約束の宇宙(そら)の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「約束の宇宙(そら)」に投稿された感想・評価

mArikO

mArikOの感想・評価

3.9
宇宙飛行士ママと娘。かなり特殊すぎる設定。全く未知の世界のお仕事なので共感はない(笑)でも、ママがどーとか仕事がどーとかどーでも良くなる、
なぜなら雰囲気が良い!個性的な映画だと思う。終始しっとりとした世界観。センスいいなあ
音楽も凄く良かった。
シングルマザーである宇宙飛行士の母親とその娘のお話です。ロケット打ち上げまでの期間に焦点を当てており、そのなかでの母親と娘とのやりとりを中心に描かれております。全面協力かは分かりませんが、普段あまり見られることのない訓練の様子や、宇宙飛行士の旅立つまでの様々な工程などを作品を通して垣間見ることが出来たのが個人的には良かったです。加えて、職業問わず働きながらの子育ての大変さも含めて。エヴァ・グリーン素敵でした。記録。
デュオ

デュオの感想・評価

3.8
シングルマザーの宇宙飛行士が子育てと宇宙飛行ミッションを両立するストーリー。良かった。
宇宙飛行士っていう職業は特殊ではあるけど、やりたいことと子育ての両立の難しさを感じた。
サラには娘を託せる元夫がいて、児童福祉司か何かだと思われるウェンディーがかなり親身に支援してくれたのもあって、どうにか両方を手放さずに済んだ。
ウェンディーはサラの無茶にも色々対応してくれていて、あまり目立たないけどこの人がいなかったら正直まわらなかったんじゃないかと思う。まあでも、こうやって然るべき人、然るべき機関に頼れること自体サラの強さかもしれない。困難な時、その状況に応じてどこに頼ればいいのかわからずに潰れてしまう人は少なくないだろうから。

失読症と計算障害を持っていたステラが、父親と暮らし始めてから読み書きも計算も出来るようになっている様子がさらっと描かれている辺りもちょっと複雑だったな。

元夫はどんな人なのか最初よくわからなくて冷たい印象も少しあったけど、娘が初めて自転車乗るのに成功したのを見て大喜びしていたり、サラが宇宙へ行くのを見て号泣していたり、とっても可愛い人だった笑
サラは宇宙に行くという自分の夢以外には娘のステラのことしか頭になくて、元夫のことは全く気にかけていないし、良き友人になっている感じでもないから、ちょっと不思議な関係に見えた。

この監督、『裸足の季節』の脚本を書いた人なんですね。女性の強さと少女の瑞々しい感性の描写が流石だった。
TAKA

TAKAの感想・評価

3.8
宇宙飛行士の訓練が詳しく描かれていて、大変なんだなぁと思った。
打ち上げ時の家族の涙、あれはしばらく会えず悲しいから?感動から?どちらなんだろう。もっと他の理由もあるのかな。
エヴァ・グリーンが素敵すぎて
結婚してても俺が同僚の宇宙飛行士だったら性的対象。
『ブラック・バード』と2本立て。

宇宙開発機関のプロモーション映画なんだろうか?って、観終わった後に思った。

調べたらWikipediaに「JAXA(宇宙航空研究開発機構)が本作に賛同して初めて洋画作品を後援する」って書いてあって納得。

スペースシャトル打ち上げシーンは今まで観た中で一番リアルでした。
生っぽいっていうか、VFXでは絶対出せない迫力。すごかった!
スペースシャトルにご興味ある方には、オススメです✨


ストーリーは、女性宇宙飛行士の葛藤をプロモーション的に描いてます。
と感じてしまったなぁ。

学習障害のあるステラをシングルで育てながら、宇宙飛行士の機会を得たサラ(エヴァ・グリーン)。
ロシアでの訓練中は娘を離婚した夫の元へ。でもママべったりの娘のことがサラは頭からずっと離れない。というか、ママも娘にべったりなんだと思う。

私も一人娘の母なので気持ちは理解できるけど……。

宇宙に行ったら簡単に戻って来られないし、もしかしたら一生会えないかもしれないから恋しいし、少しでも娘の顔がみたい。

だけど……、その事情を踏まえても最後のサラの暴走?には引いてしまった。


それほどの葛藤を乗り越えて女性宇宙飛行士たちは宇宙に飛び立ってますって言いたいのだろうか。

とても選ばれた人があんな行動をとってはダメだよ。この監督、宇宙開発機関の協力後援狙いでこんな脚本書いちゃったの?

あと、サラのおっぱい映し過ぎ 笑

母親の象徴のつもりかもしれないけど、エヴァ・グリーンのおっぱいがやたら目について、おっぱい映像の意図を物すごく考えてしまった😂

エヴァ・グリーンのおっぱいは美しいのでみて損はないけど、監督はオッサンかと思ったら、まさかの女性監督だったていう😩

坂本教授の音楽もとても良かったし、サラとステラの母娘の絆も感動的だったけど、素直に「いい作品でした!」と言えなくてすごく残念でした🥲🥲🥲
こるり

こるりの感想・評価

2.0
女性が宇宙に行くまでの様々な葛藤に切ない気持ちになったが、それを帳消しにするような彼女の自分勝手な行動に、冷めた。エンドロールの女性飛行士の写真は素敵。
宇宙飛行士として、一児の母親として、宇宙へ行くまでの訓練を描こうとしてますが、宇宙に行くことに寄って娘にしばらく会えなくなる寂しさやもどかしさが中心に描かれてました。
エヴァグリーンは言わずもがな娘ちゃんもめっちゃ美人さんでした。
エンドロールで紹介されますが、女性宇宙飛行士って何名もいらっしゃるんですね。
本作のように、まだ幼い娘一人残して遠い所へ行ってしまうのは仕事とは言え、やはり寂しくなってしまいますよね。
KKamino

KKaminoの感想・評価

3.0
宇宙へ行くって言っても、仕事という意味ではサラリーマンと同じわけで。プライベートと仕事の狭間で悩む主人公に共感ポイントが多かった。
宇宙飛行士達がガッツリ男社会の中で、女性が同等に働くのも大変よね〜
>|

あなたにおすすめの記事