。何ちゅう気持ちにさせてくれてんすか…。いやほんとに勘弁してください…。好きです、この映画…。
こーら

こーらの感想・評価

3.4
見終わったあとただただマニアックな撮り方だなあという感想が残った
事件の中心でなく、その周りの人間に起きるドラマを描く。

何気ないエピソードや言葉や仕草もなんだかこびりつく。
嫌な気持ちが残って面白いです。

2022 11 日本映画専門チャンネル

このレビューはネタバレを含みます

市川実日子ちゃん出てる♡と軽い気持ちでみたら若い女が犯罪に遭う話でぐったり(怖いシーンは意外と大丈夫だった)U-NEXTのあらすじでは“冤罪”が強かったので油断しました。
犯罪加害者家族の苦悩というテーマ(つくった人は冤罪のつもりだったのか?)はいいけど、この女は自分が人生壊された!だけで、被害者の女の子がこの先死ぬまでトラウマ抱えて怯えて生きていくことを少しでも考えたのか?仕事を辞めざるを得なくなり恋人も離れる記者たちのピンポン地獄もそりゃつらいだろうけどそんなの一時のことじゃないか。被害者の、寝ても覚めても侵入症状に怯える日々×死ぬまでを想像しようとしたか?ネタバレですが、出所した後の「あの子元気かな?」発言に保護者は元気なわけねえだろ💢とブチギレるべきだし、「謝りたい」はてめえの罪の意識を軽くすな一生抱えてろ💢とビンタだろ連れて行ってんじゃねえよ怖いだろうが💢💢💢💢💢💢💢💢💢ふざけんな、てめえも加害者を創造した一部なんだよ苦しんでろ💢💢💢💢💢
物語というのはいつも主人公に共感できなくてもいいけど、全体を俯瞰して見られ方を考えたときにどうなん?と思う。公式みたら「『無実の加害者』として生きる女の絶望と希望を描く、ヒューマンサスペンス」という説明だったので、「無実」の認識がわたしとは違ったんですね。

(追記)11/25
これはわたしのつぐなわせ幻想なのかもしれません。「つぐなわせ幻想の一変種として、加害者ではなく傍観者から賠償をとりたてようとするものがある。賠償要求は社会全体に向けられることもあり、特定の個人に向かうこともある」ハーマンの心的外傷と回復より
信頼の繋がりは、一瞬にしてすれ違い、プツリとちぎれる。責任と罪を考える物語が、単純に面白いです。多面的な人間の性質は、時に恐ろしい攻撃性を持って噴出する。ズレていく感情が、もどかしく辛い。今はそっと「よこがお」を覗くだけ。オススメです
ハロー

ハローの感想・評価

3.8
毎日どこかで必ず事件は起きている。そして毎日、被害者と加害者が生まれている。当事者ならずともその家族や親族にとってもそれはとても大きな出来事だし、関係ないとしても心には深い痛手を被る。そんな時の心は誰かを攻撃して自らを守ろうとするのかもしれない。つらい現実を見つめる作品です。

ピンポンピンポンピンポンは酷すぎる😖
>|

あなたにおすすめの記事