弱くて強い女たちの作品情報・感想・評価・動画配信

「弱くて強い女たち」に投稿された感想・評価

たわ

たわの感想・評価

3.3
台湾の雰囲気が好きな人にはおすすめしたい映画。画が美しい。主な登場人物はみんな女性だけど、あぁこういう女性いるいる!って感じで、キャラクター設定がしっかりしてて面白い。
人間関係が複雑なこともあり一度見ただけでは若干ストーリーが理解しきれないところがあるけど、見返したり解説を読んだりすると、深まる。
Kuroita

Kuroitaの感想・評価

3.8
ビビアンスーが質素に素敵だった。
派手じゃないのに美しかったな。
女性たちの物語はいつも弱さと強さが同居してる。
まめ

まめの感想・評価

3.5
ストーリーはとても地味だし、何か衝撃の真実が明らかになるわけでもないけれど鑑賞後にしっとりと心に残る味わい深い一作でした。

大人たちそれぞれの気持ちがそれぞれに分からないでもなくて最後までどうする事が正しかったのか考えてしまう。
そんな中で終始嫌味のない無邪気さで和ませてくれた孫が好き。

日本でも活躍していたビビアンスーがとても良い女優さんになっていてしかも製作総指揮までしているらしくびっくりした。

タイトルは原題の「孤味」でよかった気がする。
みぽち

みぽちの感想・評価

3.7
2020年のTIFFで見逃してしまった本作をやっっっとこさ鑑賞🇹🇼
突然失踪した浮気癖の激しかった亡き夫に複雑な思いを募らせる妻と、3人の娘それぞれの思いや生き様を静かに描く。
3姉妹の性格が見事にバラバラで、ぶつかりつつもなんだかんだ仲良しで微笑ましい。個人的には不倫マンの父親を庇い続ける娘たちよりも母親に感情移入してしまったが🤣、最後は和やかな雰囲気で終わったのでよかった🤝台湾のタクシーにカラオケ🎤がついていたことにはびっくりしたな🤔
次女の娘役の子が「無聲」に出演していたベイベイ役の美少女だったので嬉しかった☺️👏
moon

moonの感想・評価

4.2
時間をかけてゆるやかに融和を図る過程を描いた作品。音信不通だった父が亡くなり残された母と娘達それぞれの葛藤と想いに気づけば涙が溢れる。長年積み上げてきたモノを手放す母リンの姿にいつか必ず訪れるであろうその日の自分と重ねてしまう。タイトル通り弱くて強い女性達の物語
shiori

shioriの感想・評価

-
好きでしたよかった
娘役とか昔の役とか、みんなほんまにその人なんちゃうかってくらい似てた
怖くない台湾映画
音信不通だった父が亡くなり、何故父親が家を出たのか娘たちはその理由を初めて知る。

平行して観ている『司馬懿 軍師連盟』に出ているチャン・チュンニンを発見。知っている俳優の登場が嬉しかった。

『花椒の味』に少し似ている。
タイトル通りって感じの作品。めっちゃ良い感じでした。台湾ってだけで最高だし、ビビアンスー相変わらず可愛いし。良かった。434
ぺん

ぺんの感想・評価

4.2
老齢の母、三姉妹と孫娘と。
何十年も前に家族を捨てて出ていき、死んでしまった父親の葬式を巡り、三世代に渡る家族の悲喜交々が描かれる。

物語はスロースターターで、前半は何人もの登場人物の関係を追いつつ、かなり眠たくなってしまった。
ただ中盤以降に相関関係が理解できてくるとすっと話に入れる。
女手一つで三姉妹を育て上げた母のプライド、夫に逃げられた妻としての屈辱、複雑な感情を含ませる主人公リンおばさん。
激動の台湾で生きてきた女性たちの人生が、その姿に現れる気がする。保守的な血縁関係が色濃い東アジアの中で、本音を語れなかった女性の秘めた想いも様々でした。

男性不在の作品であるが、女性たちのやり取りや話の流れの中に、逃げ出した父親の姿も見えてくる。
国家に尽くす職についていた彼は、本当は違う立場に憧れていたのではないだろうか…彼が逃げ出した理由も少しずつ察せてくる。

父親似の長女、真面目すぎる次女、ハツラツとした三女。
姉妹それぞれの事情や両親への感情の違い、擦り合わせが静かに行われる。
新世代代表の孫娘も屈託がなく、おばあちゃん大好きで可愛い。
ゴキ出現のくだりと道教VS仏教の読経バトルは笑った。台湾のお葬式ってのも色々あるんだな〜。
それと台湾ならではの食事やお菓子が美味しそう。家族の映画だからかみんなで何かを食べるシーンが多い。

後半に訪れるある人物とリンの出会い、そこからの静かな決意。序盤と対比されるカラオケシーンには爽やかな余韻が残る。
許せるのかと言ったら自分は難しいと思うけど、だからこそリンさんが選んだ道はまっさらで心地の良いエンディングに見えました。

プロデューサー、次女役、エンディングソングの歌い手として参加しているのがあのビビアンスー。多彩に活躍されていてるなぁ。
yoakiri

yoakiriの感想・評価

3.8
お母さん目線で見たのでとても辛く切なかった。
ラストシーン良かった。
>|

あなたにおすすめの記事