ビルド・ア・ガールの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「ビルド・ア・ガール」に投稿された感想・評価

la

laの感想・評価

3.4
レディバードもブックスマートも良かったから
ビーニーフェルドスタイン目当てに見た!
屈しない強い女性で安心した
能力や性格に、性別なんて関係ない

話の展開は何番煎じという感じだけど
自分の才能を知って、苦難を乗り越えること
とってもよかった
最後むちゃくちゃカメラ目線で語りかけられたの
ちょっとおもろかった
イギリスが舞台の物語なのに
主人公だけイギリス訛りないの不自然だった
80年代英国ロックや、歴史上の人物を
知ってたほうがより楽しめる
いたみ

いたみの感想・評価

3.0
てっきり「ダサいと笑われる人間が、紆余曲折ありながらダサいと言われなくなる話」だと思い込んで見ていたら、
「ダサいと笑われる人間が才能で上り詰めるんだけど結局ダサいと笑われるまんまだった」みたいな話だった。

30分くらいはあまりのとんとん拍子に「これは夢オチであって現実はくだらないままなのか」と想像してたんだけど。
成功したかのように見えて、やっぱり影では笑われてた方が残酷だね。

最後の語りかけがなかったらもう少し好きだった。啓蒙は分かりやすくしない方がいいな、画面に語りかけるのは「と女は店に入る」くらいのがしゃれてる。
に

にの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

いや〜きつい!めっちゃきつい!
これほぼノンフィクションなのめちゃくちゃきつい…しんどいという意味できつい。悪い意味ではないけど心臓がきつい
失敗してもめげずに!の失敗がでかいかつメンタルにくる…!

正直イギリス…?のロック…?というか音楽全般ミリもわからないので何かのネタがあったのかもしれないけどビートルズくらいしかわからなかったからほぼスルーした
喋る壁画にもいたんかな?壁画と喋るのも好きだった

ミュージカル映画を見過ぎたせいでここで歌い始めるでしょ!って何回も思ったけど歌わなかった(そりゃそう)最後のところとか絶対歌うじゃんと思った…

でも挑戦し続ける、違ったと思ったら別の道に変える勇気、ほんとすごい
冒頭の部分の「変わるときは素敵な男性が現れるけど〜(中略)〜私は男性なしでも明日を掴むわ!」みたいなところでおっこの感じは絶対好き!って思った。

妹のためにずっとコツコツ貯めたお金砕いてあげるの、ほんといいお兄ちゃんだ…
初登場時あんま仲良くないのかな?って思ったけどテレビ出演後もしっかり守ってあげてるしほんといいお兄ちゃんだった

ロックの編集部はクソだなと思うけど、あそこで引き返してたら引き返してたで話は変わったけどどうなるかわからないし、あの時こうしておけば…より違ったら変える!っていうのが良かったのかも 前向きだ…

才能があるとはいえ、ずっとこまめに投稿したりしてたんだよなと思うと、やっぱりちょっとずつやりたいならやるしかないなと思った

ジョンの記事書いちゃった時もウワー!と此方がそわそわしてしまったのでとても感情移入?できたんだと思う

結構周りが編集部以外いい人たちばかりだった気がするけど、その中でもジョンはまじで人が出来すぎてた。
書かないでって言ったこと書かれてごめんねって文添えて伝言できるか?!!普通
怒ってたとしてもさ…えええすごと思った

お父さんもお母さんもいい人、お母さんはどうなんかな?と思ったけど電話待ちの時にクッション投げてくれたから優しい判定、
お父さんはバン売っちゃったのに何故か憎めない、すごいキャラ作り…それまでの娘の成功とか躍進とかを毎回しっかり褒めてくれてたかなあ。すごいいい人判定

謝って終わらせるんじゃなくてなんとなくで仲直りする感じがこれの場合はとても現実味を感じた

好きなように生きていいし失敗したらやり直せばいいんだなと思える素敵な映画でした
メンタル立て直すために定期的に見たい!


見た直後のメモ
家族が良すぎる お兄ちゃんかわいいかよ…
家の中でごうごう燃やすのまじで強
8000ぴ

8000ぴの感想・評価

3.5
ウーバーハンプトン懐かしい。主人公が街に出るたびに田舎町の草原地帯を通り過ぎていく不便さが彼女の正気を保ってたんだなと思います。愛だなあ。
直人

直人の感想・評価

3.0
●ビルド・ア・ガール(2019年イギリス。ビーニー・フェルドスタイン)

なんの取り柄もない主人公がチャンスを掴んで人気者になるが──と,よくあるパターンの作品。
イギリスの映画には得てしてこのパターンが多いような気がする。
実話を元にして描いてある(らしい)。

ハズレ!という訳ではないが,いささかこのパターンに飽きが来ているのも事実。

https://www.youtube.com/watch?v=qW4z9Ua3OO8
"想いを瓶の中に詰めるようなこと"って台詞が1番よくて残ってる。

ロングヘアが瓶に詰まってたら最高だったけど、シアター3のH-2から観るスクリーンには詰まってた。
今夜は酒には酔わないけど、人生(映画)に酔ってる1日3劇場鑑賞でHAPPY MONDAYS.
アダヒ

アダヒの感想・評価

3.0
黒歴史を重ねながらティーンエイジャーは大人になっていくのだ!10代の役はさすがに無理があったが王道のストーリーは嫌いじゃない。理解のある家族とロックスターで良かったね。別に こちら側に語りかけなくても言いたいことは伝わってますよ。
ジョアンナの兄貴の声が英国英語もあってベン・ウィショーにそっくり。んでとてもいい兄貴。
パパもいいんだけど演技が抑えめな感じがした。
サム・ロックウェルくらい熱くても良かったんじゃないかな?

ビーニー・フェルドスタインはヤンキーのイメージが強くて英国人役ってちょっと違う感じがしたけど、いつもの彼女で楽しみました。

ジョン・カイト役の方、ちょっとチビみたいだったけど格好良かったなあ。
KENTADOMAE

KENTADOMAEの感想・評価

3.5
オンライン試写にて

女性と個性のストーリー

学校のカリキュラムどうりにできないことを平凡とし、
女性であることを未熟とする時代を生き抜く
脚本家の実体験を元にした物語。

パワフルで刺激的で肯定感をあげてくれる。
自分を探すのではなく、
なりたい自分のために自分を作り上げる作品
pika

pikaの感想・評価

3.2
「ブリジット・ジョーンズの日記」が好きだし、UKロックも聴けるかな?と期待して鑑賞。

これはまあまあな面白さだった。

ビーニー・フェルドスタインの魅力全開
最後の若者に向けてのメッセージが良かった。

あなたにおすすめの記事