エリカ38の作品情報・感想・評価

上映館(7館)

エリカ382018年製作の映画)

ERICA38

上映日:2019年06月07日

製作国:

上映時間:104分

あらすじ

「エリカ38」に投稿された感想・評価

na

naの感想・評価

2.0
愛され願望と自己承認欲求
これほど厄介なものはない。

昨今のSNSも同じ

結局自分で魅かれて自分で堕ちていく。
ルリヲ

ルリヲの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

エンドロールの演出に非常に驚かされた。まさた実在の被害者の音声持ってくるとは。
ろた

ろたの感想・評価

3.2
元ネタ事件への興味と樹木希林さんの企画作品ということで鑑賞。きっともっとメイクや照明などで、浅田さんを美しく映すことも出来たと思うけれど、やり過ぎなかった事でリアルな感じが出ていた。ドキュメンタリーではないのだけれど、最後に実際の詐欺被害者達のインタビュー音声が流れ、その強欲な声色にゾッとした…
AKI

AKIの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

樹木希林さんが歌う【赤とんぼ】が印象的だった。

山崎静代さんの存在感。
enfant

enfantの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

今作は人への極めて露悪的な目線で描かれている。登場人物が揃いも揃って滑稽。役者が全員凄まじいまでの表現力だったのも相まってより一層それが際立っていた。
中身が無い人間ほど金や嘘や愛の奴隷になって生きがちだ。上辺のものに騙され、本来人の生活の質を向上しようと合理的な流れで作られた道具にさえ反対に振り回される。自分が無いため意思決定を他所に頼るしか無い故だ。そして信じていたものが悪だと判明しても皆一様に責任の所在を他者にのみ押し付け愚かさを受け入れず、記憶の中の過去を捻じ曲げてまで自分を守ろうとする。確かに事実として非難されるべきは騙している人間のみなのだが、自身の精神性の幼さに目を背けていては所詮同じことの繰り返しだ。

その中で唯一光として描かれているのがタイ人の青年であるのだが、彼だけはエリカが捕まっても尚彼女を敬愛し続け、彼女にとっては嘘から始まったはずの愛も真に変えてしまう。恐らくは彼も元から裕福であればエリカに恋心を抱くことは無かったので、そういう意味ではある種金銭に踊らされた者の一人ではある。ただ、嘘を一つのテーマとして描いたこの作品において、強い意志こそが自分を保つ手段であると彼の存在は示してくれている。図らずも嘘とそれに付き纏う不幸の渦中から獄中のエリカを救い出してくれたのも彼の手紙な訳だ。

タイ人の青年の存在と、エンドロールで流れた映画の元となった事件の被害者の声がこの映画の命題を暗示しているのではないだろうか。年配の人ばかり見に来ていたが若い世代こそ見るべき作品であるように思う。如何なる人や物の傀儡にもならずに生きて行くための道を、煮詰めに煮詰めた俗物の醜悪さを映し出すことで示してくれている。視聴に痛苦を伴いはしたが好きな内容だった。


樹木希林さんの遺作ともいえる位置の本作。

ドラマ時間ですよコンビの浅田さんが素敵な詐欺師を演じましたが、
山辺節子ほどの灰汁はさすがに出ないですよね’`,、(’∀`) ’`,、
本人は見ていると、うすら寒くなりましたもんね。

本作、
大変な人気でしてね、
何度か観るチャンスあったんですが、
普通に大手シネコンでは常に満席でしてね、
ふと、
最近オープンしたての劇場でやってることを知り、
ダメもとで行ってみたら、かなり余裕で観ることができました。
新しい劇場なので綺麗で快適!
しかもゆったりと余裕。

でまぁ、
やはり本作のモデルとなった彼女に比べると
浅田さんもイイ表情見せまくりではあるんですが、
やはりあのパンチ力はどうしても表せられない感じでしたね。
アチコチで並んでいたオバサマ達、
本作もこの劇場ではオバサマしか居ませんでした。
しかし、
聞くと見るとでは大違いだったようで、
皆さん、帰り道には首をひねっておりました。
正直、
鑑賞前に殆どのことがわかってる作品ですしね、やむを得ないですかね?

私なんてムビチケ買ってまでの鑑賞だったけど、
まぁ、こんな感じですかね’`,、(’∀`) ’`,、







2019.6.18    kinocinema横浜みなとみらい

このレビューはネタバレを含みます

樹木希林は大好きだし、浅田美代子も好きだから、スコアはつけられない。その2人じゃなかったら、私の中で高い評価にはならないかもしれないけど、樹木希林らしい内容の映画で、かつ樹木希林の希望どおり、浅田美代子の代表作になったと思う。

樹木希林らしい内容とは、単にエリカを悪としなかったところ。見終わったあと、実際の事件をテレビで見ながら樹木希林が浅田美代子にどういう話をしていたかを何となく想像してしまって、勝手に納得した。樹木希林、本当に惜しい人を亡くした。
お金より信じたいこともある。
ありがとう、ポルシェ。

浅田美代子さんのエロスと怪しさに
ドギマギしました。

エンドロール驚き映画でした。
てぃだ

てぃだの感想・評価

1.9

このレビューはネタバレを含みます

樹木希林presentsと言われても。今年75本目。これで本気で「女の本性」とか「女の性」とか描いたつもりなんだろうか。浅田美代子が「死のっか」とか言ってる側でマニキュアを樹木希林が塗ってるシーンだけ妙に神がかってたとは思う。浅田美代子のラブシーンとか詐欺で騙された連中が浅田美代子攻めるシーンとかただただウンザリ。
人間、普通に生きて行く事が一番難しいのかもしれない。

問題はシンプル。
理由も明確。
だけど現状だけが複雑な為にお先真っ暗。

こんな筈じゃ無かったでしょうに。
根っからの悪人はいないんだからさ。

あんたのその態度見たら誰だって怒るわいな。
意地なんかプライドなんか知らんけど、ほんまにくだらない。

「ごめんなさい」の一言さえあれば何とかなんねん。

エンドロールで作品の価値がだだ上がりした。
>|