失くした体の作品情報・感想・評価・動画配信

失くした体2019年製作の映画)

J'ai perdu mon corps/I Lost My Body

上映日:2019年11月22日

製作国:

上映時間:81分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「失くした体」に投稿された感想・評価

生身の人間と手の恋愛話だと勘違いしてた。そうでないにしろ、切断された手が動き回るなんて引いちゃう題材だけど、思っていたより良い映画だった。とりわけ音響、テーマソングや劇中のマイクが拾う風の音とかが心地良かった。3579
話筋としてはよくある閉塞感からくる物語にだが、そこに片手が主人公であることで「よくある話」ではなくなっている。
さらに片手が旅するという出落ちではなくそれこそが失い続けるだけの主人公が最後まで与えようとするという重要なモチーフになっている点が素晴らしい。
それに加えて登場人物の感情のリアルさや演出のうまさ、アニメーションであるが故に見ていられるファンタジーさなど良い点は多い。
Ayumi

Ayumiの感想・評価

-
#no105
#ilostmybody
え?むずかしい、、繊細すぎた
福徳

福徳の感想・評価

2.6

このレビューはネタバレを含みます

雰囲気が好きだった
ただ主人公の気持ちに少しも入り込めなかった
もしも自分がインターホン越しに少し仲良くなったピザ屋さんが、個人で勤務先を訪ねてきて、自分の後を付けてくるって思うとちょっと鳥肌たった
諒

諒の感想・評価

3.7
切断された謎の手。
その手が動く度に、とある思い出が蘇る。
最初は何だろうと不思議に思っていると、とある青年の恋のエピソードが。
不器用なのだけど一生懸命に生きていて、見ていると彼を応援したくなっていく。
最後の方は、ハラハラと見ていたのだけれど、見終わった後は不器用なりに自分も頑張ろうという清々しい気持ちになった。
YutaMorii

YutaMoriiの感想・評価

4.3
アカデミー賞2020の長編アニメーション賞ノミネート作品。最初の15分くらいはよくわからなくて外したかなぁと思っていたら、途中からぐんぐん引き込まれていって、ちぎれた手がどうつながってくるのかという謎がちりばめられてたおかげで80分あっという間だった。設定が独創的で、短いのに深みがあってとてもいい作品!!

あとガブリエルの初登場シーン、ナウフェルが「事故で配達が遅れてしまった」と言ったときの、彼女の返答が素晴らしかった。ナウフェルは真っ先にピザの状態を答えたけども、ガブリエルが案じていたのは、事故を起こした彼自身の体のことだったのだ。このやりとりに心を掴まれて最後まで見た。

主人公は明確な幸せを掴みとったわけでもないけれど、どこか救いがあったというか、生きる希望みたいなものを最後に掴めて心が揺さぶられた。
小森

小森の感想・評価

-
体を失った「右手」が恋人に会う為に彷徨う。細かいことは良いとして、右手目線で描かれる世界が面白かった。回想シーンで執拗に繰り返される右手演出素敵。
ム

ムの感想・評価

2.9
なんとも洒落た空気感と雰囲気。でもなんか足りない感じだった。
雰囲気良し
手だけの姿はそういう生き物みたいでなんかカワイイ
さき

さきの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

映像と音楽とはじまりに惹かれて最後まで観てしまった映画。
ストーカーの流れは正直「…」だったけど、
それが主人公の人格としてリアル。アニメーションでカバーされてるから程よい距離を保てたし、もしこれが実写なら離脱してたと思う。
この映像表現だからこそな映画。
ドキュメンタリーなら重くて悲しくて辛くて、
その人の人生を「知る」こと、そういう人生があることすら直視出来なかった。
>|